「料理」カテゴリーアーカイブ

いかゲソとシーチキンの焼き飯

焼き飯が食べたくなった

焼き飯、久しぶりだな

冷蔵庫にいかゲソが残っていたから、

これを使ってシーフード系?の焼き飯にしよう

いかゲソとシーチキンの焼き飯

作り方

いつもは具材のすべてを先ず炒めるのだが

今回はタマネギのみじん切りのみを炒めた

上手く炒めたら、炒めたタマネギとご飯と卵をボールで混ぜてしまう

シーチキンの油は絞るように良く切って、

いかは水分をペーパーでふき取ってから、細かく切り、

隠し味にきゅうりのキューちゃんを細かく切って加えた

中華調味料をほんの少し加えた

全てを混ぜたものを、フライパンで丁寧に炒めた

パラパラになったら、いつも通り、隠し味に砂糖をほーんの少し加える

そして醤油で焦がすように味付け

フライパンのどこかにスペースを作っておいて、醤油をたらしてじゅわーんてしておいて

そこにご飯をからめて、味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

出来上がり

焼き豚とかソーセージとか、豚肉系の焼き飯もすごく美味いけど

シーチキンの焼き飯も大好きだ

いかが加わって、さらに旨味がグーンとアップしたように思う

この取り合わせは想像以上に良い

ペロリ!

御造作!

 

豚レバー炒め

豚レバーがかたまりで売っていた

美味そうだし、安い

濃いめの味付けで食べよう!

レバにらとか、レバもやしもいいけど、今日は純レバーでいっとく

作り方

レバーはスライスした後、水に浸けて血抜きをした

水は何度も換える

塩水につける方法もあるが、長くつけると塩辛くなる

牛乳に漬けることには反対したい

血抜きした後、ペーパーなどで水気を取り

酒、コショウ、しょうゆ、ショウガ、ニンニクで下味をつけ、数分置いた

レバーをザルなどに上げて汁気を切ってから、表面にカタクリ粉をまぶして

フライパンでゆっくり炒めた

強火で加熱すると、固くなり、さらにイヤな匂いになるので、ゆっくり加熱すること

味を見て、醤油、みりん、オイスターソースで仕上げた

出来上がり

とろっとして美味い

オイスターではなくて、砂糖と酢で仕上げても良さそうだな

肝好きなもので・・・

ご飯でもビールでも・・・

 

レバーつながり??・・

日曜日のRizinのRena選手、

ボディブロー!

レバーへの連打!

すごかったなあ

 

サンドイッチ・ディスプレイ

最近、サンドイッチは記事にしていないが・・

けっこう頻繁に食べているかも知れない

ディスプレイの工夫をしてみた

何のために?

以前のディスプレイ

具、それも野菜の多いのが好みなのと

食べやすさを考えると、こういう形になる

はみ出まくってるよな

味が変わるシリーズあたりから変った

うん、こっちの方がきれいだな

これも途中で具が変っている

こんなのはどう?

卵が半熟の場合は

2分割するしかないよなあ

やっぱ写真で印象が違う

まあ、どうやっても美味いんだけどね

 

徳島に乾杯

四国を巡るシリーズ?

その第2回目

前回の香川から南に下って

中国&四国の詰め合わせセットから

徳島に乾杯

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5.5%

まけまけ/まけまけいっぱい:溢れる寸前

(水などが)いっぱいいっぱい

レポ

うわあ、リンゴジュース!

さわやかーなリンゴの香り

すごく美味い

苦み少なく、軽く感じる

温度が少し上がると、ぶどうっぽい香りも感じる

楽しいなあ、これ!

アルコール度数5.5%のがつん感もなく、

キレだけがすごく良くて、ごくごくいってしまう

香りのいいビールが大好きになって来た

美味い

手羽先のやわらか炒め

大好きなメニューで何度も紹介して来た

圧力鍋があれば、すごく柔らかくできる

なくてもなんとかなるんじゃないかな

作り方はこちらの方から

ビールにぴったり!で

むしゃむしゃ、ごくごくいってしまう

美味ーーい

 

骨付きもの肉でパリパリ焼き

鶏もも肉の皮パリパリ焼きについては

今まで何度も記事にした

総合的にこちらで「パリパリにする方法」について解説している

骨付き肉

時々、骨付きの肉がかぶりたくなる

その場合は手羽元などを料理してもいいのだが、

もっとがっつりかぶりつきたい時もある

出来れば「はじめ人間ギャートルズ」みたいな肉があればいいのに、なんて思う

編注:実際にこういう形に整形した肉が商品として存在するらしい

骨付きもの肉でパリパリ焼きに挑戦

皮はしっかり残して、不要な脂を丁寧に取り除き

フライパンはコールドスタートで、塩をして、皮面からゆっくりと焼いた

出て来る油分、水分を丁寧に取り除きながら・・・

フライパンにフタができない(フタをすると、パリッとならない)から時間がかかる

20分くらいかけて・・・

出来上がり

時間かかったあーー

味付けはシンプルに塩だけ

骨付きのもも肉をぱりっと焼くのは難しいが

こういうシンプルなのって美味いな

骨付き肉

骨付き肉をゆっくりと加熱すると、骨に含まれている髄液が滲みでてくるらしい

髄液にはうまみやコラーゲンが含まれていて肉が美味くなる

さらに肉が柔らかくなる効果もあり、ジューシーでこうばしい鶏肉本来のおいしさが味わえる

骨付き肉をかぶりつくこと

私達の、ものすごく古い記憶の中に「始め人間ギャートルズ時代」の

骨付き肉をかぶりついて食べていた記憶があって

それで「美味い」と感じるんだとする説もある

証拠も確信も無いけど

そんな気がする

そういう風に美味いな

 

沖縄に乾杯

1本忘れ去られていた?

いえいえ、大切に冷蔵庫にしまってありましたよ

関西&南部九州&沖縄の詰め合わせセットから

沖縄に乾杯

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5%

てぃーんだ:太陽

レポ

もっと濃いと思っていた、ごめん

めっちゃさわやか!

でも、ちゃんとコクがあって

のどごしよく、キレも良い

味が中心にしっかりと固まっている感じ?

ばらけてなくて、たいへん美味い

豚肉豆腐

ちょっとだけ沖縄っぽいでしょ

厚揚げは油をペーパータオルでふき取り、一口大に切ってフライパンでしっかり焼き目を付けた

豚肉を投入して炒め、酒、みりん、しょうゆ、おろししょうがで味付けした

厚揚げが好きなんだよなあ

選挙戦

なんかドラマを観てるみたい?って感じかなあ

そうそう、昭和のプロレスってこんな感じやったかも知れない?

じゃんじゃん形勢が変るのは面白いけど・・・

ちゃんとした政策ってあるのかなあ?

めっちゃ近い考え方のひとが喧嘩してたり、

まったく違う考えのひとが共闘してたり、

こんなんでいいのかなあ?

 

たらことにんじんのふりかけ

テレビで紹介されていたレシピを適当に作ったけど

これ、たいへん美味いです

たらことにんじんのふりかけ

作り方

にんじんはスライサーで細切りにした

たらこはくだいて、酒と混ぜておいた

フライパンに少量の油をしいて、にんじんを入れてしんなりするまでじっくり炒めた

途中で少し塩をふった(にんじんの水分を出す目的なのでほんの少量にとどめること)

たらこを投入して、火が通って白っぽくなったら、バターをひとかけ、

さっくり混ぜて火を止めた

にんじんが甘くて、たらこが塩っぱくて、

バターの香りで、すごく美味しい

ご飯にも、お酒にもいけそう

これも食べ過ぎ注意です

これ、お弁当に入ってたらたまらんなあ

 

山口に乾杯

中国地方、最終回だっちゃ

一昨日の広島から瀬戸内海沿いに進んで

山口に乾杯

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5%

ぶちうまい

レポ

柑橘がほのかに香る、とあるが・・

柑橘系のお酒の香り?といった感じか?

シャンパン系のいい香りがする

苦みが少なく、軽くてたいへん美味い

これ、すごくいい!

毎日でも飲みたい感じだが、毎日だとちょっと物足りなく感じるかな?

手羽先のやわらか炒め

これ、好きなんだよな

作り方はこちら

山口に乾杯

ホントにシャンパンっぽい

ぶちうまい

リピしたいっちゃ

 

広島に乾杯

またまた、地図のおさらい

一昨日の岡山から

瀬戸内海沿いに進んで

中国&四国の詰め合わせセットから

広島に乾杯

原材料:麦芽、ホップ、米

アルコール度数:5%

広島らしい、情熱の赤をイメージした

レポ

わッ、赤い

甘くて、少し酸っぱくて

フルーツの香りがする

赤いイメージからか、サクランボを連想する

広島県産の米の効果か?すっきりしていてキレも良い

これも美味いぞ

楽しいなあ

お好み焼き

これはやっぱソース味

昨日の希子ちゃんも広島焼きを食べてたなあ

めっちゃ美味そう

広島焼き

かなり昔の話であるが

広島に行った時、広島焼きを食べた

広島出身の友人に「どの店で食べたらいい?」と聞いたら

「うーーん、いろいろあるけど・・」とした上で

「お好み村だったら『八昌』かな」というアドバイスに従って

その『八昌』で食べた(すぐ食べられる店もあったが、八昌に並んで待った)

そして正直!美味くてびっくりした

大阪出身者として、かなり美味いお好み焼きは知っているつもりだったが

全く違うものだった

やっぱ本場は美味いんだよなあ

また食べたいな

 

奈良に乾杯

47都道府県の一番搾り

関西&南部九州&沖縄の詰め合わせセットから

忘れられていたみたいに冷蔵庫に残ってました

奈良に乾杯

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5.5%

まほろば:「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の日本の古語

倭(やまと)は、国のまほろば

レポ

奈良っぽくない?

すごくさわやか

アルコール5.5%なのに「がつん感」なく

まるでサイダーを飲んでいるような感覚

「若草の香り」とはちょっと違う感じがするが、さわやかな香りがあってガンガン飲める

あっさりした料理に合うような気がする

トマトのサラダ

うふふふ

ドレッシングより、塩とレモンとかの方が好み

バリエーションとしては、パルメザンチーズ

生ハムで巻いたら・・もう違う料理やね

 

トマトぎょうさん買うたなあ・・

冷蔵庫でよう冷やしとかなダメなんですよ

(奈良弁のつもりです)