「機材」カテゴリーアーカイブ

榊原さんの足元

Wonder Rainbow Factoryの技術部

榊原さんの足元には多くの「踏むスイッチ」が並んでいる

まとめてみたい

7つの機材に9個のフットスイッチ

上の写真右から

1:ヘッドセットマイクのミュートスイッチ

もちろん、こんなものは売ってないので作った

歌わない時は、このスイッチで音を切って

鼻息が荒くなっているのがわからないようにする

2:Boss Loop Station RC-30

楽器の演奏、人の声、その他のアナログ音の録音、再生ができる機械

PCからWavデータを取り込むこともできる

BGM効果音はここから出力されている

3:Boss Loop Station RC-30用のフットスイッチ

RC-30内部も改造されていて!フットスイッチも自作

4:iPad用のページターナー

5:エネループを利用して製作したプリアンプ用電源

電気を送るので「雷様」のデザインにした

この電源、一度溶けました⇦その記事もあります

6:アコギ用のプリアンプ

Live用2チャンネル仕様で製作

7:KORG Pitchblack Advance(チューニングメーター)

それぞれをクリックしていただくと記事のページが開きます

Boss Loop Station RC-30のページに載っているフットスイッチを加えると、(5月のライブではお休みでした)

足元に11個ものフットスイッチが並ぶことになる

うわあ、何と楽しいんだろ!

たくさんのフットスイッチに囲まれて・・

幸せ!

Liveの動画「駆け足編」

「じっくり編」

「夏の宿題」のラストに二つ!踏んでいるのが映っている

③を踏んでトラックを切り替えて、②の左ペダルで「スタート」なのだ!

「みんみん」で始まって「ひぐらし」で終わる!のだよ

ふふふふ

Wonder Rainbow Factoryのページはこちら

 

ミキサー付きヘッドホンアンプ改良編02

昨日の続きの話

単電源、レールスプリッター回路で動かしていた機材を

両電源仕様に改良する

レールスプリッター回路を取り除いて

電源アダプター入力部分を

3極のものに変更(手持ち)

±15V両電源

いつ作ったのか覚えていない

今は別のものをメインに使っている(また紹介する)

中身

回路図(備忘録として)

めっちゃ古典的なアナログ電源である

実際に計則すると、

プラス側に+14.83V

マイナス側には-15.09V

が、出ていて

7815、7915のレギュレータで、ばらつく様であるが、

一般的なオペアンプ回路では全く問題にならないどころか、

トランスを使った真面目な?電源を使うと、

確実に音質は良くなる!

思い出した

これ(ぢゃないかも知れない)を作った時、トランスが0.25A(アンペア・電流量)なので

0.25Aのヒューズを取り付けたのだが

すぐにヒューズが飛んで・・

(壁コンセント100Vを侮ってはいけません、必ずヒューズを付けましょう)

どこが間違っているのだろう?と悩んだ

今の様なネットのデータもなければ、知識も足りなかった

結局、いろんな容量のヒューズを買ってきて

順番に試して0.3Aに決めたのだが・・・

後に分かったこと

実際的に「計算」だけでは算出できない数字であるらしく

電気屋さんのプロも経験と勘で行っている作業であるとのこと

その時、情熱はセオリーを超えたのだ

3極電源ケーブル

今回新たに製作

手持ちのプラグと

ケーブルは、CANARE (カナレ) L-2B2AT

+15V・アース・-15v

かっちょいいーー

OPA2604

バーブラウンのOPA2604

改造前は新日本無線のMUSES8820を使っていたが

8820の最大電圧が±16Vで

過去にも飛ばしてしまったことがあるので交換

いくつかサウンドッチェックしたのち

2604にした(±4.5~±24V)

2604は±4.5程度だとさっぱり鳴らないが、±15Vをかけてやると

ツヤッツヤに輝く!

漏れ電流も10mA程度と大変良好

(バイアス調節用に付けた半固定抵抗を動かしても全く変わらず、この辺りはまだ勉強不足)

不思議だったのは5532だと全く音が出なかったこと(この辺りも知識が足りない)

完成

外見はほとんど(全く?)変わらないが、ハムノイズが全くなくなり

音質も劇的に向上した(と思う)

大成功!

ヘッドホン出力の上にあるスイッチも交換

スピーカー出力とヘッドホン出力を切り替えるスイッチなのだが

切り替えの「パチン」ノイズもなくなって

完璧!

情熱は全てを超えていくのだよ

ふふふ

 

ミキサー付きヘッドホンアンプ改良編01

だいぶ前に作った機材

2016年11月に記事にしている

入力は4系統

ステレオ赤白RCAが2系統と

ステレオミニのオスとメスで2系統

1.赤白1=BlueRayRecorder

2.赤白2=Mac Book Air→AKI USB DAC

3.ステレオミニのオス=Mac Mini

4.ステレオミニのメス=ポータブルプレーヤー等

をつないで青色のボリュームで調節して出力できる仕組み

めっちゃ便利!

中身

でも、前から気になっていたこと

小さくだが「ウーーン」というハムノイズが出ていること

はじめは電源が悪いのかな?とか、アースの取り回しが悪いのかな?と色々試した

勉強して分かったこと

レールスプリッター回路

回路図の左側部分がレールスプリッター回路

この部分でオペアンプに供給するプラスとマイナスの両電源を作っている

スイッチング電源で15Vを入力

レールスプリッター回路で+7.5V、−7.5Vにして供給しているのだが

図中に「←+」電源プラス、「←-」電源マイナス、「←E」機材アースを書き入れると

電源のマイナスと機材アースで7.5Vの差ができてしまっている

でも、電源マイナスは浮かしているので問題ないと思われる

でも、この電源マイナスは「壁コンセント」にささっているので

他の機材をつなぐと『壁コンセント』を通じてアースの電位差ができてしまう

(その機材も何がしかの電源を使用していて壁コンセントにつながっているから)

そうなのだ!

レールスプリッター回路は、スタンドアローンの使用、つまりは電池での駆動を前提としているのだ

この機材だけで使う、電池での駆動なら問題ない

が、外部電源を使用して、他の機材をつなぎこむと、今回のような電位差ができてしまい

ハムノイズの原因になる

バイアス電圧と仮想グランド

アペアンプを単電源(電池を含む)で動かす場合、「バイアス電圧」を使う方法と、

今回のレールスプリッターのような「仮想グランド」を使う方法があるのだが

違いがよく分からず、

何が違うのだろう?と思っていたのだが・・

実際に体験してみてやっと分かった

今回、思い切って改良することにした

実は体験済み

 

ライブで使うケーブルを作る

Wonder Rainbow Factoryの2nd Liveが近づいてきた

このページでも機材を紹介してきたが、

私的には足元のペダルが増えて嬉しい(n´v`n)

もっといっぱいペダルが並ぶと思う

リハーサルも進んで

今回もいろいろ画策しております!

皆さま、お誘い合わせの上、是非観に来て下さい

楽しみだぞう

そしてその準備の一つとして、

気に入った線材で(さらに)ケーブルを製作した

サウンドハウスからケーブルやプラグが届いた

ネットで注文すれば次の日には届けてくれるので重宝する

ケーブルはMOGAMI 2534(日本製)

作り方はこのページで詳しく説明している

出来上がり

ヘッドセットマイク用?かな?

プラグはNeutrik(ノイトリック)のNP2X

そしてもう一つ(こちらはペアで)

こちらはルーパー用

プラグはサウンドハウスCLASSIC PRO P12

2534は4芯のマイクケーブル

いろんな結線の仕方があるが

私は4芯全部をプラス側に結線している

これだったら4芯なんか必要ないし、1芯の方がトラブルが少ないかも?

でも、いろいろ試してみたけど、2534ではこの方法が一番好みだったから仕方がない

Wonder Rainbow Factory 2nd Live

2018.5.20.SUN
THUMBS UP

12:30 OPEN 13:00 START

TICKET ¥2500(当日 ¥3000)※当日先着順入場

+1Drink & 1Foodのオーダーをお願いいたします

前回のライブのダイジェストは→こちら

<TICKETご予約>
ライブバー&レストラン サムズアップ

横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービルビル3F
TEL 045(314)8705
http://stovesyokohama.com/

さあ、楽しみだ!

皆さま、ぜひぜひ観に来てください

よろしく!

 

エレアコプリアンプ製作編11

2ch仕様のエレアコプリアンプの製作

2月3日の第9話で完成をしていたが、

さらに改良を重ねて・・・

昨日の電池ケースを溶かしてしまう事故が起きてしまったり

紆余曲折があったが、

やっと完成だと思う

事故を未然に防ぐ

基盤の裏をホットボンドとアクリルで絶縁しておく

動くと金属疲労で外れたりする危険があるから

大型のコンデンサーも揺れないようにホットボンドで固定しておく

ケースの底も絶縁しておこう

ウケ狙いではない

一番搾りの何かのセットに入っていたもの

アクリルだったら何でもよかった

つまみを透明なものに変えた

かっちょいいーー

今回の教訓

電池はショートさせると危ない!

こんな道具も作った

電池→DC入力変換

いろいろ回路をいじる時はこういうのを使えばいいんだな

発熱すればすぐにわかると思うし、被害は最小で済む(電池1個分)

サウンドチェックはこれから

今回の作業は何日かかっただろう?

音の経路を順番に探り、やっとこさで探し出すことができた

結局は単純な接触不良だっただけ!だった

ちゃんと音は出るし、レベル調整もすんだ

精密なサウンドチェックはこれからだけど・・

多分完成だと思う

あーー、大変だったけど、苦あれば楽あり?

これも楽しみなんだろうなあ

最後までお付き合い、ありがとうございました

 

エネループ電池BOX崩壊

昨年から妄想〜研究〜設計を始め、

今年1月から製作、

2月に完成した「エレアコプリアンプ」であったが

さらに使いやすいもの、理想のものを目指して

使用するギターに合わせてレベル調整をしたのだが、

なぜか?計算通りの「思ったように」いかない

「おっかしいなあ〜」といろんな作業を繰り返していたら・・・

電源が落ちてしまった

「あれれ〜、どうしたんだろう?」と調べているうちに・・・

充電池が発熱して・・・すぐに電源を外したのだが・・

遅かったようだ

すぐに分かったことだが、

作業中に電源のプラスとマイナスをショートさせてしまったのだ

すぐにその不具合を見つけて修繕したのだが

せっかく作った専用充電池が故障してしまった

電池をショートさせると

電池のプラスとマイナスをショートさせると、発熱したり、発火したり

時には破裂することもあるという

電源にテスターを当てて電圧を計測すると・・

ほぼ「ゼロボルト」を示した

「やってもうた・・(ノ_・。)」

中身を調べてみると・・・

溶けてる

中央、プラスティックが溶けて、金属の端子が飛び出している

ここだけではなく、多くの端子で発熱が起こり、プラスティックを溶かしていた

マジ、やってもうた・・・

どうしよう???

でも・・・

テスターを当ててみると

各電池は無傷で・

それぞれ、1.26V程度の電圧が出ていた

どうやらこの部分が解けることで、漏電が遮断され、大事には至らなかったようだ

よかったあ^^

電池ケース再購入

右が新品

比べると、全く違うのがわかる

復活

10V以上を安定して供給しています

よかったあ〜〜〜

 

Page Turner Pedal

最初は「ページめくりペダル」という題名にしたが

なんだか「めくり」というところに引っかかってしまい、題名を変えた

「ページみくり」すればよかったかなあ

『みくりさん、これからは火曜日じゃなくても、みくりさんを抱きしめていいですか?』

Donner Bluetooth Page Turner

ただ iPadのページを送ってくれればいいだけなのだが

製品の選択肢は少なく

また何れも高価で、1万円を超える製品もある

ページをめくってくれるだけでいいのに・・・

色々迷ったが、比較的リーズナブルな「これ」を「えーい!」とポチった

レポ

中国製で取扱説明書も英文ぺらっと1枚だけ

ちょっと心配だったが、私のiPadとすぐにペアリング

設定も簡単ですぐに問題なく動作

よかったよかった

mini-USB端子から充電して使用

その他にも外部端子なのかミニジャックっぽい穴も二つ装備されているが

取説にも一切記述がなく

不明!

こんなのでいいのか?

もう一つ

エネループで作った充電池

先日の写真にも写っていたが

電気を送る「雷様」にしてみた

フル充電直後は11.2Vを出力する

9V動作のエフェクターにつなぐとやばいかも?

その後緩やかに下がってくるが10Vくらいで安定して出力

上の写真のプリアンプの電源として使用した場合であるが、計算上は30時間以上使える

試しに10時間くらい使ってみたが、10Vで安定しているから、計算通りに作動しているのかも

いずれにしろ、『バッチリ』なのだよ

アコギ1本なのに足元のペダルが増えて行く

嬉しい!

 

MOGAMI 2319に関するご注意

 昨日はLiveで使用するケーブルを3種自作した

その1

ヘッドセットマイク用変換アダプターケーブル

フォン・オス→XLR・オス

前のライブでも同様のものを使っていたけど、

長さやケーブルが気に入らなかったので

新たに製作

XLRはITTキャノン(日本製)

フォンプラグはNeutrik(ノイトリック・リヒテンシュタイン候国製)のNP2X

ケーブルはMOGAMI 2534(日本製)

こんな感じでミュートスイッチに接続する

ミュートスイッチの製作の記事はこちら

その2

プリアンプ用DC電源ケーブル

2.1mmプラグはマル新無線ロック式DCプラグ MP-121A

ケーブルはオヤイデ(日本製)HWS−20(製造終了品)

プラグにギザギザが付いていて

機材のジャックとロックされる仕組み

その3

チューニングメーター用パッチケーブル

この部分はただ、チューニングメーターに音声信号を送ってくれればいいだけで

サウンドには影響のない部分だから

軽くて、かつ安くて取り回ししやすいものが良い

なので

プラグはサウンドハウスCLASSIC PRO P12

ケーブルはMOGAMI 2319

MOGAMI 2319に関するご注意

MOGAMI社のカタログにも載っている

エレキギターを始めとする楽器音のピックアップは電圧で駆動する、すなわち微小な電流で駆動する高インピーダンス回路で引き回される場合が殆どで、その場合マイクロホニックスという、ケーブルが動かされたりたたかれたりする時に発生するノイズが問題になります。

ケーブルとしての音響的な音質の低下は免れませんが、そのマイクロホニックスの防止対策を施したケーブルがいわゆるギターケーブルと呼ばれるもので、通常はシールド導体の下に導電性ビニルの層が入っております

配線時にはこの黒いプラスチック部分をシールド導体と共に取り除いておきませんと、ケーブルがショートしているという妙な問い合わせを戴くことになります。

黒いプラスティック部分とシールド動線の間で抵抗値を図ると

1.5kΩくらいの抵抗値で導通がある

だから黒い部分は剥いておかないといけません(透明ビニールは残す)

MOGAMI 2319は安価で太さもちょうど良く、サウンドも悪くない

柔らかく扱いやすいので、パッチケーブルなどには最適な製品だと思う

なので、これからMOGAMI 2319 でケーブルを自作される方は、上のポイントにご注意ください

こんな感じで接続する

ケーブルの長さバッチリ!

次回ライブで登場します

ご期待ください

Wonder Rainbow Factory 2nd Live

2018.5.20.SUN
THUMBS UP

12:30 OPEN 13:00 START

TICKET ¥2500(当日 ¥3000)※当日先着順入場

+1Drink & 1Foodのオーダーをお願いいたします

前回のライブのダイジェストは→こちら

<TICKETご予約>
ライブバー&レストラン サムズアップ

横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービルビル3F
TEL 045(314)8705
http://stovesyokohama.com/

皆さま、ぜひぜひ観に来てください

よろしく!

 

iPad Pro用スタンド

嬉しくて内緒に出来ない

iPad Pro用をスタンドに立てて使用すべく

こういうカバー?をネットで購入

マイクスタンドに装着して使用する

うひょひょひょ

マイクスタンド用のアダプター

この部分はTSCに特注して作ってもらった

めっちゃ嬉しい

閑話休題

我が農園に春の兆し

まだまだ寒いけれど

我が農園にはビニールハウスが完備されているので

なんか菜種っぽい?花が咲き乱れている

春の兆しにウキウキして

やわもち食べた

わらびもち

これもたいへん美味!

 

KORG Pitchblack Advance

新しいペダルチュナーを購入した

チューニングメーターは多数所有しているが

15年4月に記事にしている

たくさん持ってるのに

また買っちゃった

「今年はホントに欲しいものは躊躇せずに買う!」と決めたのだ

KORG Pitchblack Advance

ネットで注文すると、次の日に届く

本当に良い時代になったものだ(爺さんみたい)

どれどれ

上の取扱説明書

英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・日本語で描かれている

チューニングという言葉

それぞれの言語で

Tuning・Accordage・Stimmvorgang・afinación・チューニング

であるようだ

日本語で正しくは「調弦」だと思うが

かっこいい!

基準ピッチ(キャリブレーション)も436Hz〜445Hzの間で設定できるのはもちろん

チューニングが合っているかどうか?の表示も4種類選べるようになっていて

憧れの?ストロボ表示もできるようになっていて

より正確なチューニングが出来るようだ

ペダルタイプのチューナーは初めてだが、

表示も大変見やすく!

何より!すごくかっこいいぞ!

確実に未来は来ておる

ライブで大活躍してくれることでしょう

WRF 2nd Liveのお知らせ

Wonder Rainbow Factory

ワンダー・レインボウ・ファクトリー

あーよ♪ ( Vocal ) × かつらけいのすけ ( Vocal & Guitar )のアコースティックユニット

2018.5.20.SUN
THUMBS UP

12:30 OPEN 13:00 START

TICKET ¥2500(当日 ¥3000)※当日先着順入場

+1Drink & 1Foodのオーダーをお願いいたします

前回のライブのダイジェストは→こちら

<TICKETご予約>
ライブバー&レストラン サムズアップ

横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービルビル3F
TEL 045(314)8705
http://stovesyokohama.com/

ご期待ください

羽生結弦選手!完全復活!

ショート・プログラム、完璧な演技で

111.68点で文句なしの首位

ものすごい演技に涙がこぼれた

ものすごかった!

明日のフリーもすごく楽しみである!