焼きそばパン

うわあ、昨日の記事とのギャップがすごいな

エフェクターの記事とのギャップを考えたら知れたものか

炭水化物 On 炭水化物

時々、こういうちょっぴりジャンクなものも食べたくなる

焼きそばパン

IMG_0346

豚肉、ソバ、キャベツの順番で炒めてソース焼きそばを作った

ロールパンはオーブントースターで温めた

アクセントにスライスチーズ

ちょっと中途半端?

もっと極端にジャンクにするか、もっと豪華にするか、どっちかにすれば良かった

なんか中途半端な印象

ロールパンがふわふわだったので、そう感じたのかも知れない

ホットドックっぽい、もう少し固いパンだったら、うまく調和していたのかも?

自分で作るんだから、次回はもっと豪華絢爛にいきましょう

 

手羽先トロトロ煮のお茶漬け

先日放送された「マツコ&有吉の怒り新党」の中で

「アンジャッシュ渡部が選ぶお茶漬けジャパン」

というのがあった

数あるお店(それも名店?)で出されている、お茶漬けベストオーダー9品を

芸能界一の食通?アンジャッシュ渡部が、野球のスタメンのごとく選出するというもの

高級店の1万円以上のコースので出てくるお茶漬けやら

単品で「うん千円」もするお茶漬けもあった

「これ、美味そう!」もあれば「えっ?」もあった

そうだ、お茶漬け食べよう

ちょうどその前の日に手羽先のトロトロ煮を作っていたから

そのスープで作るぞ

専門用語でいうところの「ぷーすー」というやつだ

手羽先トロトロ煮のお茶漬け

IMG_0339

不味いわけがないではないか!

今回の手羽先のトロトロ煮、いつもの方法ではなく、圧力鍋を使って作った

暑い中、1時間半も鍋を煮続けるのは危険?だから

はじめは手羽先を普通に煮て、浮き上がってきたアクや脂を丁寧にすくった

その後、タマネギを加えて

圧力鍋で圧がかかってから15分加熱

その後自然に冷ました

タマネギを少し加熱しすぎて、トロットロ

スープもトロットロ

お茶漬けにぴったし!

夏向きにニンニクを加えたのも功を奏したようだ

うんまーーい

お茶漬けジャパンのスタメンは無理かも知れないけど、代打ぐらいならいけるんぢゃないかな?

蛇足

穴子のひつまぶしのときにお茶漬けを作っているな

ふふふ

 

白桃

新発売でござる

期間限定でかたじけない

正座して頂く

お先に失礼つかまつる

白桃

IMG_0336

メーカーのHPより

みずみずしい白桃のおいしさが、とろけるアイスクリームになりました。

コク深いミルクに香り豊かな白桃果汁を合わせ、ジューシーな白桃果肉を加えました。

くちに入れた瞬間、芳醇な香りと優しいミルクの風味が広がる

ハーゲンダッツの“白桃”を、どうぞお楽しみください。

食レポ

ファーストインプレッション=甘い桃の香り、厳しい意見を言うと、ちょっとわざとらしいか?

甘過ぎない桃果汁とミルクのアイスクリームの融合なのだな

美味いぞ

アイスクリームの口溶けが素晴らしい

クリーミーで、かつ、くどくなくて爽やか

食べ進むうちに、アイスの中に細かい桃果実を見つける

うわあ、リアル桃!

マンゴーのときもそうだったけど、リアルな果実の味を感じることが出来る

いつも同じ感想しか書けなくて申し訳ないが

「さすがはハーゲン!」

ごゆるりかたじけない

IMG_0338

暑い夏の日にぴったりの爽やかな白桃

ハーゲンのマンゴーとかストロベリーとかを好きな人はチェックした方がいいでしょう

ふふふ

其れにてはまた

鰯のユッケ風たたき

最近、青魚が身体に良いなどと言われるようになった

DHAだとかEPAだとか、アルファベット3文字で呼ばれるようになると、どこかカッコイイ感じもあるかも知れない

鰯(いわし)や鯵(あじ)は比較的安価な魚で、どこかに「かっこ悪い感」があったかも知れない

その辺りのイメージが払拭されてきたように思う

以前に「鯵と鰯のユッケ風」というメニューで紹介しているが、もう一度記事にさせていただいた

鰯(いわし)のユッケ風たたき

IMG_0324

ネギとショウガは必須

ネギとショウガを加えてから、さらに細かく叩いてもいいだろう

卵黄を乗せて、醤油をかけて、ぐちゃぐちゃに混ぜて頂く

海苔に巻いてお酒に良し

暖かいご飯に乗せても良し

すんごく美味いから

鰯、安くて美味くて健康にも良いというなら、もっと食べようではないか

以前の記事

鰯を氷でしめる、この食べ方もすごく美味しいからやってみて!

あっ、鰯のブロスケッタを紹介していないことに気がついた

近日に紹介するように努力します

 

Super Kowloonの製作04

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3からの製作3作目

Super Kowloonの製作第4話 完結編

Fuzzブーム?

最近、ギタリスト達のあいだで、Fuzzがちょっとしたブームになっているかも知れない

楽器店には古典的なFuzzのレプリカをはじめ、多くのFuzzエフェクターが並んでいる

数年前に、Fuzz Factoryというエフェクターの人気が急上昇したことがある

希少価値のあるゲルマニウムトランジスタを使用した高価なエフェクター

Fuzz Factory

Zvexfuzzfactory

発振系といわれるFuzzでエフェクターで発振させることが出来る

発振するので、ギターを弾いていなくてもギュイーンと音を出し続けることが出来たりする

いろんなことができて面白い

私は偶然にも?そんな希少なゲルマニウムトランジスタを所有していた?ので作ってみたことがある

偶然にも?だなんて嘘っぽいね

IMG_0320

ボリュームが5つもあって、その組み合わせは無限大!

めっちゃ発振してとんでもない音が出て面白いのだが

音楽ジャンルを選び過ぎるというか、使う場面が想像できなくて写真の状態で断念した

うーーん、また試してみようかな

今回のSuper Kowloon

IMG_0311

ほとんど大塚氏の作例どおりだが、

すべてのバイパスコンデンサーは以前にSuper Edgeの時に試して好印象ののルビコン、ポリエステルフィルム0.1μ←まちがひ

東信工業ポリプロピレンフィルムコンデンサ 2AUPZ 0.1μ

初段のFETは2SK117-BL

2段目、3段目のMOS-FETは2SK1132

SuperEdge2の時と同じにした

あとは本の作例どおりかな(後述あり)

伝統的なFuzzの発展系だと思う めっちゃ唸る!

発振はしないが、かなりむちゃくちゃな音も出せる

が、倍音がたっぷりでぶっとい!楽しい

ノイズ対策?

昨日の記事でも書いたノイズ問題

いろいろチェックしたが、エフェクター内部でノイズが出ている

配線の問題などでもなさそうだったので、そういう回路なのだろう

むちゃくちゃに増幅しているから仕方ないのかも?

「Fuzzはこんなもんだ」とも思うが、やはりちょっと対策してみた

クリッピングのダイオードを取っ払うと音量が上がるのでノイズも少なくなる、が歪み感も少なくなる

Fuzzなので、思いっきり歪ませたい

色々試した結果、ダイオードをシリコンからクリアーグラス?の青色LEDに変更することで適度な音量と歪み感を確保できた

IMG_0317

Gainを上げ過ぎなければ許容できるレベルのノイズになった

一応、これで完成とする

ミレニアムバイパスについて

動作に大きな問題があるわけではないので、深く考えず、良しとする

9本足のフットスイッチが安価に手に入るようになったので、こういうややこしいことはもうしないと思う

御免!

 

Super Kowloonの製作03

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3からの製作3作目

Super Kowloonの製作第3話

第1話第2話から時間が経ったが

一気に組み上げた

IMG_0314

IMG_0318

前にも書いたが、Super Kowloonは、SuperEdge2にハニーファズをプラスした様な回路

右上がSuperEdge2部分、左がハニーファズ部分

スイッチ上の白い熱圧縮チューブ内にはミレニアムバイパス回路が入っている

ミレニアムバイパスは、6本足スイッチでバイパスとLED点灯を実現できる

飛び道具

IMG_0311

古典的、伝統的?なFuzzの進化系と云えるんじゃないかな

めっちゃヤバい音が出せる

ただ、ノイズも多い

ミレニアムバイパスは設計のミスかな?プラグを差すとOn/Offにかかわらず、必ず点灯

その後はすぐに安定するが・・

もうちょっと試して報告する

今日はここまで

 

きゅうりのキューちゃんのおにぎり

舌は肥える?

いろんな美味い漬け物を多く食べて、堅気に戻れないのではないか?と心配になってきた

人間はどんどん慣れて行くようである

また、差であるとか比較で物事を判断しているらしい

つまりはどんどん美味いと思わなくなるのか?

いずれにしろ、どんどん美味いものが食べたくなるということかも知れない

友人との会話で

友人「舌ってホントに肥えるんですね。

ガックラ見ててハーゲンダッツ食べるようになって・・・

今まで普通に食べてた(別の)アイス食べたら『あれっ?』って・・『こんなんだったっけ?』って思って・・・

舌ってホントに肥えるんですね」

人間の感覚

人間は、何かの事象を判断するためには「比較してみないと分らない」という特徴がある

例えば今ごろの季節に気温が29℃になったとする。すると「暑いなー」と感じる

がしかし、真夏の37度とかの酷暑日が続いた後に29℃の日があると「今日は涼しいな」と感じるに違いない

そうなのだ、暑いとか寒いとか、それは絶対的な判断ではない

美味しいものと、そうでもないもの、も同じように何かと比べて判断しているようだ

武田邦彦氏

パラレルワールドの記事で登場いただいた氏であるが、こう述べている

「美味しいとか美味しくないというのは、比較で感じている」

「人は美味いものばっかり食べていると、どんどんエスカレートしてどれも美味しいと感じなくなる」

「なので時々リセットしなくてはいけない」

「私は、昼食は学生食堂で取るようにしている」

「そうすることで、夜どこか美味しい店に食べに行ったりすると、さらに美味しく感じる」

なるほど、リセットすればいいのだ

リセット

以前から、リセットの方法を模索していた

武田先生のような良いリセット方法はないものか?と

 きゅうりのキューちゃんのおにぎり

我ながら最強のリセット方法と自負している

きゅうりのキューちゃんは細かく刻んだ

きゅうりのキューちゃんをおにぎりの回りにくっ付けるように少しの塩で塩にぎりにした

IMG_0309

美味ーーい

リセット完了の巻!

きゅうりのキューちゃんのおにぎり

想像の何倍も美味いです

是非やってみて欲しい

きゅうりのキューちゃんをなるべく細かくみじん切りにすること

それと、おにぎりの中に混ぜ込むんじゃなくて、回りにくっ付けるようににぎること

小さめの方が美味し!

 

村上重本店京高瀬

村上重本店の漬け物は「ちりめんすぐき」「胡瓜の京高瀬」に次いで3つ目

以前の記事で「村上重本店の商品では「京高瀬」というのが人気らしい」と書いているが

その時は間違って「胡瓜の京高瀬」を買ったんだな

そして今回は本来の「京高瀬」を買った

ふっふっふ

村上重本店京高瀬

IMG_0297

前に食べた「胡瓜の京高瀬」よりちょっと中級者よりの印象

美味い!

IMG_0302

茄子とか、ミョウガなんかも入っていて

ミョウガは1本そのまま入っていたから、刻んだ方が良さそう

やはりこれは中級者以上向きでしょうか

こんなのばっかし食べてたら堅気に戻れなくなってしまいそう

リセットの方法も考えないとな

 

鶏もも肉の皮パリパリ焼き

ただ、鶏もも肉をフライパンで焼いただけ!

なのだが、これはなかなか奥が深いというか、美味く作るのには工夫が必要な料理である気がする

いろんな作り方

いろんな方法があるようで、ネットでググるとレシピがいーっぱい出て来る

油無しの方法とか、油多めの方法とか

肉にあらかじめ味をつけておく方法やら、そうでない方法やら

焼く肉に鍋などで重石をの乗せる方法などもある

色々試してみた

皮をパリパリに仕上げたいのだが、なかなかこれが難しい

出来上がりはパリパリなのだが、すぐにふんにゃりしたり

粉を振ったりも試してみたが

その中で、一応の私なりの結論を出した

作り方

もも肉は丁寧に脂を取り除いておく

皮が美味しいので皮は残し、皮に付いた脂は極力除く

肉の中にも(2カ所)脂が溜まっているところがあり、取り除いた方が美味い

筋も切っておくこと

フライパンに少量の油を入れ。ニンニクのスライスを焦がさないように炒める

ニンニクを取り出したら、そのフライパンに!塩を振り、そこに鶏もも肉を皮目から投入

弱火で丁寧に炒めるが、その時、均一に火が通るようにターナーなどで少しもも肉をフライパンに押し付けるようにする

一度ひっくり返してB面を焼き(B面も少し押し付けて)

8分どおり焼けたらもう一度ひっくり返してA面をパリパリに仕上げる

出来上がり

IMG_9814

皮パリパリで中はじゅわー!

熱々を切ると肉汁が全部出てしまうので、そのまま皿にサーブして食卓でナイフで切りながら食べるのがいいかも知れない

お気に入りの塩と先程作ったニンニクチップで頂く

今日は塩で頂いたが、フライパンに残ったこごり?でソースを作る方法も開発中である

近日公開予定乞御期待

 

チョコレートマカデミアナッツ

ハーゲン、クランチークランチシリーズは

抹茶クランブルマカデミアバタースカッチに続いて3つ目

前の2つとも美味かったから期待してしまうな

これも期間限定

期間限定に弱いんだよなあ

チョコレートマカデミアナッツ

IMG_0290

マカダミアぢゃないよ、マカデミアだからね

メーカーのHPより

カカオの風味豊かなチョコレートアイスクリームに、

ほろ苦いチョコレートソースを加え、

マカデミアナッツを散りばめたミルクチョコレートでコーティングしました。

濃厚な味わいのチョコレートと

香ばしいマカデミアナッツの組み合わせをお楽しみいただけます。

IMG_0294

食レポ

ファーストインプレッション=チョコレート、美味い

風味豊かな甘いチョコレート

アイスの部分もチョコレートアイスクリーム

中にチョコレートソースが入れてあって、これでもか!ぐらいにチョコ!チョコ!チョコ!

でも苦みと甘さが絶妙のバランスでしつこくない

口溶けも滑らかで「さすがはハーゲン」と納得させられる

チョコレートコーティングはミルクチョコレートでパリパリした食感が素晴らしい

混ざっているマカデミアナッツは、ローストされているらしい

香りもアクセントになっている上、チョコレートコーティングと共に食感がたいへんよろしい

めっちゃチョコ!なのにたいへんさっぱりしている

これは赤丸急上昇!(何か古い言い方)

めっちゃ美味いです

さすがはハーゲン!の期間限定

チョコアイスが好きな人は必ず食べましょう