「料理」カテゴリーアーカイブ

親子丼

親子丼が食べたくなった

親子丼の作り方は多数あると思う

まず、タマネギにするか、長ネギにするか迷う

鶏肉を、あらかじめ甘い出汁で煮ておくという方法もある

鶏肉に粉を振ってから油で炒めてぱりっとさせておいて・・などという方法も

直火で焼く方法もあるようだが、それだと焼鳥丼になってしまいそうだ

今日は有るもので適当に作る

鶏の胸肉(しかなかった)は包丁の峰でよくしばいておいた

鶏肉を一口大に切ったら、ビニール袋に入れて、酒、みりん、白出汁を加え、少しもんでねかした

フライパンに切ったタマネギを一面に敷き詰め、その上に先程の寝かした鶏肉を並べて

フライパンにふたをして中火で加熱

こうすると、鶏肉に直接火が当たらないので、固くなりにくい

蒸し焼きにする感じ

途中で全体をひっくり返して火を通す

味付けは麺つゆに砂糖を加えた

親子丼って、すき焼きに似ていると思う

少し甘いのが美味い

ぐつぐつしたら、卵を溶き入れる

IMG_7580

卵とろーーり半熟

卵は2回に分けよう

半量の卵を溶き入れて8分通り火が入ったら、残りを入れて

火を止めてふたをした

出来上がり

IMG_7581

三つ葉、ネギ、海苔

めっちゃ美味ーーい

あ、紅ショウガ忘れた

揚げ餅

餅は大好きだ

ごく普段も餅はよく頂く

オーブントースターで焼いて食べることが多い

ほんの少しの砂糖を加えた醤油をつけて、海苔で巻いて

そう、「磯辺焼き」を好んでいる

「きな粉」で頂くこともある

きな粉餅も美味いな

揚げ餅

今日は揚げた餅が食べたくなった

フライパンに少量の油をひいて、弱火でじっくり焼く

たっぷりの油でなくてもちゃんと揚がる

それは前に紹介した「鯵の骨せんべい」の時と同じ

今日はお気に入りの「真空パックのよもぎ餅」で作った

よもぎ揚げ餅

よもぎの緑がきれいね

IMG_7533

真空パックの餅を適当な大きさに薄くスライスして

前述のようにフライパンで焼いただけ

塩をパラパラと振りかけて・・

うおお、パリッパリ、モッチモチで

塩だけで頂く、よもぎ餅の美味いこと!!

めっちゃ美味ーーーい!!

今日はパックから出したばかりの餅で作ったので

途中、くっついて難しかった

干した餅で

次回は薄くスライスした餅を干して、カリカリにしてから作ってみようと思う

揚げせんべいになるかな?

ふふふ

小川のつぶまる

今日から9月

涼しい日が続いてうれしかったけど

またちょっと夏が戻って来たのかなあ

毎年、今ごろってすごく暑いもんね

麦茶

夏の麦茶は美味い

カフェインが含まれていないから、利尿作用がない

ミネラルが多く含まれるから、熱中症予防になる

などと、TVでは適当な情報が流される

そんなことはさておき

IMG_7528

北野タケシ氏の番組で紹介された

おやっさん一人で作っている麦茶

東京の町工場で、たった一人でひたむきに麦茶を焙煎?する様子が放送された

なんかすごくこだわってて面白い

飲んでみたいと思った

夜中にこういう番組を見るとやばい。すぐにググって注文したくなる

(夜中の通販番組には注意しようね)

それまでにもTVで取り上げられて人気が出たようで、売り切れ続出

売ってるところを見つけて、すぐにクリックしてしまった

煮出し麦茶

最近の水出しタイプはどうも好きになれない

私は水出しタイプも煮出して使っていたが、何かが気に入らなかったんだと思う

すごく香ばしい

この麦茶、美味いと思う

昔の麦茶ってこんなだったのかな?って思い出す

色は薄い

香りがすごく濃い

IMG_7531

といっても麦茶だからね

「こんな美味いの初めて!」とはならないけど

素直に「美味しい」と思った

私はさらに濃く

作り方としては750ccにつぶまるのティーバッグを1つ、となっているが、

1L強の水に、つぶまるのティーバッグを2つ入れて煮出すと、めっちゃ好みになることがわかった

すんごく香ばしい

麦茶を煮ている時の匂いも好きなんだよなあ

懐かしい香り

何か「きゅん」とするんだよなあ

鶏胸肉の味噌漬け

「金山寺漬の素」という味噌漬け用の味噌を手に入れた

ふふふ

IMG_7519

魚を漬けてもうまいし、野菜を漬けてもうまい

豚肉の味噌漬けも上手くできた

そして、鶏肉がすごく合うというか、鶏胸肉が顕著にうまく熟成し、好みであることが分った

鶏胸肉

鶏胸肉は安価で栄養価が高いと言われている

焼くと、固くてパサパサしている印象があるが、調理前に包丁のミネでしばいておくと、柔らかく、いい感じになる

包丁のミネで充分にしばいた胸肉に金山寺味噌をまぶし、よく混ぜてジプロックに入れて冷蔵庫に保存

IMG_7372

商品の説明書きには10時間以上と書いてあるが、3日ぐらい放っておくとすごく芳醇でまったりとして来る

食べる時は、フライパンでゆっくりと焦げないように蒸し焼きにすればよい

出来上がり

味噌の味というより、スモークしたかのような香ばしさがあってたいへん美味い

発酵食品というのはすごい

肉はうまく引き締まった、とてもいい印象。決して固くない

IMG_7421

ちょっと味が足りなかったので、酒、みりん、醤油、砂糖を煮詰めてタレを作ってかけた

ビールにも焼酎にもバッチグーだ!

めっちゃ美味ーーい

ブリカマの照り焼き

鰤(ブリ)はめっちゃ好きな魚

刺身でも美味いし、焼いても美味い

ブリ大根なんていう料理もあるね

今日は大好きなブリのカマ、首の部分

塩焼きでも充分に美味そうな、新鮮な感じだったけど、なんとなく?照り焼きにした

IMG_7317

今日はフライパンで作った

どんな魚もフライパンでうまく焼ける

「栄養の点から見た料理の研究家」で有名な、故人、丸元淑生氏も「焼き魚はフライパンで焼くべきだ」と何度も解説している

ちなみに、秋刀魚もフライパンですごくうまく焼ける

是非やっていただきたい。ここでも紹介すべきかなあ?

「クックパー」に代表されるフライパン用ホイルを使うのも方法だと思うが、今回はフライパンのみ

今日のやり方

フライパンに塩をした魚を乗せて、フタをして弱火で加熱

それだけで美味く焼ける

うまく熱が回らなかったら、少し水を加えて蒸し焼きにしてもいい

火が通ってから、酒、みりん、醤油で照り焼きにした

めっちゃ美味ーーい

クックパー

今回はクックパーは使っていない

が、クックパーを使うと、フライパンで油も使わず、焼き魚が簡単にうまく焼ける

「クックパー」に似せた、もうちょっと安価な「フライパン用ホイル」が売っているが、似て非なる商品

使えないことはないが、効果は全く違う

ご注意いただきたい

鰤(ブリ)

鰤は出世魚

成長すると呼び方が変わる

関東では、わかし→いなだ→わらさ→ブリ

関西では、ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ

が、養殖モノをハマチ、天然モノをブリと呼ぶ場合もあるようで、たいへん曖昧だ

何しろ同じ種類の魚だということだけは、覚えておこう

今日のブリのカマ

脂が乗ってて、めっちゃ美味かったよ

喜びー

包丁-切っ先三寸

以前に愛用の包丁「MISONO君」を紹介したことがあったと思う

その先っぽのフォルムを修正した

切っ先三寸(きっさきさんずん)

元々和包丁は日本刀と全く同じ作りであったらしい

日本刀の驚くべき切れ味の秘密は、そのカーブしたフォルム「そり」にあるといわれる

特に先っぽの三寸のカーブ、切っ先三寸のフォルムが大切であるらしい

MISONO君は洋包丁であるから、切っ先三寸なんて言葉は当てはまらないかも知れないのだが

私の手入れがダメなんだな

私は包丁を研ぐのが嫌いではない

ひょっとして好きかも知れない

瞑想をするような、座禅を組むような感覚

ランボーになって静かに研ぐのだ

しかしながら、その研ぎ方がヘタクソのようだ

先っぽの形がなんだか平坦になって来たように思う

IMG_7407

写真では分りにくいと思う

荒砥(キメの荒い砥石)で修正して、その後、中砥で研ぎ上げた

完成

実際には1時間くらいかかったかも知れない

IMG_7410

写真ではほとんど分らないね

先っぽのカーブが強くなっているのだが

きっと自己満足なんだな

日本文化

日本刀とか包丁とかは古くからの日本の文化なのだと思う

切っ先三寸なんて言わなくなったけど

「そりが合わない」なんて言うよね

刀とさやが合っていないことを言うんだね

「元のさやに戻った」なんても言うよね

「しのぎをけずる」も良く聞くなあ

刀同士が激しくぶつかっている様子を表現しているようだ

包丁を研ぎ上げたら

何か切りたくて仕方なくなるんだ

危ないね

とまとのサラダ

IMG_6995

めーっちゃ切れる

気ん持ちいーーーー

新秋刀魚(しんさんま)

今年の夏は記録的な酷暑だった

エルニーニョ?

5月頃には「エルニーニョ現象による」冷夏になるという予報だったのに

ふたを開けてみると「エルニーニョ現象による」酷暑となった

何でもエルニーニョのせいにするんだね

一段落

そんな酷暑も、やっと一段落

スーパーに行くと「新秋刀魚」を売っていた

立秋も過ぎたし

8月に入って、ずーっと水風呂、シャワーもずっと真水だった私だが

昨日は久しぶりにお湯でシャンプーした

秋なんだな

そんなことで秋を感じるのは、私ぐらいだと思うけど

枝豆

枝豆もめっちゃうまいもんね

枝豆は本来は秋の収穫物なんだよ

一昨日の記事も読んでね

秋刀魚の塩焼き

samma

たっぷりの大根おろしとレモン、醤油をかけて

めっちゃうまーーい

またビールが進んでしまうではないか

枝豆のカクテル

美味い枝豆を食べるためには、ちょっぴり手間がかかる

が、きちんと作業をすれば、抜群に美味い枝豆が頂ける

塩でもむ

汚れや産毛を取るため、塩でごりごりもむ

そして放置

IMG_7347

そのまま10分以上おくと、めっちゃ味が良くなる

その前に

よく見て欲しい

両端を切り落としてある

IMG_7348

話も写真も前後しているが、両端を切り落とした枝豆を塩でもんで、そして放置している

ちょっとめんどくさい作業であるが、両端を切り落とすことによって塩分がしみ込みやすくなる

見た目も良くなる気がする

両端切れそうなら両端。少なくとも枝の方だけは切り落とす

塩分

茹でる時の塩分は好みもあるだろう

私は茹で湯?をスプーンですくって味をみることにしている

ちょうど良い「美味しい塩分」に調節する

茹で過ぎは禁物

豆によって茹で時間が異なるので、時々食べて硬さを調節する

茹ですぎないように充分に注意

茹で上ったら、ざるに上げ、扇風機の風ですばやく冷ます

出来上がり

IMG_7355

食べてみて味が足りなかったら、塩をパラパラと振る

少しの時間、ビニール袋などに入れて、冷蔵庫で寝かすとさらに美味くなる

美味い枝豆を一番美味しく頂くためには、それなりの「仕込み」が必要なのだ

いくらか手間がかかるが、抜群に美味くなる

枝付きの枝豆

居酒屋などで「枝付きの枝豆」が供されることがある

意味が分からない

ひょっとして「鮮度がいいふり」でもしたいのだろうか?

「茹でたてをお持ちしますので少々お時間頂きます」なんて言われたこともある

「あほか、ちゃんと仕込んどけ」と思う

ちゃんと仕込まないと、せっかくの枝豆、もったいない

枝豆のカクテル

ちょっと凝ってみた

IMG_7356

蒸し鶏を作った副産物の「煮こごり」をソースにして、カクテルに仕立ててみた

スプーンですくって頂く

めっちゃ美味ーーーい

空芯菜炒め

空心菜、アジア系の外食で見つけると注文してしまう

だいたい間違いなく美味いもんね

大好きなので、自分でも作ってみたいと思うのだが

スーパーなどで見つけることはほとんどない

台湾料理で

先日の台湾料理で飲んだ会話の中で「日本国内で作ってないのかなあ」とか

「作ってるけど流通していないだけだと思う」などと話していた

茨城県産

いつも行くスーパーで見つけた

IMG_7376

茨城県産なんだね

値段も手頃

鮮度もなかなか良さそうなので買ってみた

調理

特に変わったことはしていない

ニンニクを油で熱して香りを出し、豆板醤と長ネギのみじん切りを加えて炒めた

そこに切った空心菜を加えて少量の塩を振り、一気に炒める

味付けは中華スープの素

今日はウェイユーでいったみた

IMG_7379

炒めるとめっちゃかさが減る

もう少し短めにカットした方がよかったかな

でも、すんごく美味い

こんなに簡単に美味くできるのになあ

あんまり一般的ではないかも?

空心菜

めっちゃ美味いからもっと流通して欲しいな

茨城で作ってるんでしょ

今日もまたビールがめっちゃ美味いぜ!

さんきゅう

きゅうりは身体を冷やしてくれる?

その情報がホントかどうかは分らないけど、

夏はきゅうりが美味いな

きゅうり

きゅうりに細かく切り目を入れて、ポン酢を一滴たらしてサンチュ味噌を乗せた

サンチュ味噌

サンチュ味噌は、ハナマサのもの

ピリッとスパイシーで美味い

料理とは呼べないような一品であるが、夏にはたいへんよろしい

IMG_6960

以前には海苔の佃煮を乗せた「海苔きゅう」を紹介してるね

IMG_5921

これは間違いなく、焼酎の水割りです

お盆休みなので、軽ーーい感じでいっときました。

ふふふ