「料理」カテゴリーアーカイブ

ゴロゴロつくねのサンドイッチ

昨日のゴロゴロつくね

サンドイッチで食べよう

食パン

いつものように軽くトースト

焼く前に100均の霧吹きで、耳に、「シュー」ってした

トマト・ケチャ

トマトはペーパーなどで水分を切っておくと良い

あちら側?にスライスチーズ

ゴロゴロつくね

キャベツたっぷり

マヨ

チーズ側のパンを乗せたら

アップサイドダウンして、ぎゅっとプレス

3等分すれば

出来上がり

ゴロゴロつくねのサンドイッチ

今日は、ベーカリーで10枚切りに切ってもらった食パン

サンドイッチは10枚切りが好きだな

アイスティーでいただきます

美味いでござる

 

ゴロゴロつくね

先日の「鶏胸肉deつくね」の時の啓示

「今度は包丁で粗みじんでやってみよう

そうしよう、そうしよう」

なので、

やってみた

ゴロゴロつくね

作り方は先日の「鶏胸肉deつくね」とほぼ同じだが

フープロは使わず、

鶏胸肉は5〜8mm角くらいの大きさに切った(テキトー)

玉ねぎはみじん切り

すりおろした生姜、卵白、片栗粉、酒、ちょっと塩と水、を加えて

とろとろの肉をフライパンでゆっくり焼いて

一度取り出したら

同じフライパンに、酒、みりん、醤油、砂糖を加えてタレを作り

ネギのみじん切りを加えて、肉を戻し入れた

出来上がり

かぶりつくと、鶏肉がほどける

卵黄がずるい!

そして、肉のゴロゴロがたまらんぞ!

ゴロゴロの場合は片栗粉をもう少し増量したほうがいいかも

備忘録として:今回、片栗粉小さじ1くらいだったけど、小さじ2くらい加えていいと思う

ビールでも、ワインでも、焼酎でも(もちろんご飯でも)

これは、飲みすぎるなあ

閑話休題

女子ソフトボール・世界選手権:日本6-7米国

延長10回、日本はサヨナラで負けて、銀メダルだったけど

すごい試合だった

痺れたなあ

お昼のカナダ戦で勝ち上がってのダブルヘッダーで

上野選手はその日、249球投げ切って!の健闘だった

実際、ちょっと飲みすぎた

すごかったよお

 

鶏胸肉deつくね

スーパーで鶏胸肉の大パックが「超目玉」の安売りをしていて

買ってしまった

これまでにも鶏胸肉の調理法については色々と記事にしてきたが

今日はつくねにしよう!と啓示があった(大げさな!)

鶏胸肉deつくね

適当な大きさに切った鶏胸肉と玉ねぎ

すりおろした生姜、卵白、片栗粉、酒、ちょっと塩と水、を加えて

フープロでぶるった

とろとろの肉をフライパンでゆっくり焼いて

一度取り出したら

同じフライパンに、酒、みりん、醤油、砂糖を加えてタレを作り

ネギのみじん切りを加えて、肉を戻し入れた

出来上がり

卵黄をソースにしていただきます

うわあ、ふわっふわ

ビールがすすみます

今日はフープロでやったけど、もっとお肉ゴツゴツしていてもいいかも?

今度は包丁で粗みじんでやってみよう

そうしよう、そうしよう

 

冷やしかぼちゃうどん

今日はひんやり

東京は20℃程らしい

昨日から10度以上低い

風がひんやり気持ち良いけど

外は、ちょっと肌寒いくらい

・・・・・・・

これは昨日のメニュー

今日は熱い麺を食べたいくらい

冷やしかぼちゃうどん

かぼちゃを煮た

備忘録として

かぼちゃの皮は好みによるが、50%くらい取り除いた方が食べやすいと思う

もちろん種は取る

かぼちゃの皮の白く固い部分は必ず取ること

皮をまだら模様?に50%くらい取り去り、適当な大きさに切った

酒   大1
みりん 大1
醤油  大0.5
そばつゆ 大0.5
水   大3

を混ぜた鍋にかぼちゃを皮部分を下にして並べて、(かぼちゃはぎゅうぎゅうに並べていいが、重ならないように)

キッチンペーパーで包むように落としぶたをして加熱

沸き上がったら弱火にして7〜8分加熱

水分が少ないので焦げ付かないように充分に注意する

7〜8分加熱後、竹串などを差して加熱度を確かめ、だいたい火が通っていたら、フタをしたまま火を止めて放置

出来上がり

IMG_3150

放置して出来上がったときに「ほとんど水分が残っていない状態」になっていれば大成功

砂糖は加えない方が、かぼちゃのうまさが冴える

いくらでも食べられる

それを冷やしうどんにトッピングしただけ

だしは市販のもの

出来上がり

薬味はネギとショウガ

プールで泳いでお腹が空いて・・・

冷たいうどんが食べたくなって

冷蔵庫にかぼちゃがあったから

うんまーーい

一瞬でペロリ

御造作!

 

猛暑にラーメン

なぜか熱々のラーメンが食べたくなった

大いなる?主義?がある

自分がその時、食べたいものを食べる!のだ

だから猛暑であるが、ラーメンを作る

最初に頭をよぎったのは

「豚足を買ってきて、とんこつラーメンを作る」であったが

ちょっとそれは大物すぎるので?・・・

豚の塊を買ってきて

煮豚を作って

1. 豚バラ肉のかたまりを圧力鍋で、浸る程度の水を加えて煮る

2. ショウガのスライスを数枚と、長ネギの青い部分をつぶして加えた

3. 加熱時間は15分くらい

4. その後圧力鍋を水道水で急速に冷ました後、豚を取り出して軽く水洗いしてアクを落とし、適当な大きさにスライスしておく

5. 鍋には恐ろしいくらいのアクや脂が溶け出しているので、丁寧に取り除く

6. 別鍋で茹で卵を用意

7. 残りのスープは油を除いて、1/3に減らし、酒2、砂糖1、みりん1、醤油4〜6くらいの割合で味を付けて、

さらに豚、卵を煮ていく

8. 圧力鍋で10分から12分くらい。その後、冷めるまで放置

9. 先ほど取り出したスープをベースにして、創味シャンタン、醤油を加え、ラーメンスープを作った

台所は灼熱地獄と化する

出来上がり

ラーメンスープに煮豚のスープを少し加えたら・・

わっ、濃厚!

もちろん、煮豚も煮卵もトッピングして

めっちゃ、美味い!

熱い

暑い

もやしも買ってきてあったんだけど、

暑くて

クラクラして

入れるの忘れた

でも、美味い

食べたらすぐに水風呂

ふう・・・

我が家の第4水風呂

初公開!

 

鯖・トマト・ビーンズのサンドイッチ

昨日の、鯖・トマト・ビーンズ

サンドイッチにするよ

食パン

軽くトースト

焼く前に100均の霧吹きで、耳に、ちょっと「シュー」ってすると

「ふわっと」するよ(ホントだよ)

鯖・トマト・ビーンズ

鯖はスライスして

あちら側?はスライスチーズ

ちょっとケチャ

キャベツたっぷり

ちょっとマヨ

チーズ側のパンを乗せたら

アップサイドダウンして、ぎゅっとプレス

3等分すれば

出来上がり

鯖・トマト・ビーンズのサンドイッチ

キャー、美味すぎる

ビールが飲みたーーい

今日は仕事が・・・

うーーん、我慢するかあ

バゲット買ってきて、夜にリベンジしよう

ふっふっふ

 

鯖・トマト・ビーンズ

暑いと濃い味が食べたくなる

良い鯖を見つけたので、トマト煮にすることにした

あ、豆も入れて食べよう(欧米か?!)

鯖のムニエル・トマトビーンズソース

サバは3枚におろして、骨を抜いておく

塩をしてしばらく置いて汗を掻かせる

ニンニクはみじん切り、タマネギはくし切りにしておく

サバの水気をペーパータオルで拭き、小麦後をまぶす

フライパンに油を熱し、ニンニク・豆板醤を炒め、

香りが出たらサバの両面を焼き、皿に取り出しておく

そのフライパンで玉ねぎを炒める(少量の塩)

トマトの水煮を投入、

そして、ローリエを加え、サバを戻す

ケチャップ・ウスターソースで調味

さらに「茅野屋の野菜だし」も少し加えたけど

なくても十分美味いと思う

ミックスビーンズ(スーパーで売ってる少し味の付いた商品)を加え、

塩、こしょう(隠し味で醤油)で味を調え

弱火で2〜3分煮たら

出来上がり

うわあ

赤ワインですうー

バゲットが欲しいですう

 

レバニラもやし

数日前にも書いたが

夏は肝が食べたくなるなあ

自分で言うのも何だが?・・

今日のレシピも秀悦!

レバニラもやし

きれいにそうじをした鶏レバーを適当な大きさに切る

(3〜5分くらい水につけて血抜きをしても良い)

心臓が付いている場合は、開いて中の血を洗い、

塩を振ってオーブントースターでホイル焼きにすると良い

フライパンに少量の油を入れてニンニクと生姜、ネギのみじん切り

ほんの少し豆板醤を加えて炒めた

香りが出たら、下処理したレバーをゆっくりと炒めた

ちょっぴり塩コショウ

弱火でゆっくりと加熱

八分通り火が通ったら、少しのミリンとオイスターソースを絡めて煽り、いったん取り出しておく

そのフライパンでニラをささっと炒めて、また取り出す

またそのフライパンでもやしを炒める

(決して強火にしないこと、ゆっくりと加熱した方がシャキシャキする)

少し塩コショウ、創味シャンタンをちょっぴり

皿に、炒めたもやし、ニラを乗せたら、

取り出しておいたレバをフライパンに戻して(味を見て)

強火にしてごま油を小さじ1ほど加えて、

うりゃっと煽ったら

出来上がり

いったん取り出す作戦、大成功!

レバー、とろっとろ!

もやしシャキシャキ!

ニラの香り、抜群!

いくらでも食べられる

ご飯でもビールでも、ワインでも焼酎でも

こいつはたまりまセブンス!

 

手羽先の皮パリパリ焼きw/t干しエビ・アオサ

手羽先の皮パリパリ焼きについては

これまでに何度か報告してきた

手羽中でも作った

でも、

これは最終形になる予感

めっちゃ美味い

手羽先の皮パリパリ焼きw/t干しエビ・アオサ

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそってさらに2分割しておく

塩をして10分ほど置いて汗をかかすとさらに良い

フライパンはコールドスタート

手羽先の皮目を下にして並べる

鍋に水を入れ、重石にして手羽に乗せた

油は要らない、弱火でゆっくりと加熱しながら、手羽から出てくる油分、水分をペーパーでふき取る

焼き目がついたら、ひっくり返してB面も焼く

常にペーパーで手羽から出てくる油分、水分をペーパーでふき取ること

最後はちょっと強火にして煽り

ボールにあけて、フープロで細かくした干しエビとアオサをまぶした

出来上がり

ちょっとコショウ

塩分は昆布茶で調整した

うわー

むちゃくちゃ美味い

ビールがたまらーーん

 

夏は肝が食べたくなる?

毎日暑い日が続く

世間的には本日は「土用の丑の日」らしいが・・・

私は1年中、キモ好きであるのだが

夏は特に肝が食べたくなる気がする

鶏レバーのオイスターソース炒め

何度か紹介しているが・・・

再び!

きれいにそうじをした鶏レバーを適当な大きさに切る

(3〜5分くらい水につけて血抜きをしても良い)

心臓が付いている場合は、開いて中の血を洗い、塩焼きにすると美味い

フライパンに少量の油を入れてニンニクのみじん切りとほんの少しの豆板醤を炒め(豆板醬省略可)

香りが出たら、下処理したレバーをゆっくりと炒める

ちょっぴり塩コショウ

決して強火にしないことと、加熱しすぎないこと

仕上げに少しのミリンとオイスターソースを絡めて

うりゃっとあおれば

出来上がり

ご飯もいいけど、ビールがたまりません

鶏砂肝の柔らか炒め

これも以前に記事にしているが

再び!

砂肝は、食べやすい大きさに切る

このやり方だと、今までのように銀皮を取る必要もなければ、隠し包丁の必要もない

圧力鍋に、砂肝とひたひたの水を加えて加熱

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置

酒2、醤油1、みりん1、砂糖0.5くらいの調味液に豆板醤を少し加え、そこに茹で上った砂肝を漬け込んで10分

その後、フライパンで味をみながら調味液が半量になるくらいまで煮詰める

出来上がり

柔らかくて素敵!

白髪ネギがあればもっと良かったなあ

ああ、ビールが進む、ススム君