「料理」カテゴリーアーカイブ

薄切り豚肉のしょうが焼き

一般的に「豚のしょうが焼き」というのは

「しょうが焼き用 」として売っている豚ロース肉を

甘辛のタレに漬け込んでフライパンで焼いて

刻んだキャベツを添えるものを指すのかも知れない

うまく作れば、それもたいへん美味いのであるが

タレに漬け込むと、特に薄切りの肉は締まって固くなるし

甘いタレは焦付きやすくて扱いにくい

私が玉ねぎ好きなのもあって、以下のような方法で作っている

ご飯にもお酒にもいける!

作り方

豚の薄切りスライス肉を使う

豚ロースの切り落としなどが適材だと思われる

豚肉の脂の多いところは一部外して細かく切っておく(省略可)

豚肉は広げて薄く片栗粉を振っておく

タマネギは繊維に直角にスライス(くたくたが嫌だったら繊維に沿って)

フライパンではじめに外した豚肉の脂のコマ切れを炒めて油を出す(多すぎたら調節)

一旦火を消してそのフライパンにタマネギのスライスを並べ、その上に豚肉を乗せる

蓋をして蒸し焼きにする

酒・みりん・醤油、1:1:1ぐらいで混ぜ、ショウガのすりおろしを加えておく

豚肉の色が変わってきたら、上下をひっくり返して

調味液を加え、炒め上げる

味をみて、醤油や砂糖で味を調整

特に白いご飯が相手だったら、砂糖を少し入れた方が合う

出来上がり

お肉にタレが絡んでうんまい!

ちょっと七味も美味いんだよなあ

ご飯もお酒もぐいぐいいけます

今夜のおかずに是非!

 

豚の角煮の焼き飯

昨日の記事の「豚のワイン角煮」

焼き飯にしてやったぜい

作り方はいつもと同じ

豚の角煮を適当な大きさに刻み、

玉ねぎのみじん切りと一緒にゆっくりと炒めた

ちょっぴり創味シャンタンで調味

上手く炒めたら、具材とご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう

さらに大好きな隠し味として、きゅうりのキューちゃんのみじん切りを少し

全てをさっくり混ぜたルー?をフライパンで丁寧に炒める

混ぜないで、ご飯に焦げ目がついたらひっくり返す、を繰り返す

ちゃんと炒めてから味を決める

フライパンにスペースを空け、そこに「ジョワン!」と醤油をたらして少し焦がしてから混ぜる

味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

これでダントツに美味くなる

味を見ながら「ジョワン!」を2〜3回

最後に隠し味として、ほんの少しの砂糖をパラパラ

さっくり混ぜるように炒めて

出来上がり

うひょひょ

パラッパラやし

うんま〜〜い

ペロリ!

ご造作!

 

豚のワイン角煮03

飲み残した赤ワインの処理方法として

豚のワイン角煮を作るのだが

これが美味いんだよお

今日の作り方

豚バラ肉のかたまりを圧力鍋で、浸る程度の水を加えて煮る

ショウガを一片つぶして、長ネギの青い部分をつぶして加えて、加熱

加熱時間は圧がかかってから10分くらい

その後圧力鍋を水道水で急速に冷ました後、

豚を取り出して軽く水洗いしてアクを落とし、適当な大きさにカットしておく

鍋には恐ろしいくらいのアクや脂が溶け出しているので、

一度取り出して鍋を洗った

今日の大根は厚めに切り

その代わりに隠し包丁を入れ、

さらに竹串でプツプツ刺して、無数の小さな穴を開け

糠を入れた水で煮た

同時にゆで卵も作った

飲み残したワイン、酒2、砂糖1、みりん1、醤油4〜6くらいの割合で味を付けて、

豚を茹でこぼした湯と水で味を調整

カットした豚肉、大根、ゆで卵を

もう一度、圧力鍋で圧がかかってから12分くらい加熱

その後、冷めるまで放置

出来上がり

豚肉もほろほろで美味いが

大根がたまらん

味がしみていて、むちゃくちゃ美味い!

竹串プツプツ作戦!

大成功の巻!

お酒もご飯もすすむ君!

 

鶏胸肉と白菜の炒め物

鶏胸肉のメニューは何度も記事にしている

鶏胸肉はパサパサするから、と敬遠する人もいるようだが、

切り方と調理の仕方で別物?!にできる

もう一度、記しておきたい

鶏胸肉の切り方

胸肉は3つのパーツで構成されていて

パーツごとに繊維の方向が違う

料理番組や料理本を含め、多くのサイトでも

繊維に垂直に包丁を入れる=繊維を断ち切るように切る

と、書かれているが・・・

 

筋肉繊維を細かく断ち切ると、

ほろほろと崩れる感じにはなるが

胸肉のパサパサした感じが強調されて

口当たりが良くない

なので

胸肉は繊維の方向を見極めて、3つのパーツに分け

繊維に沿ってカットする

下ごしらえ

切り分けた鶏胸肉に

軽く塩コショウをして

(中華風なら紹興酒もよい)と片栗粉を振って混ぜ

で固さを調整する(水が大事)

本日の方法

白菜は葉の部分と白い軸の部分を分けて

軸の部分は細い縦切りにした(シャキシャキして美味い)

フライパンに油をひき、ニンニク、ショウガ、ネギ、のみじん切り

豆板醤を少し加えて、ゆっくりと弱火で加熱

香りが出たら胸肉を投入

途中で1度ひっくり返したら白菜を軸の部分から投入

創味シャンタン(鶏がらスープなどで良い)を湯に溶いて加え

3〜4分加熱したら

出来上がり

加熱しすぎないように注意すること

胸肉、ちゅるん!と、すごく柔らかいし

白菜、シャキシャキ甘くて

ちょっぴりとろみがついていて

美味いなあ

お酒もご飯もいけます!

今夜のおかずに是非!

 

スズキの卵の煮付け

スーパーですごく美味そうな卵巣(魚卵)を見つけた

大ぶりでピッカピッカなのに

あら扱い?の200円!

安っ!

パック(トレイ)から「買って〜〜」という声が聞こえた気がして(危ない人)

即!買い物かごへ

作り方

大ぶりのスズキの卵巣には太い血管が走っている

卵は塩水で洗い、

太い血管の端に傷を付けて、丁寧に血を抜いた

筒状に切ると、内部にも茶色の血管?が有れるので取り除いた

80〜90度くらいのお湯でさっと下茹でをした

鍋に、薄切りにした生姜と

醤油:みりん:酒=1:1:1

砂糖少しを加えて煮立て

水で味を調整して

そこに下茹でしたスズキを投入

キッチンシートで落とし蓋をして中火で5分程加熱

上下を反して同じように再度5分程加熱

その後、放置して味を染み込ませた

出来上がり

これで全部ぢゃないよ

すんげーー美味い!

魚卵大好きだし

コレステロール値を上げたい

バッチリだぜい!

 

お好み焼き02

秘密のケンミンSHOWで

大阪vs広島、お好み焼き対決!

みたいなのをやっていて・・・

食べたくなった

お好み焼き

お好み焼きの作り方については以前に記事にしている

多くの美味しくない?お好み焼きは粉の分量が多すぎると考えている

ケンミンSHOWで紹介された「大阪のお好み焼き」のキャベツはこま切れであったが

私個人的には千切りキャベツで作るのが好きだ

作り方

キャベツの千切りに、山芋(2cmくらい)のすりおろしと卵1個を加え、

お好み焼き粉をティースプーン軽くすくった1杯ほど加え

1杯だとひっくり返すのに苦労するかもしれないので、2〜3杯ほど加えても良い

その場合は水をほんの少し加えて硬さを調整する

干しエビ、紅生姜、ちくわなど、具になるものを適当に加えて

空気を含ませるようによく混ぜる

紅生姜は必須、切りいかを加えるのも好きだ

熱したフライパンに油を引いて流し入れ、上に豚バラ肉を乗せて焼く

強火にしないこと、何度もひっくり返さないこと

A面じっくり〜ひっくり返して〜パリッとした表面に水蒸気を逃がすための穴を3〜4か所空けると良い

B面豚肉固くならない程度に〜ひっくり返して

A面パリッとさせる、で終了

特に!決して上から決して押さえつけないこと!

出来上がり

鉄板の上でソースをかけると

ソースがジョワン!といい音がして

ソースの香りが食欲をそそる!

マヨネーズ・鰹節・アオサ

うんまーい!

ビール、ビール!

 

山芋のぬか漬け

「山芋」は長芋・大和芋・自然薯を含むヤマノイモ科の芋の総称

長芋・大和芋・自然薯はそれぞれ別品種の山芋で

形状や、すりおろした時の粘りの強さが異なる

ヤマノイモは、生でいただける芋なので、栄養的にも優れていると思われる

山芋のぬか漬け

ぬか床お持ちで、未山芋の方は是非試して欲しい

びっくりするくらい美味!

ご飯もいけるだろうが、お酒にたまりまセブンス

で、

「山芋のぬか漬けも美味しいですよ」と、教えてくれたのは

以前に「セロリが美味しいですよ」と、教えてくれたぬか漬けの先輩?で

この方も見事なお酒呑み?(失礼!)

そして・・・

すごく早く漬かる

というか、すごく早く塩味が入るようだ

6時間くらいでも十分に美味しい

1日以上置くと、塩辛くなる

ネットで調べてみると

皮ごとつけている例を見つけた

長芋のひげ(細い根)はガスコンロの火を弱火にして、焼き切ると良いそうだ

ほほう、

やってみようっと

 

だし巻き卵

卵焼きと、だし巻き卵は似て非なるものだと考えている

私は卵液の半量のだしを加えて

少量のみりんと薄口醤油で味をつけ

砂糖は加えない

卵は溶きすぎないこと

溶き過ぎると卵のコシがなくなる

よく溶いてザルで漉す方法もあるが、その場合は片栗粉などのつなぎが必要になる

片栗粉を加えると巻きやすくなるが、食感を好まないので加えない

出来上がり

熱々も美味いが、

ちょっと冷えたのもまた格別

日本酒デビュー?

普段は日本酒は飲まない

ちょっと苦手感もあって・・・

でもお正月なので・・・

日本酒デビューしてみた

・・・・・・・・・・・

やっぱり和食にはバチコン!とくる!

15度というと、ワイン(14度くらい)よりも高いんだな

焼酎は25度だけど、水やお湯で割るからなあ

飲み過ぎ注意だ

 

せせり(ネック)

12/2に、「ぼんじり」の記事を書いた

今日は、「せせり(ネック)」である

せせりは、首の後ろ側にある細い筋肉で、

ぼんじりなどと同じく希少部位とされている

鶏はしょっちゅう首を動かしているので、運動量が多く

プリッとしていながらジューシーで濃厚な味わいとなっている

1羽の鶏から少量しかとれない部位なので希少価値が高く(?)、スーパーなどではほとんど見られない

見つけた

そんな「せせり」をまたまたスーパーで見つけてしまった

ぼんじりの時と同じく「解凍品」と表示されているが、ハリがあって、旨そう

だからまた、勇気を出して!買ってしまった

下処理

ぼんじりの時みたいな面倒な下処理はないが、

余分な脂だけは取り除いた

塩をしたフライパンにせせり肉を並べ

上からも軽く塩をして

上から水を入れた鍋をプレスをするように置いて

ゆっくりと焼いた

出来上がり

ゆっくり焼くと、結構な油が出る

ペーパーでふき取ってからB面をこんがり焼いた

うんまーーい

さっぱりしているのにほどよい脂もあり

軟骨にも似たプリプリ感があり

そして噛めば噛むほど旨みを感じる

これはお酒がすすみます

ああ、楽しい