「楽器」カテゴリーアーカイブ

トーカイストラト05

ボディー

IMG_7772

一切の継ぎ目が無く、アルダー1ピースだと思われる

貴重だな

ノイズを軽減するためにザグリ部分にはアルミテープを貼り、さらにピックガードとも導通するための導電テープを貼ってある

ボディーとネック

tokai-neck

ストラトタイプのギターはボディーとネックがネジで取り付けられていて、簡単に分離できる

フェンダーの創業者、レオ・フェンダーが考え出した方法らしい

効率の良い大量生産を目指すためのアイデアだと思われる

ネックはメイプル1ピース

フレットはオリジナルよりほんの少し太めのものに交換してある

もちろん、信頼できるクラフトマンにお願いした

その時に指板のアールも180Rから250R程度に修正してもらった

抜群に弾きやすくなった

ピックアップ交換

IMG_7780

万能選手的に「使えるギター」を目指してピックアップを交換した

Neck:DiMazio Chopper
Center:DiMazio HS-3
Bridge:DiMazio Fast Track 2

すべて手持ちのもの

裏側

IMG_7777

ピックアップの配線ケーブルも交換してある

DiMazioの配線材は極端に細くて心もとないので

Beldenのシールドケーブル8412の内部線をばらして使ったと記憶する

交換前

tokai

交換前は、DiMazioHS-3を3つ搭載していた

真ん中だけ残したことになる

オリジナルはブリッジピックアップが斜めになっているが・・

私はまっすぐが好きである

ピックガードも私が作ったオリジナルのものに交換した

理由は・・・

実際にやってみたら、その方が良かったのだから仕方がない

よくもまあこんなめんどくさいことをしたもんだ

今日はここまでにしておきます

 

トーカイストラト04

トーカイのストラトキャスター

ST-80を再生する

ペグ

IMG_7719

クルーソンタイプがついていたが

実用性が高く、好みのロック式に交換する

以前に紹介した「ティンカーベルモデル」についていた「クロコダイルペグ」を移植することにした

ティンカーベルモデルのペグは、また考えよう

クロコダイルペグ

IMG_7746

これも錆びているのでコンパウンドで磨く

左は磨く前、右は磨き後

きれいになったよねー

ここでさらに問題が

せっかくクリーニングしたブルッジであったが

IMG_7731

装着してみると動きがイマイチ

ブロックを交換しようかな?などとよく見てみると

上部プレートと下部ブロックが一体型

こんなの見たの初めてだ!って私のギターなんだが・・

調べてみると、当時Tokaiは「プレートとブロックが一体型で、響きを良くした」などと宣伝していたようである

が、後に本家Fenderと同じくプレートとブロックは別でネジ留め式に変更されている

そっちの方が良いよ、やっぱり

IMG_7750

手前がネジ留め式のブリッジ

なぜかおもちゃ箱?の中に見つけた

こんなパーツも持っている自分にびっくりする

トレモロブロック

IMG_7753

トレモロブロックも2つ持ってた

なんでやろ?

楽器屋さんみたいね

どちらを選ぼう?

左を選ぶとトレモロアームの可動域を広くできそう

右は重くてビンテージ風かな?

ブリッジ駒

IMG_7755

はじめについていたと思われるTOKAIマーク入りのコマを発見

装着

きれいになったよねー

マニアックな話にお付き合いありがとうございました

 

 

トーカイストラト03

またマニアな話ですまん

トーカイのストラトキャスター

ST-80

tokai

トーカイのSTシリーズは、エレキギターの定番のストラトキャスターのコピーモデルとして30年以上前に販売された

発売当時は本家のFender以上の品質と絶賛されたとか

前にも書いたが、マニアの間でコピーモデルとしては異例の価格で取引されたこともある

ムック本も発売され、今でも人気があるようだ

前回書き忘れたが、この時(大昔)私はUSA Fenderのストラトから乗り換えたわけだが、

違和感無いどころか、こっちの方が弾きやすいし、サウンドもすごく気に入った

ヘッド

IMG_7719

ペグはクルーソンタイプ

めっちゃ錆びてる

Tokaiのロゴもすでにない

50年代のFenderのロゴもすぐに取れてしまうような仕様だったそうで、そんなところもコピーしているようだ

このギター、指板のアールがきつくて12フレット以上でチョーキングすると音が切れてしまうという現象も50年代のFenderのまま

欠点も含めてすべてコピーしていたようだ

そこまでやるなんてアホやね(笑)

ピックアップ

IMG_7716

オリジナルのピックアップは「STヴィンテージ」というトーカイオリジナルモデルであったようだ

ピックアップは何度も交換したが、今はDimazioのHS-3がついている

HS-3はイングベイ・マルムスティーンの使用で有名になったピックアップ

ノイズが少ないところは素晴らしいが、パワーがものすごく小さく、演奏はたいへん難しい

イングベイはやはり天才だと思い知らされる

ブリッジ

IMG_7715

ブリッジはオリジナルのようだが、コマがBill Lawrenceのものに交換されている

なぜそうしたのかは覚えていない

IMG_7722

汚い

IMG_7724

MADE IN JAPANの刻印がある

どうやらGOTOH製であるらしい

バラバラにしてクリーニングする

そして元に戻した

IMG_7731

きれいになったねー

きれいになったよねー

今日はここまで

 

 

マツコの知らないエレキギターの世界

マツコの知らない世界

“ギターを日本一愛する男”として野村義男氏が登場した

マツコ氏はたのきんトリオ時代の「よっちゃん派だった」と明かした

野村氏は、なんと!352本のギターを所有しているという

『毎日1本ずつ弾いても1年かかるなあ、10日程休めるのかあ』などと考えて観ていたのだが・・

nomurayoshio01

「弾いちゃダメ!劣化してはいけないのでギターには触れない」

「江戸時代から保存されている壷には水さしたりしないでしょ」

と、さらりと答えた

「変態性が出てきたわよね」とマツコ。さすがであった

n

野村氏は、ジャニー喜多川社長から直々にスカウトされて業界入り

同年代の田原俊彦&近藤真彦とともに、たのきんトリオとして活躍した

そ の後、ギタリストに転身

浜崎あゆみのバッグバンドでギタリストを務める

異色の経歴であるが実力も本物

その飽くなきギターへの情熱は、半端ではない

野村義男のギターコレクションYouTube映像

番組のラストにちらり

nomura-EF

今度、「野村義男のエフェクターコレクション」の本も出すことになったという

実際にその本を出すと

マツコ「ホントに出しちゃったの?バカですねーホント、これは、何がどう違うの?」

野村「ほら、これ、フーー!」

マツコ「フーじゃないよ、わかんないよ」

野村「うわっ!」

マツコ「うわっ!じゃないよ、」

野村「こんなの、うわーでしょ」

その時に野村氏が指差していたのはKlon Centaur(クロン ケンタウルス)である

ウワーかどうかは個人の意見であるが、生産台数が少ないことは確かである

私は自作し、モディファイした ふふふ

 

トーカイストラト02

昨日の続きの話

まだ十代の頃

安物のギターしか持ってなかった

マジな外(そと)バンをやり始めてマジなエレキギターが必要になった

USA Fenderのストラトキャスターを貸してくれる人がいて、それでライブなどをしていた

借りたUSA Fenderのストラトキャスターは色々と問題もあるものの、やはり本家Fender

ぶっとい音で、欲しくなった

貸してくれた人に「売って欲しい」とお願いしたが、断られた

楽器店をまわったり、カタログを集めまくったりして自分に合うギターを探した

そんな時

出逢った

トーカイのストラトキャスター

ST-80

イメージ図

tokai-image

出逢ったときは、めっちゃきれいな新古品だった

80年代のギターであるが、ちょうどこの頃、国産のエレキギターもすごくクオリティーを上げた時代

このトーカイのストラトはReborn Oldとか言って(違うかも知れない)

『54年製だか57年製だかのFenderを忠実に再現した』というふれこみであった

定価8万円であったが、当時の私としてはかなり高価なギター

「これいいなあ」という感じの憧れっぽいギターだったかも知れない

そんな憧れのギターの新古品に出逢ってしまった

懇意にしていた楽器屋

ネック折れで不良品で返って来たギターなんだけど、ネックを交換してちゃんと調整してある

良品だし、別のハードケースも付けるから

買ってくれないか?

とのこと

めっちゃラッキー!

二つ返事じゃなく、ちょっと迷った振りをしながら購入したように記憶する

購入金額は4万から5万の間だったと思う

もう覚えていないが、かなりラッキーだったのではなかったか

しばらくはこのギター1本で勝負してたなあ

今日も思い出話にお付き合いありがとうございました

 

トーカイストラト

エレキギターはストラトキャスター型が好きだ

メインのあかこちゃんもストラトキャスター

あかこ

ST01

そのあかこちゃんに事故が起きた

詳細は書かないが修理に出ることになった

こんな時のためにサブギターを用意しておきたい

そこで復活させる

学生時代から使って来たギター

トーカイのストラト

tokai

日本製

最近弾いていないので汚れまくっている

絃を外す前に写真を撮ればよかったのだが・・

こいつを使える状態にしよう

80年頃のトーカイのストラトはマニアの間では高値でトレードされたり、

特集のムック本も発売される程の人気

学生時代はこれ1本でやってた頃もあったな

思い出を語るぞ

まだ十代でそろそろ外バン(クラブ活動とかではないプロ思考?のバンド)をやり始めた頃

安物のギターしか持っていない私に「そんなんじゃダメだよ」と上等のギターを貸してくれた超親切?な人が現れた

貸してもらったのは、USA製のFenderのストラトキャスター

当時20万円くらいしたと思う

イメージ

DSCF1844

こんな感じだったと思う

初めての高級ギター

今までのギターとは全く違う!と思った

重厚感があるというか、ボディーも重いし、音もぶっとい

ラージヘッド、ネックは3点留めの時代

そのギターで何度かライブをしたと思う

「やっぱ本物のFenderはすごいや」と思っていて

所有者にお願いして、このギターを売ってもらおうと思っていたのだが

「これは僕のギター、貸してあげただけ」ときっぱり断られた

ラージヘッド、3点留め

この時代のFenderは実は評判が良くない

ネックが3点留めのため、演奏中にネックがずれて「カキーン」と音がして突然チューニングが乱れたりしたこともあった

ちょっと力を入れると「カキーン」と戻った

いろんな意味で「すごい」と思った

フレットの仕上げ処理が雜で、手を怪我したこともあった

今から考えると、アメリカ製だもんなあ

良くも悪くも大雑把?

長くなったので今日はここまで

青春の思い出にお付き合いありがとうございました

 

クレハシーガーエース

虫の知らせいうやつか

なんか予感がして

上州屋にふらっと寄ってみた

そしたらなんと!

セール品の中に発見!

買ったぞ

KUREHA シーガーエース 16号

IMG_8640

ああ、言い忘れた

ウクレレの絃!

ぢゃなくて釣り糸

フロロカーボンの釣り糸

16号は強度が29.5kgだという

なかなかの大物狙いだ

クレハシーガーエース

弦楽器のマニアの間でも評判の良い絃である

いや、絃ではないのだが

ゴム製のバンドがついている

IMG_8642

これで絃(ぢゃないってば)を留めるのかな?

高級品っぽいたたずまい

これで揃った

1弦:クレハシーガー船ハリス8号 0.47mm
2弦:クレハシーガー船ハリス12号 0.57mm
3弦:クレハシーガーエース16号 0.66mm

クレハシーガー船ハリス

IMG_6168

もう一生分ウクレレの弦は心配ない

マジで売る程あるぜ

マジで売ろうかなあ

 

ウクレレレコーディング

先日の記事で少し紹介したかも知れない

ウクレレソロのアレンジと演奏、録音を依頼された

アレンジ

先ずはアレンジして譜面を製作

inochino

出版されるものだから、ちゃんと書かないといけない

ちゃんとアレンジが決まってから録音する

録音する

IMG_8087

最近出番のなかった、初期型RODE NT-1

最近はMXL990ばかり使っていたが、久しぶりにRODEの登場

RODE NT-1はMXL990よりHigh上がりな特性を持っていると思う

今回試してみて良かったから使ってみよう

後ろに服が掛けてあるのは吸音材の代わり、反射音の調節

ウクレレ

IMG_8092

「楽モデル」にピックアップを取り付けた

ピックアップの取り付け位置によってサウンドは大きく変わる

いつも(Low-Gの場合)は、ブリッジの下(写真で言うと右側)に付けていたが、今回は内側に付けた

写真のピックアップの位置が「ふくよか」なサウンドで、マイクで録った音とミックスすることで良い効果があると判断した

プリアンプ

IMG_8094

ウクレレのピックアップからの信号は、先ず自作のプリアンプで受ける

FET1石で作った簡単な回路であるが、インピーダンスを下げ、ケーブルによる音質劣化を軽減し、ノイズを受けにくくする

ウクレレからは近い方がいいので短いケーブルでつなぎ、このプリアンプはポッケに入れて演奏する

リミッター

IMG_8090

次にこの機材を通す

Sound & Recording Magazineの記事から製作したステレオリミターである

これはたいへん重宝している

また詳しくはいつか紹介することにして・・何しろいい感じに「ちょっと潰して」くれる

もちろん片チャンネルのみを使用する

リミター電源

IMG_8091

これはすんごい意欲作

+15V -15Vをリミターに送る電源

このリミター以外にも+15V -15Vを必要とする機材は多くある(というか作った)ので、それらにクリーンな電気を供給するための機材

安定した電気を送るため、でっかいトランスを導入したから、なかなかの重量がある

うふふふ(ドヤ顔)

電源ケーブル

IMG_8105

その+15V -15Vを機材に送るための専用ケーブル

これも意欲作、めっちゃ考えて作った

秋葉原の「オヤイデ電気」で調達した電線(撚り線)3本を三つ編みにし、熱圧縮チューブでカバーした

手前に見える端子(3つの穴)は、それぞれ+15V、0V(アース)、 -15Vとなっている

すんげえマニアック!

うふふふふ(めっちゃドヤ顔)

PCへ

DAW

そして信号はMOTU Ultra Lite mk3で受けてデジタル化されてPCに送られる

Digital Performer

IMG_8100

PCはMac、DAWソフトはDigital Performer

画面で同じような波形が2つあるのは、マイクで録った音とピックアップで録った音

最終的にうまくミックスして仕上げる予定

ミキサー画面

IMG_8103

MOTU Ultra Lite mk3には、CueMix FXというミキサーソフトが付属している

すごく多機能で、いろんなことができるらしい

が、マイク入力にLow-Cutを入れたり、ちょっぴりコンプをかけたりぐらいにしか使っていない

でもなかなか重宝している

要らないノイズを録らないように、マイク入力のLow-Cutは必須

「さぁ」!

3曲録らなければいけない、頑張って行きましょう

さぁー

バック・トゥ・ザ・フューチャーの日

本日2015年10月21日は

30年前の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の未来に行った『その日』なんだと

デロリアンのダッシュボードパネル

20151021

カルバンクラインの下着をつけ、ダウンベストを来たマーテティーが、今日!!過去からやって来るんだな

もう、30年も経ったのかあ

ロバート・ゼメキス監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮の大ヒット映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は1〜3まで3作、作られてる

友人が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の大ファンで、レーザーディスク(これももう遺物か?)を3作すべて所有していた

それで3作全部、エンドロールなどを抜いた完全につながったビデオを作ってくれたくれたことがあった

めっちゃ自然に、まるで1つの作品みたいに完璧につながっていてすごい面白かった

その第1作が何と言っても傑作中の傑作と言われている

映画の公開は1985年で、物語も1985年のアメリカ

第1作は、そこから「30年前!」の1955年にタイムスリップするという設定であった

一番のハイライトは結婚前の両親を結びつけるため?の「深海パーティー」

マーティーは、手を怪我してギターが弾けなくなった黒人メン バーの替わりに演奏することになる

マーティーの両親は、マーティーの頑張り?で目出たくカップルになった

で、何かもう1曲やってくれというリクエストに答えて、

ちょっと古いオールディーズだが、と言いながら演奏し始めるのが「ジョニー・B・グッド」

oldiesKeyB

フロアにいる皆は、初めて聞くその曲のビートに当初は唖然としているが、やがて一斉に踊り出して盛り上がる

マー ティ自身もすごく盛り上がって、ギターを弾きながらチャックベリーばりのダック・ウオークをキメたり、

back_to_the_future09

段々とエスカレートして、バン・ヘイレンの様にライトハンド奏法をしたり、ギターア ンプに飛び乗ってそこからジャンプしたり

頭の後ろにギターを回して弾くのが、ジミ・ヘンドリックスのことかな?

ギターアンプを蹴っ飛ばしたのは、ピートタウンゼントのマネかな?

その演奏中の舞台そでで、手を怪我したギタリストが電話をかけている

「おお、チャック、いとこのマービンだよ。お前、新しいサウンドを探してたろ、これ聞いてみろ!」と受話器をステージの方へ向ける。

new Sound

「ジョニー・B・グッド」のリリースは1958年だから、時代考証的には合ってる

これを聞いてチャック・ベリーが「ジョニー・B・グッド」を作ったということなの?かな?

いわゆるタイムパラドックスというやつね

「ジョニー・B・グッド」の実際のリリースは1958年だが、

1955年にすでに作品は完成していたとの噂もある

でも、これはどうでもいい話だけど

そしてギター

深海パーティーでマーティーが借りて弾いていたギター

Gibson ES-345(1958〜)

だと説明されている

1958年だと時代考証に合っていない

345-2

本物のES-345

345

よく見ると、ブリッジの形状が違う

マーティーの弾いてるギターにはBigsbyのトレモロアームが取り付けられているが・・・

それだけではない!!

ストップテイルピースの跡が

マーティの弾いてるギターには、ストップテイルピースのスタッドが残されているのだ

ブリッジの後ろに丸いスタッドが2つ、写ってるでしょ?

back_to_the01

謎が多い

1.時代考証に合わないGibson ES-345

2.本物のES-345はブランコテイルピース

3.このギターにはストップテイルピースの形跡

4.Bigsbyのトレモロアーム

謎が多い、というか、何か意味があるのかも知れない、と感じる

もう少し調べてみることにする

マニアックな話を最後まで読んで下さり、ありがとうございました

ウクレレをHigh-Gにする

ウクレレ、いつもはLow-Gのチューニングにしている

Low-Gチューニング

4弦をクラシック・ギター弦の4弦(巻き弦)に張り替えて、1オクターブ下げるチューニング

特にソロ・ウクレレの場合は Low-Gチューニングでアレンジされている曲も多い

楽器自体のレンジ(音域)がHigh-Gより広くなるので、演奏の自由度が高まる

ウクレレの神様「ハーブ・オオタ」氏も、Low-Gチューニングでプレイしている

氏に憧れてウクレレを弾き始めたこともあって、私もLow-Gチューニングで弾く

ところが

お仕事でウクレレのアレンジを頼まれた

「ウクレレソロのアレンジを3曲程、演奏も録音もお願いします。」

「解りました」

「High-Gチューニングでお願いしたいのですが大丈夫でしょうか」

「わ、解りました」

お仕事だからね

IMG_8035

4絃(向かって左)が細いのに代えてある

「楽」モデル

こちらでも紹介している

IMG_8036

ブリッジを見ると

IMG_8038

ブリッジを見るとよく分る

4絃が細い

絃を通す溝

いつもは太い「巻き絃」を張るためにブリッジの溝を拡げてある

なので、こういう細い絃はうまく止まらなくなっている

なので

ビーズをはさんでいるのだ

IMG_8045

絃を丸結びにして「だんご」を作って止めるのだが、そこにビーズを通しておくことでしっかり止まる

音をスポイルしないか?

全く大丈夫!

かえっていい音になっているような印象さえある

IMG_8041

シーガー船ハリスの8号

1絃と同じものを張った

蛇足ながら、この「シーガー船ハリス8号」であるが、ヒラマサ、カンパチ、シマアジあたりを釣り上げるのに適しているとか?