ACアダプターの修理

Maxonのエフェクター用のACアダプターが故障した

エフェクターにつないだ状態で、ACアダプター出力ケーブルの根元あたりを動かすと時々反応がある

どうやら単なる断線のようだ

修理するぞ

AC ADAPTOR AC310

img_1002

元の写真はない

修理中のここから

出力のケーブルを剥いていくと、みごとに根元近くで断線していた

img_1003

残っているケーブルの長さが足りないので、アダプター本体に穴を空けてケーブルを引っぱり出した

ドリルで慎重に小さな穴を複数空け、アクリルカッターで切開

熱圧縮チューブを通しておいてから!結線

img_1007

ハンダ付けする

img_1009

通しておいた熱圧縮チューブで絶縁して

img_1011

さらにもうひとつの熱圧縮チューブで固定

img_1012

さらにグルーガンで固定する

img_1094

 出来上がり

img_1099

以前にBOSSのアダプターも修理

img_1102

こちらは本番で使う機会も多くあるので、本格的に修理、部品交換した

本体を分解してケーブルもプラグも丈夫なものに交換してある

メーカーさんにお願い

楽器メーカーの方々にお願いしたいことがある

エフェクターの電源って、例えば家で使う家電のように差しっぱなしということは考えられない

常に動かされるということが容易に想像できる

だからめっちゃ頑丈にしておいて頂きたい

また、演奏中に断線しては絶対に困るんだよ!

ちょっとやそっとじゃ断線などしない、もっとヘビーデューティーに作って頂きたいんです!

よろしくお願いしたいんだけど・・・

 

Suhr Riotの製作07

ハイゲインディストーション、Suhr Riot(サー・ライオット)の自作改造

その第7話

オペアンプIC4580が2個の歪み回路

クリッピングダイオードが無くても充分に歪んでいて、しかもその歪みもナチュラルでいい感じ

計画どおり、3種類選べるクリッピングのダイオードは別基板にしてスライドスイッチで選択

そして、3色LEDと連動!!

考えだけは無駄に素晴らしい

クリッピングダイオードの設定

元回路の歪み部分

suhrriot

 

スイッチが特殊なのでややこしく見えるが

左から

① 51Vツェナーダイオード2個と青色LEDの非対称型+220Ω抵抗

② ゲルマニウムダイオード4個の対称型+470Ω抵抗

③ 赤色LED2個の対称型

である

実験君

img_0982

① 51Vツェナーダイオード2個と青色LEDの非対称型+220Ω抵抗

51Vツェナーダイオードが入手できなかったので、色々試した結果、47Vツェナーで代用

よく歪むしボリュームもある

220Ω抵抗をはさむことでさらにボリュームが上がっているようである

② ゲルマニウムダイオード4個の対称型+470Ω抵抗

入手したゲルマニウムダイオードを色々試してみたが、好みのサウンドではない

3段重ねにしても(6個)ボリュームが足りない

470Ω抵抗でボリュームを稼いでいる工夫のようだが、足りない

③ 赤色LED2個の対称型

安心出来るサウンドであるが、同じ赤LEDでもモノによって歪みは変わる

片っ端から試してチョイスするしかない

ふうう

歪みボード

こんな感じで作った

今回、クリッピングダイオードに直列で抵抗をはさむことで出力ボリュームを調節できることが分った

なので、色々実験して音量を合わせてみた

左:赤色LED2個の対称型+220Ω抵抗

中:47Vツェナーダイオード2個と青色LEDの非対称型

右:整流用ダイオード1N40012個の対称型+1kΩ抵抗

img_0983

スライドスイッチに結線

img_1046

ええ感じやんけえ

ギターを弾くと、内部で光っておる

img_1048

青いのも光るのぢゃ

img_1049

LED表示も連動

赤は赤色LEDのモード

img_1057

 

青はツェナーダイオードモード

img_1055

緑は整流用ダイオードモード

img_1056

でも失敗・・・

クリッピングダイオードを好きなサウンドで選定して、そして使いやすいように!と音量も合わせる方向で調整した

だから・・・

クリッピングのモードを変えても微妙にしか音は変わらない

モードの意味ないやん!!!

やり直しですな

とほほーーー

 

Suhr Riotの製作06

ハイゲインディストーション、Suhr Riot(サー・ライオット)の自作改造

その第6話

5話でスライドスイッチを付け、外観だけは整えたものの、なかなか時間がなくて作業が出来なかった

猛暑もやっと一段落

ハンダ付けをするぜ!

アースライン

フットスイッチに単線を巻き付けてアースラインとする

img_0858

インプット、アウトプットのジャックに絶縁型を採用しているため、こういった工夫が必要になる

普通の非絶縁型を使えばこういう面倒なことは必要ないが、クリフ型の絶縁型ジャックの使用感が好きなのだ

これもこだわり?なのかな?仕方ない

DCジャックの取り付け

大失敗!

img_0964

以前の記事で学んだように熱圧縮チューブを先に入れてハンダ付けしたのは良かったのだが

ナットを入れずに電池スナップをハンダ付けしてしまった

大失敗の巻・・とほほ・・やり直し

img_1063

アースライン、スイッチ回りから始めて・・・

どんどんハンダ付けしていく

img_1067

基板面

img_1066

クリッピングダイオードについては別基板とし

さらに吟味してから実装する

その前に・・・

ゲルマニウムダイオードの補強

1N34を中心に秋葉原でゲルマニウムダイオードを物色して来た

製造中止なので70円から100円位もする(現行品シリコンだと10円くらいから)

絶滅危惧種?無駄かもしれないけど・・・10本ほど購入

ガラス管は割れやすいので、エポキシボンドで補強する

img_0800

空き箱などにマスキングテープで空中に固定して・・・ボンドが垂れないようにくるくる回しながら・・

こういう工夫の作業はなんだか楽しい

これが楽しいだんて・・・思いっきりアホですね

今日はここまでにしておきます

 

埼玉づくり 千葉づくり

記事にするのを忘れていた

やはり記録はちゃんと残しておくことにする

こんな記事でも「ビールの背面のメッセージまで写真で見れて楽しんでるんですよ」なんて人もいて・・・

うれしい限り

埼玉づくりと千葉づくり

2つとも都内で購入したもの

img_1016

埼玉づくり

img_1023

アルコール度数5.5%ながら、たいへんバランスの良いビールだった

イラストは埼玉アリーナなんだね

千葉づくり

img_1027

菜の花色の一番搾りですか・・

すっきりとしながらも、濃厚な味わいだった

48都道府県の一番搾りはどれもよくできている

やるな、キリン

 

2016年秋 天龍寺

たまには音楽の話をしよう

JR東海のお馴染みのTVCM

最新の「そうだ 京都、行こう。2016年・秋 天龍寺」

紅葉も庭園も素晴らしいが、龍雲図が印象的

そして流れるクロマチックハーモニカの美しい音色に聴き入った

調べてみると、演奏は南里沙(みなみ りさ)という若い女性

粘っこい音色はブルースハープにも近いかもしれない

彼女はクラシックのプレーヤーのようだが、ジャズやブルースに通じるモノも感じられる

クロマチックをこういうスタイルで演奏する人もいるんだなあ

トゥーツやスティービーだけぢゃなくて、いろいろ聴いてみなきゃなあ

 

秋刀魚のバルサミコソース

数日前にも秋刀魚の記事を書いた

この時期の秋刀魚は安くて美味いから仕方ない

今日は洋風に仕上げて頂く

秋刀魚のバルサミコソース

img_0948

作り方

たいしたことはしていない

ニンニクスライスを丁寧に炒める

その油で少し塩をした秋刀魚を焼く

秋刀魚を取り出して、酒、みりん、バルサミコ酢、レモン汁でソースを作る

注意

こういうメニューはつい呑み過ぎてしまうという欠点がある

注意が必要だ

そして神戸

こーべー、泣いてどうなるのかあーー

数日前の「そして京都」は完全な前フリ!だったんだよ

IMG_0606

貴重な頂き物!を思い切って頂く

IMG_0609

夏子の酒でお馴染みの山田錦

濃厚な味なのに切れも良い

洋風の秋刀魚にぴったり!

美味でござった

サンキュでござる!

注意して呑む!でござる

 

わさび丼

大好きだったTVドラマ『孤独のグルメ』の「Season 3」の中で紹介されていたメニュー

実は放送後「チューブわさび」でやってみたけど、辛くてダメだった

いつかリアルワサビ!でやってみようと思ってたんだ

リアルワサビ

img_0969

わさび丼

img_0980

熱々ご飯にかつお節、わさび、しょうゆ

いっただっきまーーっす

辛い、美味い、辛い、美味い。

ドラマの中で五郎さんもおかわりしたけど

分りました

辛いのがあとをひく?

私もおかわりしました

からーーい、うまーーーい

 

 

栗の炊き込みおこわ

秋じゃのお

秋は美味いものがたくさんあるが、この時期にしか頂けないもののひとつにがある

栗って、見ただけでちょっとテンション上がるよな

蒸し栗も美味いけれど・・・

栗おこわの誘惑は特別なものがある

私は普通の(白い)栗おこわや栗ごはんより、いろんな具材を一緒に炊き込んだヤツが好きだ

作り方は先月のさつまいもご飯に準ずる

今日は、うるち米1.5合、もち米1.5合を合わせてとぎ、炊飯器にセットして30分ほど浸水させた

もち米を多くすることで栗の食感が良くなる気がする

材料

しめじ   1パック
栗     300g程度
うす揚げ  1枚
ちくわ   1〜2本(なくても良い)
塩昆布   ふたつまみ(必須)
しょうゆ  大さじ2
みりん   大さじ1
酒     大さじ1
あごだし  1パック中身のみ

栗の皮の剥き方は諸説あってどの方法がいいか?はよく分らない

私はとにかく頑張って!包丁で剥く!

うす揚げは湯通して細く切る(水切りしっかり)

ジプロックに材料、調味料を全部合わせてなじませて20分程度寝かせた後、具材を米の上に乗せて炊く

もち米の場合は気持ち!水を少なくした方が良い気がする

ご飯が炊きあがったら、すぐに返さずに、コゲを作るために再加熱3分程度

出来上がり

img_0866

再加熱3分後に底からひっくり返して

さらに10分くらいは蒸らしたい

栗がほくほくになる

コゲも少しできたし

うんまーーーい!

またまた食べ過ぎるよーー

 

秋刀魚の炙り(あぶり)

秋刀魚の刺身

あぶって食いたい!

火炎放射器?バーナー持ってない

よおし、ガスの直火であぶってしまえ!

金串に刺して、ちょっと塩して、皮目をあぶってやったぜ

秋刀魚の炙り

img_0942

皮目だけをあぶって中は生

わさびをつけて、醤油ちょこっとで頂きます

美味いぜよ

火炎放射器?バーナー?欲しいなあ

買おうかなあ・・・

 

ごはんのともキュウ

スーパーでこんなのを見つけた

ごはんのともキュウ

img_0917

きゅうりのキューちゃんのコピー商品か?

これは買わざるを得ない(意味分んない)

それも本家?と比べてみなければいけない!

本家?と並べてみる

img_0920

パッケージも全く違うし、コピー商品ではないようだ

食べ比べてみよう

右がきゅうりのキューちゃん

左がごはんのともキュウ

img_0930

きゅうりのキューちゃん

img_0936

食べ慣れているから?美味い

カリカリとした食感がたいへんよろしい

特に舌が肥えてしまったときのリセッターとしては、欠かせない存在となっている

ごはんのともキュウ

img_0933

きゅうり以外にゴマや昆布なども入っている

きゅうりのキューちゃんに比べると、色が少し薄い

味も少しマイルドな感じがする

食感はほんのわずか、こちらの方がやわらかいが、十分にカリカリしている

両方とも美味い

ブラインドテストだったら分らないかも知れないな

キューちゃん原材料

img_0926

ともキュウ原材料

img_0922

ちなみに・・・

キューちゃんは100gで110〜120円くらい?

ともキュウは110gで90円くらい

判定:ドロー!

判定がもつれ、ご飯2膳食べた