じゃがいものガレット+夏冴えるホップ

何度も記事にした「じゃがいものガレット」であるが

夏冴えるホップですごく美味かったので再び

じゃがいものガレット

じゃがいもを千切りにして、水にさらさない

みょうがは細切りにして加えた(これ美味い)

コーンスターチを少し加えた方が食感がよくなる

少し塩、こしょうした

フライパンにオリーブオイル適量を熱し、丸く広げて中火でじっくり焼き

ベーコンを後乗せしてひっくり返した

出来上がり

IMG_3416

夏冴えるホップ

これ、めっちゃ美味い

泡がすごくすっきり美味いと感じる

IMG_3319

じゃがいものガレットに

バチコーーン!

 

あさりとベーコンのパスタ

あさりのパスタが大好きだ

が、誰かが、あさりのパスタにキャベツを入れはじめた

なんでやろ?

今日はもうちょっと濃厚に

あさりとベーコンのパスタ

蓋のできる鍋であさりを酒蒸しにした(白ワインがあればよかったなあ)

あさりの口が開いたら救出する

フライパンにオリーブ油を入れ、刻んだベーコンを炒め、ニンニクのみじん切りを加えた

そこにあさりと蒸したスープを入れ、クリームチーズKiriとかやのやの野菜だしを加えた

1%の塩を加えた湯で、パスタをゆがいた(今日は1,8mm、11分麺)

茹で上った麺とソースを和えたら味を整えて

出来上がり

IMG_3409

kiriってすごいなあ

すごいいい感じのソースが出来た

1.8mmの麺がモチモチしていて美味い

11分、頑張ってよかった!

 

そば焼酎雲海

焼酎は芋を選択することが多い

黒霧島や黒伊佐錦など、最近人気のある芋焼酎はすっきりとしていて「臭い」というイメージを完全に払拭している

でも今日はこれを選択

そば焼酎雲海

吉田羊さんにすすめられたら断れないなあ

IMG_3346

SobaSodaでしょう

IMG_3345

ソーダ割りも美味いなあ

さざえの刺身

IMG_3404

スーパーでの閉店間際の安売り品を購入

生きている貝を自分で捌いたら格別!

捌き方はこんなやり方もあるよ

手前のワタの部分は少し湯をした

白いのはオス、みどりはメス

ペアだったようだ

ワタもめっちゃ美味いーー

呑み過ぎるなあ

 

きゅうりのキューちゃん和風だし味

きゅうりのキューちゃん和風だし味

新しい味、第5弾なのだそう

IMG_3385

名前のとおり、だしがきいてます

食感はスタンダードキューちゃんとそっくりで、ぽりぽり美味い

あ、ご飯より、ビールにいいかも?

IMG_3390

裏面に「冷やし茶漬け」のレシピが載っている

是非やってみよう

 

砥石面直し02

砥石の面直しは2015年の11月に行なっているが、

その時は作業前の写真撮影をしなかった

今回はビフォアー写真付で!

面直し

包丁を研ぐ際の重要なことのひとつ

砥石の面が真っ平らであること

砥石の面を真っ平らにすることを面直しという

Before

真ん中が減ってしまっているのが分るかなあ

実は今回も!削りかけてから作業途中に写真を撮った

IMG_3327

定規を当てると

IMG_3330

1mmくらい真ん中が下がっている

IMG_3333

砥石を研ぐ

私は「中砥石」と「荒砥石」のふたつを私有している

この2つを擦り合わせることで水平にするのだ

面直しを想定して?「中砥石」も「荒砥石」も常に片面しか使わないことが重要だ

やり方

充分に吸水させた中砥石を台の上に置いて、上から荒砥石を上下左右にこすりつけて研ぐ

作業途中

約1時間経過したが

IMG_3335

くぼみ部分がだんだん小さくはなって来たが

まだまだ終わらない

ふう

これは、もう、修行です

あともうちょっと

15分くらいで作業は急ピッチで進んだ

IMG_3337

出来上がり

砥石の角が尖っていると、怪我しそうで危ない

仕上げに角の所を削り、面取りをする

適当に荒砥で削ればよろしい

IMG_3339

めっちゃきれいになった

1時間以上かかったけど・・・今は清々しい気分だ

その後包丁も研いで

そうすると、何か切りたくなるんだよなあ

IMG_3298

楽しいぞ

 

Sundae Cup 02

先日リセッターに認定されたサンデーカップであるが

ニューバージョン?が登場?

ベルギー産チョコレート

製品中に1%使用!(笑)

IMG_3350

中身は

IMG_3277

前のと比べるとちょっと変ったかも知れない

「ベルギー産」のプラシーボ効果?かも知れないが

美味しくなったような気がする

ラクトアイス

アイスクリームぢゃなくてラクトアイスなんだね

IMG_3349

私には、どーでもいいことかも知れない

これ以上ないリセッターなんだよ

夏冴えるホップ

「もう飲まれましたか?感想ブログ楽しみにしてます」などという(うれしい?)お便りをいただいた

しゃーないなー(???)

電車の中吊り広告で見て、気になっていたんだよお

買って来た

IMG_3319

メーカーHPより

「一番搾り 夏冴えるホップ」はホップ由来の冷涼感と麦のうまみが調和した、すがすがしい香味が特長で、ひんやりと涼しい心地よさが夏にぴったりの商品です。

IMG_3321

缶のラベルに書かれているのは、谷川俊太郎氏書き下ろしの詩であるとのこと

IMG_3324

春に発売された「若葉香るホップ」でもそうだった

食レポ

ファーストインプレッション=爽やか+軽やか

そんなに香るわけでもなく、苦みも少なく、ぐいぐい飲める

美味い

これ、好きです

冷蔵庫から出してすぐのときはめっちゃ軽い感じだが

少し時間が経って、温度が上がると香りやら味が濃くなって来るかも?

夏のお昼にお外で飲みたいビール!といった感じか

IMG_3325

いや、1本ではまだ分らん

バーベキューとかでぐいぐい呑みたいなあ

キムチ入り焼うどん

IMG_3316

ピリ辛にもばっちしだ!

箱買いしようか?

限定に弱いんだよな

 

帽子のリボン交換

昨年あたりから帽子が好きになった

何となく気に入ったものを見つけたら購入!ってしていたら・・

気がついたら10個以上所有していた

でも・・・

ほとんどかぶらない帽子もある

一度もかぶったことのない帽子も・・

これとか

IMG_3270

何かが気に入らない、とかではなく

良く似たもっと好きな帽子が見つかったからかも知れない

そんなとき

このCMを見てしまった

吉田羊さん、めっちゃいい

よっし、こんな感じにリボンを換えて夏向きにしてみよう

ユザワヤへ行って

涼しげなリボンを買って来た

IMG_3307

帽子から黒いリボンを外して

接着剤で付けられていたリボンを丁寧に外した

IMG_3273

うわあ、めっちゃ麦わら帽

帽子に合わせて新しいリボン製作

アイロンで整形して糸で縫い合わせた

IMG_3289

リボンをグルーガンで帽子に接着したら

出来上がり

IMG_3309

めっちゃ上手くいったと思うけど・・

おまえ、女子か?!

 

C-MOS OVER DRIVE 05

組んで直ぐには音が出なかった、C-MOS OVER DRIVE

元ネタはMad Professorの

Stone Grey Distortion

オリジナルはシングルのオペアンプで作られているが

デュアルのアペアンプで作って、片方のアンプでバイアスの低インピーダンスを図る

そんな改造を施したので・・・

基板パターンも自分で作った

やっぱしちょっと無理しすぎたかなあ?

と、思っていたけど

音、出ました

IMG_3304

古いパーツを使い回したので、入出力のジャックが接触不良だったり

IMG_3300

電源ラインの基板パターンが微妙に途切れていたり

まだまだだなあ

回路図

C-mosOD

で、音ですが

すごいです

めっちゃハイゲインディストーション!

思い切り歪むし、歪ませても分離が良くて好みの感じ

歪ませてもピッキングのニュアンスが好きな感じに出ている

入力のカップリングコンデンサ(オリジナルは0.0022μF)を調整すれば低音をコントロールできる

0.047くらいにすると低音がゴンゴンに唸るが・・やりすぎか?

すごく楽しいぞ

本格的にアルミケースに入れて完成させよう!

ちょっと失敗部分

ボリュームポットはAカーブが必要なのに

IMG_3303

間違って3つともBカーブを買ってしまったんだよなあ

何で間違ったんだろ?

このままでは使いにくい

また秋葉原に出かけるか?通販で済ますか?