タコのレタス炒飯

ちょっと変化球かな

冷蔵庫にタコが残っていて・・・

なぜか?これをしっとり炒飯にしてみたくなった

作り方

炒飯(焼き飯)の作り方は何度も書いたし、私のやり方はいつも同じ

残り物のタコは細かく刻んだ

しっとりにしたいので玉葱のみじん切りはいつもより多め

残りもののしらすも投入

それらを創味シャンタンで加熱調味

上手く炒めたら、それとご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう

きゅうりのキューちゃんも隠し味に少し刻んで入れた

フライパンに少し油をひいて、ボールのすべてを丁寧に炒める

混ぜ過ぎないようにさっくり炒めること

隠し味に砂糖をちょっぴし表面に加えて炒める

そして醤油で焦がすように味付け

味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

最後にレタスを投入

しっとり仕上げたぜ

出来上がり

IMG_9326
少し前にタコとキムチで焼き飯作って記事にしているが

タコのうまみがご飯に移って美味いんだよなあ

以前の記事を読み返すと、

「しっとりチャーハン、レタス加えてもよかったかも?」と書いていた

記憶の片隅にそんな感想が残っていたんだな

うふふ、美味かった

 

あさりラーメン

あさりの出汁でラーメンを作った

作り方

蓋のできる鍋に水1:酒1の割合で入れてショウガを1片加え、あさりを加熱する

沸いてきたら蓋をとって、開いた貝を順番に別の容器に救助する

出来たあさりの出汁は適宜水を加えてのばし、香りに長ネギの青い部分をかたまりで加えた

味の決めてはわかめとネギだと思う

乾燥わかめをそのままぶち込んだ

少量の創味シャンタンと白だしで味を整えた

湯がいた麺を用意したら、スープに救助したあさりを戻して少し加熱すれば

出来上がり

IMG_9319

めっちゃあっさりあさりの塩ラーメンでござる

テーブルコショウと万能ネギたっぷりで

いただきまする

澄みきったスープがたまりまセブンスフラットフィフス

ふふふふ

 

Deep Blue Delay 04

エフェクターのディレイについての話

その第4話

Kitを使って製作したディレイ

Deep Blue Delay

音が少しもけることについての考察

DeepBlueDelayの回路図

DeepBlueDelay

よく見ると(よく見なくても)2回路入りのオペアンプの1段目で反転入力

2段目でディレイ音と原音をMIxしているようだ

初段、反転入力なので、入力インピーダンスがR2でほぼ決定されて、つまり180kΩとギター入力を考えると低い

パッシブのピックアップの音は、当然!もける

これを回避するには、この回路の手前に入力インピーダンスを下げるバッファー回路等を入れる これが最善策と思われる

又はR2を500kΩくらいまで上げて、R3も1MΩにすれば増幅率も同じになるはずだが、その他の定数も調整すべきだろう

非反転のハイインピーダンスで受けるという手もあるが、そうすると出力が反転出力になって具合が悪いのかな?

私の場合はギターにバッファーを内蔵している

又はどこかに(多分ギターの直近に)バッファーアンプをかませる

その方が自分には好みのサウンドであるから

そうすると、このディレイのサウンド、いわゆるもけ具合もちょうど良い感じになる

勝手に想像して考察する

この回路の設計者の意図として、デジタルディレイのクリア過ぎる欠点を補うのが目標だったのだろう

その手段として、入力インピーダンスを下げた

その前提として、このディレイより前に何かひとつ、オーバードライブなどのエフェクターがつながれていることを想定して回路設計されたと想像できる

結果、デジタル臭さはすっきり無くなっているが、反面ハイファイではなくなり、パッシブのギターを直接インプットすると.音はもける

それがダメな人は使えないけど、私の様な使い方なら、クリアすぎず、ちょうど良い!

こんなのも見つけた

デジットのキット

2399

デジットのPDFを見ていただくといいと思う

入力のインピーダンスを510kΩに設定している

上で指摘した仕様になっていると思われる

私が作ったDeep Blue Delayに比べると、かなりハイファイに回路設計されている様子

音を聴いてみたい、というか、試してみたいな

これで2304円なんて、激安だと思う

買ってみようかな?

あかんあかん!買わんでええでー、と自分に言い聞かす

でも、回路が読める人だったら、このKitを買っていろいろ好みにモディファイするのもよいかも知れない

 

Deep Blue Delay 03

PASさんから購入したBlue Sky Delayのkitを製作

デザインを考える

見た目重視にするために

Delay001

出来上がりの外観を印刷してみる

イメージは、グラン・ブルー?

IMG_5240

エフェクターのケースにプリントした紙を巻いて穴あけ位置を決める

IMG_5243

穴を空けた

IMG_5244

新たに印刷したシートを張り付けて

穴の部分をカットすれば

IMG_5245

画像上部が光っているなあ××

ハンダ付けした基板、ボリューム、ジャック、フットスイッチなどを組み込めば

完成!

Delay01

かっちょいいー!

大満足!

音は前回書いたけど・・

またいろいろ改造も考えてますね

とりあえずは、おおむね満足してます

 

ショコラベリー(クリスピーサンド)

先日食べたクリスピーサンドイッチタヒチバニラがすごく美味しかったので

もう一度クリスピーサンド行っとこう!

クリスピーサンド ショコラベリー

メーカーのHPより

濃厚なチョコレートアイスクリームに甘酸っぱいカシスソースを混ぜ合わ せ、

華やかな色合いのカシスコーティングで包み込み、

サクサクのウエハースでサンドしました

チョコレートの甘さとカシスの酸味が織りなす華やかな味わい に加え、

クリスピーサンドならではのサクサクとした食感が楽しめます

IMG_9329

食レポ

ファーストインプレッション=安心できるミルクチョコのアイス!

なんだか懐かしささえある

この懐かしさは何だろう?と前回のタヒチバニラの時も考えた

ひょっとしてそれはウエハースの香りかも知れない

香りは重要なファクターやもんな

ウエハース〜コーチング〜チョコバニラアイス〜

真ん中に入っているのはカシスソースかな?

カシスの甘酸っぱさもGoodよ

ラズベリーの味と香りは女性向きかな?

しかしながら、すべてのバランスはさすがのハーゲンだなと感じさせる

ハーゲンはハズしませんなあ

 

怒り新党新庶務

怒り新党は好んで観る番組だ

3月で秘書の夏目ちゃんが卒業し、その後任についても記事に書いた

昨日の怒り新党

番組冒頭の

有吉氏の一言にびっくりした

「どうすんのかな?ベッキーでも来んのかな?」

ベッキーのこともそうであるが、局アナではどうか?という私の予想はあながち間違いじゃなかったね

ふふふ

マツコ氏の

ネットが騒然!

あの女に支えられてたのね?

に始まって・・・

新庶務?青山愛(めぐみ)氏が紹介されてからも

ikari0413

有吉氏もガンガン飛ばして行く

(局アナに代わって)だいぶ予算が浮いたねえ

京都大学(出身)ですか?

高卒と口聞いたことある?

どうせ帰国子女でしょ?

話題に事欠くことが無く、何度も笑わせていただいた

有吉氏の感想では(青山氏の出来は)可もなく不可もなく、ということであったらしいいが

いやいや、夏目ちゃんの後は誰がやっても難しいに違いない

Very Good!

よくできました!と讃えたい

 

実は昨日から今日にかけては忙しくて、まだちゃんと観れてないんだ

今日、ゆっくりと観たいな

 

豚肉カレーケチャ炒めのサンドイッチ

サンドイッチの記事久しぶりだな

ある料理番組で「豚肉のカレーしょうが炒め(だったかな?)」を紹介していて

先生が「カレー粉とケチャップは合うんですよ」とカレー粉とケチャップを混ぜて豚肉をつけ込んでいた

カレーケチャ!良い響きではないか

サンドイッチにしよう

トースト

いつものように食パンは軽くトースト

しつこいようだが、霧吹きで少し加湿すると格段に美味くなる

オーブントースターは余熱しておくこと

トマト

IMG_9304

軽くトーストしたパンにスライスしたトマトを乗せた

あっち側はスライスチーズ

豚肉のカレーケチャ炒め

IMG_9306

豚肉を炒めて、カレー粉少々、ケチャップで味をつけた

隠し味に中濃ソースをちょっぴり加えた

キャベツ

豚肉炒めにはタップリのキャベツだな

マヨネーズを少し

IMG_9309

出来上がり

スライスチーズ側を乗せたらぎゅっとプレス

アップサイドダウンして4分割

IMG_9313

カレー味もケチャップ味も大好きなのだ

おこちゃまなのだよ

でも、これ、みんな大好きだと思うよ

 

この顔たまらん

皆さんご存知だと思う

Amazon PrimeのTVCM

余計な台詞がないというのか、言葉が全く無いからかえって良く伝わるのだと思う

レトリーバーのこの表情がたまらん

amazon

この寂しそうな?表情には誰も勝てませんなあ

この犬、すごいです

よく、エンターテイメントの世界では「子供と動物には勝てない」などと言われる

どんな名優が、どんなにすばらしい演技をしても

結局は子供や動物に全部持って行かれる、ということか

正にそんなレトリーバーの表情!

だねえ

この犬の気持ちをくんだお父さんもすごいし、その日のうちに商品を届けたアマゾンもすごいんだけど??

ちなみに、この犬用ライオンの着ぐるみ

3800円ほどでAmazonで販売中だそう

誰もそんなことはどうでもいいとは思うんだが

 

初鰹

以前に紹介したことのあるレシピであるが

鰹はこの食べ方が美味いのだから仕方がない

鰹のたたき

いわゆる鰹のたたきであるのだが

ポン酢で食べるのもいいけど、ちょっと工夫するだけで抜群に美味くなる

ニンニクは生よりも加熱したものである方がよい

油でゆっくりと加熱してチップにするのがよい

薬味はネギとミョウガがよい

ミョウガを加えるだけで洋風?に美味くなる

ショウガは好みで加えてもよいが・・・

タレはちょっと酸味がある方がよいと思う

レモンでもワインビネガーでもよいが、バルサミコ酢を加えるのがおすすめである

魚であるから、醤油がバチコンと決まる。醤油ベースのタレが合う

作り方

1.オリーブオイルでスライスしたニンニクを炒め、ニンニクチップを作る

2.ニンニクの香りの移ったその油で、塩を振ったカツオの表面に焼き目をつける

3.カツオの香りの移ったそのフライパンで、ソースを作る

4.白ワイン又は酒、ミリン、ワインビネガー、バルサミコ酢を加えてアルコール分を飛ばし

醤油とレモンの絞り汁で味を調整する

このとき「ちょっと濃いかな?」ぐらいがちょうど良い

5.カツオを並べた皿に出来上がったソース(熱いままで良い)を回しかけ、ミョウガ、青ネギを散らし、ニンニクチップを添える

出来上がり

IMG_9300

ネギを散らしてからソース、それからミョウガとニンニク、の順番もいいかもね

 「白」又は「泡」がぴったしだが

ビールでもワインでも焼酎でもいける

ご飯でも美味そうだ

ふふふ

 

Deep Blue Delay 02

おっと、ディレイの記事の続きを忘れてた

ディレイー=音を遅らせる機械=エコーをかける機械

前回の記事でその(個人的)歴史を紹介した

今回は自作モノの紹介

と、言ってもkitを組んだだけ

お馴染み?のPASさんから購入

Blue Sky Delay

82715bb6

基板と部品がセットになっていて4千円強

税+送料で4.6千円くらいかな

これが高いか?安いか?は出来次第、使い方次第

 PASのH.P.より

BlueSkyDelay

HOMEMADE FXシリーズに待望のディレイが登場しました

PT2399というデジタルエコーICを使用しています。

デジタルディレイなのですが、アナログのような温かみのある音です。

アナログディレイ特有の発振をさせる事も可能です。

HOMEMADE FXからのコメント

完全にアナログディレイを再現していると評価の高いMAD PROFESSORのDeepBlueDelay。

BlueSkyDelayはDeepBlueDelayを参考にディレイタイムの変更とアウトレベルの追加をしました。

デジタルディレイはクリアーすぎて苦手な方にお勧めです。

あっという間?に完成

IMG_5261

いえいえ、実は3年くらい前にすごい時間をかけてゆっくり楽しんで作ったもの

IMG_5260

コントロールは4つ

Delay Time /遅れる時間を設定する 最大で600msec程度

Repeat / ディレイの回数を設定する 最大で発振する

Delay Level / ディレイ音の音量調整

Volume / 最終的な全体の音量

なかなか調整しやすいと思う

アナログディレイみたい?

マジに正直に評価しよう

パッシブのギターを直で入れると、音がもけます

低音も高音もカットされます

そこがアナログっぽいと言えばそうかも知れないが・・

使い方次第

このエフェクターより前にバッファードされたエフェクターがひとつあるだけで問題ない

あるいはOver Drive的なエフェクターがこれより前にあれば

ほんの少し丸くなったような感じがアナログっぽいのかも知れない

私の場合はメインギターにはバッファーが内蔵されているし、

そうでない場合は外付けのバッファーアンプをかまして使うので問題ない

すごくいい感じに使いやすい

 

長くなったので、今日はここまでにしておくね