Big Muff Pi(パイ)の自作03

自作エフェクター・歪み

ギター用のエフェクター

Big Muff Pi(パイ)の自作 3回目

10年ぐらい前の話であるが、資料が出てきたので記録しておく

昨日の記事で基板から回路図を起こすところまで書いた

Big Muffとは

1970年頃に発売され始めたエレキギター用エフェクター

音を歪(ひず)ませ、特に音を伸ばす特徴がある

音を歪(ひず)ませるエフェクター、現在は「ディストーション」又は「オーバードライブ」などと呼ばれ、音味で区別されている

その頃は「Fuzz(ファズ)」と呼ばれた

ジミヘンドリックスの使用で有名な「Fuzz Face」はその代表選手である

そして「Big Muff 」は「Fuzz Face」と双璧ともいえるFuzz Machineの傑作と言えるだろう

歴史

1971年エレクトリックハーモニクス社から発売

その後、公式,非公式にいろいろな会社で製造・発売され、多くのバージョンが存在する

シホちゃんから借りた3機種

1. USA製(w/t Tone-Bypass SW)

2. Black Russian

3. White Russian

3つとも回路図を書き起したが、今回目標とするのは3の白っぽいロシア製

3台を比べてみると

いろんなところにいろんな回路図がある

回路の解析も多くの人が行っているから、そこは他のサイトに任せるが

3機種ともトランジスター4石の増幅回路で

1石目がバッファー、2石目3石目がダイオードクリッパ、トーン回路があって4石目が送り出しバッファーであった

私が書き起した回路図

Muff-White01

きたない

3台の音味の大きな違い

1のUSA製が一番歪む、そして暴れる

3のWhite RussianはLowが引き締まっていて唸る。弾きやすい

2のBlack Russianはその中間といった感じか

何となくの直感だが、ダイオードクリッパと直列につながるコンデンサーによるところが大きいのではないか、と感じた

1のUSA製が1uF、2のBlack Russianが0.1uF、3のWhite Russian0.047uF

なんとなくそれっぽい説明だな

あと、ダイオードクリッパと並列のコンデンサーも歪みの高音調整に大きなファクターだろうと思う

見つけた!

最近になって見つけた回路図

V2 SCHEMATIC TEMPLATE_NPN_polarized electros

Early Russian Madeと呼ぶのかあ

だいたいはこの回路定数で制作した

主な違いと考察

上の回路図から言うと・・

トランジスターがすべて見た目からも違った

型番はほとんど不明で、分ったところで入手困難

倍率などの設定もさまざまであるが、がばっと増幅していることだけは間違いないので・・・

この部分は保留

2段目、3段目のダイオードクリッパーの部分の「ダイオードD1〜D4」も出音に大きく影響しそう

前述の2段目、3段目のダイオードクリッパーの部分の「ダイオードと直列するコンデンサーC6、C7」

0.047uF、0.1uF、1uFとさまざま

この部分はヒヤリングテストをしよう

トーン回路

C8、C9、R8、R5で構成されるトーン回路がBig Muffの大きな特徴であることは間違いない

この部分はまた別に解析、検討したい

長くてつまらない話、最後までお付き合いありがとうございました

このプロジェクトはまだ続きます。また週末あたりに・・

タイトルとURLをコピーしました