トーカイストラト06

以前はメインで使っていたこともあるトーカイのストラトキャスター

最近はほとんど弾いてなかったが、今回使えるギターに再生することにした

ヘッド

ロゴなどはもう消えてしまっている

IMG_8741

きれいに磨き上げたクロコダイルロッキングペグを装着

クロコダイルロッキングペグは大好きで、これまでに何セットか購入した

6角レンチで弦を留める仕組みがよくできている

が、専用の6角レンチを忘れると「弦が切れた時にどうしようもなくなる」という欠点から

あっという間に普通のマイナスドライバーで締め付ける形にマイナーチェンジされた

マイナーチェンジ後の製品も購入したが、構造の違いなのか重量の違いなのか何かが気に入らなかった

マニアは困ったものです

ストリングガイド

1弦と2弦のテンションを高めるためのストリングガイドが付いているのだが

これがくせもの

このトーカイは5弦ペグあたりの位置についているが

あかこちゃん(Moonストラト)には

IMG_8754

3弦と4弦の間ぐらいの位置にストリングガイドが付いている

この数センチの差はでかいと思うなあ

トレモロアームを使ったときのチューニングの安定性にも大きく影響する

ちょっと対策を考えないといけない

ピックアップ

IMG_8743

昨日も書いたが

Neck:DiMazio Chopper
Center:DiMazio HS-3
Bridge:DiMazio Fast Track 2

という仕様にしたが・・・

Center:DiMazio HS-3の出力が極端に小さくてバランスが悪い

もうちょっと出力のでかいものに交換したいと思う

電気的に大きくする方法も考えたが、うまくいかない可能性の方が大きいだろう

ボリューム

IMG_8744

ワンボリュームでトーンはない

ボリュームはCTSのものに交換してあるが、なんだか気に入らない

トルクが重すぎるのと、音量のカーブも気に入らない

これも交換したいな

あー、マニアはめんどくさいのだ

蛇足ながらアウトプットのジャックやプレートもぴっかぴかに磨いたぞ

ボディ裏

IMG_8747

トレモロブロックはうすいものを採用

「でかくて重いブロックを付けるとサスティンが伸びる」という説があるが・・

やってみたが、アームの動きが悪くなり、アームの可変域が狭くなり

サスティンが伸びるという印象も特にはなかった

なので、トレモロブロックはうすくて軽いものを採用

トレモロのスプリングは3本ハの字がけ

これもいろいろやってみてこれが一番しっくり来た

あるいはめっちゃぶっといスプリング2本というのもやってみたいな

あまりに錆びているので、これも交換する方向で考えようかな

シム

IMG_8749

ネックポケットの中にシムがはさんであった

かなり前に「自分ではさんだ」ような気もする??

ネックの角度を調整することでプレイヤビリティーもサウンドも大きく変化する

今回、これもいろいろ試してみたが

シムが無い方がサウンドは良い方向に変化した

面倒くさいマニアの話にお付き合いありがとうございました

 

トーカイストラト05

ボディー

IMG_7772

一切の継ぎ目が無く、アルダー1ピースだと思われる

貴重だな

ノイズを軽減するためにザグリ部分にはアルミテープを貼り、さらにピックガードとも導通するための導電テープを貼ってある

ボディーとネック

tokai-neck

ストラトタイプのギターはボディーとネックがネジで取り付けられていて、簡単に分離できる

フェンダーの創業者、レオ・フェンダーが考え出した方法らしい

効率の良い大量生産を目指すためのアイデアだと思われる

ネックはメイプル1ピース

フレットはオリジナルよりほんの少し太めのものに交換してある

もちろん、信頼できるクラフトマンにお願いした

その時に指板のアールも180Rから250R程度に修正してもらった

抜群に弾きやすくなった

ピックアップ交換

IMG_7780

万能選手的に「使えるギター」を目指してピックアップを交換した

Neck:DiMazio Chopper
Center:DiMazio HS-3
Bridge:DiMazio Fast Track 2

すべて手持ちのもの

裏側

IMG_7777

ピックアップの配線ケーブルも交換してある

DiMazioの配線材は極端に細くて心もとないので

Beldenのシールドケーブル8412の内部線をばらして使ったと記憶する

交換前

tokai

交換前は、DiMazioHS-3を3つ搭載していた

真ん中だけ残したことになる

オリジナルはブリッジピックアップが斜めになっているが・・

私はまっすぐが好きである

ピックガードも私が作ったオリジナルのものに交換した

理由は・・・

実際にやってみたら、その方が良かったのだから仕方がない

よくもまあこんなめんどくさいことをしたもんだ

今日はここまでにしておきます

 

砂肝のやわらか煮

ある日、手羽先のトロトロ煮を作る際に余っていた砂肝を入れたら

びっくりするくらい柔らかくなっていた

そうか、味を付けずに水から煮たら柔らかくなるんだ!

発見!

それで砂肝のやわらか煮を作ってみた

作り方

砂肝は銀皮を取り除いて、食べやすい大きさに切った

ニンニク、しょうが、ネギの青い部分を加え、水から煮た

コトコト約1時間煮てから

酒、醤油、みりん、創味シャンタンで調味した

出来上がり

IMG_8723

白髪ネギを添えて

これはビールにも、焼酎にも、ワインにもGoodですよ

砂肝は安くて栄養があって、とても美味しい食材

まだまだ研究の余地がありそう

 

かやくごはん

我が家での呼び名は「かやくごはん」であった

関東では「炊き込みごはん」と呼ばれることが多いかも知れない

この場合は状態を示すのではなく「炊き込む」という調理方法を示している

五目ごはん」と呼ぶ家も多いかな

味ごはん」「色ごはん」「変わりごはん

これらはすべてご飯の状態を示しているように思う

豆ごはん」「栗ごはん」といった具材を示す呼び名もある

松茸ご飯」は具材指定の王様

鶏ごはん」「キノコご飯」は分るが、「醤油ごはん」という呼び方はちょっと・・・

混ぜごはん」は炊きあがってから具材を混ぜる場合をいうのかも知れない

炊き込みごはん」と同じく、調理方法を示している呼び名だ

かやくごはん

うるち米に、もち米を20%〜30%混ぜて作るのが好きだ

3合炊くなら、うるち米2.25合、もち米0.75合目安

うるち米ともち米を合わせてとぎ、炊飯器にセットして水に30分以上浸しておく

鶏もも肉は脂部分を丁寧に取って筋切りしておくこと

もし時間があるなら、鶏もも肉を霜降りにする方法もある

鶏もも肉を1cm角に切り、熱湯に数秒くぐらせ、冷水に落として水気を取る

すごくあっさりした料亭風に仕上げることができるが省略してもうまくできる

ごぼう、人参、うす揚げは必須

しめじ、ちくわなどもベストマッチ

しめじは洗わずにほぐす。うす揚げは湯通しして薄切りにする。

調味料(3合目安)

しょうゆ  大さじ2杯
みりん   大さじ1〜2杯
酒     大さじ1杯
塩昆布   ひとつまみ(重要)
かやのやあごだし  1パック中身のみ

(出汁で本格的に作る場合は、洗った米の水気を切っておく必要があると思う。塩も少し)

ポリ袋等に材料と調味料を全部合わせてなじませて20分ほど置く

具材がなじんで色が変わったら、米の上に乗せて普通の水加減で炊く

炊きあがったらすぐに返さずに、こげを作るために再加熱3分程度

IMG_7135

かやくごはん」って時々強烈に食べたくなる

コゲが美味いんだよなあ

そして必ず食べ過ぎるのだ

 

回文

上から読んでも下から読んでも

回文(かいぶん)とは、始めから(通常通り)読んでも、終わりから(通常と逆に)読んでも同じ発音である文章である

もっと詳しくは「音節の出現する順番が変わらず、なおかつ、言語としてある程度意味が通る文字列」のこととされる

言葉遊びの一種であり、日本ではかなり古くからの遊びであるらしい

すごいのに出会ったので,紹介したい

トマト

IMG_8712

新聞紙(しんぶんし)

shinbunshi

トマトしんぶんしキツツキなどはすぐ思いつくが、面白くはない

ダンスがすんだ

このぐらいになるとちょっと笑える

竹馬の友との博打

ちくばのともとのばくち

花札でもしたのだろうか?なかなかの作品である

軽い機敏な子猫、何匹いるか

かるいきびんなこねこなんびきいるか

みごとである

雪に傘、小唄歌う娘、坂に来ゆ

ゆきにかさ、こうたうたうこ、さかにきゆ

ものすごくよくできた作品であり、感心する

そして

この度、感動するような見事な作品に出会ったので紹介したくて記事にした

今日の主役である

品川に、今住む住まい、庭がなし

しながわに、いますむすまい、にわがなし

以前に住んでいた家には猫のひたいほどの、小さいながらも庭があったのだろう

品川に引っ越してたいへん便利になったのだが「庭がない」というのが少々不満である様子だ

盆栽いじりなども趣味にされているのだろうか

たいへん趣(おもむき)のある見事な作品である

最後まで読んでいただき,ありがとうございました

 

 

 

蒸しキャベツのサンドイッチ

寒いなあ

サンドイッチは寒いかなあ

そこで!

水なしで蒸す

きっちりと蓋ができる鍋やフライパンを使えば、野菜を水なしで蒸すことができる

野菜の水分を引き出すため、少量の塩を加えても良い

必ず弱火で加熱する

多層構造鍋であれば間違いなくできるだろう

そういえば「無水鍋」なんて商品もあるようだ

トースト

いつものように食パンは軽くトースト

最近は霧吹き(100均商品)でほーーんの少しだけミミ部分を中心に加湿してから焼くようにしている

カリッと、ふわっとして美味くなる

オーブントースターは余熱しておくこと

IMG_8698

こっち側にスライスしたトマトとケチャップ

あっち側はスライスチーズ

蒸しキャベツ

IMG_8700

先ずベーコンを炒めて、そのフライパンに刻んだキャベツを加え、しんなりするまで水なしで蒸した

塩は加えていない

マヨネーズ

IMG_8703

マヨで調味

蒸し鶏

さらに蒸し鶏 豪華!

IMG_8704

レタス

さらにレタスで超豪華!

IMG_8707

出来上がり

スライスチーズ側のパンを乗せてぎゅっとプレス

ひっくり返して4分割にカットした

IMG_8710

すんげえボリュームだ

いっただきまーーす

 

うにのクリームパスタ

賞味期限がせまった生パスタがあった

どうやって食べよう?

冷蔵庫の奥に、うにの瓶詰めを見つけた

よし、これでうにのパスタを作ろう

うにのソース

瓶入りのうに適量を牛乳で溶いた(50cc以上入れたと思う)

フライパンに少量の油でニンニクをゆっくり炒めて香りを出す

コレステロールを増やすべく、バターを少し加えた

牛乳で溶いたうにを加えてゆっくり加熱

味付けに得意技の「茅の舎の野菜だし」をほんの少し加え

(適当なコンソメ顆粒でもいいと思う)

IMG_6283

最後にkiri(クリームチーズ)を1個の半分くらい加えて溶かし

コショウで味を整えた

パスタ

うにがけっこう塩辛いので茹で湯の塩は控えた

適切に湯がいた麺をソースのフライパンに投入

ゆで汁でソースの固さを調節して

軽く和えれば

出来上がり

IMG_8696

うわあ

これ、美味い

瓶詰めのうにでも、けっこういい感じにできるんだね

研究すればもっと美味くできるに違いない

今日は大発見の巻!でした

 

トーカイストラト04

トーカイのストラトキャスター

ST-80を再生する

ペグ

IMG_7719

クルーソンタイプがついていたが

実用性が高く、好みのロック式に交換する

以前に紹介した「ティンカーベルモデル」についていた「クロコダイルペグ」を移植することにした

ティンカーベルモデルのペグは、また考えよう

クロコダイルペグ

IMG_7746

これも錆びているのでコンパウンドで磨く

左は磨く前、右は磨き後

きれいになったよねー

ここでさらに問題が

せっかくクリーニングしたブルッジであったが

IMG_7731

装着してみると動きがイマイチ

ブロックを交換しようかな?などとよく見てみると

上部プレートと下部ブロックが一体型

こんなの見たの初めてだ!って私のギターなんだが・・

調べてみると、当時Tokaiは「プレートとブロックが一体型で、響きを良くした」などと宣伝していたようである

が、後に本家Fenderと同じくプレートとブロックは別でネジ留め式に変更されている

そっちの方が良いよ、やっぱり

IMG_7750

手前がネジ留め式のブリッジ

なぜかおもちゃ箱?の中に見つけた

こんなパーツも持っている自分にびっくりする

トレモロブロック

IMG_7753

トレモロブロックも2つ持ってた

なんでやろ?

楽器屋さんみたいね

どちらを選ぼう?

左を選ぶとトレモロアームの可動域を広くできそう

右は重くてビンテージ風かな?

ブリッジ駒

IMG_7755

はじめについていたと思われるTOKAIマーク入りのコマを発見

装着

きれいになったよねー

マニアックな話にお付き合いありがとうございました

 

 

トーカイストラト03

またマニアな話ですまん

トーカイのストラトキャスター

ST-80

tokai

トーカイのSTシリーズは、エレキギターの定番のストラトキャスターのコピーモデルとして30年以上前に販売された

発売当時は本家のFender以上の品質と絶賛されたとか

前にも書いたが、マニアの間でコピーモデルとしては異例の価格で取引されたこともある

ムック本も発売され、今でも人気があるようだ

前回書き忘れたが、この時(大昔)私はUSA Fenderのストラトから乗り換えたわけだが、

違和感無いどころか、こっちの方が弾きやすいし、サウンドもすごく気に入った

ヘッド

IMG_7719

ペグはクルーソンタイプ

めっちゃ錆びてる

Tokaiのロゴもすでにない

50年代のFenderのロゴもすぐに取れてしまうような仕様だったそうで、そんなところもコピーしているようだ

このギター、指板のアールがきつくて12フレット以上でチョーキングすると音が切れてしまうという現象も50年代のFenderのまま

欠点も含めてすべてコピーしていたようだ

そこまでやるなんてアホやね(笑)

ピックアップ

IMG_7716

オリジナルのピックアップは「STヴィンテージ」というトーカイオリジナルモデルであったようだ

ピックアップは何度も交換したが、今はDimazioのHS-3がついている

HS-3はイングベイ・マルムスティーンの使用で有名になったピックアップ

ノイズが少ないところは素晴らしいが、パワーがものすごく小さく、演奏はたいへん難しい

イングベイはやはり天才だと思い知らされる

ブリッジ

IMG_7715

ブリッジはオリジナルのようだが、コマがBill Lawrenceのものに交換されている

なぜそうしたのかは覚えていない

IMG_7722

汚い

IMG_7724

MADE IN JAPANの刻印がある

どうやらGOTOH製であるらしい

バラバラにしてクリーニングする

そして元に戻した

IMG_7731

きれいになったねー

きれいになったよねー

今日はここまで

 

 

Gospel Nightの記録07

「衣装02」の記事とかぶるが

「Gospel Nightの記録」としてもう一度まとめておく

GOSPEL NIGHT 2007

仲間とともに歌う歓び!
感動のステージに魂が揺れる!

〜未来へ重ねる幾千の声〜
ゴスペルナイト2007

2007.9.8(SAT.)
東京国際フォーラム ホールA(有楽町)
開場/16:30 開演/17:30

GN2007-1

この年は〜未来へ重ねる幾千の声〜という副題のようなものがついた

In The Sanctuary
Holy Is The Lamb
The Blessing Of Abraham

プログラム

GN2007-2

衣装

CRW_9278

カークの白い長ラン

だけどカークの曲じゃなかったんだね

プレミアムシール

GN2007-3

1枚200円で販売され、チャリティ活動に使われた

東京新聞

GN2007-4

東京新聞にも載ったんだよな