「その他」カテゴリーアーカイブ

足ゆび広げてリラックスパット

時々、足の指を思い切り広げたい時がある

そんな時、ないか?

100均で見つけた

足ゆび広げてリラックスパット

IMG_7650

見つけてうれしい

IMG_7651

足指めっちゃ広がる

IMG_7655

写真はちょっと恥ずかしいけど

いい感じに気持ちいいぞお

1時間ぐらい広げて・・・

はずすと、めっちゃ足の指の間、広がってる

めっちゃ面白い

でも

足ゆび広げてリラックスパットというこの名前

正しくはリラックスパッドじゃないかな?

PatぢゃなくてPadだと思うんだけど

まあ、足指は開くからいいか

鬼怒川決壊

ニュースによると

台風18号から変わった低気圧の影響で、関東や東北では10日も雨が続き、栃木県や福島県では50年に1度の規模の記録的な大雨となった。(ニュースの文章そのまま)

TV映像

茨城県常総市では、鬼怒川の堤防が決壊し、住宅が流された

住宅街とは思えない、荒海のごとく濁流はうねり、何もかもが流されていた

これが日本のどこか、いや、東京からごく近い場所での真実だとは、にわかには信じられない光景だった

住宅の屋根などに避難し、救助を求める人達もいた

TVでその様子が流され、自衛隊のヘリコプターによる救助の瞬間も生放送された

自衛隊の方々の決死の救助には頭が下る

涙が出そうになった

kinugawa

50年に1度の

もう、そんな言い方は止めにしないか?

50年に1度だからしょうがない、みたいに聞こえる

前にも書いた

「10年に1度の勢力の台風」は、ほぼ毎年上陸している

これは事実だ。みんなで怒ろう!

野球界で「10年に1人の逸材」が、約2年に1人くらいの割合で出ている、という事実より、相当タチが悪い

過去に経験のない

今朝になって、TVではまた「過去に経験のない大雨」などという言い方をしている

主語がない

誰が、どこで、経験したことがないのだろう

「その場所に堤防ができてから、経験したことがない」というのなら分るけど

「しょうがない」みたいに聞こえる、こんな言い方は、もう止めにしないか?

ピーコの思い出2

昨日からの続きの話

小学生の頃、ひよこを飼っていた

「黄色いひよこ」2羽と「黒いひよこ」2羽

黄色いひよこは「白色レグホン」、黒いひよこは「黒色ブリモス」と説明されていたが

少し違ったようだ

ピーコ

4羽のひよこは、1羽死んだり、1羽どこかいなくなったりして・・・

「黒いひよこ」が1羽だけになってしまった

メスだと思っていたから、「ピーコ」と名付けた

これも違ったようだ

ピーコはすくすくと?育った

黒からゼブラへ

黒いひよこはだんだん大きくなり、しっかりとした羽毛に生え換わってくる

そうすると、黒色に白の羽毛が混じったゼブラに変化していった

鳴き声?も「ピーピー」から「クックッ」という風に変化していった

イメージ画像

buri05

ピーコとの暮らし

ピーコとは毎日遊んだ

普段はケージ(のようなもの)の中で飼っていたが、私が学校から帰ると、必ずケージから出して遊んだ

餌も「粟(あわ)」などではなく、家族と同じものを与えて、その反応なども楽しんだ

いろんな遊びがあったが、私が好んだのは飛ぶ練習であった

飛ぶ練習

鶏であるから、基本飛べないのが当然であろう

最初は少しの高さから落としても「ボトリ」と落ちるだけであったが、

練習を重ねるうち、大きく羽を広げてスムーズに着地できるようになった

そのうちに、階段5〜6段の高さから投げると、羽ばたいて少し飛ぶような姿勢をとるようになった

やはり元は鳥だったんだな

近所

頻繁に屋外を散歩したわけでもなかったが、外に連れ出しても逃げたりすることはなかった

そのうちに「何だかめずらしい鶏を飼っている?」ということで、近所でも有名になっっていった

そしてある日の出来事

ある日、家の近所の「うどん屋」の「おか持ち」を持った兄ちゃんが訪ねて来た

「お客さんが箸もつけないで残していった『親子丼』があるのだが、鶏にやってもいいか?」

みたいなことを言って「おか持ち」から『親子丼』を出した

私は断る理由もなかったので「いいですよ」と答えたと思う

 親子丼

その近所の「うどん屋」はたいへん評判が良かった

その親子丼も、きっとかなり美味かったに違いない

ピーコにとったら、かなりのごちそうだったのだろう。正に「ばくばく」という感じでついばんでいた

すると、その「おか持ち」を持った兄ちゃん

その様子を見て、

「ホンマ、親も子も、って、めっちゃ共食いやな」

と、ニコニコしながら満足そうに言ったのである

これってシャレ?

この兄ちゃん、シャレだったのか、マジだったのか?

親子丼にまつわる思い出のひとつ

ピーコの思い出

昨日、親子丼の記事を書いた

小学生だった頃のある日のことを思い出していた

ひよこ

小学生の頃、ひよこを飼っていたことがある

ある日、小学校の前にひよこを売る「出店」が出ていた

たまたま家にいた(のかな?)オトン(父)に話すと、「買ってやろう」と小遣いをくれた

黒いひよこ

その出店のひよこ屋には普通の「黄色いひよこ」の他に「黒いひよこ」も売っていた

値段は忘れたが、黄色いひよこが1羽40円くらいだったのに対して黒いひよこは1羽140円くらいしたと思う

黄色いひよこは「白色レグホン」、黒いひよこは「黒色ブリモス」と説明されていた

オスとメスでも、当然値段が違ったと思う

すべてをオトン(父)に話すと、黄色と黒を2羽ずつ、4匹買って来い、てなことを言われたと記憶している

イメージ画像

burihiyo03

閑話休題

三谷幸喜作品の「王様のレストラン」に「カラーひよこで一儲けしよう」とした話があったな

どうでもいい話

飼育

さて、4羽のひよこを飼い始めたのだが、飼い方が全く分らない

とりあえずは段ボール箱で飼い始めた

まだ小さいひよこなので「ぬか」などを与えればいいと聞いたが、うまく食べてくれなかった記憶がある

オカン

オカン(母)が乾物屋で「粟(あわ)」を買ってくれた

それは好んで食べてくれたように記憶する

おかん、すごいなと思った

夜間

季節は春だったと思うが、夜はまだ冷え込んだのだろう

4羽のひよこは身体を寄せ合い、くっついてピイピイと力なく鳴いていて、いかにも寒そうだった

オカンが「親鳥がいてへんから寒いねんで」と言って、もう使ってなかった「豆炭を使ったアンカ」を引っ張り出して入れてくれた

今考えると、一酸化中毒の危険もあったろうが、ひよこ達は暖かいアンカにくっついて眠っていた

オカン、すごいなと思った

続く・・

腕時計収納ケースの製作

ちょっと前にやった工作

腕時計収納ケースをDIYで作った

腕時計

これまで、時計に興味はなかった

腕時計はしない生活をしていた

だってどこにでも時計はあるし、最近はあらゆる家電製品に時刻が出ていて、時間を知るのに不自由がなかった

何より携帯電話に常に表示されている時刻が一番正確だったから

携帯が時計代わりだった

スマホ

スマホにしてからだと思う(そのひとつ前だったかも?)

どこかを押さないと時間が表示されない

これは何かと不便

やっぱり腕時計も必要かな?

と、思ってひとつ腕時計を買った

どうせなら、と、ストップウオッチのついた大きめの男っぽい時計を選んだ

「クロノグラフ」という言葉もこのとき初めて知った

使ってみたら・・

うふん、なかなかいいじゃない♡

いやん、すごく男っぽいじゃなーーい☆

と、「すごく好きなモノ」になってしまった

高級腕時計じゃないよ

世間で言うような外国のブランド時計じゃない

でも、なんかすごく楽しくなって来る

愛着も沸くし、飾りたくなった

そこで!

こんなものを作ってみた

材料

100均でこんな材料を買った

Watch-Case

バルサ板2枚とフォトフレーム1つ

バルサ板で箱を作り、フォトフレームでふた部分を作ろうと計画

これで300円な

仮組

IMG_0082

ネットに上げることは想定してなかった?かも知れない

写真が足りないね

この行程で1日以上かかってます

色を付ける

IMG_5455

黒のラッカースプレーで塗装した

これも100均の商品。2本必要だった

300+200で500円な

蝶番が必要だ

IMG_5456

箱の部分は蝶番の分だけ削ってある

IMG_5457

ふたの部分も同様に、削ってから蝶番をつけるIMG_5459

蝶番の値段は忘れたが100円くらい

ふた部分のアクリル

IMG_5460

これも100均でいっといた

透明の下敷き、ははは、100円

完成

watch-case03

一応こんな感じで完成としておきましょう

総額756円(税込み)

楽しーー

いいじゃなーーい♡

男っぽいじゃなーーい☆

さらにこちらでも腕時計収納ケースを製作している

 

スニーカーの修理

何だかちょっと恥ずかしいけれど・・

紹介しよう

少し前は革靴なんかも履いていたけれど、今はスニーカーばかりになってしまった

ゴム底の柔らかいスニーカーは、一度履くと、もうやめられないな

でも、底がすごく減るんだよなあ

そして、修理することを考えた

今回修理するスニーカー

IMG_7520

ソールの部分が著しく削れて、穴が空いてしまっている

履き方や歩き方が悪いのかも知れない

このスニーカー、合成皮革ではなく革製

はじめは固かったけど、だんだん自分の足に合って来て

だからもう少し履きたいんだよなあ

シューズドクター

IMG_7522

東急ハンズで購入

靴底の補修材 1000円くらいだったかな

靴底の穴を埋める

IMG_7525

このシューズドクター

かなり盛っても大丈夫

ちゃんと固まってくれる

100均で買ったかかとを張る

IMG_7527

そして付属の釘を打ち込んで

さらにシューズドクターを盛って、ソールを形成

IMG_7542

完成

IMG_7541

2〜3日、充分に乾燥させる

これでもう少し履けるね

よかった

衣装06

 2004年のゴスペルナイト

GN2004−0

2004.9.4(sat)

パシフィコ横浜国立大ホール

Strength
My Life Is In Your Hands
Hosanna

GN2014-1

プロレスラーのオカダカズチカのレインメーカーポーズをすでにやってたんだね

GN2014-2

背中はこんな感じ

GN2014-3

髪の毛も、思い切り金色にしたんだよなあ

GN2014-4

この日は何だかたいへん緊張した

が、大好きなカークの曲で思い切りはじけた

すんごく楽しい1日だった記憶がある

包丁-切っ先三寸

以前に愛用の包丁「MISONO君」を紹介したことがあったと思う

その先っぽのフォルムを修正した

切っ先三寸(きっさきさんずん)

元々和包丁は日本刀と全く同じ作りであったらしい

日本刀の驚くべき切れ味の秘密は、そのカーブしたフォルム「そり」にあるといわれる

特に先っぽの三寸のカーブ、切っ先三寸のフォルムが大切であるらしい

MISONO君は洋包丁であるから、切っ先三寸なんて言葉は当てはまらないかも知れないのだが

私の手入れがダメなんだな

私は包丁を研ぐのが嫌いではない

ひょっとして好きかも知れない

瞑想をするような、座禅を組むような感覚

ランボーになって静かに研ぐのだ

しかしながら、その研ぎ方がヘタクソのようだ

先っぽの形がなんだか平坦になって来たように思う

IMG_7407

写真では分りにくいと思う

荒砥(キメの荒い砥石)で修正して、その後、中砥で研ぎ上げた

完成

実際には1時間くらいかかったかも知れない

IMG_7410

写真ではほとんど分らないね

先っぽのカーブが強くなっているのだが

きっと自己満足なんだな

日本文化

日本刀とか包丁とかは古くからの日本の文化なのだと思う

切っ先三寸なんて言わなくなったけど

「そりが合わない」なんて言うよね

刀とさやが合っていないことを言うんだね

「元のさやに戻った」なんても言うよね

「しのぎをけずる」も良く聞くなあ

刀同士が激しくぶつかっている様子を表現しているようだ

包丁を研ぎ上げたら

何か切りたくて仕方なくなるんだ

危ないね

とまとのサラダ

IMG_6995

めーっちゃ切れる

気ん持ちいーーーー

滋賀づくり

応募シールを集めて絶対もらえる「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り」の8本目

ううう、ゴールに近づいている

滋賀づくり

IMG_6929

ファーストインプレッション、苦い

昔の美味いビールの味?

美味いけど、ちょっと苦い

IMG_6954

香りは普通だと思う 濃い感じはしない

ビールは苦くないとあかん!という人にぴったりだと思う

昔のラガーってこんな感じだったのかな?って思う味

滋賀県

私の父は滋賀県出身だった

私の父は揺るぎなくキリンラガーだけを好んでいた

ある夏にお中元で他のブランドのビールを頂いたことがあったが、

親父は「〇〇(酒屋)に言うてキリンに代えてもろてくれ」という一言でキリンに交換していた

すごいな

IMG_6930

IMG_6931

これは麦芽とホップのみ

IMG_6932

琵琶湖

毎年夏になると琵琶湖の北端にある「月出」という小さな村に連れて行ってくれた

目の前が琵琶湖で、いわゆるオーシャンビューで、朝から夕方まで海パン(水泳パンツ)で過ごした

その目の前の琵琶湖で稚鮎(ちあゆ:皆さんが知っている鮎の子供)の漁が行われていた

その採れたての稚鮎で、おかんが鮎の飴煮(佃煮)を作ってくれた

それも「菊水飴」という滋賀県長浜市余呉町の名産の高級水飴を使って作ってくれた

採れたての稚鮎はガス火にかけた鍋の中でも、まだピチピチ飛び跳ねていたのを覚えている

不味いわけがない

ほろ苦い鮎の美味さを知った瞬間だったと思う

もう一度食べたい料理のひとつだ

そんなことを思い出させてくれた

キリンのキャンペーン、素晴らしい企画だね!!

shiga02

shiga01

すごく楽しい企画

本日も最後までご覧頂いてサンキュです

毎日更新して参ります

ジャポネ(抹茶きなこ黒蜜)

これはすごいです

ジャポネ(抹茶きなこ黒蜜)

ハーゲンの「抹茶」も一番好きなアイスのひとつだが、

これもすごい

IMG_7266

セブンイレブン限定らしい

普通のハーゲンカップも270円と十分高いが、こいつは360円と、私達、庶民には信じられないくらい高い

しかしながらこの日は勇気を振り絞って買うことにした

負けてられるか!

めっちゃ美味い

値段が高いからそう感じるのだろうか?

めっちゃ美味いぞ

まず、一口目に「きなこ」の香りを感じる

その次に抹茶、めっちゃリアルな感じの抹茶

この抹茶の感じはハンパじゃない。めっちゃ美味い

これは、ハーゲンのスタンダードな抹茶よりもさらにリアルに感じるが、勘違いかも知れない

IMG_7269

スプーンですくうと何層にもなってる

黒蜜ソースは甘い

全体には甘い、という印象

ネットでの「普段のハーゲンダッツよりも甘さを抑えめにしてる?」などという印象は全く感じなかった

めっちゃ美味ーーい

甘い、めっちゃ美味い、が正しいと思う

高いけどね

また頑張って食べたいよーー

IMG_7259