「楽器」カテゴリーアーカイブ

ギタレレ

よくできたおもちゃ

YAMAHA  Guitalele GL-1

IMG_6221

クラシックギターの弦を張って使う

ギターは一般的に6弦から1弦を、
E-A-D-G-B-Eとチューニングする。

このギタレレは6弦から1弦を、
A-D-G-C-E-Aとチューニングするように設計されているようだ。

各弦がギターより半音5つ上。5フレットにカポを付けている状態と言えば、分る人には分りやすいかも?

レギントギターもこのチューニングだったと思う。

IMG_6223

ウクレレは一般的に4弦から1弦を、
G-C-E-Aとチューニングする。

そう、6弦のウクレレとも言えるわけだ。

電気化

IMG_6219

自分でピックアップを付けて、ボディサイドにボリュームを付けた。エンドピンから出力できるように工事をしたが、あんまり出番はなかった。

宝物

IMG_6226

ウクレレの神様のサイン

ある時、ウクレレの神様、ハーブ・オオタ氏がヤマハに来られるとの噂を聞きつけ、私はアロハシャツを着て、このギタレレとマジックペンを握りしめて出かけた。

もちろん、サインを頂くためだ。

To Keinosuke-san

Nice Meeting You

Herb Ohta

その下に、aloha! Nando L Swanとあるが

その時一緒に来日、演奏したギタリストのナンドー・スワン氏のサインである。

スワン氏はすごく気さくな人でセッションもしてくれた。

97年かあ

この日、ハーブ氏と2ショットの写真も撮ってもらったのだが・・
探せばどこかに持ってるはず・・探して自慢したい。

PEPEの弦

IMG_6229

ギターとして弾くのだったら、やっぱり普通のチューニングで弾きたい。

特殊な弦を探したり、いろいろ苦労をしたのだが・・

このPEPEギター専用弦というのを見つけて解決。

かなりテンションが低いが、普通のギターと同じに6弦から1弦を、E-A-D-G-B-Eとチューニングできるようになった。

小さいのでじゃまにならず、ちょっとした「音取り」などに活躍する。

 

 

Pupukea UF-30

先月、ウクレレのペグを換えたという記事を書いた。

これは、もう1本のウクレレ。こちらの方が古い。

傷だらけ、年期が入っているな。

フジゲン製(日本製)

IMG_6195

Pupukea UF-30

4万円しなかったと思うが、こいつは大当たりでよく鳴る。

いつ買ったのかもよく覚えていないが、渋谷道玄坂のヤマハで買ったことだけは覚えている。

ウクレレが欲しくなっていろんな楽器屋を回っていたのだが、お店で試奏しているうちに、どんどん値段の高いウクレレを弾いてしまって、気がつくと20万円近くもするウクレレをさわっていたり・・

その頃は、ウクレレはコードをいくつか弾ける程度の初心者みたいなものだったから、そんな高い楽器は必要ないのだ。

懇意にしていたヤマハ道玄坂で相談したら・・

ウクレレフェア

「今度ウクレレフェアをやるんですけど、うちはそんな高いのじゃなく、ビギナーの人にも買ってもらえるようなの中心に揃えるつもりなので是非来て下さい」

で、そのフェアに出向いて、店に置いてあるウクレレを片っ端から全部弾いて試した。

IMG_6196

自分の財布事情とサウンドやプレイヤビリティーの交差点上にあったのがこのウクレレ

ペグも素晴らしい

IMG_6199

フリクションペグと呼ばれるギヤなどが入っていない一般的なもの

でも、これはチューニングも全く問題ない。

大当たりなんだよ

ステージでも録音でも、ウクレレのメインとして頑張ってくれてます。

 

ウクレレの弦

釣り糸

私はウクレレに釣り糸を張って弾いている。

写真はクレハの「シーガー船ハリス」である。

パッケージの裏に「釣り糸以外には使用しないで下さい」と注意書きがある。クレハさんには通報しないで欲しい。

普通のウクレレ弦

IMG_6163

ずっと前は普通のウクレレの弦を使っていた。これはオルカスという日本製

IMG_6171

中身はブラックストリングス

透明のヤツよりブラックの方が高級とされているが、どうなんだろ?

これは楽器店で勧められたので何となく購入した

そのうちまた気が向いたら使ってみることにしよう

Worth Strings

IMG_6165

これは釣り糸に至る前によく使っていた「Worth(ワース)」

ブラウンで滑りがよく、ストラミングがしやすかった。

この弦も元は釣り糸(フロロカーボンと書いてある)で、これがきっかけでマジな釣り糸を使い始めたと思う。

「Worth(ワース)」は1セット1700円とか高価であるが、弦が長く、ソプラノウクレレであれば2回分取れるので使っていた記憶がある。

釣り糸から、ある時このWorthに戻したらむっちゃ固くてびっくりした。いや、ホントは釣り糸が柔らかすぎるんだが。

Low-G

IMG_6160

4弦はLow-Gで弾いている。

Low-Gはヤマハのクラシックギターの4弦

Low-Gの専用弦やセット弦は妙に高い。

このヤマハの4弦なら170円くらいで2回分とれる。これで十分というか、ちょうどいい。

クレハシーガー

IMG_6168

釣り糸のことを「テグス」と呼んでいたのはもう昔のことのようで、現在は「ハリス」又は「フィッシングライン」と呼ぶよう。

フロロカーボン100%と書いてある。

この12号は2弦、1弦は8号を使っている。

3弦はまだ試行錯誤中、18号あたりがよさそうかな?

釣り糸の特徴

釣り糸も種類によって、固さや手触り、サウンドも大きく違うとする説もある。

私の経験では釣り糸は通常のウクレレ弦よりめっちゃ柔らかく、サウンドもすごく柔らかい。

柔らかい分、タッチのコントロールも難しいし、押さえ方によってはピッチも怪しくなる。

ところが弾き方によってはめっちゃ鳴るんだな、これが。

 「ウクレレの弦再び」の記事はこちら

ウクレレのペグ交換

ペグを交換するウクレレ

IMG_5520

いつ買ったのかはもう分らない。稲荷町のキワヤで出会ってしまった。(調べたら2002〜3年頃の製品らしい)

IMG_5539

FamousとT’sギターのコラボ第1弾の「楽」という100本限定だったと記憶する。No.005

前社長が会長になった記念?なのかな?その会長のサインRyoji Okamoto  と入っている。

IMG_5521

このペグがちょっぴり使いにくい。

IMG_5526

はずしてしまった。

Gotoh製ペグ UPT

IMG_5527

新しくつけるペグはGOTOHのUPTというギヤの入ったもの。

4対1のギヤが入っている。ギターのペグは16対1らしいから、それに比べるとギヤ比はたいへん小さいが、ウクレレのペグはフリクションペグといってギヤがない(つまりは1対1)ので、4対1でもギヤが入るとかなり微妙にチューニング出来るようになるだろう。

穴を広げた

IMG_5529

ギヤが入っている分、UPTは太いので、ペグを通す穴を大きくする必要がある。

リーマーで慎重に穴を広げた。もう後には戻れない。

IMG_5530

案外簡単だったな。

IMG_5533

メカニックでかっちょいいぞ。

IMG_5534

弦を張って出来上がりなのだ。

IMG_5538

チューニングがすごく楽になった。

元のペグに比べてUPTは倍近くの重量があり、その重さでの「ヘッド落ち」が心配されたが、それも全く大丈夫だった。

ペグが重くなって、サウンドがスポイルされることも心配していたが、ほとんど問題にはならなかった。高音が少し少なくなったようにも思うが、気のせいということにしておこう。

それより、抜群にチューニングが良くなった。ばっちりだ。