「その他」カテゴリーアーカイブ

暦(こよみ)

昨日、七夕について書いたが、説明不足のようなので、もう少し「うだ話」を聞いていただきたい

日本では、明治以前は、太陰暦(太陽太陰暦)が使用されていた

明治5年に今の太陽暦が採用された

太陽暦と太陰暦

暦(こよみ)には、1年の長さを太陽の動きによって決める「太陽暦」と、

ひと月の長さを月の動きによって決める「太陰暦」とがある

太陽太陰暦(太陰太陽暦)

日本が使っていた「太陽太陰暦」は、1ヶ月の長さを月の動きによって決め、

1年の長さは太陽の動きに動きによって決める、というものだ

つまりどこかで調整する必要がある

うるう月

毎月は28〜29日間であり、3年に1度くらい(不定)の間隔で「うるう月」が挿入され、その年は13ヶ月となった

この話をすると「えーーっ」となるけどホントだよ

日本国内だけなら、うるう月があったりしても、別に困ることはなかった

ところが諸外国との国交、貿易などがかかわって来るとややこしいことも起こって来る

そこで新暦

政府は、明治5年12月3日をいきなり明治6年1月1日とした

明治政府の布告は改暦の約1ヶ月前、明治5年の11月9日だったというからめっちゃいきなりだ

突然1ヶ月なくなっちゃったわけだ

11月9日に突然「23日後が大晦日な」と言われたんだからみんな困っただろう

その時の混乱はたいへんなものだったそうだ

カレンダー

来年の暦、今でいうカレンダーもすでに販売されていたそう

従来の暦は回収され、急きょ新しい暦を作って配布したそうだ

金融政策?

これは明治政府の金融政策でもあったらしい

明治6年はうるう月の年だった。つまり13ヶ月ある。

明治5年も実際上は11ヶ月しかなかったし、明治6年も予定より1ヶ月少ないことになる

公務員や企業で働く社員の給料2ヶ月分を節約できる、という景気回復のための金融政策だったという説もある

いずれにしろ、1ヶ月でめっちゃ急いで作った暦をいまだに使っているのである

だから季節がずれる

めっちゃ急いで作った暦なので、「季節」という大切なことが考慮されていないのだろう

その一番極端なのが「七夕」だと思う

IMG_7110

梅雨の真っ最中に「天の川を見ろ」と言われても、それはちょっと無理というものだ

長くなってしまった。今日はここまでということで

七夕

7月7日、七夕の日は毎年天気が悪い

梅雨=雨期

梅雨の真っ盛りであるから当然のことである

雨期の真っ最中に天の川を見ろと言われても、星空が広がる可能性などめっちゃ低いということだ

織姫と彦星

1年に一度しか会えない織姫と彦星

データによると実際のところ?

織姫と彦星は(天気が悪いので)数年に1度、会えるか会えないか?という確率なんだそう

この遠距離恋愛、というか、ふたりは結婚してるのだが、

もう無理だね。だから・・

カレンダー?暦?

この暦(こよみ)、ちょっと見直さないか?

七夕と言えば浴衣などを着て楽しみたいと思う若者も多いと思う

織姫と彦星だけじゃなく、みんな天気が気になる

七夕は元々旧暦の7月7日であった

旧暦

日本では、明治以前は、太陰暦(太陽太陰暦)が使用されていた。

明治5年に今の太陽暦が採用された

新暦と旧暦では約1ヶ月ずれているというのだが・・

旧暦の今年の七夕は8/20であるとのこと

ずいぶんずれるんだな

昨年の七夕

昨年、2014/7/7も天気が悪かった。雨!

旧暦の七夕にあたる2014/8/2はピーカンに晴れていた

amankawa

織姫と彦星も

織姫と彦星も旧暦なら会えたんだね

七夕だけでも旧暦にしないか?

みんなも七夕の日はいい天気の方が楽しめるんぢゃないかなあ

臥薪嘗胆 ぐわしんしやうたん

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

薪(たきぎ)の上に寝て、毎日復讐の志を奮い立たせ、

胆(きも)を嘗(な)めて、そのにがさで敗戦の恥辱を思い出して、

その後、ついには敵を滅ぼした、という故事から

敵を討とうとして苦労し努力すること。目的を達するため苦労を重ねること、の意。

女子サッカーワールドカップ

昨日のアメリカはマジ強かった

優勝を決めたアメリカチームは優勝トロフィーを高く上げ、金の紙吹雪が舞う中、勝利の雄叫びを上げた。

日本の選手達は拍手をおくりながらも、悔しさに涙が止まらなかった

4年前

正に4年前には「全く逆」の光景があった

あの日、日本チームが勝利の雄叫びを上げ、アメリカチームが悔しさに泣いた

あれから4年間、アメリカは「あの日だけは忘れない」と練習を重ねてきたと言う

アメリカのリジェンド、ワンバック選手も「他の日は全部忘れたけど『あの日』だけは絶対忘れられない」というほど悔しかったそうだ

そして、昨日、アメリカチームはリベンジを果たしたのだ

正に臥薪嘗胆なのだ

 

日本は前半の早い時間に4点入れられたが・・

1点目は完全に作戦通り!

ビデオを観直すとゴールを決めたロイド選手が、めっちゃ遠いところからピンポイントで走り込んで来るのが見える

早い時間にコーナーキックを取ったら「この作戦で」と決めていたのだろう

その作戦がドンピシャ!に決まってしまった

めっちゃ上手いのも間違いないが、これは執念だ!

 

2点目も練習通りに決められてしまった感じがする

日本のスロースターターな部分?をついてきた、いわゆる奇襲作戦かも知れない。やられたな

3点目と4点目

めっちゃ単純な日本のミスだ

2点先取されたことで日本チームはワタワタしたんだろう。精神面でやられまくってる

アメリカのメンタル、執念すごかった

 

大儀見選手のゴールはカッコよかったな。ゴールを決めても表情ひとつ変えず、めっちゃ侍だったな

IMG_7093

臥薪嘗胆

20150706k0000e050160000p_size8

やられたな。すごい悔しいね

多くの選手が悔しさに顔を歪めた

今日のこの日を忘れずにいよう

4年後には必ず笑顔が見られますように

臥薪嘗胆 がしんしょうたん

先ずは来年、リオでも何か見せてくれないかな?

頑張れ!日本!

 

電波時計

CITIZENの PROMASTER SKYという、エコドライブ電波時計を使っている

ソーラーバッテリーで動いている。だからエコドライブなのか?

標準電波の送信局から送信される電波を受信し、自動的に時刻を正確に合わせてくれる

なので、秒単位で正確な時刻を知ることができる

マジで1秒も狂わない

もちろんカレンダーも合わせる必要がない

6月が30日までであることを知っていた

当たり前なんだけど

7月1日の午前0時になる瞬間の映像

すごいでしょ?

流星ワゴンの過去に戻るシーンみたいにくるくる回って楽しい

カレンダーの手前にある「TYO」の文字は東京を表していて、現在東京の時間であることを示している

ひとつ上の「HKG」は香港を、ひとつ下の「ADL」はアデレード(オーストラリア)を示す

つまりは世界の時間に合わせることができるようになっているらしいが、そんな機能は使ったことがない

Youtubeに動画を上げる練習のためにやってみた
未来が来ていて楽しいねえ

最後まで見てくれてありがとうね

ドS女優

ドS女優なんてジャンルはあるのか?

前回からの続きの話

AuのCMで、菜々緒氏演じる強烈なツンデレキャラの乙姫様は、かなりの完成度だ

桃太郎がぽつりと発する最後の言葉「すんごいの出てきたね」も笑わせてくれる

そしてまた決定的なものを観てしまった

痛快TV スカッとジャパン

6月22日放送の2時間SPであった

この番組の存在は知っていたが、ちゃんと観たのは初めてかも知れない

なので、これまでの菜々緒氏の演じたキャラクターについては詳しくない

悪女エリカ

これまで彼女は「悪女エリカ」という、いわゆる悪役を演じ、たいへん人気であるらしい

今回は「後輩をツブす上司」に出演。新入の女子社員に、厳しくあたる先輩役であった

演技力?

ドS女優と呼ばれることがあるらしいが、めっちゃ「はまって」いる

演技力というより「はまり役」なのか?

「めっちゃ怖い」のだが笑ってしまう。笑ってしまうくらいはまっているのだ

そして「にらみ」がすごいのだ

こちらの動画の56分から

「甘えたこと言ってんじゃねーよー」
にらみもすごいのだが・・

IMG_0415

その後の「うせろ!」的な台詞のない「目の演技」がめっちゃすごい

すごい「はまり役」だ

ドS女優、認定!

ツンデレ乙姫様

先ずはこの話から

皆さんご存知だと思うが、AuのCMがたいへん面白い

はじめは、桃太郎(松田翔太、以下敬称略)、金太郎(濱田岳)、浦島太郎(桐谷健太)の3人で展開していたはずだ。

そこに、かぐや姫有村架純)が登場してきて、桃太郎と付き合っているという設定。面白いなあ

「パッカーン」というキャッチコピー?も、すごくインパクトがあった

さらに、そこに登場した乙姫(菜々緒)なのだが、このキャラクターが素晴らしい

竜宮城のシーン

浦島太郎(桐谷健太):ちゃん、来ちゃった

乙姫(菜々緒):あら、いらっしゃーい。お友達?

金太郎(濱田岳):あ、玉手箱じゃーん

乙姫(菜々緒):それ、開けちゃダメ!あんた、えらいことになるよ

浦島太郎(桐谷健太):じゃあこっちのは?

乙姫(菜々緒):それはいいよ、浦ちゃん

金太郎(濱田岳):じゃあこれは?

乙姫(菜々緒):開けちゃダメって言ってんだろーが

ddc223dc31a34068adaaeb0a303e390a_20059

このにらみはすごいよ。

ツンデレ

このCMでの菜々緒氏のツンデレぶりは話題になり、高く評価されたようであるが・・

長くなりそうなので、今日はここまでということで

 

ネイルケア

ギターやウクレレを弾いていると、どうしても爪が痛む

ギターは基本的にピックで弾くことが多いが、それでもやはり爪は少なからずダメージを受ける

ウクレレは指で弾く

特に右手人差し指はストロークの時に酷使される

爪をピックにして弾いてるから

そんなこんなで、付け爪をして演奏するギタリストやウクレリストもいる

付け爪はちょっとなあ、と思うのだが

今まで「強化ベースコート剤」やら、たいへん高価な「グラスネイル」なども使ったことがある

が、思ったような効果は得られなかった

今回のこれ!は何となく良い気がする

ベースコート

IMG_6969

DHCシルキーネイルベースコート

シルクプロテイン配合。美しく健康な爪に整えるコート剤。と書いてある

演奏の点から言うと、固すぎず、柔らかすぎず、滑りすぎず、いい感じ

私には、今までで一番ぴったり来たかも知れない

そしてもうひとつ

ネイルケア

ただでさえ、私は爪が弱いので、やはりネイルケアは欠かせない

キューティクルトリートメントオイル

IMG_6965

DHCキューティクルトリートメントオイル
ブルームーンライト

2層になったオイルと美容成分をシェイクして混ぜ合わせ、爪に塗ってマッサージするというもの

「カクテルのような彩りと、パワーストーンのきらめき、心やすらぐ香り。美容成分をぜいたくに閉じ込めたキューティクルオイル」なんだとか。

このオイルでマッサージしてから、ベースコートを薄く2回塗るようにしてから爪の調子がたいへんよろしい

DHC、なかなかやるではないか

それより

女子力、めっちゃ上がってるぜ!

衣装04

 2006年のゴスペルナイト

Gosnai2006

2006.9.9(sat)

パシフィコ横浜国立大ホール

Just Want To Praise You
Brighter Day
Always

テーマは星だったようだ

ものすごく暑い日だったような記憶がある。

CRW_7485

すごい衣装だな

CRW_7487

最後までありがとうございました。

MISONO君

私の料理愛好家人生(何それ?)を支える1本。

ミソノ君と呼んで、愛用している。

Misono440シリーズ

IMG_6805

「ミソノ440洋包丁」シリーズ、180mm牛刀

ハイクロームモリブデン鋼で造られたステンレス洋包丁

購入時はかなり悩んだが、買って正解だった。めっちゃ切れるし、使いやすいし、手入れも容易。

洋包丁で両刃

ステンレス製の洋包丁で、もちろん「両刃」

しかしながら、私は和包丁の「片刃」みたいな感じ?に研ぐ

と、いうのも・・

両刃の包丁をまっすぐに研ぐのはすごく難しい。

まっすぐに研いでいるつもりでも、どうしてもゆがみが出る。

なので

IMG_6808

先ずMISONOのロゴのある「表側?」を研ぎ

「刃返り」が出てきたら、裏側を研いで・・

両面交互に「刃返り」がなくなるように仕上げる

IMG_6809

B面の方が「研いである面積」が小さい。

表7 対 裏3 ぐらいの感じか?

こうすることで、まっすぐに研げるし、だんだん和包丁のような使いやすさ、が出てくる。

これはある板前さんがこんな感じで研いでいるのを見て、マネしてみたことから始まった。

実はちょっと反則

これは包丁のセオリーからは逸脱した、反則なやり方。

ただし、板前さんはこうやって研いでいる人も多いんだそう。

セオリーを外した実戦的なやり方なんだな。

良い子はマネをしないでね。

IMG_6804

最後までお付き合いありがとうございました。

右の耳が

朝起きてすぐに右の耳に違和感を感じた。

聞こえがおかしい

塞がった感じ?

歯をカチカチすると、耳の中ですごく響く

プールで耳に水が入った感じにも似ている

耳に水が入った覚えはないが・・

昔、プールで耳に水が入って「ぼわーん」となった時も、次の日には治っていた覚えがある。

明日になれば治るだろう、と、その日は日曜日でもあり、我慢することにした。

次の日になっても変わらない

ちょっと心配になる。

耳の聴こえが悪いのはすごく気になる。

耳は商売道具

IMG_6825

やはり耳鼻科に行くことにした。

耳鼻科で事情を話す。

「じゃあ、診てみましょう」のすぐ後に

「ちょっと大きな音がしますよーー」と言いながら耳に機械をつっこまれて思いっきりバキュームされた。

それも、めっちゃしつこく。

すげえ痛かった。

「痛ーー」とへこんでいる間もなく

聴こえのテストもしておきましょう

と、防音の小さい部屋に入れられた。

ヘッドホンをつけられて・・・

気がつくと

耳治ってる!

さっきまでの違和感が完全に消えている。

すごいぞ、耳鼻科!いっぱつで治ったぞ。

テストしてくれる女性に耳が治ったことを伝えたが「テストはしておきましょう」とのこと。

ヘッドホンに流れる「ピー」という、高い小さな音が聴こえたら手元のボタンを押す!という原始的なもの。

聴こえのテストの後は「鼓膜の振動」のテスト?だとか
また耳に何かつっこまれて・・・

こんなの必要なのかな??

もう、治ったんですけど。

その後もう一度診察

検査の結果を教えてもらう

耳が治ったことを伝えると・・

耳垢が原因

なんと、耳垢が原因だったんだと。

耳垢の破片が鼓膜にくっついて、たったそれだけのことで、聴こえが変になってただけみたい。

さっきのバキュームで耳垢を吸い取ったのか?

なんだか恥ずかしいなあ。

異常なし

テストも異常なし。

そりゃそうだ。もう治ってるんですから。

というより以前に

以前に大学病院で「難聴」と診断されたことがある。
その時はいっぱいいろんな検査をされた。

そのことを医師に伝えると

「そんなことないですよ。右耳で高い音が少し聴こえづらいかも知れないですが、日常生活には何の問題も無い、正常の範囲ですよ。」

あの大学病院でのたくさんの検査は何だったんだろ?
お金もいっぱいかかったし、すごくたいへんだった記憶がある。

やっぱり医者は信じちゃダメだな。

それよりも、耳垢が原因って

耳垢って・・耳くそってことだろ?

耳くそに負けてるのか?

なんだかなあ。