「食べ物」カテゴリーアーカイブ

つばめグリル

カンブリヤ宮殿で観て、一度行ってみたかったんだ

そう、行ったことなかった「つばめグリル」

そして、「つばめグリル」といえばこのメニュー

「つばめ風ハンブルグステーキ」

「ハンバーグ」ではなく、あくまで「ハンブルグ」だと言いながら

カンブリヤ宮殿に出演した社長!

何度も「ハンバーグ」と言ってたなあ、かわいい!

つばめ風ハンブルグステーキ

image1

ハンブルグステーキにたっぷりの自家製ビーフシチューをかけた当店の看板メニューです。

とのこと

アルミホイルで包んで一緒に煮込み、ホイルごと提供される

自分でホイルを開くのも楽しいな

焦って写真が下手くそだけど、付け合わせのポテトもオーブンで焼いた?本物

アルミホイルの中でハンバーグとビーフシチューが蒸し焼きにされていてたいへんよくできたメニューだと思う

美味い、香りもたいへん良い

厳しい目でレポートすると・・

ハンバーグステーキにご飯かパンがついて、税込みだと1400円超

カンブリア宮殿で紹介されてから?値上げがあった?との噂?

よく分らんが、すんごくマイナスポイント

ハンバーグはすごく美味しいけど、ご飯がイマイチ?かなあ?と思った

好みもあると思うが、洋食ランチにふんわりご飯は必須!

総評

ハンバーグがすごく新鮮に感じた

すんごく美味しい

ポテトにバター塗って食べたかったな

次回行くなら「ハンブルグとパンと赤ワイン」で腰据えて食べ、呑みましょう

どんな総評やねん?!

 

ラズベリーカスタード

ハーゲンのクランチークランチシリーズの期間限定商品

うわあ、久しぶりのハーゲンだ!

「最近、ハーゲンの記事がないですが、お元気ですか?」といった激励?のメールなど頂いたりして・・・

ご心配をおかけして申し訳ない!

漬け物食ったり、ビール飲んだり、エフェクター改造したり、よよおっし!ハーゲンも食べよう

ラズベリーカスタード

img_1179

これも期間限定

期間限定に弱いんだよ

メーカーのHPより

クランチークランチ『ラズベリーカスタード』

滑らかなカスタードアイスクリームにラズベリーソースを加え、

サ クサクとした食感が楽しいフィアンティーヌと乾燥ラズベリーを散りばめたラズベリーチョコレートでコーティングしました。

卵とミルクのコクが豊かなカス タードと甘酸っぱいラズベリーのハーモニーに加え、

クランチークランチならではの食感のアクセントが楽しめます。

※フィアンティーヌ…薄く焼き上げたクレープ生地を細かく砕いたもの。

img_1181

 食レポ

ファーストインプレッション=ぱりっと甘酸っぱい

サクサクぱりっとのコーチングはラズベリーの酸っぱさのあとにチョコレートの甘さが来て美味い!絶妙!

若い女性はこれ絶対好きやろうな!って味

おっさんが何言うとんねん?!すみません_ _))

アイスの部分は濃厚なカスタードアイスクリーム

中に甘酸っぱいラズベリーソースが入っいて素晴らしいアクセントになっている

甘さと酸っぱさが絶妙のバランスで美味い

いつものことながら絶妙のバランスで、さすがはハーゲン!

誤解を恐れずにレポすると・・・

クランチークランチシリーズは同じハーゲンのカップなどに比べると、ほーーんの少し「ジャンク」な感じがあって

そこがまた美味いんだよなあ

アイスバーだからそういう味付け?も加味しているのかも知れない

さすがはハーゲン!の期間限定!美味いです

若い女性は必ず好きな味?

 

村上重本店胡瓜のしば漬け

漬け物の記事、久しぶりだな

村上重本店の漬け物は「ちりめんすぐき」「胡瓜の京高瀬」「京高瀬」、「さくら漬」「小かぶら風味漬」に次いで6つ目

カミングアウトします

ある日、しば漬けが食べたくなった

スーパーで適当だと思われるしば漬けを買って帰った

ところが!

決して不味いわけではないのだが・・・

うーーん、味が濃すぎるのもあって・・箸が進まない

そのまま冷蔵庫の肥やし?になってしまった

舌が肥えたのかなあ・・・

リセットしなくてはいけないのだが、こういう嗜好品?に限っては好みがあるから仕方ないよなあ

そして、ある日、デパ地下に寄って買い直した

村上重本店胡瓜のしば漬け

img_1141

この漬け物は初級者?向きかも

漬け物初心者でもめっちゃいけると思う

img_1153

調味液に漬けた現代的な漬け物

しば漬けの本来は「なす」の乳酸発酵だと思うが、こちらは胡瓜のみを梅酢で調味されている

しば漬けは、これまで「土井」「志ば久」を食べて記事にしたが、それらとはコンセプトが異なる

あちらをトラディショナルとすれば、こちらはコンテンポラリー

ぽりぽりぽり、と食感がすごく美味い

ご飯わっさわっさいけます

村上重本店

村上重本店の商品はおしなべてコンテンポラリー色が濃い印象

色々意見はあると思うが、私はゴスも含めて、トラディショナルもコンテンポラリーもどっちもいけます

なんのこっちゃ

 

埼玉づくり 千葉づくり

記事にするのを忘れていた

やはり記録はちゃんと残しておくことにする

こんな記事でも「ビールの背面のメッセージまで写真で見れて楽しんでるんですよ」なんて人もいて・・・

うれしい限り

埼玉づくりと千葉づくり

2つとも都内で購入したもの

img_1016

埼玉づくり

img_1023

アルコール度数5.5%ながら、たいへんバランスの良いビールだった

イラストは埼玉アリーナなんだね

千葉づくり

img_1027

菜の花色の一番搾りですか・・

すっきりとしながらも、濃厚な味わいだった

48都道府県の一番搾りはどれもよくできている

やるな、キリン

 

ごはんのともキュウ

スーパーでこんなのを見つけた

ごはんのともキュウ

img_0917

きゅうりのキューちゃんのコピー商品か?

これは買わざるを得ない(意味分んない)

それも本家?と比べてみなければいけない!

本家?と並べてみる

img_0920

パッケージも全く違うし、コピー商品ではないようだ

食べ比べてみよう

右がきゅうりのキューちゃん

左がごはんのともキュウ

img_0930

きゅうりのキューちゃん

img_0936

食べ慣れているから?美味い

カリカリとした食感がたいへんよろしい

特に舌が肥えてしまったときのリセッターとしては、欠かせない存在となっている

ごはんのともキュウ

img_0933

きゅうり以外にゴマや昆布なども入っている

きゅうりのキューちゃんに比べると、色が少し薄い

味も少しマイルドな感じがする

食感はほんのわずか、こちらの方がやわらかいが、十分にカリカリしている

両方とも美味い

ブラインドテストだったら分らないかも知れないな

キューちゃん原材料

img_0926

ともキュウ原材料

img_0922

ちなみに・・・

キューちゃんは100gで110〜120円くらい?

ともキュウは110gで90円くらい

判定:ドロー!

判定がもつれ、ご飯2膳食べた

 

京都で焼き秋刀魚

今年は秋刀魚が不漁などと言われていた

そういうバッドニュースはすごく流れるのに・・・

9月に入ってからの秋刀魚漁はたいへん好調であるらしい

こういうグッドニュースはあんまり流れないんだよなあ

価格も安定して来てうれしい限り

この時期しか味わえない庶民の味?

秋刀魚の塩焼き

img_0880

秋刀魚の塩焼きってホント美味いよね

大根おろしがあるとさらに美味い

レモンとかかぼすとか絞ってもGood!

今日はシークワーサー、酸味が少なくて甘くて、これは案外合う!

焼くのが面倒だとか、匂いが・・なんて言う人もいるらしい

頭と内蔵を落として(落としたものを買って来て)フライパンで蒸し焼きにしてもすごく美味いよ

そして京都

IMG_0119

6月に頂いたもの

まだ飲んでなかったんかーーははははー(髭男爵でお願いします)

IMG_0125

もったいなくて飲めなかったんだ

このビールは一番搾りではない

すごくもわーっとしてます

めっちゃふくよかで、甘い(誤解のないように)

今日は、その「京都」で秋刀魚を頂きました

京都

学生時代は京都で過ごした

外食することが多かった

定食屋に行っても居酒屋に行っても、この時期は必ず秋刀魚の塩焼きを注文した

その頃、頻繁に行っていた店で毎回「秋刀魚の塩焼き」を注文していたら

いつしか私は「さんまちゃん」と呼ばれるようになっていた

ちょうどその頃、私は明石家さんま氏に憧れて?いたので、かなりうれしくて、その店に足しげく通った

なっつかしいーなー

 

おべんとう「秋」

今日は良いネタが見つからなかった

昨日のRizinの結果などについては、ネットニュース等を見てもらった方がいいと思うし

なので先日のイベントで出たお弁当

崎陽軒のおべんとう「秋」

img_0753

きのこご飯を中心に秋を感じさせる食材?

崎陽軒の焼売も入ってた

img_0756

私、炊き込みご飯が好きなもので・・・

へへへ

ちょっとテンション上がって、イベントも上手くいったように思う

ご飯、大事だよね!

 

甘いカレーが食べたくなった

甘いカレーが食べたくなった

なぜそう思ったかは分らんが、身体が欲するものを食するのを信条としているので食べる

甘いカレーを1から作る気にはならないので、レトルトで行っとこうと思った

そういえば「ボンカレーゴールドが美味い」と噂に聞いていて、1度食べてみたいと思っていた

普通のボンカレーは何度も食べていたが、ゴールドは未体験だった

ボンカレーゴールド甘口

img_0817

フルーツチャツネの優しい甘さ、だってさ

img_0823

食べてみた

辛くない(当たり前)

うーーん

昨年11月から12月頃にレトルトカレーの記事をいくつか書いている(下のカレーのタグ!で検索できます)

いずれも中辛であったが、なかなかの味だったような記憶がある

これはーーー

不味くはないんだ、不味くはないんだけどね

甘さもしつこくなく、なかなかだと思うのだが・・・

中辛の方が美味いな・・・

私は何を言ってるのだろう?

甘いカレーが食べたくなったんだろ!

だったらいいぢゃないか!

あれ?甘いカレーが食べたくなったのはなぜだろう?

どうしたというんだ!

バカ!バカ!バカ!

 

オタフクお好みソース:お好み焼きたべたい!

またまた頂き物でござる

何時もかたじけない

オタフクお好みソース:お好み焼きたべたい!

img_0805

関西のお好み焼き好きのお客様1000名と共同開発

と、書いてある

img_0807

新商品?あるいは限定商品なのかな?

img_0809

スタンダードオタフクソース

img_0811

img_0814

今回の商品の原材料の違い

今回の商品をNew=N、今までのオタフクソースをStandard=Sで表記する

Nにはタマネギが含まれていない

糖類でNは砂糖が、Sはブドウ糖果糖液糖が優位

Nに、Sには無いウスターソース、醤油が含まれている

えーーーっと、もうめんどくさい

食べ比べてみた

img_9092

どっちも美味い

比べてみないと分らない

Nの方が粘度が低い

甘さはNの方がさっぱり、酸っぱさはSの方が強いか?

Nの方が出汁の感じが強いかもしれない

「関西のお好み焼き好きのお客様1000名と共同開発」というのが頷ける

やっぱりというか、オタフクは間違いない!

美味でござった

ありがたき幸せ

さんきゅでござる

ラスト東京づくり

巷(ちまた)にはもう出回っていないと思う

限定醸造の東京づくり

見つけてしまった

ちょっと悩んだ

5月下旬の製造

そんな古い?ビールは通常なら避ける

でもなあ

この東京づくりに私はドはまりしてしまった

そして、もう出会えないかも知れないのだ

リスクを承知で買った(大げさじゃのお)

img_0773

行け行けどんどん

箱買いなのだ

東京づくり

一口目に香る、麦芽・ホップのさわやかさ

そして、ちゃんとビールのコクや苦さがあって

キレが抜群!

惚れてしまったのだよお

img_0776

いつもの6缶づつになってるパックじゃなかった

こんなのもあるのねえ

もうしばらく、東京づくりを楽しませて頂きますのです