「機材」カテゴリーアーカイブ

proco ratの製作02

ギターの音を歪(ひず)ませるエフェクター

Distortion(ディストーション)の部類に属するProco Ratを自作する

その第2話

デジットで買った基板で手っ取り早く

IMG_9555

ハンダづけした基板

お菓子の空き缶などを利用してインプットとアウトプットのジャック、ボリュームなどを固定

向こうに見えるのはブレッドボード

IMG_9759

パーツや定数を変更したいので

部分部分でソケットにしたり、空中配線して実験をする

ブレッドボードでパーツをとっかえひっかえチェックする

IMG_9756

組み上げて直ぐは音が出なくて焦った

最近、音が出ないなんてことなかったから

空中が多すぎたね

こういう時は頭を冷やす必要がある

2〜3日放置してからいろんなところをチェック

私もミスってたけど、メーカーの回路図もちょっと間違ってる

説明書どおりに作るなら何の問題も無いのだが

音が出た

すごくいい音

低域も高域もちょうどよく出ていて、かつ太い音

中域の鼻のつまった感じもよろしい

思い切り歪ませても太くていい音

Ratってやっぱしいい音だったんだね

昔持ってたヤツはハズレだったのかな?いやいや、何かが違ってたんだと思う

ダイオードクリッパー

先ずはダイオードクリッパーから選び直してみよう

http://www.kyohritsu.jp/eclib/DIGIT/KIT/distortionkit.pdf

deji-Dist

共立のpdfの回路図D1、D2のダイオードでクリップさせて歪みを作っている

このダイオードを色々試してみた

IMG_9879

1S1553

キットに付属のパーツ

これをデフォルトとしてモディファイしていこう

1N914

オリジナルのRatは1N914であるらしい

1S1553とよく似ている 聞き比べないと分らないくらい

1N4001

整流用ダイオード Zendriveの時もそうだったが、上の2つよりも太い音で好み

整流用ダイオードはシリコンより歪み感が少なく感じる

1N4007

整流用ダイオード 上の1N4001が50V1Aに対して、1N4007は、1000V1A

4001とよく似ているがこっちの方が丸い感じ 4001の方がトレブリー

1N4148

お、これだな!と感じた

芯のある音で良く歪むところもいいが、ギターのボリュームを絞った時の感じが好み

914より4148かなあ

LED

音量がぐっと上がる

オペアンプの帰還にクリッパを入れたオーバードライブ系のLEDの歪みは好みだが、この回路には合わない気がする

その他

各ダイオード3本を非対称にしたり、色々なダイオードを組み合わせたりもした

Zendriveで試したMOS-FETの2N7000とダイオードの1N34の組み合わせも試した

が、この回路には4148-2本の対称が良い気がする

LandgraffのMo-dというRatモディファイモデルは1N4148の対称、非対称をスイッチで切り替えられるようになっているようだ

1N4148-3個で非対称にすると、音量が上がるが歪み感は少なくなる

今回のRat改造版はハードに歪ませて使いたいと思っていたので、非対称は必要ないような気もする

どっしょっかなあ

今日はここまで

 

proco ratの製作01

エフェクターでござる

Proco Ratはギターの音を歪ませるDistortion(ディストーション)の部類に属する

歪みものは多数所有しているが、これまでマイルドなOver Drive系を好んで来た

最近、もっと歪んでくれるDistortion系が好きになって来た

BossのDS-1Xも買ったしねえ

IMG_7806

歪み(ひずみ)

有名な歪みものといえば

OverDriveではOD-1とかTS-9とかOD-808とか

DistortionでいえばMXRのDistortion+に始まってBoss Ds-1、そしてこのProco Ratsだろう

Pro Co RAT

1978年にプロトタイプが製造され、79年から量産されるようになったようである

どんどんモデルチェンジされ、RAT2、Turbo RATなども発売された

私は再生産された、でかいケースのVintage Ratを所有していたことがあったが、使いこなせず売却した経緯がある

「当たりのRat」などという言葉もあり、ばらつきのめっちゃ多い製品でもあるらしい(ホントかなあ)

自作して正しいRatを手に入れようと思った

デジットのkit

こういうKitを見つけた

http://www.kyohritsu.jp/eclib/DIGIT/KIT/distortionkit.pdf

DelayのKitを紹介したときに見つけたのかな?

回路的には完全にRat、それも結構忠実に古いタイプ

作ってみよう、そうしよう!

 共立エレショップに注文

IMG_9510

ついでにいろいろ注文したよ

ワクワクする

基板

IMG_9555

両面に印刷された美しい基板だ

ゆっくり楽しんで行きますね

 

Loop Boxの改良03

実体配線図

SWBOX

昨日の記事で言葉足らず

スイッチからアースに落とすラインに100Ωを入れることによって、スイッチングのノイズが軽減できるのではないか?

既製品DODのAB-Boxなどでもスイッチからアースラインに51Ωの抵抗が入れてあったりするようだ

かつ、グリーンのLEDは100Ω、赤のLEDは200Ωの抵抗を介して3Vがアースに落ちることになる

LEDの照度調節、両方の理由から

ダメモトでやってみましょう、というアイデア!

配線

IMG_9538

信号経路は0.8mmのIVビーメックス0.65単線を使った

単線は配線しやすいので好きだが、少しでも動く可能性がある箇所には使わない方がいい

すぐに断線する

LEDまわりは適当な撚り線を使った

フットスイッチにIV1.0単線を裸にしてぐるりと回し、アースをケースに落とす

スイッチは秋葉原で見つけた(CLIFFとそっくりの)いい感じのもの

ジャックは前からのCLIFF製

電池のマイナスはインプットのRing部分に配線すれば、ジャックが刺さっていないときは発光しないので電池の節約になる

電池は単4が2個

まあ、LEDを光らせているだけなので、電池の心配はしなくてもいいだろう

グランドループを避けるため、Return1、Return2のはアースに落とさなかった

結果

IMG_9541

OKです

めっちゃ良好です

詳しくはチェックしてないけど・・・

スイッチングのポップノイズも確認できないほど小さい

大成功!(●≧∀≦)ノ

かなり満足してるよ

 

Loop Boxの改良02

3PDT〜4PDTへ

切り換えフットスイッチが9本足の3PDTだったものを

12本足の4PDTに交換するプロジェクト

ところが

IMG_9473

4PDTはでかいくて006P電池が入らない

006Pの代わりにボタン電池を何個か直列で入れようか?

などとも考えたが

解決策

IMG_9532

単4電池用の電池Boxを用意した

単4電池2個なら入りそうだ

抵抗値計算?

間違ってるかもしれないから信用しないこと

電池は3V

LEDは2Vで光らせるとして1Vドロップさせる

オームの法則で

1000(mV)÷100(Ω)=10(mA)

うわっ、簡単!

100Ωくらいの抵抗をかませておけばよろしいのかも知れない

やってみたら・・

グリーンのLEDはちょうど良い?かな?

赤が明るすぎる気がする

グリーンのLEDと赤のLEDでは照度が違うので工夫が必要だ

実体配線図

SWBOX

こんな感じでいいんじゃないかなあ?

グリーンのLEDは100Ω、赤のLEDは200Ωの抵抗を介して3Vがアースに落ちることになる

実験段階ではGoodだったが・・・

うまくいきますように

ではまた次回!

 

Big Muffの自作改造08

昨日の記事の続き

回路に半固定抵抗を2つ追加した

IMG_9495

50KΩの半固定抵抗をぐりぐりすると

狙いどおりにフィルターのカットオフ周波数が動く

やったあ

ところが・・・

この半固定抵抗、あっという間に壊れた

2個ともダイヤル部分が割れてしまったから不良品だ

この形のものは買わないように注意しよう

でも、ポイントは分ったぞう

やり直し

IMG_9496

47kΩと33kΩに変更

bigmtone02

LPF

ボリューム最大でデフォルトの795Hz
ボリューム12時で436Hz
ボリューム最小で300Hz

ボリュームを12時くらいにするとLowがぐっと出てくる

本体のToneを上げれば低音が出過ぎることも無い

HPF

ボリューム最小でデフォルトの1881Hz
ボリューム12時で815Hz
ボリューム最大で520Hz

こちらもボリュームを12時くらいにするとHigh成分というより、中域が膨らんで来る感じ

両方のボリュームを3時にすれば、600Hzあたりを中心にしたHighとLowのトーンバランスにもなる

これはいい感じです

狙いどうり!

Big Muff 一応の完成と致します

IMG_9513

“”ハ(゚∇゚*)パチパチパチ♪

 

Big Muffの自作改造07

ちょっと時間ができたので、ハンダ付けをするぜ

Big Muff自作記事の06が昨年12月だったが、その頃からもうちょっと改造したかった

トーン回路

3つめと4つめのトランジスタの間に特徴的なトーン回路がある

専門的な説明解析は他のサイトの先輩方にお任せするとして・・

その部分を触りたい

V2 SCHEMATIC TEMPLATE_NPN_polarized electros

回路図で言うと

Red_Army_Overdrive_V7BMP_Schematic_2ndEd

R8(20KΩ)の抵抗とC8(0.01uF)のコンデンサーで形成されるローパスフィルターで低音成分のみを通し

C9(0.0039uF)のコンデンサーとR5(22KΩ)の抵抗で形成されるハイパスフィルターで高音成分のみを通し

それをR25-Tone(100KΩ)のボリュームで調節できるしくみになっている

ボリュームを絞り切ると795Hzより下の低音が強調され

反対にボリュームを開け切ると1855 Hzより上の高音が強調される

実機では、

ローパスフィルター(以下LPF)は20kと0.01uFで795Hz

ハイパスフィルター(以下HPF)は18kと0.0047uFで1881Hz

に設定していた

でも、もうちょっと何とか好みにしたいなあ

歴代Big Muffの回路を調べると

すごくたくさんのパターンが見つかったが

LPFは400Hz〜800Hz

HPFは900Hz〜1900Hz(例外的に400Hz)

に設定されていることが解った

ドンシャリサウンド?

たいていのモデルが

LPFは400Hz、HPFは1200Hzとか、LPFは800HzでHPFは1800Hzとか、真ん中が抜けている

このトーン回路は「そうやって使うもの」と思っていたが、それが正しいわけではなく

LPFとHPFを全く同じ定数で800Hzあたりに設定した回路もあった

なんとなく分ってきたぞう

改造

現在のトーンだと急激に効き過ぎる

Highを上げようとするとLowが急激に足りなくなるし、その逆も同じ

HighとLowを独立させる案もあるが・・・

BigMuffの特徴であるこのToneは活かしつつ・・

LPFとHPFでできている「谷の部分」をもう少し狭くするといいのではないか?

そこで

ある範囲で微調整できるようにしよう!と、考えた

上の切り抜いた回路図とLPFとHPFが上下逆になっているのでご注意

BigMTone

私の拙い知識を総動員して

こんな感じにしたらどうか?

と、考えたのだが・・

次回に続きます

 

Loop Boxの改良

かなり前に自作して、いろんな場面で重宝して来たLoop Box

IMG_9467

Ach : Input~~Send A       Return A~~Output

Bch : Input~~Send B       Return B~~Output

がフットスイッチで切り替わる仕組み

SendとReturnの間に何かエフェクターなどが接続されていれば、それが複数であっても一瞬で切り替えることができる

機材のサウンドチェック時にも活躍する

ライブのときにチューニングメーターをつないで切り替えたりとか、いろんな場面で重宝して来た

元々はMaxon D&SⅡというディストーション

中身はもう無い

ケースだけを利用した

中身

IMG_9470

一番初めに作ったときは安いジャックだったが

その後Cliffのジャックに交換して・・

見た目からも相当年期が入っているな

 でもね

3PDT

切り換えフットスイッチが9本足の3PDT

まあ、これで私の実用上はそんなに問題も無かったのだが

例えばすごくゲインの高い歪みものをつないだ場合などで、非選択チャンネルからノイズが漏れたり

スイッチング切り換え時にポップノイズが出たり

4PDT

フットスイッチを12本足の4PDTに交換すれば、非選択側がアースに落ちることになる

ノイズの面で大きく改善されると考えられる

少し前まで9本足のフットスイッチでさえ珍しくて、見つけてもたいへん高価であったのだが

最近は12本足のものも容易に見つけられるようになった

よっし、交換しよう

と、12本足の4PDTを購入して交換しようと試みる

IMG_9473

4PDTはかなりでかい

スイッチは何とか?無理矢理押し込んだものの、そうすると006P電池が入らない

どうやっても入らない

もうちょっと小型の006Pはないのかなあ?

困ったぞう

新しいケースで作り直すのも悔しいしなあ

どうしようか・・・

006Pの代わりにボタン電池を何個か直列で入れようか?

うーーん

困ったぞ

 

Super Edge 2の製作05

ハンドメイド・プロジェクトver.3に掲載のFuzz

Super Edge 2の製作の第5話改造編

FETを2SK117-BLに交換

ボリュームを100kΩAカーブに交換

ここまではFuzz研川崎出張所さん、設計者のパーツの選定通り

ここからが改造!

トーンを追加(前回記事)

どんどんいい感じになっていく

そして!!!

カップリングコンデンサーを交換

第2話でも書いているが、

「カップリングコンが積層セラというのが指定だが、ちょっといろいろ試してみたくなるなあ」

やってみた

IMG_9459

5つのバイパスコンデンサーを積セラから同じ容量(0.1uF)のルビコン、ポリエステルフィルムに交換

銀色の図体がでかいのがそれ!

チーチーいう感じ?が減少したと思う

甘くなった

これも好みの方向に変化!

Fuzz研川崎出張所さんの回路図をよく見ると(今頃気づいた)出力のコンデンサーが0.1ではなく、1.0になっている

で、手持ちの1.0uのタンタルにしてみた

おおっと、これもいい感じやんけ

完成

IMG_9476

いい感じになってToneはいらないかも?

なんか本末転倒的な感じやなあ

まあ、良しとしよう

ラベルを作らないといけませんな

また、そのうちに・・

 

Super Edge 2の製作04

ハンドメイド・プロジェクトver.3に掲載のFuzz

Super Edge 2の製作の第4話

第3話から2ヶ月以上過ぎたが、最近やっと時間ができたので改造に着手した

2SK117-BL

前回、ヒヤリングテストの結果、FETを2SK117-BLに交換してみたかった

ネットで探して2SK117-BL購入、交換した

やっぱりこれ!です

Fuzz研川崎出張所さん、設計者のパーツの選定はすごいと再確認

暴れ具合が丁度いい

ボリュームのカーブ

ボリュームを手持ちのBカーブを使ったので、操作しにくかった

やはり指定通りの100kΩAカーブして改善された

すごく良くなっていく

トーンの追加

ほんの少し、耳に痛い高音成分を削りたい

もうちょっと甘くしたいと考えた

Fuzz研川崎出張所さんのHPでもトーン追加バージョンもあり、色々試してみた

BigMuff系のトーン追加を試みたが、

いろんなパターンで試してみたが、全く良い結果が得られず

ほんの少し高音を削るだけでいいので、ごく簡単なハイパスローパスフィルターにすることにした

回路図

SuperEdge0429

いまだに手書きで恥ずかしい

最終段にトーンのボリューム100kAを追加

ヒヤリングテストの結果、コンデンサーは0.047uFに決定

IMG_9464

フルアップにすればトーン無しとほぼ同じ音が得られる

ボリュームを絞るとほんの少しハイ成分が削れていい感じ

今日はここまで

第2話で思いついた?カップリングコンデンサーの交換もしてみたくなった

マニアのクレイジージャーニーは続くのです

 

変換ケーブル

現在、いくつもの仕事を抱えていてふーふー言っている

こんなときに限ってPCの調子がおかしくなる

事務用PC?としてはMac Book Airに外付けのキーボードとモニターを接続して使用しているが

「パキッ」と音がして画面が変になったり・・・

画面が白黒になって動かなくなったり・・・

困った

先ずは接続ケーブルを疑ってみて・・・

ネットで購入!も、考えてみたのだが

PC本体を持って某量販店YのPC修理コーナーに相談することにした

Yのお兄さん、いろんな接続方法で調べてくれて

やはりモニターの接続ケーブルの異常!だとの結論!

変換ケーブル

すごく種類があるんだよなあ

IMG_9423

このケーブル

Mini Display Port——-Display Port

だと思っていたら

Mini Display Port——-HDMI

なんだって

IMG_9426

見た目そっくり

ネットだったら間違って買ってたなあ

お兄さんのすすめどおりに購入

IMG_9429

ネットで買うより、ちょっと高いかも?

でも、Yのお兄さんに相談してよかったよ

モニターの異常が無くなって一件落着