「料理」カテゴリーアーカイブ

焼うどん

ごく普通の焼うどんは記事にしていなかったようだ

普通といいながらオイスターソース味だけどね

焼うどんはえらい

焼うどんはすごくえらいと思う

お腹がすいたときのご飯として成立する

量によっては軽食として、おやつとしても扱える

ビールでもいける

野菜もとれるし、動物性タンパク質もとれる

夜食としてもぴったり?の様な気がする

長所を上げればキリがないではないか!

作り方

キャベツはざく切り、豚肉は一口大に

ちょっと面倒な方法であるが・・・

あらかじめ豚肉の脂の部分を切り分けて細かく刻んで炒める

油が出たら、ニンニクとショウガ、ネギのみじん切りをその油で炒めて香りを出す

隠し味程度に豆板醤を加える

豚肉を加えたら塩コショウ

豚肉に8分どおり火が通ったら、湯がいたうどんを加えて充分に炒める

麺を必要以上に触らないように注意

最後にキャベツを加えて炒める

万能ねぎを5cmくらいの長さでアクセントに加えた

味付けはオイスターソースと醤油と水!

出来上がり

IMG_9407

ビールがバチコーン

閑話休題

「バーベキューをしたんです」

と、キリンビールのキャンペーン応募シールを差し入れしていただきました

IMG_9543

トール缶の1.5点シールは美しい

このシールを貼ってある用紙

バーベキュー場の利用証明書(ステッカー)の台紙だった

ステッカーをバックステージパスみたいに体に貼ってバーベキューするのね

楽しそうだなあ

ありがとうございました

これは何としてでも当てなければ!!

top_main

 

牛肉とポテトのボリューミーサンド

ボリューミーなサンドイッチが食べたくなった

そこで

牛肉やらトマトやら、じゃがいもなんかもはさんでしまえ!

トースト

いつものように食パンは軽くトースト

霧吹きで少し加湿すると格段に美味くなる

オーブントースターは余熱しておくこと

粒からしを少し塗っておいて

牛肉

IMG_9256

BBQソースで少し味をつけたもの

あっち側はスライスチーズ

少しチーズを溶かすぐらいに加熱した方が美味い

トマト

IMG_9259

スライスしたトマトを乗せてケチャップ!

ポテト

IMG_9261

電子レンジで調理したポテトをスライスして

レタス

IMG_9263

今日はたっぷりのレタスでいっときました

マヨネーズで味付け

出来上がり

スライスチーズ側を乗せたらぎゅっとプレス

アップサイドダウンして4分割

IMG_9265

上から、ビーフ、トマト、ポテト、レタス

BTPLでござる

ボリューミー!

編注:ベーコン(bacon)、レタス(lettuce)、トマト(tomato)だとBLTなんだよね?

 

ねぎのお焼き

スーパーですごく立派な「青ネギ」を見つけた

美味そう

青ネギと白ネギ

ネギは「葉ネギ=青ネギ」と「根深葱=白ネギ」の大きく2つに分けることができる

関西では、うどんなどに入れる薬味としては葉ネギが主流だ

最近では「万能ねぎ」などの細く薄いタイプの青ネギが幅を利かせている?が

肉厚の青ネギの美味さ!も格別なものがある

京都の九条ネギが有名かな?関東ではあじさいねぎ、とか?

ねぎ焼き

関西ではたっぷりの青ネギでお好み焼きを作る「ねぎ焼き」がある

今日は、そんな感じのものが食べたくなった

ねぎのお焼き

山芋と卵、たっぷりの青ネギで、ねぎのお焼きを作った

紅ショウガを少し

最後に豚肉を乗せて塩をパラパラ

IMG_9332

昨年8月に「お焼き」の記事を書いているが

小麦粉が入っていない山芋の生地なので、これもお好み焼きではないから

ねぎ焼ではなく「ねぎのお焼き」とした

粉が入ってなくて固まらないから、ひっくり返すのが難しいけど

上手くできたときのうれしさも格別

ねぎたっぷり

IMG_9336

ねぎたっぷりで

山芋だけだから生地がふわふわトロトロ

ビールだ、ビールだ!

 

たまごサンド2

昨年6月にも、たまごサンドの記事を書いた

そのときにも書いたが

普通、たまごサンドといえば

ゆで卵をつぶしてマヨネーズとあえて、それをパンにはさんだものを指すだろう

そんなたまごサンドも好きだが・・・

トマトのオムレツのサンドイッチ

今日はトマトを加えたオムレツを作って、サンドイッチにした

トースト

今日は全粒のパン

いつものように軽くトーストする

スライスチーズはなくてもいい

IMG_9437

オムレツのサンドイッチにはキュウリがよく合う

マヨネーズを少し

オムレツ

IMG_9439

今日は卵1個

トマトを細かく刻んで加えた

牛乳を少し加えてバターで焼いた

ケチャップは必須

出来上がり

IMG_9442

手も、口の周りも、ぐちゃぐちゃになりながらいただきます

うふふふ

 

豚肉のソテー、ラードチップソース

最近研究して開発したメニュー

豚肉を塩コショウして炒めただけなのであるが、

ちょっと工夫しただけですごくお気に入りのメニューになった

豚肉

豚肉はポークステーキ用がいい

サーロインとか?リブロースとか?

ロインよりリブの方が高級とされているらしいが、よく分っていない

適当な厚みの美味そうなヤツを選んで買う

作り方

豚肉の脂の部分をある程度切り取って、コマ切れにする

それをフライパンでゆっくりと加熱し、出て来た油でニンニクのスライスを炒める

ニンニクは焦げる前に取り出しておく

香りの移った油で筋切りした豚肉を焼く

ほんの少しだけ(例えば片面だけとか)塩コショウするといいと思う

加熱し過ぎないように充分に気をつけること

豚肉を取り出したら、フライパンに酒、みりん、醤油、焼き肉のタレを少々加え、ソースを作る

皿にスライスした豚肉を並べたら、ソースをかける

ニンニクチップと一緒にいただきます

出来上がり

IMG_9418

茶色でつぶつぶしているのは豚肉の脂のチップ

最初に細かく切って入れた脂の成れの果て?なんだけど

ニンニクチップと一緒に食べるとむっちゃ美味いよ

ラードチップ

ラードをとった後のかす?を「油かす」という商品で販売しているところがあるのだそう

このラードチップは出来立てだから美味いよ

 

鶏のカシューナッツ炒め

大好きなメニューなのに紹介してなかったな

すごく簡単でご飯にもお酒にもすごく美味いよ

いろんな作り方がある

鶏肉をあらかじめたれにつけ込んでおいたり

片栗粉をまぶしたり

鶏肉やカシューナッツを素揚げにしたり

赤ピーマンやタマネギ、赤唐辛子を加えるレシピもある

最も簡単に作る

鶏もも肉は脂の部分を取って一口大に切る

ピーマンは種を取って適当な大きさに切る。内側のペラペラしたところも丁寧に取った方が美味い

ニンニク.しょうがのみじん切り、ネギ、豆板醤を炒めて香りを出す

鶏肉とカシューナッツを加えて塩コショウ

カシューナッツは色づくくらいに炒めた方が美味い

鶏肉の片面が香ばしく焼けたら裏返して、8分通り火が通ったところでピーマンを投入

オイスターソース、少量の醤油で味を付ける

出来上がり

IMG_9392

ピーマンを決して加熱し過ぎないこと

しゃきっとした甘いピーマンが美味い

ちょっと濃いめ!が美味いかも?

ご飯のおかずで甘いのが好みなら少し砂糖を入れても美味いし、

片栗粉でとろみをつけるのもいいし、ごま油で仕上げるのもいい

「カシューナッツ炒め」なんて聞くと大物っぽいけど、簡単で美味いよ

「カシューナッツと鶏肉を一緒に炒めよう」と一番初めに思いついた人は偉いなあーって思う

 

タコのレタス炒飯

ちょっと変化球かな

冷蔵庫にタコが残っていて・・・

なぜか?これをしっとり炒飯にしてみたくなった

作り方

炒飯(焼き飯)の作り方は何度も書いたし、私のやり方はいつも同じ

残り物のタコは細かく刻んだ

しっとりにしたいので玉葱のみじん切りはいつもより多め

残りもののしらすも投入

それらを創味シャンタンで加熱調味

上手く炒めたら、それとご飯と卵をボールなどで混ぜてしまう

きゅうりのキューちゃんも隠し味に少し刻んで入れた

フライパンに少し油をひいて、ボールのすべてを丁寧に炒める

混ぜ過ぎないようにさっくり炒めること

隠し味に砂糖をちょっぴし表面に加えて炒める

そして醤油で焦がすように味付け

味付けと同時に醤油の焦げた香りをつける

最後にレタスを投入

しっとり仕上げたぜ

出来上がり

IMG_9326
少し前にタコとキムチで焼き飯作って記事にしているが

タコのうまみがご飯に移って美味いんだよなあ

以前の記事を読み返すと、

「しっとりチャーハン、レタス加えてもよかったかも?」と書いていた

記憶の片隅にそんな感想が残っていたんだな

うふふ、美味かった

 

あさりラーメン

あさりの出汁でラーメンを作った

作り方

蓋のできる鍋に水1:酒1の割合で入れてショウガを1片加え、あさりを加熱する

沸いてきたら蓋をとって、開いた貝を順番に別の容器に救助する

出来たあさりの出汁は適宜水を加えてのばし、香りに長ネギの青い部分をかたまりで加えた

味の決めてはわかめとネギだと思う

乾燥わかめをそのままぶち込んだ

少量の創味シャンタンと白だしで味を整えた

湯がいた麺を用意したら、スープに救助したあさりを戻して少し加熱すれば

出来上がり

IMG_9319

めっちゃあっさりあさりの塩ラーメンでござる

テーブルコショウと万能ネギたっぷりで

いただきまする

澄みきったスープがたまりまセブンスフラットフィフス

ふふふふ

 

豚肉カレーケチャ炒めのサンドイッチ

サンドイッチの記事久しぶりだな

ある料理番組で「豚肉のカレーしょうが炒め(だったかな?)」を紹介していて

先生が「カレー粉とケチャップは合うんですよ」とカレー粉とケチャップを混ぜて豚肉をつけ込んでいた

カレーケチャ!良い響きではないか

サンドイッチにしよう

トースト

いつものように食パンは軽くトースト

しつこいようだが、霧吹きで少し加湿すると格段に美味くなる

オーブントースターは余熱しておくこと

トマト

IMG_9304

軽くトーストしたパンにスライスしたトマトを乗せた

あっち側はスライスチーズ

豚肉のカレーケチャ炒め

IMG_9306

豚肉を炒めて、カレー粉少々、ケチャップで味をつけた

隠し味に中濃ソースをちょっぴり加えた

キャベツ

豚肉炒めにはタップリのキャベツだな

マヨネーズを少し

IMG_9309

出来上がり

スライスチーズ側を乗せたらぎゅっとプレス

アップサイドダウンして4分割

IMG_9313

カレー味もケチャップ味も大好きなのだ

おこちゃまなのだよ

でも、これ、みんな大好きだと思うよ

 

初鰹

以前に紹介したことのあるレシピであるが

鰹はこの食べ方が美味いのだから仕方がない

鰹のたたき

いわゆる鰹のたたきであるのだが

ポン酢で食べるのもいいけど、ちょっと工夫するだけで抜群に美味くなる

ニンニクは生よりも加熱したものである方がよい

油でゆっくりと加熱してチップにするのがよい

薬味はネギとミョウガがよい

ミョウガを加えるだけで洋風?に美味くなる

ショウガは好みで加えてもよいが・・・

タレはちょっと酸味がある方がよいと思う

レモンでもワインビネガーでもよいが、バルサミコ酢を加えるのがおすすめである

魚であるから、醤油がバチコンと決まる。醤油ベースのタレが合う

作り方

1.オリーブオイルでスライスしたニンニクを炒め、ニンニクチップを作る

2.ニンニクの香りの移ったその油で、塩を振ったカツオの表面に焼き目をつける

3.カツオの香りの移ったそのフライパンで、ソースを作る

4.白ワイン又は酒、ミリン、ワインビネガー、バルサミコ酢を加えてアルコール分を飛ばし

醤油とレモンの絞り汁で味を調整する

このとき「ちょっと濃いかな?」ぐらいがちょうど良い

5.カツオを並べた皿に出来上がったソース(熱いままで良い)を回しかけ、ミョウガ、青ネギを散らし、ニンニクチップを添える

出来上がり

IMG_9300

ネギを散らしてからソース、それからミョウガとニンニク、の順番もいいかもね

 「白」又は「泡」がぴったしだが

ビールでもワインでも焼酎でもいける

ご飯でも美味そうだ

ふふふ