鯖のサンドイッチ

TV番組、ヨルタモリの中でタモリ氏が「鯖のサンドイッチ」を作っていた。

氏はノルウェー産の一夜干しの鯖を網で焼いて使っていたと記憶する。

「本物はフランスパンのでかいバゲットのまんまで作るが、そうすると固くて歯ごと持って行かれる気がする」とのことで食パンで作っていた。

今日はフランスパン(バゲット)を適当な大きさにスライスして作ることにした。

鯖を焼いた

IMG_5822

生サバを使った。フライパンで焼いた。向こう側は同時に作ったニンニクチップ。

焼く前にすべての骨を丁寧に取っておいた。

醤油マヨネーズ

IMG_5836

スライスして軽くトーストしたフランスパンに、醤油マヨネーズを塗ったサバを乗せる。タモリ氏も醤油マヨネーズだったので。

ニンニクチップをひとつ、アクセントに加えた。

レタス

IMG_5840

レタスをたっぷり乗せて

IMG_5841

ぎゅっと押さえて出来上がり。

IMG_5834

これ、すごく美味い。

ちょっとアレンジ

IMG_5846

すごく美味かったし、サバがちょっと余って?いたので、ちょっとアレンジ、試してみた。

トマトを入れてみた。

IMG_5848

サバと醤油マヨ。ニンニクはやめてみた。

IMG_5854

これも美味いが、トマトはなくていいと思う。ニンニクはあった方がいいと感じた。

美味しかったよーー

ハムエッグのサンドイッチ

だんだんサンドイッチのネタがなくなって来たか?

いつものようにパンは軽くトーストした。

IMG_5768

こっち側のパンにはハムエッグを乗せてケチャップで味付け。

写真ではちょっと分りにくいかも知れないが、ハムエッグは一度ターンノーバーして半熟に焼く。トマトがあったらもっと良かったかも知れない。

あっち側のパンにはスライスチーズを乗せた。

IMG_5771

今日もたっぷりのキャベツの千切り。やはりマヨネーズで味付けしておこう。

IMG_5774

卵は半熟でなくてはならない。かといって生だとこぼれて食べにくい。

うまくいったぞ。

Fender Vibro Champ 4

平滑コンデンサー交換計画

こちらに集合コンデンサーの缶をぶった切って中身を入れ替えるというすげえことをやっている人を見つけた。コンデンサーの容量も私と同じ。

この人も「缶のコンデンサーは高いから」と書いている。同じこと考える人がいるんだな。ちなみに、この人のVibro Champは1978年製とのこと。

この記事で確信した。バカ高い缶の集合コンデンサーでなくても、適切なコンデンサーに交換すればいいということだ。

集合コンデンサーの容量を計ってみた

IMG_5777

集合コンデンサーの配線を外し、テスターで容量を計測する。こちらは23.61μF

IMG_5778

こちらは50.04μF。容量も十分あるし、導通テストでもおかしな様子はなかった。本当にハムノイズの原因はこのコンデンサーなのか?これ以上の計測器も知識は持ち合わせていないから、よく分らない。ここまで来たら行くしかない。迷わず行けよ。行けば分るさ。1・2・3・ダー

平滑コンデンサーなのでもっと大きな容量の方がいいかも?とも考えたが、「容量を守らないと整流管を壊してしまう」と言っている人もいる。やっぱし、だいたい同じ値でいくことにする。

日本製のコンデンサー

IMG_5781

日本ケミコン製の電解コンデンサーを秋葉原の千石電商からネット購入。

22μF/450Vが2個(210円×2)、47μF/450Vが1個(263円)、右側のラグ板(63円)にハンダ付けしてシャーシー内に立てようと計画

送料を入れても1000円ちょっとですんだ。

うまくいきますように。

ステーキのサンドイッチ

サンドイッチばっかし食べていると思われているかも知れない。

そうだ、サンドイッッチばっかし食べているのだ。

ビーフステーキ

IMG_5739

スライスしたニンニクを少量の油で丁寧に炒めてニンニクチップを作る。

その香りのついた油で牛ステーキを焼く。

トーストした食パン

IMG_5745

こっち側はマヨネーズ、あっち側は粒マスタードを塗った。
ちょっと多すぎたな。

IMG_5748

スライスしたトマトを乗せて

IMG_5749

サラダ菜をたっぷりと

IMG_5751

牛ステーキを薄く切ってトンカツソースを少し塗った。

肉一切れにニンニクチップをひとつずつ。

IMG_5753

おっと、また忘れるところだった。

よく水にさらしたタマネギのスライス。よく水を切って乗せる。

IMG_5759

めっちゃ美味そう。

ワカモレのサンドイッチ

アボカド

アボカドは種を取って皮をむいたら、すばやくレモン汁をかけておくこと。

アボカドディップ? ワカモレ?

IMG_5723

サイコロに切ったトマト、みじん切りして水にさらしたタマネギ、アボカドを混ぜてディップを作る。ほんの少しマヨネーズを加えて混ぜた。こんな適当なのをワカモレって呼んでいいのか?アボカドディップと呼んだ方がいいかも知れない。でも、このまま食べても美味い。

今日はロールパンで

IMG_5725

今日はロールパンで作ってみた。

ロールパンで作ってもサンドイッチと呼んでいいのかな?それも縦方向に切り目を入れたからなあ。〇〇ドッグと呼ぶべきか?

縦方向に切り目を入れたロールパンは少しトーストして、こっち側にロースハムを、あっち側にスライスチーズを乗せた。

サラダ菜

IMG_5731

サラダ菜を多めに乗せてマヨネーズを少し。

IMG_5732

アボカドディップを乗せたらもう一度、マヨネーズを少し。

ひとつじゃ絶対足りないと思って2つ作った。やっぱりイチコロでした。

パラッパラ焼き飯

焼き飯

焼き飯はいろんなバリエーションが考えられるが、今日はウインナーソーセージとタマネギで作った。

先にウインナーソーセージとタマネギのみじん切りを炒める。ほんの少しの塩、これは調味料というより、タマネギの水分を引き出すため。タマネギのみじん切りは多く入れ過ぎるとご飯がべちゃべちゃするから注意。上手く炒めたら、それとご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう。

そしてこいつで調味した。

味覇(ウェイパァー)

IMG_5763

メーカーサイトによると、味覇(ウェイパー)は風味、コク、うまみの三拍子そろった万能スープの素なんだそう。これ、美味いです。くれぐれも入れすぎないように。

炒めた具とご飯と卵を混ぜてウェイパーで調味したルー?をフライパンで丁寧に炒めれば間違いなく出来る。

ちゃんと炒めてから味を決めるのだ。私は醤油味が好きだ。

 

隠し味は・・・

 

ほんの少しの

砂糖

出来上がる直前にほんの少し、おまじない程度にほんの少しの砂糖を振りかけて混ぜる。これはオカンの教え。

 

もうひとつのポイント

 

醤油を焦がす。

これは最終段階。フライパンのど真ん中にスペースを作って醤油をたらしてこがし、これをご飯にからめて、味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける。するとダントツに美味くなる。これもオカンから教わった。「醤油のこげた匂いって、美味しそうやろ?」って。

IMG_5659

サンドイッチばっかり食べていると思われているかも知れない。メシも食う。

どちらかというと、パンより米の方が好きだと思う。

ごちそうさまでした。

Fender Vibro Champ 3

前回までに、平滑コンデンサーにたいへん特殊なものが使われていることが解った。

コンデンサー

IMG_5614

調べて行くと、Multi Section Can Capacitorというのが本名で、集合コンデンサーとか、ツイストロックコンデンサーなどと呼ばれたりしているようだ。

vibrochamp-schematic

しかしながら見つけた回路図とは容量が違う。回路図では20μ/450Vが3個であったが、実機のものには40μ/450V、20μ/450V、 20μ/450Vと表記されている。

調べていくうちに、私と同じことで迷っている米国人(らしき人)がいた。それなりの知識を持った技術者が答えている。この記事で謎が解けた。

Fender Bronco

bronco_ab764_schem

私の所持するVibro Champであるが、AA764という一般に知られている?回路ではなく、AB764であるようだ。つまり外観はVibro Champで、回路はBroncoということだ。平滑コンデンサー部分以外はほとんど同じであるが、各部の電圧が通常のVibro Champより高い。一番高いところでは420Vと書いてある。怖いな。

ツイストロックコンデンサー

こちらで見つけたけど、5,640円(税別)もする。たっかーい。

こんな高い、得体の知れない?コンデンサーは買えない。日本製の優秀なコンデンサーを組み合わせて安価に仕上げたいと思う。

今日はここまで。うまくいくかな?

豚肉BBQのサンドイッチ

時々、味のしっかりしたものを食べたくなる時がある。今日がそんな日であった。豚肉のBBQ味のサンドイッチを作ってみた。

IMG_5647

いつも通り軽くトーストした食パンにスライスしたトマトとキュウリを乗せる。マヨネーズで調味した。右側にはおなじみのスライスチーズを乗せた上面役が出番を待っている。

IMG_5650

キャベツの千切りを乗せる。このぐらいたっぷり乗せるのだ。

IMG_5652

BBQソースや焼き肉のタレで炒めた豚肉を乗せる。キャベツたっぷりなので、炒めたソースも少しかけて味をつける。アクセントにネギも少しちらしてみた。

IMG_5656

スライスチーズの上面でサンドして一度ひっくり返して、ぎゅーっとプレスする。食べやすいように4分の1にカットしたが、キャベツの反動で崩れそうだ。この辺りは今後アイデア見つけて改善していきたい。見た目は地味かも知れないけど、これは美味いよ。

 

ポップコーン

ポップコーンこそ、家で作るべき食べ物だと思う。家で作ればすごく安いし、ちょっと上質な油で作ればナチュラルでヘルシーな食品なんじゃないかな。何しろやっぱり出来立てはめっちゃ美味い。

IMG_5738

150gで160円くらいだったか。160円で市販のポップコーン何袋くらい作れるだろう?30倍にふくれるって書いてあるな。少なくとも10袋分くらいはできそうだからスゲー安いぞ。

IMG_5705

Dr. Egerというエクストラバージンオリーブオイル スプレッド。メーカーのうたい文句ではトランス脂肪酸ゼロ、コレステロールゼロだということだが、何より美味い。これでポップコーンを作るなんて、かなり贅沢であるが、ふわふわのパリパリにできるし、何しろ美味いのだ。

IMG_5698

そして、これで味付け「梅こぶ茶」。ホントは誰にも言いたくないくらい、バッチリな味になる。光るパッケージで写真が難しかったな。

IMG_5694

ふわふわパリパリ!めっちゃ美味ーーい。

Fender Vibro Champ 2

長年使っている部屋弾き用のギターアンプ、フェンダーバイブロチャンプであるが、ウーーっていうハムノイズが気になるようになって来た。自分で修理できるか?というプロジェクトである。

vibrochamp-schematic

ネットで回路図を見つけた。ホントにいい時代になったものだ。

vibrochamp-layout

レイアウト図も見つけた。この時代のものはすべて手作業で作られていたので、こういう実体配線図が存在するのだろう。

ガックラに時々登場するTSCの木寺氏にも事情を話し、アドバイスをお願いした。ハムノイズの原因は450V耐圧の平滑コンデンサーではないか?とのこと。回路図のど真ん中に20μ/450Vの平滑コンデンサー3個が書かれているが、実機には見当たらない。

IMG_5680

回路を探っていくと、どうやらこの部分であるようだ。450V耐圧ということは400Vくらい流れているかも知れない。触ったらどうなるか?実験はしない。逝ってしまう危険がある。

IMG_5614

上のパーツの表側、何だこれ?Mallory Made In USAと書いてある。MFDと書かれているのはマイクロファラッドというコンデンサーの容量単位、VDCは直流耐圧だと思われる。これ1個の中に40μ/450V、20μ/450V、 20μ/450Vの3個の電解コンデンサーを内蔵しているというのか?こんなの初めて見た。(いや長いことこのアンプ使ってるんですけどね)こんなのどこにも売ってないよう。