「機材」カテゴリーアーカイブ

Digital Performer

たまには音楽の話

それも個人的防備録的記事

PCでの音楽の作業についてはこちらで書いている

自宅での録音作業やオケの制作作業には

Digital Performerというソフトを使っている

主には、YAMAHA MOTIF RACK ESという音源を使っているのだが

ちゃんと音も出るし、

Digital Performerが、MOTIF RACK ESを認識しているのは間違いないのだが、

「Patch」と呼ばれる音の名前が食い違っていて

例えばPatchの名前が「brass」とかになっているのに

出ている音は「ピアノ」みたいだったり

またはその逆だったり

もう、ややこしいことこの上なかった

今までは、いちいちメモに残していたり、面倒くさい工夫をしながら作業をしていた

実は

かなり前だが、YAMAHA のサイトで

「Digital Performer4.5用 MOTIF-RACK ESパッチリスト」がDLできることを知り

指示に従って試してみたが、完璧ではなく

Digital Performerのバージョン違いから「ダメなんだろうな」と諦めていた

でもでも、

あまりの面倒くささに

この度、どうにも納得ができず、

浜松のヤマハデジタルインフォメーションセンターにまで電話をしてみたが

解決しなかった

うーーーん

何かおかしい気がする・・・

確信はないけれど、何かが違っている気がする

エディターで開いてみた

上述の「MOTIF-RACK ESパッチリスト」をエディターで開いてみると

パッチネームはMOTIF-RACK ESの内部とちゃんと合っている

でも、Digital Performerでの表示が違う

これは絶対におかしい!

と、確信!

実力行使

MOTIF RACK ESには存在しない、でもDigital Performerの画面に現れるパッチの名前がPCのどこかにあるなら

それを探して排除すればいいんぢゃないのか?

で、

「このMacを検索」でPC全体を検索し、

かたっぱしから確かめていたら・・・

・・・・・

見つけた!

Digital Performerは、MOTIF RACK ESではなく

もうひとつ古いMOTIF RACKとして認識している様子

よっしゃあ!

「MOTIF=RACK ES.midnam」と「Yamaha.middev」の2つのファイルを

MacintoshHD/Library/Audio/Midi Devices/MOTU/YAMAHA/

に、コピーし直し、

MOTIF RACK ES以外のMOTIFの名前がつくmidnamファイルをすべてゴミ箱に移し

Audio MIDI設定をし直して

再起動すると・・・

大成功!

思い切ったぜ!

正しく表示されるようになった

これで作業効率も上がるに違いない

大成功!

やったね!

フルスイングで振り切ってやるぜ!

へへへへ

 

A-B Switchbox製作編

A-B Switchbox構想編からの続き

妄想

構想

製作開始

ちょっと賢くなった

proco Ratを製作した時に自分に言ってた

DC電源回りは配線しにくいので

先にケーブルをハンダ付けしてから入れる!

半田付けの前に熱収縮チューブを入れることを忘れないこと(また自分に言ってます)

LEDも先に処理をしておく

制限抵抗を半田付けして

熱収縮チューブで処理

たいへん賢くなったね

9V電池で実際に試して、明るさの関係から

高照度青LEDには4.7kΩ、赤LEDには2.7kΩにした

LEDと端子台をエポキシで固定

エポキシ2液混合タイプの強力接着剤で

加工したLEDと端子台を固定

端子台を経由して、出力ケーブルを直出しする計画

エポキシは10分程で硬化するが

1日置くと完璧

内部配線ほぼ完了

出力ケーブルは実際にボードに組んでから

長さを決める必要があると思う

今回はここまで

最後まで、ありがとうございました

 

A-B Switchboxの製作・構想編

以前にOver Drive Systemとして製作した

(中身はOCDの)歪みエフェクターであったが、

妄想・構想を重ねて

「OCD+Cot50」に改造してしまった

代わりになるスイッチボックスが欲しい

こちらの記事に詳しく書いてあるが

こういうスイッチングを実現したい

歪みAと歪みBを両方ONで繋いでおいて

右のスイッチで歪みA or 歪みB の選択

左のスイッチでOn-Off(完全バイパス)

構想開始

デザインを考える

立体配線図

裏から見た、実際の配線

電源やLEDの抵抗は省略してある

レイアウトを考えるが、上のケース(60×110×30)に

ジャック6個・フットスイッチ2個を収納するのは

かなり難しそう

というか、006p角形電池も収納したいし・・・

無理!だろう・・・

センドリターンをケーブル直出しにすれば?

とも考えるが、

断線の事故だけは絶対に回避しないといけないし

ケーブル直出しにすると・・

エフェクターボード内でのレイアウトによって

ケーブルの長さを変えることができないから

困るかなあ?

どうしようかなあ??

Mogami2319なら5mmで柔らかいから、ちょっと余裕を持って長めにしておけば

そんなに困らないかな?

本当はMogami2534の方が好きだけど、6mmで硬くいから、エフェクターボード内で取り回しは難しいだろう

うーん

悩ましいなあ

楽しいなあ

 

SONY MDR-CD900STのプラグ交換

仕事用のモニターヘッドホン

録音やマスタリングの時はコレ!です。

SONY MDR-CD900ST

手前に写っているプラグ

φ6mm 標準ステレオプラグと呼ばれるもの

これはCD900STの標準仕様だから仕方がないんだけど

たまにiPodなどにつなぎたい時がある

その時はφ3.5mmステレオミニプラグに変換しなくてはいけない

変換プラグ

こういう変換プラグが一般的だが

こういうデカイ変換プラグはたいへん危険で

テコの原理?でステレオミニのジャック部分に大きな力がかかり

ジャック部分を壊してしまう

なので・・・

変換ケーブル

こういうのを自作してみたりもした

しかしながら、接続抜き差しも面倒だし、

こういう小物はいざという時に見つからなかったり

あんまり使わないから、接触が悪かったりして

イライラする

なので、

変換プラグ付のミニプラグに交換してしまおう

Classic Proのプラグ

サウンドハウスでこんなのを買ってみた

P35Sと専用アダプターASN221S

両方にネジが切ってあって、ぴったりとはまる

金メッキも施してあるし、理想的なのに

2つで216円!

安すぎてちょっとこわい?

いえいえ、サウンドハウスさんの企業努力だと信じよう

ケーブルを(疲労している?)4〜5cmぶった切って

皮膜を剥く

シールド線が使われているとばっかり思っていたら

紙巻の3芯だった

びっくり!

ヘッドホン出力は十分にインピーダンスが低いから、これでいいんだね

勉強になったねえ

ハンダ付け

Tip       :L 左   白
Ring    :R 右   赤
Sleeve:E アース  黒

細いケーブルに余裕をもたせて

ギュッとかしめる

我ながらうまくできた

出来上がり

完璧!

なんだか音も良くなったように感じる

きっと気のせいだけど・・

いやいや、プラグが新品になったから

接点も新品

それも金メッキ

マジで音、良くなったのかも?

大成功!

 

安定化電源キットの製作03

2週間ほど前に「アイソレート電源ができるんぢゃないの?」

甘い考えから製作するも

失敗

で、

完全に2つに分けてしまおう!

古いケースを利用して・・・

大昔に作った小型のヘッドホンアンプ

秋月電子通商のキット

2回路入り低電圧動作パワーアンプNJM2073というICを使用したもの

もう絶対使わないからバラしたが・・・

過去の私が一生懸命作ってあって・・・

しみじみ・・・

パーツ配置調整

小さなケースに収まるように、パーツの配置を変更

主には一番でかいC1:2200u/35Vの配置を変更

IC:LM350Tは、ケースに固定することで放熱を図る

C1がでかいので揺れないようにホットボンドで固定

基板下にもホットボンドを流し込んでしっかり固定

Outのケーブル(3分岐)は結束バンドで固定して断線を防ぐ

9.6V

半固定抵抗で9.6V程度に調整

新品の006p電池をシュミレート

出来上がり

9Vのギター用エフェクター3台つなげられるから、いろいろ便利に使えそう

入力の15Vは、チリチリノイズ有りのスイッチング電源でも

出力はすっかり綺麗になっている(オシロとか持ってないから信用しないでね)

こちらは12V

元あった方は、12Vに調整して

こちらのヘッドホンアンプ専用にした

製作記事はこちら

記事で書いたが、この機材は市販のスイッチング電源だと思いっきりノイズが出る

でも、このLM350T安定化電源を使えばバッチリ!

今日は大成功の巻

 

KOSS Sporta Pro

先日の記事で書いたように

普段使いのヘッドホンがトラブった

MDR-G45LP

音の定位が左に偏っていて、気持ち悪い

いつものように「断線」や「接触不良」を疑ったのだが・・

半田付けをやり直しても、

最終的にはケーブル全体を交換するも

音の定位が左に偏ったままである

あれれ?

完全分解

ドライバーユニットからケーブルを直出しにして

同じ音を入力したが

音の大きさが違う (ノД`)・゜・。

コイルの抵抗値は左右とも25Ω程度で同じだから

コーン部分が壊れたのかもしれない

いろいろいじっているうち・・・

右の音が歪み始めた (´Д`。)

えええっ?

たった3か月で壊れたよお

その前のSony MDR-G75なんて

2007年から2018年まで10年以上使ったのにい

分解したから保障もないだろうし、

並行輸入品で製造完了品で・・・

ネットでポチって買ったからなあ・・・

あ・き・ら・め・よ・う

なので、新しいのを買った

KOSS Sporta Pro

スペックも十分

レポ

すごくいい

オープン型で楽な割に低音も出ていると思う

高域も綺麗

MDR-G45LPよりいい音だと思う

市場価格で4000円弱くらいか?

サウンドハウスで3000円しなかった

音的なコスパは抜群!

デザインは好みの分かれるところ

MDR-G45LPより少し重い

ケーブルがよれていて、絡まる

ケーブルが両耳出しになっているところを嫌がる人がいるかもしれないが

プラグ部分まで並行ケーブルになっていて

入力が1点アースになっていることになり

電気的にはこれが正解!

左右の定位が完璧になる方法だとされる

(オーディオはオカルト的なのが多いから信じないほうがいい)

首掛け式にもできる

音的には大満足

実は7月にMDR-G45LPを買ったときに、一瞬このKOSSと迷ったのだが

こっちを買っとけば良かったのかあ

でもまあ、これも必然だったのだろう

(o´ω`o)

 

安定化電源キットの製作02

2月に製作した安定化電源

出力は2.1mmプラグ付のケーブルを2本して

2つの機材に電源供給したのだが

片方の機材のスイッチを入れたり切ったりする時

もう一方の機材に「パチっ」とポップノイズが乗ったりする

さらに「音漏れ」もひどい

直流電源をパラッタだけだから、当然と言えば当然かも?

で、

これを工夫して、独立させるのはどうしたらいいか?

アイソレート電源

秋月のKitをもう一つ買って

必要な部分だけ組み込んだら

アイソレート電源になるんぢゃないのか?

やってみよう=買ってきた

C2から右の部分をもう一個組み込めばいいんぢゃね?

基盤をカット

パーツを半田付けして・・・

元の基盤にもちょっとずれてもらって

新しい基盤は立てて配置

こうしないと、電圧を変化させる半固定抵抗が回しにくいから

出来上がり

汚い外見は変わらないが

結果

内容も変わらないどころか

全然ダメ!

音漏れもノイズも少し減った程度

キットが2枚だから、2つの変化させた電圧が取り出せるのでは?

なんて考えていたが

片方の半固定抵抗を変化させると

両方の電圧が変化する

アースが共通なのがダメなんだと思う

トホホ・・・

というか、

勉強になりました

 

ミキサー付きヘッドホンアンプ改良編03

昨日記事にした並行ケーブルで

ミキサー付きヘッドホンアンプの改良作業をした

ビフォアー

アフター

入力は直出しのケーブルである点は同じだが

ケーブルとプラグをグレードアップ

左手前から

モノフォン×2 :  iPodなどの外部入力

ステレオミニ :  Mac-miniのイヤホン?出力端子

赤白ステレオピン :  ブルーレイディスクレコーダーの音声出力端子

赤白ステレオピン(金) :  PCからのDAC出力端子

接続すると

あれれ?

左チャンネルが鳴らない

どこか断線しているのか?

いくら調べても分からない

オペアンプを交換しても同じ

う〜〜ん

頭を整理するために・・・

簡略化した回路図を書いて

いろいろ調べていくうち、

オペアンプの後ろまでは音が来ていて、

オペアンプより後ろでトラブっている様子

トランジスタが飛んじゃったのかな?

左チャンネルのトランジスタを交換するのかあ?

面倒臭いなあ

トランジスタ交換

2SC1815と2SA1015あたりを疑って交換するも変わらず

結局6個とも交換したが

左の音は復活しなかった

すんげえ時間と労力を使って

腰痛くなって

どうやっても直らず

とほほ・・・

何て日だ?!

 

並行ケーブルMogami2965

何度か記事にしてきた「ミキサー付きヘッドホンアンプ」

旧ガックラ時代の2013年に製作

その後、2016年11月に編集再稿

今年6月に両電源仕様に改造し、どんどん改良されていく

備忘録として残しておきたいので

回路図

電源部分

上の回路図左の電源部分は以下に改造

 Mixer部分

iPodの出力が小さかったので

各チャンネルのRS抵抗を変えて、最大10倍の差をつけた

どんどん使いやすく、音質も改選されていく

すると

入力端子やら、ケーブルが気になってくる

で、買ってきた

並行ケーブル

Mogami2965

約5mm径の1芯シールド2本が一緒になった並行ケーブル

このタイプのケーブルは初めて買った

オヤイデ電気で300円/m

芯線OFC製で良さげ

プラグも

この辺りの「中堅品?」に変えよう

どんどん良くなっていく

 

iPod用ケーブルの製作

仕事用にも普段の音楽用にも使用しているiPod

普段はイヤホンで聴いているが、

オーディオにつないで、スピーカーで聴きたい時もある

が・・・

iPodにカバーが付いていて

ステレオピンケーブルがしっかりささらない

なので、

その度にカバーを外さなければならず

めっちゃ面倒だった

秋葉原を徘徊

適当な物がなかなか見つからない

高級なものほど、形が大きく、カバーに引っかかってさせない

秋葉原のパーツ屋をめぐり

かたっぱしからステレオピンプラグを自分のiPodにさしてみる

(秋葉原では決して変な客ではないと思う)

どうしてもカバーが邪魔になって、なかなかピッタリ挿さるプラグが見つからない

やっと見つけた

千石電商の2Fで見つけたステレオピンプラグ

プラグの根元が一段盛り上がっていて!バッチリ挿さる

ノーブランドの商品 300円

やっと見つけた

プラスティック製だけど、気にしない

細めの2芯シールドケーブル

手持ちのもの(Mogami製)

ハンダ付け

出力側

出力側のケーブルはMogami2319(1芯シールド)

Mogami2319ご使用の際のご注意はこちら

プラグはサウンドハウスのClassicPro

ケーブル接合部

熱収縮チューブで固定

見た目はあんまり?だが

素人としては良い出来だと思う

出来上がり

パッチベイ

なんでフォンプラグなんだろう?と思った人もいるかも?

いないよな

我がスタジオ?ではフォンプラグのパッチベイにいろんな機材を立ち上げているので

こんな感じで使う

普通のオーディオだったら、赤白のRCAピンプラグが適しているのかな?

最後までおつきあい、ありがとうございました