「料理」カテゴリーアーカイブ

福岡づくり

年末に買った「9工場の一番搾り飲みくらべセット」

始めました

「冷やし中華か?!」(独りツッコミ)

福岡づくり

福岡の冬のうまかもんをつつきながら、

仲間と語らい時間も忘れて酌み交わすのにぴったりの、うま味がありながら、

気持ちよく飲みほせる後味の良い、

すっきりとしたおいしさ。

福岡県産大麦麦芽100%使用

前飲んだ「47都道府県」は屋台のイラストだったけど

今回の「9工場」は祇園山笠が描かれている

原材料:麦芽、ホップ

アルコール度数:5%

レポ

ファーストインプレッション=コクがある

でも、キレ!抜群!

うまーーい

甘い香りもあるが、男らしい?というか

キレ良く、さっぱりしていて、大変美味い

直球で美味いぞ!

1本しかないと思うと・・・

ああ、寂しい

毎日でも飲みたい

手羽元のやわらか炒め

何度か紹介している「手羽先のやわらか炒め」を手羽元でやってみた

作り方

今日は圧力鍋は使用せず

手羽元をひたひたの水のみで30分茹でて

酒2、みりん1、豆豉醤1、
オイスターソース0.5、塩麹0.5、砂糖0.5くらいの調味液に

茹で上った手羽先を漬け込んで10分放置

その後、フライパンで調味液が半量になるくらいまで煮詰めた

味を見て、醤油、みりんで調整、照りをつけた

出来上がり

豆豉醤と塩麹の発酵調味料の効果で、柔らかく出来上がる

軟骨部分も美味しくいただける

ふっふっふ

ビールがぐびぐび、美味かばい

 

里芋の煮物

里芋は「ぬめり」がうまいのだと思っている

が、焦げ付いたりするからか、

この「ぬめり」を茹でこぼしてしまうような料理法もある

ぬめりがうまいのにな

この方法なら簡単にできると思う

また、煮崩れる心配もない

かぼちゃの時と同じ調理法なんだけどね

作り方

里芋は皮をむき、大き目のひと口大にくらいに大きさを揃えておく

きっちり蓋のできる鍋に

しょうゆ、酒、みりん、各大1

砂糖小1、塩ちょっぴり

白だしをちょこっと加えて

鍋底1cmくらいになるように水を加え

アルミホイルなどでこんもりと落し蓋をして加熱

沸き上がったら極弱火にして10分

一度様子を見て、水が足りなければ加えたり

味が足りなければしょうゆなどで調整する

固ければ、あと5分ほど加熱して、その後は余熱で調理すると、煮崩れずに味がしむ

出来上がり

里芋本来の味がしてて・・

ねちょっとしてて・・

美味い

ほほほほほ

 

お好み焼き

時々、無性にソース味が食べたくなる

あるいは「お好み焼き」限定の時もあるな

お好み焼き

お好み焼きを「粉物」の代表とする向きもあるが

お好み焼きは、たこ焼きと違って「ルウ」を味わうものではなく

キャベツを中心とした「蒸し物」と捉えるとうまくできる

作り方

キャベツの千切りに、山芋(2cmくらい)のすりおろしと卵1個を加え、

お好み焼き粉をティースプーン1杯ほど(すりきりでなく、軽くすくった1杯)加え

空気を含ませるようによく混ぜる

ここで具になるものを適当に加えれば良い

本日は干しエビ、紅生姜、かまぼこ

熱したフライパンに油を引いて流し入れ、上に豚バラ肉を乗せて焼く

蒸し物と考えて、丁寧に焼くこと

強火にしないこと、何度もひっくり返さないこと

A面じっくり〜B面豚肉固くならない程度に〜A面パリッとさせる、で終了

特に!決して上から決して押さえつけないこと!

出来上がり

粉が少ないから

サックサク!軽〜〜い!

ビール、ビール!

 

エビソースのパスタ

昨日のアルゼンチン赤海老の頭

中にはたっぷりのエビ味噌?が詰まってる

パスタにしようと思って取っておいた

以前に「赤海老のビスクパスタ」として記事にしているが

今回はフープロなし!で簡単に作る

エビソースのパスタ

アルゼンチン赤海老の頭をフライパンで炒め、ヘラで潰した

白ワインを加えて、少し伸ばして

ざるで漉した

(そのフライパンにちょっぴり油を足して)ニンニクのみじん切りを炒めた

漉したエビのソースを戻して少量の牛乳を加え(50cc?)

kiri(クリームチーズ)を1個の半分くらい

バターをひとかけ、加えて溶かした

味付けに得意技の「茅の舎の野菜だし」をほんの少し加え

そこに茹で上がったパスタを入れて、ソースを絡めるようにあおって

茹で湯で調整すれば

出来上がり

うわあ、大成功!

フープロなど使わなくても十分にうまい

いや、ザラザラ感?がなくて、ヘラで潰すだけの方が良いかもしれない

美味いぞお

はじめに鷹の爪炒めてもよかったなあ

玉ねぎ加えてもいいかも?

トマトを加えてもいいかも?

また作ろおっと

御造作!

 

赤エビのガーリックソテー

生食用のアルゼンチン赤エビ

年末に買い求めたもの

生でも食べられないことはないが・・・

ちょっと火を入れて、美味しく食べよう

赤エビのガーリックソテー

ニンニクのみじん切りをオリーブオイルでゆっくりと炒めて

ちょっぴり唐辛子

赤エビを軽く塩してソテー

出来上がり

中はレア!

白ワインでいっときました

甘くて美味い

生より美味いかも?

うちのエビちゃん

ちょっとずつ元気を取り戻してる様子

でも、まだ絶好調ではない?かな?

Zicra Water

エビちゃん愛!で、ついつい買ってしまった水槽用添加物

主成分の「海洋性珪藻土」はろ過バクテリアに必要なミネラル・アミノ酸・微量元素などあらゆる有効栄養成分を含んでおり、飼育水を安定・維持します。

ビタミンや消化酵素が腸内細菌を活性化しエサの消化吸収を促進、脱皮に必要な栄養分(キトサン配合)により脱皮不全や突然死を防ぎます。

雑食性のエビ類のために植物質の栄養素スピルリナとクロレラエキスを配合しています。

カルキ(塩素)を安全に素早く中和します。

良いことばかりが書かれているが・・・・

こういう商品は「オカルト」であることも多く、ネットのレビューもほとんどあてにならない

でも、少しでも水質が改善すれば!と購入

商品説明では10リットルあたり5ccとなっているが

1ccを1滴ずつ加えること2回

まずは2cc加えて様子を見ている

今日も1ccを1滴ずつ加えてみようかな

ちなみに、1ccは16〜20滴くらいかな?

あー、マニアックで楽しい

 

鶏レバーのオイスターソース炒め

内臓肉を好んでいる

なかでも、レバーが好きで、特に鶏レバーが好きかもしれない

これまでにも、「鶏レバーのパテ」やら、

「鶏レバーのレアステーキ」などを記事にしたが、

一番簡単で、一番美味いレバーのレシピを紹介したい

鶏レバーのオイスターソース炒め

きれいにそうじをした鶏レバーを適当な大きさに切る

水で洗って血抜きをする(3〜5分くらい水につけても良い)

心臓が付いている場合は、開いて中の血を洗い、塩焼きにすると美味い(鍋物に入れて1分加熱も美味いな)

フライパンに少量の油を入れてニンニクのみじん切りとほんの少しの豆板醤を炒め(豆板醬省略可)

香りが出たら、下処理したレバーをゆっくりと炒める

ちょっぴり塩コショウ

決して強火にしないことと、加熱しすぎないこと

仕上げに少しのミリンとオイスターソースを絡めて

うりゃっとあおれば

出来上がり

ビールでもワインでも、焼酎でもいける

もちろんご飯もいけるぜ(ご飯の場合は最後にちょっと醤油も加えるかなあ)

ちゃんと加熱するべきだと思うが、レバーの中心部が少しピンクぐらいの方が美味いぞ

また買って来た

限定品のこれ、大好きなんだ

これで、正月も安心だ

 

ブリ大根02

冷蔵庫に大根があって、食べる方法を探していた

みぞれ鍋でもよかったのだが、

旨そうなブリのアラを見つけたので

ブリ大根にする

今日は前回とは違う方法を試してみた

「大根を炒める」というのを試してみたかった

炒めブリ大根?(ブリ炒め大根?)

1. ブリは強めに塩を振って10分置いた

2. 1のブリに約80度の湯を注ぎ、表面が少し白くなれば水に取って汚れを取り除いた(熱湯だと皮が破けたりするので)

3. 大根の皮をむき、2cm厚さの半月切りにし、フライパンでから炒りするようにゆっくり炒めた

4. そのフライパンに、ブリ、ショウガの薄切り、長ネギを入れて、酒100cc、水200cc程度を加え、落としぶたをして加熱

5. 沸いてくればアクを取り、中火で5分程煮た

6. 火が通ってから、みりん50cc、砂糖大さじ2程度を加えた

7. 5分ほど煮てから、薄口しょうゆ(適宜)を加えて、少し煮詰めた

出来上がり

これはちょっと七味かな

大根を炒めてから煮ると、早く味がしみる

大根、めっちゃ美味い

白髪葱をあしらえばよかったかなあ

 

マグロのサンドイッチ

めっちゃ久しぶりのサンドイッチの記事

たまにはいいでしょう

冷蔵庫にビンチョウマグロの切り身があった

刺身用のビンチョウマグロを買ったのだが・・

あまり美味しくなかった?かも?

で、残っていた

よっし、サンドイッチにしてみよう

マグロのサンドイッチ

マグロは適当な大きさに切ってフライパンで炒め、焼肉のたれで味をつけておいた

いつものように軽くトーストした食パン

スライスしたトマト

反対側はスライスチーズ

炒めたマグロ+ケチャップ

たっぷりの千切りキャベツ+マヨネーズ

ぎゅっとプレスしたら

アップサイドダウンして3分割

出来上がり

想像の何倍もうまい

鯖とか鰯でもサンドイッチはうまいけど

マグロは肉に近い?(意味不明)からか、すんごくうまい

皆さんもマグロが余ったら、お試しを!

御造作!

 

手羽先の皮パリパリ焼き

新メニュー出来!

皮パリッパリでビールにバッチリ!

「鶏もも肉の皮パリパリ焼き」については、これまで何度か記事にしている

「鳥取に乾杯」では皮をパリパリにするコツについても書いている

同じ焼き方?で手羽先も「パリパリうまうま」にできたので紹介したい

手羽先の皮パリパリ焼き

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそってさらに2分割しておく

フライパンはコールドスタート

フライパンにパラパラと塩を振り、切った手羽先の皮目を下にして並べる

上から、もう一度、塩をほんの少し、パラパラと振っておく

油は要らない、弱火でゆっくりと加熱しながら、手羽から出てくる油分、水分をペーパーでふき取る

蓋はしてはいけない

焼き目がついたら、ひっくり返してB面も焼く

常にペーパーで手羽から出てくる油分、水分をペーパーでふき取ること

出来上がり

パリッパリでめっちゃ美味〜〜い

塩味だけだけど、好みでレモン汁とかコショウとかもいいと思う

そんなことより、これは「とりあえずビール」です

ワインでも焼酎でもバッチリだと思うけど

白いご飯には、タレが欲しいかなあ

上沼さん風に言えば

「これ、生ビールで、バケツ1杯ぐらいいけますよー」

ウンマーーイ

 

手羽先とさつまいものやわらか炒め

大好きなレシピ

「手羽先のやわらか炒め」から新しいレシピが生まれた

手羽先とさつまいものやわらか炒め

作り方は「手羽先のやわらか炒め」に準ずるが・・

記しておく

作り方

手羽先は羽根の部分を切り落とし、食べやすいように関節にそって2分割

さつまいもはよく洗って3〜4cmに切っておく

圧力鍋に手羽先(切り落とした羽根部分も)と、さつまいもに、ひたひたの水を加えて

手羽先は鍋の底に、さつまいもは上部になるように配置

圧がかかってから10分加熱、その後15分放置

酒2、みりん1、豆豉醤1、
オイスターソース0.5、塩麹0.5、砂糖0.5くらいの調味液に

茹で上った手羽先とサツマイモを浸して10分ほど放置

途中で少し返すなり、調味液を上からかけるとかすると効果大

その後、フライパンで調味液が半量になるくらいまで煮詰める

味を見て、醤油、みりん、唐辛子調味料少量で調整、照りをつけて

出来上がり

手羽先のしっとり感と、さつまいものほっこり感がいけてる

ご飯にもお酒にもピッタリ!

美味い!

白髪葱とカイワレを薬味にしたが、

今日のカイワレは辛かったな

季節にもよるが、品種によってとても辛い場合がある

10〜20秒ほどレンチンしてから水にさらすと良いと思う

蛇足ながら

10秒チンする場合は「ボクシングのレフェリー風」にきっちり10秒カウントしてストップをかければいいし

20秒の場合は「プロレスのレッドシューズ海野レフェリー風」にゆっくりと数え・・・

「No, No, No!」と一度止めてからもう一度「ワン、ツー」と数え直しても良い

もっと蛇足ながら

アイスクリームが固すぎて食べにくい時もレンチンは使える

が、数秒と心得るべきだ

そういう時は

「総合格闘技のレフェリー風」に「カウントを入れ始めるがすぐに試合を止める」感じで

急いでレンジのドアを開く!とうまくいく

あはははは