「機材」カテゴリーアーカイブ

ボーカル・マイク

昨日の記事、フレットファイリングであるが、

削ったフレットの上部を台形から山形に整形する作業が難航中

なので、今日はこんな話題で・・・

ボーカル・マイク

以前にレコーディング用のコンデンサーマイクを紹介したことがある

IMG_6258

これはあくまでレコーディング用

で、今日はライブ用のマイクを紹介

AKG(アーカーゲー)D5 Vocal

IMG_0429

新しいダイナミックマイクを入手!

AKG D5(オーストリア製)

ダイナミックマイクの世界標準と言われているshure SM58と比較するとパワーがある

SM58は意図的にLowが切ってあるが、こちらはもっと素直な感じ

ついでに他のマイクも紹介しておくね

Electro-Voice ( エレクトロボイス )  N/D757

IMG_0432

米国製 生産終了品、後継機種はN/D767

もう20年以上も前も入手したボーカルマイク

力強くて大のお気に入りであるが、もうぼろぼろ

手に持つグリップ部分のゴムがぼろぼろになって、一度交換した

その時も8000円位して・・・

またまたぼろぼろになってきているが、次は交換するなら新しいものを購入した方が良さそう

マイクヘッドの周辺も崩壊し始めている

すごく軽いのも大きな特徴だが、ハンドヘルドノイズが大きいので、ハンドマイクには向かないかもしれない

Shure(シュアー)SM57 Beta

IMG_0428

米国製 このマイクは守備範囲が広い

エレキギターなどを録音してもうまくいく

ちょっと吹かれに弱い気がするので、今度ウインドスクリーンを手に入れてボーカルに使ってみたいと思っている

強靭なマイク本体もこのマイクの魅力かもしれない

落としたくらいならびくともしないだろう

IMG_0435

AKG D5 総括

手持ちの3本を比べるとヘッド部がでかい分、効率が良いのだと思う

吹かれにも比較的強い印象

音質的には57Betaに似ているようにも感じたが、こちらの方がちょい繊細か

単一指向性が強い感じがするが、マイクヘッドの形状がフラットになっているので、問題ないだろう

マイクに極端に近づくと、ラジオボイスっぽい感じになる(どのマイクも大なり小なり近接効果はある)

パワーも充分、Low成分もちょうど良くあるし、中高域も抜ける感じがする

マイクをなめるように口を近づけて歌う人には不向き

でかい音のハードロックなバンドより、大人の音楽向きかな?

男性女性問わず使えると思う

ハンドヘルドノイズもなく、ハンドマイクにもいいが、ちょっと重いか?

ヘッド部が大きく、ヘッドを手で覆い尽くすような持ち方は出来ない

逆にそんな悪い持ち方の癖を直すのに?いいのかな?

 

Super Kowloonの製作04

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3からの製作3作目

Super Kowloonの製作第4話 完結編

Fuzzブーム?

最近、ギタリスト達のあいだで、Fuzzがちょっとしたブームになっているかも知れない

楽器店には古典的なFuzzのレプリカをはじめ、多くのFuzzエフェクターが並んでいる

数年前に、Fuzz Factoryというエフェクターの人気が急上昇したことがある

希少価値のあるゲルマニウムトランジスタを使用した高価なエフェクター

Fuzz Factory

Zvexfuzzfactory

発振系といわれるFuzzでエフェクターで発振させることが出来る

発振するので、ギターを弾いていなくてもギュイーンと音を出し続けることが出来たりする

いろんなことができて面白い

私は偶然にも?そんな希少なゲルマニウムトランジスタを所有していた?ので作ってみたことがある

偶然にも?だなんて嘘っぽいね

IMG_0320

ボリュームが5つもあって、その組み合わせは無限大!

めっちゃ発振してとんでもない音が出て面白いのだが

音楽ジャンルを選び過ぎるというか、使う場面が想像できなくて写真の状態で断念した

うーーん、また試してみようかな

今回のSuper Kowloon

IMG_0311

ほとんど大塚氏の作例どおりだが、

すべてのバイパスコンデンサーは以前にSuper Edgeの時に試して好印象ののルビコン、ポリエステルフィルム0.1μ←まちがひ

東信工業ポリプロピレンフィルムコンデンサ 2AUPZ 0.1μ

初段のFETは2SK117-BL

2段目、3段目のMOS-FETは2SK1132

SuperEdge2の時と同じにした

あとは本の作例どおりかな(後述あり)

伝統的なFuzzの発展系だと思う めっちゃ唸る!

発振はしないが、かなりむちゃくちゃな音も出せる

が、倍音がたっぷりでぶっとい!楽しい

ノイズ対策?

昨日の記事でも書いたノイズ問題

いろいろチェックしたが、エフェクター内部でノイズが出ている

配線の問題などでもなさそうだったので、そういう回路なのだろう

むちゃくちゃに増幅しているから仕方ないのかも?

「Fuzzはこんなもんだ」とも思うが、やはりちょっと対策してみた

クリッピングのダイオードを取っ払うと音量が上がるのでノイズも少なくなる、が歪み感も少なくなる

Fuzzなので、思いっきり歪ませたい

色々試した結果、ダイオードをシリコンからクリアーグラス?の青色LEDに変更することで適度な音量と歪み感を確保できた

IMG_0317

Gainを上げ過ぎなければ許容できるレベルのノイズになった

一応、これで完成とする

ミレニアムバイパスについて

動作に大きな問題があるわけではないので、深く考えず、良しとする

9本足のフットスイッチが安価に手に入るようになったので、こういうややこしいことはもうしないと思う

御免!

 

Super Kowloonの製作03

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3からの製作3作目

Super Kowloonの製作第3話

第1話第2話から時間が経ったが

一気に組み上げた

IMG_0314

IMG_0318

前にも書いたが、Super Kowloonは、SuperEdge2にハニーファズをプラスした様な回路

右上がSuperEdge2部分、左がハニーファズ部分

スイッチ上の白い熱圧縮チューブ内にはミレニアムバイパス回路が入っている

ミレニアムバイパスは、6本足スイッチでバイパスとLED点灯を実現できる

飛び道具

IMG_0311

古典的、伝統的?なFuzzの進化系と云えるんじゃないかな

めっちゃヤバい音が出せる

ただ、ノイズも多い

ミレニアムバイパスは設計のミスかな?プラグを差すとOn/Offにかかわらず、必ず点灯

その後はすぐに安定するが・・

もうちょっと試して報告する

今日はここまで

 

Super Kowloonの製作02

凶器系Fuzz

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3

HMP3

この本の作例からのエフェクター製作3作目

Super Edge2の発展系?

同じFuzz研川崎出張所さん設計のFuzz(凶器系らしい)Super Kowloonを作ってみたくなった

そんなときに発見した100円の基板

エレキジャックの基板

IMG_0042

大塚明氏が監修した雑誌の付録だったらしい

この基板でSuperEdge2が作れる

IMG_0046

SuperEdge2は、以前には基板から作ったから、今回はめっちゃ簡単

あっという間

Super Kowloonは、SuperEdge2にハニーファズをプラスした様な回路なので、これにプラスアルファーすれば良い

基板製作

IMG_0146

左側が新たに作った基板

まだまだヘタクソだなあ

作りながら基板の穴が大きすぎることが判明

基板用には0.8mmのドリルが適するようだ

今まで1.1mmぐらいのものを使用していた

0.8mmのドリルを発注、次回からはこれで!

ケース

IMG_0144

以前に、Sound & Recording Magazineのセミナー記事から「Sakura 1966 Fuzz」を製作したが

どうやっても良いと思うサウンドにならなかった

その残骸を利用して製作することにした

いつもは9本足の3PDTスイッチを使ってトゥルーバイパスにしているが

今回初めて6本足DPDTスイッチ(残骸)を使ってミレニアムバイオパスも試してみることにした

今日はここまでにしておきます

 

Super Kowloonの製作

うわあ、また製作?

歪み

ご存知のようにロックギターの音はギュイーンと歪んでいる

これまで、個人的にはナチュラルに甘く歪んだオーバードライブサウンドを好んできた

それが最近になって、もっと歪んだディストーションが好きになった

BossのDS-1Xを買ったり

IMG_7806

Proco Ratを作ったり

IMG_0087

さらにはもっと過激に音をつぶしてしまったFUZZ(ファズ)にまで手を出すようになった

きっかけはこれ!

Super Edge2

IMG_9476

閑話休題

故人、忌野清志郎氏はタイマーズの頃「今まであんまり歪んでない方が好きだったんだけど、今は思いっきり歪ませたい」とか

「いままで、エフェクターは無い方が好きだったんだけど、最近はなるべく多くつなげたい」とか発言していた

故人、プリンス氏の最後の(←まちがひ)1996年の日本公演を観に行ったが、彼はその時、足下にめちゃめちゃ多くのエフェクターを並べ

自分で!足を伸ばして!踏み替えてプレイしていた

(彼ぐらいのビッグネームになると、エフェクター切り換えは自動でするか、スタッフがするのが普通)

短い足を(失礼!)一生賢明伸ばして(それもすげえハイヒール!)踏み替える姿が可愛かった

私もめっちゃ歪ませたい、エフェクターめっちゃ並べたい!のかも?

話を戻して

大塚明著「サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座 」ハンドメイド・プロジェクトver.3

HMP3

この本の作例からこれまで

Re-ampSuper Edge2を作った

Super Edge2が予想以上に好みだったので、その発展系?

同じFuzz研川崎出張所さん設計のSuper Kowloonも作ってみたくなった

ところが

Super Kowloonは部品数も極端に多く、基板上も密集している

うーーん、と悩んでいたら

こんなものを発見!

IMG_0042

大塚明氏が監修した雑誌の付録だったらしい

ネットの電子部品屋さんで100円!(ジャンク扱い?)

この基板でSuperEdge2が作れる

Super Kowloonは、SuperEdge2にハニーファズをプラスした様な回路なので、これにプラスアルファーすれば良い

ゆっくり行きますね

 

proco ratの製作05

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratを自作改造する

その第5話

完成編

こんな感じにしよう

 最近はデザイン優先か?

IMG_9948

レイアウトを考えて何度もケースに合わせてみる

RatのコピーmodでCatって単純すぎるよな(×_×;)

ケース加工

IMG_9951

アルミケースに穴を空ける

センターポンチを打って、ドリルで穴を空けて、リーマーで大きくする

ステッカー

IMG_9955

表面に貼るステッカーを印刷して

IMG_9960

張り付けて穴のところをカット

IMG_9977

先ずは入出力ジャックとフットスイッチを取り付けて、スイッチ回りから配線し、ハンダづけをする

次回はLEDを一番先に配線すること(自分に言ってます)

今回学んだこと

IMG_0002

長年、電源回りって配線しにくいなあ、って思っていた

先にケーブルをハンダ付けしてから入れればいいんや!

次回は熱圧縮チューブを先に入れること(自分に言ってます)

IMG_0080

どんどん配線して

IMG_0084

基板の裏が他の金属部分と接触したりしないように、グルーガンを使ってアクリルなどの絶縁物を貼付ける

何かの電化製品を買ったときの包装物でも充分

出来上がり

IMG_0087

試行錯誤を繰り返し、オペアンプの帰還にもLEDを入れた

Gain下のスイッチでそのLEDのOn/Offができる

めちゃめちゃ歪ませたいときに、このLEDをONにするとコンプ感が増してそれっぽい?感じになる

LEDは演奏に合わせて光る

Cat-Led

なかなかいい感じ

表面はブルーのLEDだが内部にはクリアウオーターのLEDを接続してある

備忘録

deji-Dist

C3はソケットにしたが、現状100Pのまま

C6とR9はLandgraff-Modにならって逆につけた

D1,D2は1N4148にした

RV2は100KΩCカーブを逆につけてToneとした

R11はアースに落とさず、ジャンパーでBiasにつないだ

Q1はソケットにした、とりあえず2N5458

前述のように、オペアンプの帰還、2番と6番の間にLEDを入れてスイッチでOn/Offができるようにした

これ!予想を遥かに上回ってすごくいい!

ボリュームのつまみはもうちょっとカッコいいのに交換しましょうね

最後までありがとうございました

 

proco ratの製作04

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratを自作改造する

その第4話

前回、ダイオードクリッパを試して迷宮入りし

その後膨大な実験を繰り返した

途中経過は多すぎて書けない

回路についての実験

deji-Dist

R4−1MΩ

ランドグラフのMo-Dでは外されている

やってみるとパッシブのギターだとトレブルが少し増える感じがする

これはオペアンプの入力インピーダンスの変化によるものと思われる

この回路だと入力インピーダンスはR4−1MΩR5−1MΩの並列合成値500Ω以下になると思われる(C8-1000pFも影響するので)

しかしながら、取っ払うとスイッチングのポップノイズの心配もある

私の場合はどこかにバッファーをはさんで、インピーダンスを下げるに違いないのでR4−1MΩは残すことにした

この2本の抵抗を2MΩにする手もあるが・・

R5−1MΩ

この回路では、R6-1kΩの手前につながっているが、R6-1kΩの向こう、オペアンプの3番に直接つながっている回路図もあった

やってみたが、違いが分らず、このままで行くことにする

C5-100pF

オペアンプの帰還に入っているC5-100pFで歪ませたときの耳障りな高音をカットしている

オリジナルのRatでは51pFか

この部分はソケットにしておいて完成後にも試せるようにした

R11−1MΩ

この回路ではFETのゲートからアースに落ちているが、ネットの回路図によっては1/2Vccの落としてあるものもある

試してみると・・

音の出方が違う!!

1/2Vccの方がすっきりしているように感じる

アースに落とした方がしっかりした音?言葉で表現するのは難しい

先にFETを比べてみよう

2SK30A-Y

キットに付属のパーツ

これをデフォルトとしてモディファイしていこう

2SK117など

2SK117・170・184など、色々試したがいずれも歪み過ぎたり、チーチー細くなっていく

2N5458

オリジナルのRatは2N5458らしい

これでないとダメだという情報もあり、取り寄せた

IMG_0016

国産のFETとは足の順番が違うので、写真のように工夫して取り付けた

なるほど、デフォルトの2SK30A-Yより歪み感が少なく、かつ太くなる傾向で、いい感じ

 2SK30A-GR

大番狂わせ登場

いつも使っている2SK30ATM-GRが、これが番狂わせ

すごくいい

2N5458とどっちにしよう?

何しろ大番狂わせなのだ

・・・つづく・・・

 

proco ratの製作03

ギターの音を歪ませるエフェクター

ディストーションProco Ratを自作改造する

その第3話

昨日の記事でダイオードクリッパーを試した

オーバードライブモード

こちらの松美庵さんの記事ではオペアンプの帰還(2番と6番の間)にLEDを入れたオーバードライブモードを追加している

試してみると、当然のことだがオリジナルとは全く別物になる

音量が上がり、音も太いがサスティンは減る傾向

オーバードライブ風に使うなら、これはこれでいいのだが、今回のRAT-Project?のコンセプトからは離れるかな?

ところが!

W-クリップ?

昨日のD1、D2のダイオードでクリップさせ、さらにオペアンプの2番と6番の間にLEDを入れてクリップさせると

deji-Dist

コンプ感が増して、サスティンも伸びる

これ、面白い

実験やり直し

実は出力部のFETも同時に色々交換して試していたが

このW-クリップを採用するなら、昨日のクリッピングダイオードも含めて、実験をやり直さないといけない

LEDの種類によっても印象が違う

IMG_9878

LEDは赤色でないとダメだと思っていたけど・・

ハードに歪ませるなら青色もいける

その他の色も個性が違う

帰還にシリコンやゲルマニウムのダイオードを入れている改造記事も見つけた

D1、D2との組み合わせになると、何通り考えられるだろう

わあ、どんだけ試さなあかんねん!?

頭クラクラする

ふう

自作の道は遠くて険しいなあ

 

proco ratの製作02

ギターの音を歪(ひず)ませるエフェクター

Distortion(ディストーション)の部類に属するProco Ratを自作する

その第2話

デジットで買った基板で手っ取り早く

IMG_9555

ハンダづけした基板

お菓子の空き缶などを利用してインプットとアウトプットのジャック、ボリュームなどを固定

向こうに見えるのはブレッドボード

IMG_9759

パーツや定数を変更したいので

部分部分でソケットにしたり、空中配線して実験をする

ブレッドボードでパーツをとっかえひっかえチェックする

IMG_9756

組み上げて直ぐは音が出なくて焦った

最近、音が出ないなんてことなかったから

空中が多すぎたね

こういう時は頭を冷やす必要がある

2〜3日放置してからいろんなところをチェック

私もミスってたけど、メーカーの回路図もちょっと間違ってる

説明書どおりに作るなら何の問題も無いのだが

音が出た

すごくいい音

低域も高域もちょうどよく出ていて、かつ太い音

中域の鼻のつまった感じもよろしい

思い切り歪ませても太くていい音

Ratってやっぱしいい音だったんだね

昔持ってたヤツはハズレだったのかな?いやいや、何かが違ってたんだと思う

ダイオードクリッパー

先ずはダイオードクリッパーから選び直してみよう

http://www.kyohritsu.jp/eclib/DIGIT/KIT/distortionkit.pdf

deji-Dist

共立のpdfの回路図D1、D2のダイオードでクリップさせて歪みを作っている

このダイオードを色々試してみた

IMG_9879

1S1553

キットに付属のパーツ

これをデフォルトとしてモディファイしていこう

1N914

オリジナルのRatは1N914であるらしい

1S1553とよく似ている 聞き比べないと分らないくらい

1N4001

整流用ダイオード Zendriveの時もそうだったが、上の2つよりも太い音で好み

整流用ダイオードはシリコンより歪み感が少なく感じる

1N4007

整流用ダイオード 上の1N4001が50V1Aに対して、1N4007は、1000V1A

4001とよく似ているがこっちの方が丸い感じ 4001の方がトレブリー

1N4148

お、これだな!と感じた

芯のある音で良く歪むところもいいが、ギターのボリュームを絞った時の感じが好み

914より4148かなあ

LED

音量がぐっと上がる

オペアンプの帰還にクリッパを入れたオーバードライブ系のLEDの歪みは好みだが、この回路には合わない気がする

その他

各ダイオード3本を非対称にしたり、色々なダイオードを組み合わせたりもした

Zendriveで試したMOS-FETの2N7000とダイオードの1N34の組み合わせも試した

が、この回路には4148-2本の対称が良い気がする

LandgraffのMo-dというRatモディファイモデルは1N4148の対称、非対称をスイッチで切り替えられるようになっているようだ

1N4148-3個で非対称にすると、音量が上がるが歪み感は少なくなる

今回のRat改造版はハードに歪ませて使いたいと思っていたので、非対称は必要ないような気もする

どっしょっかなあ

今日はここまで

 

proco ratの製作01

エフェクターでござる

Proco Ratはギターの音を歪ませるDistortion(ディストーション)の部類に属する

歪みものは多数所有しているが、これまでマイルドなOver Drive系を好んで来た

最近、もっと歪んでくれるDistortion系が好きになって来た

BossのDS-1Xも買ったしねえ

IMG_7806

歪み(ひずみ)

有名な歪みものといえば

OverDriveではOD-1とかTS-9とかOD-808とか

DistortionでいえばMXRのDistortion+に始まってBoss Ds-1、そしてこのProco Ratsだろう

Pro Co RAT

1978年にプロトタイプが製造され、79年から量産されるようになったようである

どんどんモデルチェンジされ、RAT2、Turbo RATなども発売された

私は再生産された、でかいケースのVintage Ratを所有していたことがあったが、使いこなせず売却した経緯がある

「当たりのRat」などという言葉もあり、ばらつきのめっちゃ多い製品でもあるらしい(ホントかなあ)

自作して正しいRatを手に入れようと思った

デジットのkit

こういうKitを見つけた

http://www.kyohritsu.jp/eclib/DIGIT/KIT/distortionkit.pdf

DelayのKitを紹介したときに見つけたのかな?

回路的には完全にRat、それも結構忠実に古いタイプ

作ってみよう、そうしよう!

 共立エレショップに注文

IMG_9510

ついでにいろいろ注文したよ

ワクワクする

基板

IMG_9555

両面に印刷された美しい基板だ

ゆっくり楽しんで行きますね