「機材」カテゴリーアーカイブ

Tone Stack研究05

新しい「エレアコ用のプリアンプ」を構想中

研究が進んでいる

ToneStack

今回はToneStackの回路を使って組んでみたい

ToneStackの性格?を知る必要がある

自分用の確認として記述

ToneStackはパッシブのフィルター回路なので、どこかの周波数を強調したりはできない

減衰させることのみできる

基本的にミッドが削られた、真ん中が谷になった周波数特性になる

上の図は、Duncan Tone Stack CalculatorというWindowsで動作するフリーのプログラム

ToneStackの動作が見られる便利なアプリのようだが、うちはMacなので使えない

残念でならぬ

参考になるページ

How The TMB Tone Stack Works

まずはこのページで勉強した

ちょっと大雑把な感じもするが、初心者?にはこの辺りから始めるのが良さそう

Tone Stacks: Fender Bassman 5F6-A vs. Marshall Model 1987

このページから3話は熟読した=すごい!

Tone Stack for Guitar Amplifier Reference Design

テキサス・インスツルメンツが提供する回路図

設計の考え方、テストデータまで提供されている

さらに自分用に記述

MIDDLEを10にしてTREBLEとBASSをゼロにした時、周波数特性は一番フラットに近くなる

その時信号は−10dB程度以上減衰されているので、その前、または後で増幅してやる必要がある

R1はスロープ抵抗

R1を小さくするとフラットのときの減衰量を少なくできる(ローミッドが強調される)

また、R1は削られるミドルの谷の低音側の傾斜(スロープ)を決める抵抗で、Slope Resisterと呼ばれる

それによってミドルの谷の中心周波数も変化する

C1で高音を調整

C1を大きくすると削られる周波数の上限が低い方にシフトする

なので、C1を小さくすると高音のみが強調されることになる

C3で中音を調整

C3を大きくすると削られる周波数が低い方にシフトする

C2で中音を調整

C2を大きくすると低音のみが強調されることになる

各アンプモデルのToneStackの定数について比較してみる

  1. Fender Bassman 5F6-A
  2. Marshall JTM45
  3. Fender Twin Reverb
  4. 土日で作るエフェクター(リットー)Vintage Tone
  5. YAMAHA F-100
  6. Texas Instruments Tone Stack for Guitar Amplifier
R1 C1 C2 C3 VR1 VR2 VR3
5F6-A 56k 250p   0.02u   0.02u 250k 1M 25K
Marshall  33k  500p  0.022u  0.022u  250k 1M 25K
Twin  100k  250p    0.1u  0.047u   250k   250k  10k
Vin-Tone  10k
3.5k
 1000p
3300P
  0.22u 0.1u   100k  100k  5k
F-100  10k  2700p  1.0u  0.5u  25k  25k  1k
Texas 33K 470p
940P
0.022u 0.022u 250k 1M 25K

注:以前の記事のF-100の回路図は間違っている

回路図は訂正していないが、記事を訂正した

 

Tone Stack研究04

新しい「エレアコ用のプリアンプ」を構想中

古いギターアンプなどに採用されているTone Stack=パッシブのトーン回路を生かして組んでみたい

Tone Stackをもっと深く研究してみよう

Tone Stack=パッシブのトーン回路

パッシブの回路なので、高音であれ、低音であれ、減らすことはできても増やすことはできない

でも、全体を増幅した上で要らないところをカットすれば、その他を増やしたことになる

檄鳴りのギターにぴったりではないか?と考えたのだ!

Fender Bassman 5F6-A

これを基本に考えて来たが

Marshal JTM45

マーシャルの伝統的な?回路?

上の5F-6とそっくり?

そのとおり!

レオ・フェンダーの回路をジム・マーシャルがそのまんまパクった?とされている

主な変更点としては

1.一番手前の抵抗が56kから33kに減らされ、

2.上のコンデンサーが250pから500pに増やされている

計算すると

1の変更によって、ローパスフィルターのカットオフ周波数が
5F6の142Hzから219Hzに引き上げられた

2の変更によって、ハイパスフィルターのカットオフ周波数が
5F6の2314Hzから1157Hzに引き下げられた

多分

カットされる谷の部分が狭く設定されたのではないか?と考えられる

さらにはこんなのも見つけた

Tone Stack for Guitar Amplifier Reference Design (PDF 1182 KB)

元々、真空管アンプの回路だったプリアンプ部だけを取り出し、 オペアンプICで組みなおしている

そして、回路図から設計の考え方、テストデータまで提供されている

テキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments )=世界的な半導体開発・製造企業であるから、信頼性が高い

うわあ、すごい!

1週間前の私の記事で、インピーダンスを1/10に下げた(理論上)回路を妄想していたが、

テキサス・インスツルメンツも定数は、ほとんど古典的なハイインピーダンスで設計している

Mid BoostスイッチをOnにすると、

ハイパスフィルターのカットオフ周波数は
5F6の2314Hzに比べると、大きく616Hzに引き下げられる

カットされるMidの中心周波数は479Hzとのこと

音を聴いてみたい

ああ、研究はどんどん迷宮に入って行くようだ

迷路なのだよ

ラビリンスなのだよ

でも、楽しいのだよ

 

POCKETRAK W24

長く使ってきたハンディーレコーダー

POCKETRAK W24

反応が悪いなー?なんて思っていたら・・・

電源がOFFにできなくなって・・

Auto-OFFの後、ONにならなくなった

お亡くなりになったようだ

リハなどの録音をしたり、いろんな場所で使ってきた

起動も早く、単3電池1本で長く使えるし、音も必要十分

使いまくった感がある

保証書を見ると、2010年3月に購入している

7年使ったから、もう十分に減価償却してるな

大切な録音データもあるから、なんとか復活できないかな?

と、

もう一度電源入れたら・・

お、復活してくれた!

Macにつないで・・

すべてのデータをバックアップ!

やったねヽ(‘ ∇‘ )ノ

そして、また電源がOFFにできなくなった

もう、だめだな

新しいのを買おうかなあ?

「ちょっとした録音ならiPhoneで充分」という意見もあるから・・

それも試してみようと思う

7年間、いっぱい働いてくれてありがとう!

 

エネループで機材電源を作る02

数年前だったか、エネループのエフェクター用充電式電源が売られていたことがある

楽器系の雑誌などでは盛んに「めっちゃ良い」的なレポートをされていたが・・

実際的には評判が悪かった

その理由も解っているが、あえてここでは書かない

eneloop ニッケル水素電池 単3形

充電すると

仕様書によると、電圧は1.2Vになっているが

フル充電すると1.4Vあった

8個直列にすると11.2V出ている

私が使おうと思っている「エレアコ用プリアンプ」は、15Vくらいかけても大丈夫に設計しているが

1.2×8=9.6Vと思って、9Vのエフェクター用にとお考えの方はご注意を

昇圧用のIC、MAX1044などを使用しているエフェクターは確実に昇天するだろう(例えば、ケンタウルス)

プラスティックケース

電池のケースなので特にシールドの必要もなく、プラスティックでいいと思う

単三電池8本用のケース

実際にやってみたら

わっ、ケースが小さい?

斜めにしてめっちゃぴったしに収めましたとさ

完成

音に関しては、またの機会にゆっくりと報告する

電池の容量

2000mAhってことは・・・

2000mAだったら1時間流せますよ、っていう値

私のエレアコ用プリアンプ、20mA程しか流れていないから、100時間以上流せることになる

ホントかなあ

信じないでね

 

エネループで機材電源を作る01

ワンレフの1st Liveのダイジェスト映像!第2弾!

が公開されました。

こちら!

再生回数もうなぎ上り!

皆さん、ありがとうございます。

「おまけ」もあるよ!

機材への電源供給

私のギターを「激鳴り」にチューニングしてくれる

TSCの木寺氏から教えてもらった

「最近はエネループ直列8本で電源供給してるんですが、すごくいいですよ」

100Vの交流電源からの電源供給では、場合によってノイズが回り込むことがある

電池だと安定しているが、電池交換や管理がたいへんなので、アダプターを使って電源供給しているが

「エネループだと電流が2000ミリほどもあるので、瞬時のでかい音の時などにたいへん有効ですよ」

その時は「ふうーん」ぐらいで聞いていたのだが

エネループ

私、持ってました

あははは

ちゃんと8本ある

手前の単1、単2サイズは電池ではなく、後ろの単3サイズの電池にかぶせるカバー

単1、単2としても使えるように、の工夫だな

充電

めっちゃ時間かかる

すごい時間がかかるので、

今日はここまでにしておきます

さて、私は機材への給電装置?を、このエネループで作るのだろうか?

今でも十分なのに・・・

作るとなると、いろいろ面倒だぞ!

 

MOTIF-RACK ESの修理

ちょっとした録音をしようと思って、作業をはじめたのだが・・

MIDI音源のMOTIF-RACKの電源が入らない

えっ、壊れた?

MOTIF-RACKの説明はこちらの記事で

電源アダプターを調べてみると・・・

プラグを触ると、時々電源が入る

また電源アダプターの断線か?と疑ったが・・・

アダプターでなく、機材の電源ジャック側での断線の様子

最近の機材は生産性を上げるため、入出力のジャックやボリュームなどもすべて基板と一体型になっていて、

ジャックなど、外部から力が加わる部分は

使用しているうちに、余計な力が加わったりすると

その部分のハンダが外れたり、割れたり、最悪な場合は基板ごと破れたりする場合もある

よし、修理しよう

って、できるかなあ?

分解

外すべきネジを順番に外す

ネジ山は決してナメないように注意して

ネジはいろんな種類があるので、どこから外したか?も覚えておくこと(実は後で一カ所分らなくなった)

この部分も外さないとフタを完全に外せないようだ

何かを増設するためのソケットだな

これをうまーーく外して

フタが取れた

すげえ精密機械

この辺が電源入力ジャック

基板を止めてあるネジを外して・・・

ひっくり返すと

ハンダが浮いている

ハンダ付けをし直したが・・・

直ぐに浮いてしまう

どうやら、下のパターンごと浮いてしまっている様子

パターンの緑色の絶縁物を一部カッターで削って

基板の銅箔を露出させてから

もう一度ハンダ付け

なんか汚くなっちゃったけど・・

電源がちゃんと入るのを確認してから

元通りにフタを閉めて

修理完了

めでたし、めでたし

でも、この電源ジャック、L字型とかに交換しないと、また同じ故障が起こりそうだなあ

適当なパーツを探すことにする

すんごくたくさんのネジを外したり、締めたりしたよ

電動ドライバー

これ、持っててよかったよ

ヒロミ氏や森お嬢様の影響なのか、電動工具の売れ行きが伸びているんだって

へえーーー

 

エレアコ用プリアンプ改良

2016年3月に紹介したエレアコ用プリアンプ

ワンレフのライブで使うつもりなのだが

改良したいポイントが3つ

1:プリアンプのボリュームを動かすと、ほんのわずかであるがノイズが発生する

演奏の途中で触ることはまれではあるが、ノイズを完全にシャットアウトしたい

2:チューニング時は出音をミュートしたいのだが、現在だとMuteのボリュームを手で操作しなければならない

これを足で操作することはできないか?

3:電源入力のジャック、演奏中に外れたりしないような工夫を施したい

1:ボリュームを交換する

右が買って来た東京コスモスの24 mm 600円くらい

左は良く使うAlpsの16mm 100円くらい

思い切って6倍も高い!パーツを使う

50円くらいの製品もあるから相当高いよ

高級感がある

ビフォアー

アフター

内側にもナットを入れてボリュームの高さを調整した

他のボリュームが16mmだから高さを揃えるためだ

うふふ、自己満足は楽しい

結果

ボリュームを動かしても全くノイズは出ない

大成功ヽ(^◇^*)/

2:ミュートスイッチを付ける

ちょっと前のミュートスイッチ製作の時に試行錯誤を繰り返し、

音をミュートする際のプッシュ式スイッチには、このフットスイッチが適当だと分った

フジソクの8Y-3011Z

このスイッチも800円以上する高級品

そして、今回もまたまた試行錯誤を繰り返した

すげえ時間かかったなあ

備忘録として

この方法で、ほとんどポップノイズは聞こえないように出来た

LEDも増設して

完成

これで、足で操作できるミュートスイッチになった

やったね!

3:電源のパーツをロック式にする

秋葉原で偶然、こんなパーツを見つけた

プラグとジャックにそれぞれ溝が切ってあって

回転させることでロックされ、抜けなくなる

ジャック

プラグ

ビフォアー

アフター

これで演奏中に抜けたりするアクシデントから回避できる

完成完成完成!

完璧ーーー( ^-^)o-o<

めっちゃうれしい

ライブで活躍することでしょう!

ご期待ください!

ワンレフライブ

Wonder Rainbow Factory Live
10/15(SUN)
at THUMBS UP
(横浜駅西口から歩3分)
12:30 OPEN 13:00 START
TICKET ¥2500(当日 ¥3000)

すでにたくさんのご予約を頂いております

ありがとうございます

 チケットご予約はこちら

(私から直接のチケット購入もできます)

ワンレフビデオ第2弾

Wonder Rainbow Factory 動画第2弾アップしました!

こちらからご覧下さい

ほーら、すごく楽しみでしょ?

 

ミュートスイッチの製作

少し先のことであるが、

10月15日に久々のライブを行うことはガックラでもお伝えした

Wonder Rainbow Factory

という新しいアコースティックユニット

10/15(SUN)
at THUMBS UP
(横浜駅西口から歩3分)
12:30 OPEN 13:00 START
TICKET ¥2500(当日 ¥3000)

発表直後にチケット予約して頂いた方もおられる模様

すでにたくさんのご予約を頂いております

ありがとうございます

完売!満員札止め!とはなかなかならないとは思うけど

ご希望の方は早めにご予約ください

 チケットご予約はこちら

(私から直接のチケット購入もできます)

画策

新しいユニットということ、そして久々だということもあって

いろんなアイデアやら、やりたいことも出て来る

せっかくやるんだから、良い演奏で良いライブがしたい!

そして何より皆さんに楽しんで頂きたい!

そして、自分も?楽しくライブがしたい

演奏に集中するために「こんな機能があったらなあ」と思った

ミュートスイッチの製作

音声信号をミュートするだけの簡単なものであるが、

P.A.送りの信号をミュートしたいから、切り換えのときに大きなスイチングノイズが出ると困る

本格的な機材となると、かなり大げさになる

簡単なものが作れないかな?

試行錯誤、実験を繰り返した

ものすごく試行錯誤して、なんとか行けそう

ミニケースで

なるべく機材は少なくしたい、軽量化を図る

普通のエフェクターと比べたらすっげえ小さいケース

IMG_3934

こんな小さいケースで大丈夫?

On/OffのLEDも付けたいから電池も必要

IMG_3939

スイッチと006P電池入れたら無理ですね

でも大丈夫なんだよ

ふふふ

電池はLEDを光らせるだけでいいから2〜3V程度あれば大丈夫だし

電流も少なくて大丈夫

音声信号には関係ないから適当でよい

木工班登場

我が社は木材加工もやります!

帽子掛け作った時の角材?で小さな箱を作って

IMG_3881

電極を付けて

IMG_3899

ボタン電池LR44を3個収納

IMG_3905

蓋も作ったよ

IMG_3903

あはははは

めっちゃ楽しい

金工班

ケースを穴あけ加工

IMG_3941

電工班

LEDを先に加工しておく

電工班も少しずつ腕上げて来たな

IMG_3944

いろいろ試してみた結果、青色LEDで抵抗は1KΩ

計算上はLEDに1.5mAしか流れていないことになるが、充分に明るく光る

少し前の知識なら赤いLEDでさえ5〜10mA程度流すのが常識だったと思うが

新型の青色LEDの性能はすごい!

電池、長持ちしそうでうれしい

偉い先生方の研究のおかげです<(_ _*)>

加工したLEDをグルーガンで固定

IMG_3947

配線

IMG_3951

電池を入れて

IMG_3953

ラップで止めることにした

ラップは絶縁体だし、何度か包み直したりできると思うし、丁度良いと思って選んだ

IMG_3959

完成

IMG_3958

ほんの少しだがクリックノイズが出る

機械式のスイッチだから少しは仕方ないのだろう

行けるかどうか?

スタジオで大きな音で試してみないとな

備忘録

mute

訂正:スイッチはフジソクの8Y-3011Zが正しい型番のようである

さらに改良

ホットボンドで止めたLEDであったが、エポキシ系のボンドで止め直した

好みだ

9本足のスイッチ、空いている足も隣の端子とハンダ付けした

さらにクリックが少なくなったが、

もっといいスイッチがないか調査しよう

ミニエフェクター風に遊んでみた

IMG_3967

最後までお付き合い

ありがとうございました

何に使うか?って?

ライブで実際に見てくださいませ!

 

MDRヘッドホンのケーブル交換

これまで何度もこのヘッドホンの修理をしてきた

前回はこちら

前回の記事で

「ケーブルがかっこ悪い

機会を見てまたやり直そう」と書いている

Sony MDR-G75

前回の記事からさらにさらに断線の修理をしたが

IMG_2735

ひょろひょろの UEWと呼ばれるポリウレタン皮膜でコーティングされた撚り線は断線しやすいかも知れない

交換前

IMG_2743

新しいケーブル

MOGAMI製の外形約2mmの2芯シールド(型番不明)

秋葉原TOMOCAで購入

100円くらい / m

IMG_2737

ヘッドホンケーブルは2芯シールドぢゃ無い方が良いとする意見もあるが・・・

そんなにシビアではないので使い勝手を優先する

柔らかくしなやかでくせがない

ケーブルを剥いて

IMG_2738

プラグ側から始めよう

プラグは秋月電気で100円程度のものを購入

IMG_2744

熱収縮チューブを付けてきちんとハンダ付けした

IMG_2747

カバーはプラスティック製

IMG_2749

さらに熱収縮チューブ

IMG_2751

ヘッドホン側

IMG_2754

こっち側は何度も修理してるから手慣れたもんだ

やっぱ普通の撚り線の方がUEWより断然!ハンダ付けしやすい

ホットボンドで固定

IMG_2755

出来上がり

IMG_2758

うわっ!

音が良くなった

気のせいではない!確実に音が良くなった

大成功!

このヘッドホンは2007年頃に4〜5千円で購入したらしい

真剣なモニターは無理だが、普段使いにはお手軽で気に入っている

またリニューアル出来た!

うれしい!

 

8920の誘惑

オペアンプ比較02の記事で書いたが

JRCのオペアンプ、MUSES8920の音が気に入った

で、何となく、作りかけのRiotに乗せてみてしまった

これが間違いだった?

IMG_2732

音につやが出たように感じる

ギターのボリューム絞った時の音が特に好みだ

ボリュームへの追随というか、エンベロープが好みなんだと思う

なぜ間違いだったかというと

今まで作った歪みもののほとんど!で8920に乗せ換えると

好みに近づく

どないしょーー

IMG_2728

歪みものだけでなく・・

ディレイやコーラスでも・・・

ハイファイになって好みになる

うわあ、どうしょー?

やり過ぎもいけないが・・・

どうしよう?

8920って500円くらいもする

そうなのだ、高価なのだ!

それがどのくらい高いか?というと

例えば前述のRiotのデフォルトの4580なら25円で買えるから20倍の値段がするのだ

何個買わないといけないんだろ?

4580なら10個買っても250円だが、8920なら5000円ということになる

やってみるのも勇気が要る

やり過ぎは及ばざるがごとし!だしなあ