「機材」カテゴリーアーカイブ

ハンダで音は変わるのか?

昨日の話の続き

電子工作をするときのハンダの種類で

機材の音は変わるのか

比べてみよう

この度、新しく買ったハンダ

スパークルハンダ

0.8mm・150g

850円くらい

むちゃくちゃ使い易い

濡れ性

部品の金属表面に対して、はんだの馴染みやすさのことを一般的に「濡れ性」という

「濡れ性が良い=接合性が良い」とされている

ぴったりくっつくということ

このスパークルハンダはサッと溶けて、サッとくっ付く

つまり、濡れ性が抜群に良い

KESTER 44

これまで使ってきたハンダ

オーディオ用として人気がある

ギターやベースの内部配線時の半田としても大人気

0.040インチ(1.0mm)・454g

5000円くらい

単純にスパークルハンダの倍の値段なのだが・・・

人気が出るとすごくて??

楽器店などで15g〜20g程度が1000円くらいで売られたりしている

なんだかなあ???

溶けやすくて、水のようにさらさらになるのだが、

それがかえって?使いにくいこともあった

ハンダで音も変わるのか?

比べてみた

本当はケーブルやパーツをハンダ付けして比較するべきかもしれない

が、

私の駄耳ではそんな細かいことは聞き分けられないと思ったので

この方法で

パーツテスター

すでにおなじみ?のパーツテスター

オーディオ信号をパーツテスターに入力

パーツテスターに20cmほどはさんで

スイッチでパチパチ切り替えながら

その音を自作のヘッドホンアンプでモニター

音を比べてみた

モニターヘッドホン:SONY MDR CD-900

結果

音は変わる!

当たり前だ

線の太さも違うし、含有成分も違うだろうから

でも、微々たる差!!

KESTER 44 vs スパークルハンダ

どっちが良い?とは言えない

好みもあるだろうし・・・

ブラインドテストで「さて、どちらでしょう?」と聞かれても

多分私は聞き分けられないと思う

あえて言うなら・・・

低音は、KESTER 44⨠⨠スパークルハンダ

高音は、スパークルハンダ⨠⨠KESTER 44

でも、これは、

KESTER =1mm
スパークル=0.8mm

というハンダ自体の太さが大きく関わっているような気がする

(勝手な考えなので信じないでね)

ナチュラルさ?だったら、スパークルハンダが上?かも?

と、思うけど

好みの問題もあるだろうし、

信じないでね

HAKKO HEXSOL No.60

大昔に買った

特にオーディオ用ではない汎用だと思う

この度、これも音を聞いてみたけど

ちょっとガチャガチャするかな?

でも悪くない

古くてハンダの表面が変色して(錆びて)いるから、こういう結果になったのかも?

これも、すごく使いやすかった記憶がある

和光テクニカル・オーディオ用ハンダ

無鉛銀ハンダSR-4 Cu

鉛を排除し、銀と錫の純度を上げることで、

従来の銀ハンダに比べ30%以上も抵抗値が低い

すごく高価なハンダ

20cmを100円で売っていたので、試しに買った

使いにくくて、断念

この度、音を聞いてみたが、

抵抗値が低いからか(値段が高いからか)

さすがにすっきり聞こえるが

特に「音が抜群に優れている」とは感じられなかった

結論

スパークルハンダが、断然使い易い

音も悪くないし、値段も手頃

ハンダ付けの仕上がり具合によって、音が変わるのもよく言われる

濡れ性が抜群で接着性が高い

音よりも前に、ちゃんとハンダ付けされていないと、断線したり、ノイズの原因にもなるから

スパークルハンダがオススメです!

(個人の感想なので品質を保証するものではありません)

うふふふふ

 

スパークルハンダ

電子工作をするときのハンダ

はんだ(半田、英語: solder)

ハンダ付けに利用される主に鉛とスズを主成分とした合金

電子回路で、専用の半田ごてで加熱して溶かし

電子部品などをプリント基板や端子などに固定するために使う

2003年のRoHSなど環境保全の取り組みにおいて、鉛を含まない鉛フリーハンダ(無鉛ハンダ)が使われることも増えた

これまで使ってたハンダ

KESTER 44

15年くらい前かな

楽器関係の機材の自作でもすごくハイファイ思考になって・・・

「ハンダで音は変わる」とされ、

オーディオ用のハンダを購入した

それがこのKESTER 44

太さ1mm・1ポンドで

当時でも、4000円くらいしたと思う

(人気が出て、今は5000円を超えていると思う)

高かったけれど、長く使ったし、

ハンダ付けも、難しい方ではないと思うが

それでも使いにくい感?があった(細かい回路?とか)

で、

この度、買ったハンダ

スパークルハンダ

0.8mm・150g

850円くらい

レポ

ちょっと使ってみたら

むちゃくちゃ使い易い

すっと溶けて、すっと固まる

半田付けがやり易いことこの上ない

やっぱ日本製が一番だわ

まっちがいない!

安いし、Very Goodだと思う

ちょっと使ってみただけだが

音も悪くないと思う

音を比べるにはどうするのが一番いいかな?

考えてみるね

 

首掛け式ヘッドホン03

最近ちょっと性格変わったかも?

欲しいものはためらわずに買う(前からやろ!)

ちょっと前の記事で、MDR-G75を荼毘に付してから探していた

首掛け式のヘッドホン

見つけた

MDR-G45LP

ネットで見つけた海外発送の商品が届いた

ヘッドホンを逆さま?に梱包するあたりはいかにも海外品?

スペックから見ても荼毘に付したMDR-G75の下位モデルだと思われる

ヘッドホン本体の形状はMDR-G75とそっくり

軽くて耳触りが良い

説明書は英語とスペイン語

レポ

ソニーのヘッドホンはどれも優秀だと感じる

モニター用のMDR-CD900も使っているが、値段に合わせて、用途に応じてしっかり仕事をする

今回のMDR-G45も大変軽くて、耳触りが良く、普段使いに素晴らしいと思う

MDR-G45は送料を含めると3000円くらい

値段相応かな

音的にはちょっと軽いか?

音楽用としては、もうちょっと迫力が欲しいかな?

迫力は先日リケーブルした型番不明のあの子の方が断然上

この子もリケーブルしてみる?

 

首掛け式ヘッドホン02

こんなのが出てきた

Sonyの耳掛け式ヘッドホン

型番不明

一時期、一昨日記事にしたSony MDR-G75と、同時に使っていた記憶があるが

かなりの時間、ガラクタ箱で眠っていたと思う

試してみたが、やはり音が出ない

が、(特に汎用の)ヘッドホンやイヤホンの故障は

そのほとんどがケーブルの断線や接触不良

なので、

ケーブル交換

MDR-G75で使っていたケーブルをこちらに移植

すぐに音が鳴った

が・・・

右と左で全然音が違う

プラグ〜左耳=移植したMogami 2芯シールド

左耳〜右耳=元のままのケーブル

ポリウレタン皮膜でコーティングされた撚り線?か?

右と左で音量も違う

ケーブルで音が変わるのは知っていたが

ここまで違うとは知らなかった

やり直そう

リケーブル

赤いケーブルは手持ちのMogmi2520

2520は420円/1mらしい

高級ケーブルだな

出来上がり

赤、黒、白のツートン?が可愛い出来上がり?

そして音、すごくいい

めちゃめちゃいい

一昨日のSANWA SUPPLY MM-HP207Nと比べるのは良くないかも?だが

比べ物にならない

LowもHighも伸びまくっている

さすがに音楽モニター用などには無理であろうが

普段使いには十分すぎる音だと思う

ケーブル交換で蘇ったのかもしれないが

このヘッドホンの型番とスペックが知りたいなあ

大成功の巻!でした

 

首掛け式ヘッドホン

これまで、何度修理しただろう?

何度も修理したり

ケーブルを交換したりして使ってきた

首掛け式ヘッドホン

Sony MDR-G75

とうとう寿命が来たようである

左側の音が鳴らなくなって・・

今回もまた、ケーブルの断線か?と思ったが

違った

左側のコイルの導通がない

過去の記事によると

2007年頃に買ったと思う。4〜5千円だったと記憶する。

とのこと

10年以上使っている

物持ちが良い、というか

修理が趣味なのかも?

今回はコイルが断線してしまったので

修理は断念せざるをえない

荼毘に付すことにした

11年間、ありがとう

お疲れ様でした

新しい首掛け式ヘッドホン

新しい首掛け式のヘッドホンを探したのだが・・

これがなかなか見つからない

今は耳に突っ込む「カナル型」や耳に引っ掛ける「耳掛け式?」が主流なのかな?

できればSonyあたりの日本製がいいのだが・・

無い!

それどころか、選択肢が、ほぼ無い

とりあえず、こんなのを買ってみた

SANWA SUPPLY MM-HP207N

20~20000Hzと、スペック的には問題無い?が

dB(感度=一般的に高いほうがいい)が記載されていない

レポ

軽くて、装着感はよろしい

音はすごく優しい

と、いうか迫力が無い

何だか音が小さく感じる

調べてみると

Sony MDR-G75は

周波数特性:12Hz~24kHz
インピーダンス :24 Ω
音圧感度 :106 db

お値段もまったく違うが、

スペック的にも格が違うんだな

Sanwaは、インピーダンスが32Ωとちょっと大きめなので

音が小さく感じる、というか、実際に音が小さい!

オームの法則だ

分母が大きくなったから答えは小さくなる

また一つ勉強になったよねえ

 

Cot50+OCD構想

6/17のLove Pedal Cot50を試す02で、

Cot50は、歪みの前のBoosterとして優秀だということが分かった

6/24の妄想構想シェケナベイベなうで、

OCDにBoost機能を付けてハイゲイン化することを構想

OCDの製作記事はこちら

そして、またまたブレッドボードで試す

あくまで「OCDの前段のブースター」として試す個人的備忘録

お間違いのないように

Love Pedal Cot50を試す02の結果から

入力のコンデンサーC2は、0.01uF

出力のコンデンサーC1は、0.22uFに、仮に固定

BIASボリューム

1KCカーブが適していると思う

Cカーブにすると微調整が可能になる

が、OCDの前段のブースターとして使用する場合

フルボリューム(0Ω)で一番良い音が出るような気がする!

ので、フルボリューム固定で試すことにする

トランジスター

BC109:スッキリしている

BC108:109と似ている?スッキリしている

MPSA10:暴れすぎる

MPSA18:詰まった感じがしてよくない

国産の汎用トランジスタも試したが、この回路には

2N5088が最適なのだと思われる

クリッピングダイオード

取っ払うとボリュームが上がるので、後ろのOCDは歪むことになるが

あったほうがスムーズな気がする

1N4148

クリッピングダイオードとして好み

芯のある音で良く歪む

ギターのボリュームを絞った時の音も使える

1N914

4148に比べると、中域が膨らむ感じ

でもOCDのブースターとして使う場合、ちょっと暴れる方向に進む

ギターのボリュームを絞った時の音が良くない

1N4001

上の2つが小信号用スイッチングダイオードなのに対して、こちらが整流用ダイオード

50Vまで流せる

普通の使い方の場合は太い音で好みであるが、OCDのブースターとしては暴れる

BIASを下げれば良いのだが、今回の実験はボリューム10固定なので・・・

3mm赤LED

暴れずに良い方向にスムーズになる

サウンドはちょっと高域寄りになる

3mm青LED

色のイメージもあるのだがクールな感じになる

赤より、ほんの少しだけ高域寄りなのかな

歪みは減っている感じだが、サスティンは変わらない印象

3mmピンクLED

あ、これ、High成分がちょっと削られて、良い

5mm赤LED

ちょっとザラザラするかな?

3mmより太い感じもするが、この回路には3mmの方が適しているようにも思う

ここからが難航

ここまでは回路図通りに2本の同じダイオードを対称形に付けて試したが

本数を変えたり、非対称系に付ける方法もあり・・・

非対称を試すと・・

良い方向に変化したしたではないか!?

えーーーっ

無限に方法があるが、耳も疲れてくるし、腰も痛くなってくる

ギターもボリュームに追随するのを優先するのか?

ハードに歪むのを優先するのか?

Lowも十分に欲しいけど、抜ける音であって欲しいし・・

ああ、混沌としてどれが良いのか・・・??

もう、分からん!

今日はここまで

最後までお付き合い、ありがとうございました。

 

妄想構想シェケナベイベなう

先週のLove Pedal Cot50の実験君で、

Cot50は、歪みの前のBoosterとして優秀だということが分かった

で、いろいろ試していくうち

OCDの前段に置くと、すごくいい感じにハイゲイン化した

「コー」と詰まった感じと長いサスティーンが素晴らしいし、

ボリュームを絞った音も使える

たいへん気に入った

OCDの製作記事

その回路でOver Drive Systemを作った

Over Drive System

考え方は素晴らしかったのだが・・・

OCDをメインの歪みで使うことが前提だったので、これで良い!としていたが・・・

歪みを含めて、サウンドの好みも変化するし

音楽や曲調、その時々で違って当然

Send-ReturnのYケーブルも必要だし

LEDの表示方法も気に入らなくなった

なので、Over Drive Systemを作り直したい

例えばこんな感じに

理想とするSwiching System(と言っても超アナログ)のみを1つの箱に入れて

自由に2つの歪みを選べるようにすれば、もっといいぢゃないか

自分の一番使いやすいデザインにアレンジすれば・・・

ああ、構想、妄想は深まるばかり

妄想構想なう、なのである

そして先ほどのOCD

は、どうすればいいか?

フットスイッチが2つ付いているので

左の「On/Off」はそのままで

右の「A/B」を「Boost」にすればバッチリなんぢゃないのか?

つまりは実験で相性の良かったCot50の回路を組み込んで、

右スイッチでCot50がOnになるようにすればいいんぢゃないのか?

多分バッチリだぞ!

いや、きっとバッチリだ!

妄想構想なう、なのだ

ああ、興奮してきた

作りたーーい

改造したーーい

 

Love Pedal Cot50を試す02

昨日の続き

Love Pedal Cot50をブレッドボードで試した

なかなかいい感じなのだが・・・

もうちょっと使いやすく!と出力にボリュームを増設してみた

サウンド

昨日も書いたが、「ギターのボリュームの追随性」がたいへん良く

ピッキングによる音のニュアンスも出しやすい

出力にボリュームを増設することで、エフェクトOn/Off の音量差を調節できる

ので、実践的になったと思う

が、私の耳にはすごく高音寄りに感じる

低音がバッサリとカットされている印象

改造・工夫

C3

入力直後のC3のコンデンサー0.0047μFで低音を大幅にカットしているからだと考えられる

これを2倍の0.01にすると、音量も上がり、音が太くなる

さらに0.047とか0.1にすると、音圧が増して行く、が「ギターのボリュームの追随性」がどんどん失われ

アンプライクではなくなる

どうやらこのペダルは「ある時期の優秀なマーシャルアンプ」をイメージしてデザインされたとのことだが

そのマーシャル感が失われていく

0.01μFあたりが限界か?と思われた

C2

今度はアウト側のC2で調節してみる

こちらも0.1μFを少しずつ大きくしていくと、音量も上がり、めっちゃ音圧が上がるが・・・

こちらも同様

1μFなどにすると「ギターのボリュームの追随性」は無くなり、

そのマーシャルっぽくなくなる

0.22μFあたりが限界か・・・

D1/D2

出力のクリッピングダイオードによっても音は変わると思われたが

トランジスタが歪んでいるので、そこまでサウンドは変わらず

いえいえ、しっかり試すと全然違いました

それより高音寄りなのが気になるので

回路図にも書き入れたが

500pFあたりのセラミックコンデンサーを並列にすることで、嫌なチリチリ音対策になる

でも、このチリチリした感じも、マーシャル感といえば、そうなのかもしれない

ここまででの結論

Cot50を2N5088で組んでみたが、以前に国産のトランジスターで組んだ時とほぼ?同じ印象

ものすごく高音寄りで低音が足りない

低音を補正しようとすると、この回路の良さが失われる

Super Hard On(SHO)

以前にも実験しているが、よく似た回路構造のSuper Hard Onと比較してみることにした

NPNのトランジスタのような記号で書かれているが、

BS170はNchのMosFET

左にCot50、右にSHO

スイッチでパチパチ切り替えて音を比較する

Cot50は高音寄り、SHOはフルレンジ

増幅率もSHOの方がわずかに大きい

歪み感のタイプが違う

Cot50はアンプっぽい

SHOはすごく音が太い

SHOの方が好きだなあ

備忘録として

手持ちのNchのMosFETで2N7000と2SK1132でも音出ししてみたが

BS170が一番しゃっきりしていて良い

Cot50とSHOを回路で比べてみて、入出力のコンデンサーが

Cot50:0.0047&0.1
SHO    :0.1&10

と、違いすぎる(入力21倍、出力100倍)ので、比較できない

SHO の入出力のコンデンサー0.01&0.1に交換してみたが、良さが失われてしまう

この辺はやはりエフェクタービルダーが考えに考え、試したあげくの定数なのだと思う

つまりは、全く用途が違うものと思われる

試しに実験してみると

アンプシミュレーターを歪んだ状態にして

その前にブースターとしてCot50とSHO接続して比べてみた

激変

歪みの前にCot50をOnにすると、ものすごくいい感じにBoost

される

すごく気持ちいい

歪みの前のSHOはすごくブーミー

ブーブーいうばかりで気持ちよくない

サスティーンもCot50の方が良い

SHOの出力にCot50みたいなクリッピングダイオードを取り付けても状況は変わらず

Cot50は歪みの前のブースターとして秀悦

使い方によってここまで激変するとは・・・

ものすごく勉強になったねえー

 

Line Level Adjuster 完全完成編

土曜日、突然、またまたやって来やがった

背中の右側の一部がボッコリと腫れ上がっている

痛い!!

またまた肋間神経痛がやって来た

コルセット

巻くと少し楽になる

ロキソニン

慣れているので慌てない

ロキソニンを飲めばいいのだ

そして痛みを紛らせるために、他のことを考えるのだ

Line Level Adjuster

ステレオ仕様で信号レベルを1/11〜11倍まで調整できるというスグレモノ

木曜日の失敗記事はこちら

昨日、一応完成の記事を書いたが

ボリューム半分(12時)で1倍(原音と同じ0dB)になるはずが

ボリューム8(3時)程度でやっと原音と同じになる

右チャンネルも左チャンネルも同じ

資料

昨日はロキソニンを飲んで、インドメタシンの湿布を貼り、

Line Level Adjuster製作時の資料を持って出かけた

移動の車中などで「どこかに間違いがないか?」を考えるのだ

そんな夢中になっている間、痛みはどこかに消える

でも、何度見ても、パーツの接続については間違っていない様子

回路図

どうやら増幅率が足りていない様子だから・・

ボリュームのパーツ100kΩBカーブが間違っているか、

または図中一番上の100kΩの数値が間違っているのではないか?

と当たり?を付けて・・・

帰宅後、テスターを当ててみると

ピンポーン!大正解!

間違って10kΩを付けていた

何を勘違いしていたのだろう、それも左右両チャンネルとも!

そして、完成

完璧!ボリューム12時で原音と同じになった

ボリュームを上げていくとめっちゃでかくなる

やったーヾ(≧∇≦*)/

電池ケースを紙で作って両面テープで固定

オペアンプを選定

1.新日本無線NMJ4558DD(参考価格¥20)

十分に良い音で鳴っている。これをデフォルトとする

2.新日本無線NMJ4580DD(参考価格¥25)

4558よりも迫力を感じる

3.新日本無線NMJ5532DD(参考価格¥100)

古い石だが定評がある。上の2つより低音が増える
迫力も十分

4.新日本無線NMJ2114DD(参考価格¥100)

比較的新しい石だが5532と似ている印象。低音の迫力が良い

5.新日本無線NMJ2043DD(参考価格¥80)

2114よりさらに低音が出るが、高音が硬く、ソースによってはドラムが強調される

6.新日本無線MUSES8820D(参考価格¥400)

すごく迫力があるが、場合によっては迫力がありすぎるかもしれない

7.新日本無線MUSES8920D(参考価格¥480)

上の8820より、さらに迫力があるが、むやみにハイ上がりの印象
大好きな石だが、この機材には向かない気がする

8.バーブラウンOPA2064(参考価格¥500)

たいへんナチュラルでレンジが広い。透き通っている感じ
ボリュームを上げるとちょっと荒れる印象

9.バーブラウンOPA2134(参考価格¥350)

ナチュラルですごく引き締まっている音だが、面白くないかも?

結果

この機材には、3番目の5532か、4番目の2114が合っているように感じた

両者とも入力インピーダンスが2114:100KΩ、5532:300KΩ、とたいへん低い

一般的に入力インピーは高い方が高性能とされる(8番目2604は1000GΩ、9番目2134は10000GΩ、1万ギガだよ)が

この回路は、計算上の入力インピーダンスが一番低い時で110KΩになるので

こういう結果になったのかも知れない

また秋月ヘッドホンアンプの時とある意味、よく似た?結果になったが

それはただ私の好き嫌いだけなので、信じない方がいいと思う

完成

ガックラの修理も完了

数日目から、日記ぢゃの題名の英文字が全て大文字表記になっていたが

修理完了

メニューの英文字も直ってよかった

WONDER RAINBOW FACTORYではなく

正しくWonder Rainbow Factoryと表記されるようになった

めでたしめでたし!

肋間神経痛も早く修復に向かいますように

今日は整体に行こう

 

Line Level Adjuster 一応完成編

6月7日(木)の記事の続き

サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座

ハンドメイド・プロジェクトver.3

大塚明著

この本の作例から

Line Level Adjuster

ステレオ仕様で信号レベルを1/11〜11倍まで調整できるというスグレモノ

木曜日の失敗記事はこちら

昨日の旧ONSのケースに組み込んだ

スペースがあるので、電池2個の18V仕様にしてみた

大塚氏も本の中で「コンデンサの耐圧を注意して18Vにするとヘッドルームが大きくなる」と書いている

一応完成

ノイズもなく、いい音で鳴っている

が、もっと音量が上がってもいいんじゃないかなあ?

回路図

実際はこの回路が2つあってステレオ仕様

理論的にはボリューム0(7時)で1/11倍(−20dB)

ボリューム半分(12時)で1倍(原音と同じ0dB)

ボリューム10(5時)で11倍(+20dB)

になるはずなのだが・・・

ボリューム8(3時)程度でやっと原音と同じになる

右チャンネルも左チャンネルも同じ

うーーん・・・

どこか間違っているのかなあ

おかしいなあ

いくら探しても間違いは見つからない

音はすごくいい

まあ、ボリュームを下げたい時の方が多いから、これでもいいんだけど

今の所、オペアンプは汎用の4588

オペアンプの選定も含めて、研究を続けます

うーん、私、まだまだだなあ