「料理」カテゴリーアーカイブ

タコのレタス炒飯

ちょっと変化球かな

冷蔵庫にタコが残っていて・・・

なぜか?これをしっとり炒飯にしてみたくなった

作り方

炒飯(焼き飯)の作り方は何度も書いたし、私のやり方はいつも同じ

残り物のタコは細かく刻んだ

しっとりにしたいので玉葱のみじん切りはいつもより多め

残りもののしらすも投入

それらを創味シャンタンで加熱調味

上手く炒めたら、それとご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう

きゅうりのキューちゃんも隠し味に少し刻んで入れた

フライパンに少し油をひいて、ボールのすべてを丁寧に炒める

混ぜ過ぎないようにさっくり炒めること

隠し味に砂糖をちょっぴし表面に加えて炒める

そして醤油で焦がすように味付け

味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

最後にレタスを投入

しっとり仕上げたぜ

出来上がり

IMG_9326
少し前にタコとキムチで焼き飯作って記事にしているが

タコのうまみがご飯に移って美味いんだよなあ

以前の記事を読み返すと、

「しっとりチャーハン、レタス加えてもよかったかも?」と書いていた

記憶の片隅にそんな感想が残っていたんだな

うふふ、美味かった

 

あさりラーメン

あさりの出汁でラーメンを作った

作り方

蓋のできる鍋に水1:酒1の割合で入れてショウガを1片加え、あさりを加熱する

沸いてきたら蓋をとって、開いた貝を順番に別の容器に救助する

出来たあさりの出汁は適宜水を加えてのばし、香りに長ネギの青い部分をかたまりで加えた

味の決めてはわかめとネギだと思う

乾燥わかめをそのままぶち込んだ

少量の創味シャンタンと白だしで味を整えた

湯がいた麺を用意したら、スープに救助したあさりを戻して少し加熱すれば

出来上がり

IMG_9319

めっちゃあっさりあさりの塩ラーメンでござる

テーブルコショウと万能ネギたっぷりで

いただきまする

澄みきったスープがたまりまセブンスフラットフィフス

ふふふふ

 

豚肉カレーケチャ炒めのサンドイッチ

サンドイッチの記事久しぶりだな

ある料理番組で「豚肉のカレーしょうが炒め(だったかな?)」を紹介していて

先生が「カレー粉とケチャップは合うんですよ」とカレー粉とケチャップを混ぜて豚肉をつけ込んでいた

カレーケチャ!良い響きではないか

サンドイッチにしよう

トースト

いつものように食パンは軽くトースト

しつこいようだが、霧吹きで少し加湿すると格段に美味くなる

オーブントースターは余熱しておくこと

トマト

IMG_9304

軽くトーストしたパンにスライスしたトマトを乗せた

あっち側はスライスチーズ

豚肉のカレーケチャ炒め

IMG_9306

豚肉を炒めて、カレー粉少々、ケチャップで味をつけた

隠し味に中濃ソースをちょっぴり加えた

キャベツ

豚肉炒めにはタップリのキャベツだな

マヨネーズを少し

IMG_9309

出来上がり

スライスチーズ側を乗せたらぎゅっとプレス

アップサイドダウンして4分割

IMG_9313

カレー味もケチャップ味も大好きなのだ

おこちゃまなのだよ

でも、これ、みんな大好きだと思うよ

 

初鰹

以前に紹介したことのあるレシピであるが

鰹はこの食べ方が美味いのだから仕方がない

鰹のたたき

いわゆる鰹のたたきであるのだが

ポン酢で食べるのもいいけど、ちょっと工夫するだけで抜群に美味くなる

ニンニクは生よりも加熱したものである方がよい

油でゆっくりと加熱してチップにするのがよい

薬味はネギとミョウガがよい

ミョウガを加えるだけで洋風?に美味くなる

ショウガは好みで加えてもよいが・・・

タレはちょっと酸味がある方がよいと思う

レモンでもワインビネガーでもよいが、バルサミコ酢を加えるのがおすすめである

魚であるから、醤油がバチコンと決まる。醤油ベースのタレが合う

作り方

1.オリーブオイルでスライスしたニンニクを炒め、ニンニクチップを作る

2.ニンニクの香りの移ったその油で、塩を振ったカツオの表面に焼き目をつける

3.カツオの香りの移ったそのフライパンで、ソースを作る

4.白ワイン又は酒、ミリン、ワインビネガー、バルサミコ酢を加えてアルコール分を飛ばし

醤油とレモンの絞り汁で味を調整する

このとき「ちょっと濃いかな?」ぐらいがちょうど良い

5.カツオを並べた皿に出来上がったソース(熱いままで良い)を回しかけ、ミョウガ、青ネギを散らし、ニンニクチップを添える

出来上がり

IMG_9300

ネギを散らしてからソース、それからミョウガとニンニク、の順番もいいかもね

 「白」又は「泡」がぴったしだが

ビールでもワインでも焼酎でもいける

ご飯でも美味そうだ

ふふふ

 

ナポリタン

おすすめレシピ?

日本パスタ協会おすすめレシピによると・・

スパゲッティにベーコン、タマネギ、ピーマン、トマトを具材にトマトケチャップをからめ、炒めて作る。

ベーコンはハムやウインナーソーセージ等に置き換わることがある。

好みでタバスコペッパーソースや粉チーズをかける。

と、されている

 ナポリ?

ナポリにナポリタンスパゲッティというものは存在しないらしいが

中世ナポリの屋台で出されていたというパスタ料理を日本の洋食料理人が再現したもの、なのだそう

真偽は定かではない ウソっぽいな

昭和30年頃の洋食店等で、焼きうどんの調理スタイルを取り入れた料理として大衆化したものであるらしい

これはホントっぽい

昭和日本では、喫茶店、軽食堂などで広く提供されていたし、

家庭や給食等でも供される庶民の味であった

ケチャップ味

こじゃれたパスタも悪くないが

時々はこういう庶民的な味も食べたくなる

かといって、外でナポリタンを注文することは多分無いし、

家でも「よし、今日はナポリタンを作ろう」と意気込むことも無いと思う

冷蔵庫に「湯がいたパスタ」が残っている時がベストチャンスなのである

今日はそんなチャンスが巡って来た!

やったね!

作り方

説明するほどのことでもない

スライスしたタマネギをごく少量の塩で炒めて、そこに細かく切ったソーセージを加えた

麺は残り物だったので、炒める時に少し水を加えた

ケチャップで味を付けて

出来上がり

IMG_9255

ケチャップは麺に直接かけない方がいいと思う

具材とケチャップを混ぜて、そのソースを麺にからめるイメージで

パルメザンチーズをかけて食べたら

全く問題なく?美味い!

今日はピーマンもトマトも入れなかったけど

ナポリタンスパ、やっぱ美味いな

中世ナポリの味がするぜ!

 

カレーのサンドイッチ3

カレー味のパンが食べたくなることがある

これまで、カレーもやしのサンドイッチとか、

タマネギとソーセージのカレー味サンドとかを記事にした

今回は鶏肉でカレーのサンドを作った

取り立てて紹介するほどではない?のだが・・

美味かったので記録しておく

今日のパン

今日の食パンは、セブンイレブンの「金の食パン」

「ありえないくらい美味しいコンビニの食パン」という触れ込みだが

厚切り2枚で125円

1斤分に換算すると375円! 高っ!

その厚切り1枚を半分の厚さにスライスした

いつものように、軽くトーストして

トマトスライス

IMG_9200

トマトのスライスとケチャップ

あちら側はスライスチーズ

鶏肉のカレー炒め

IMG_9202

玉葱と鶏肉を炒めて塩コショウ、カレー粉で味をつけただけのもの

キャベツ

IMG_9205

レタスではダメです、キャベツです

たっぷり乗せてマヨネーズで味付け

反対側のスライスチーズが乗ったパンをかぶせたら、

ぎゅうっとプレスしてアップサイドダウン!

出来上がり

IMG_9210

今日のパン、すごく高価だったから思うのかも知れないが

サクサクしていて、甘い、美味い

北海道産の生クリーム、カナダ産のはちみつを使用、とのこと

カレー味ともたいへん相性がよろしく思います

高いからそう思うのかも知れないけどね

美味かった

 

ライスヌードル

時々、米の麺が食べたくなることがあって・・

先日、ケンミンの焼きビーフンを買って、食べてみたが・・

かえってさらに米の麺が食べたくなってしまった

で、

やまやでこんなのを見つけたので買ってみた

Rice Noodle

IMG_9212

タイ産

IMG_9216

約5mmの平麺のライスヌードル(ビーフン)

タイ料理のクイティウというヤツかな?

美味そう

どうやって作ろう??

手探りで作る

ネット等でも調べてみても、作り方が多岐に渡り過ぎていて、正解が見えない

麺の戻し方ひとつにしても、水で戻す方法、湯で戻す方法

熱湯につける方法、湯がく方法

湯がいた麺を水で洗う方法等・・・

今日の作り方

少量の油で、ニンニク、ショウガ、ネギのみじん切りをいため、ちょこっと豆板醤を加えた

細かく切った豚肉、エビを加えて塩コショウ

5分程湯がいた麺を加えて炒め、ナンプラー、オイスターソース、創味シャンタンで味付け

最後にもやしを加えて炒めた

出来上がり

IMG_9181

もやしを最後にして正解

もやしがシャキシャキしてるし、太い米麺も美味い

私は焼きビーフンを作る場合、ほとんど水に戻さずに作る

が、流石に今日の麺は5mmくらいあるので湯がいた

湯がかずに中華スープ等で炒め煮風に調理する方がいいのかも知れない

タイの料理人に教えてもらいたいなあ

また作ろっと

 

しらすとちくわの焼き飯

賞味期限を過ぎたしらすがあった

少し加熱して食べようと思った

あ、賞味期限切れのちくわも発見!

よし、焼き飯にしよう

先月のタコとキムチの焼き飯と同じパターンだね

作り方はいつも通り

ベーコンがあったので、細かく刻んで玉葱のみじん切りと共に炒めた

そこに薄くスライスしたちくわとしらすを投入して加熱

コショウ、創味シャンタンで調味

上手く炒めたら、それとご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう

フライパンに少し油をひいて、ボールのすべてを丁寧に炒める

かき混ぜ過ぎないようにさっくり炒めること

いつも通り、隠し味に砂糖をちょっぴり

そして醤油を少しずつ焦がすように味付け

出来上がり

IMG_9153

パラッパラにできた

しらすの焼き飯、美味いです

次回は賞味期限の切れていない「しらす」で

また作ろうっと

ごちそうさまでした

 

青菜炒め

こういう緑黄色野菜等がつまみの中にあると「酒の吸い込み」が断然よくなる

「酒の吸い込み」というのは、雑誌「酒とつまみ」編集長の渡邉氏が「タモリ倶楽部」で発表した言葉である

酒にはタンパク質の濃い味のおかずが合いそうだが、野菜があるとさらに美味くなる

ビールに対する枝豆もその例であり(大豆タンパクだけど)

その流れから行くとオクラとか、いんげんとか、スナップエンドウとか

そういう青い適度に加熱した野菜がちょこっとあるだけで、お酒がたいへん美味しく呑める

以前に空心菜炒めを紹介したこともあったが

今日は小松菜を炒めた

小松菜は美味く炒めれば、ほうれん草よりも美味いと感じる

作り方

ニンニクを油で熱して香りを出し、ほんの少しの豆板醤と長ネギ、ショウガのみじん切りを加えて炒めた

そこに切った小松菜を加えて一気に炒める

味付けはオイスターソースと醤油

シンプル!

IMG_7032

うふふ

酒の吸い込みがよろしいです

 

ドライカレー?

景品?でもらったレトルトカレー

そのまま食べたのでは芸がないな

ドライカレー風?にしてみよう!

作り方

レトルトカレー適量をフライパンで温めた

味を見ながら、カレー粉、インスタントコーヒー、コンソメ顆粒をそれぞれ少量加えた

ご飯を投入して丁寧に炒め、最後の隠し味にウスターソースをちょっぴり

出来上がり

IMG_9116

想像していたより上手くできた

美味いです

コーヒーがいい味出してます

カレーにはチョコレートもいいのだそう

あと、意外なものとして「砂糖を結構多く入れる」というのもあるらしい

きっと焦がしてカラメルにするのだな