「食べ物」カテゴリーアーカイブ

京都づくり

またまた頂いてしまいました

ありがとうございます

京都づくり

IMG_0119

なんとうれしいことよ

IMG_0125

ほんまもんが分るのが、京都の人。

京都の皆様と、地元のことを語り合いました。

京都の人のしあわせな時間に、一番似合うビールをつくるために。

目指したのは、華やかな香りと上品な味わいの、

四季折々の食に合う本格的な一杯。

はんなりを感じる京のほんまもんと

呼ぶにふさわしい一番搾りです。

京都支社長 横山良範

滋賀工場製造

京都

学生時代、京都に住んでいた

夏はめっちゃめちゃ暑い

冬はすんごく寒い

物価が高い

交通の便が悪い

あ、良いことも書いとかなきゃ

ラーメンがうまい

パンも美味かった気がする

繁華街が河原町周辺に集中していて迷わない

車があればたくさんの世界遺産に行ける

京都に住んでいると言うと、なぜか?うらやましがられる

歴史が深く、不思議な場所やね

もったいなくて飲めない

今、冷蔵庫に

スタンダードな一番搾りと東京づくり

横浜づくり、千葉づくり、取手づくり、滋賀づくり

そして本日、京都づくりが仲間入り

普通の一番搾りと東京づくりを交互に飲んでて、

その他はもったいなくて飲めないんだよお

うーーん、困ったなあ

 

ピタパン

トルティーヤ研究のためのステップである

ピタパンを買ってみた

IMG_0022

ピタパンは普通に小麦粉で作るらしい

ピタパンは本来は無発酵の平焼きパンであったが、現在はふくらせるために発酵させているものもあるようだ

トルティーヤは基本、無発酵

ピタパンはトルティーヤよりも厚めに作って高温のオーブンで一気に焼き上げることで膨らませる

大きく膨らんで焼き上がると中がポケット状の空洞になり

そこに色々な具を入れて食べるというわけだ

IMG_0025

スライスチーズ、チキン、トマト、キャベツをケチャップ、マヨネーズで味付けした

うん、これもいいい

袋状になっていることで、ソースで手が汚れることが防げる

ちょっと分厚いので、重く感じる

ピタパンより少しパリパリ目!に焼いた方がいいいかも?

中の具も濃いめに味付けた方がいいかも?と感じた

つまりは軽さがトルティーヤの魅力なのかも知れないな

研究は着々と進んでおります

 

村上重本店胡瓜の京高瀬

最近、漬け物に興味が出てきた

先月食べた「村上重本店ちりめんすぐき」が美味かったので、ちょこっと調べていたら

村上重本店の商品では「京高瀬」というのが人気らしい

食べてみるしかないな

胡瓜の京高瀬

IMG_9917

いわゆる「デパ地下」で買ってきた

京都店限定と書いてある記事もあるが、なんのことはない

銀座三越の地下で売っている←まちがひ

柏の髙島屋で買った

IMG_9923

胡瓜のみという点が男らしい

梅酢味で、ぱりっぱり!

歯ごたえが良くて、うす味で、いくらでも食べられる

先月食べた「村上重本店ちりめんすぐき」は中級者以上向けであったが

これは初心者でもいけそうだ

いや、初心者のときからこんな美味いの食べたらあかんな

R18指定とかにしておいた方がいいだろう

どうしよう

めっちゃ美味いやんけ!

村上重本店

どうやらすごい有名な老舗らしい

若女将?が綾鷹のCMにも出演している

ayataka

一応CMも張っておきます

調味液で作った現代的な漬け物、文句無しに美味い

ハーゲンみたいにハマらないように気をつけないと

 

ソルティバニラ&キャラメル

タレ込み

またまたタレ込みがあった

ソルティバニラ、オススメです♪

ふふふ、美味しかったでーす!

もう、困ったなあ!

前から気になってたんだよなあ

マカデミアバタースカッチの時

塩っぽいアイスも美味いな」って思って

このソルティバニラっていう名前がすごく気になっていた

でもね

アイスばっか食べ過ぎでしょ?

違法ではないが不適切かな?って自粛してました

タレ込みされたら仕方ないなあ(意味不明)

ソルティバニラ&キャラメル

IMG_0048

ペッケージのこれ、バニラの花なんだって!

メーカーのHPより

ロレーヌ岩塩を使用したほのかな塩味のソルティバニラアイスクリームに、

ほろ苦いビターキャラメルソースを混ぜ合わせました。

バニラアイスクリームから感じられる塩味と

キャラメルのほろ苦さがアクセントになり、

濃厚な味わいと共に感じられるすっきりとした後味が

これからの季節にぴったりです。

食レポ

パッケージを開けた瞬間は、普通のバニラと変わらない風貌

ファーストインプレッション=塩バニラの甘塩っぱい感じが、うんまーい!

スプーンですくった跡に、たっぷりのキャラメルのつぶつぶが見える

キャラメルは濃厚、塩バニラはすっきり

キャラメルのつぶが、舌の上で溶けて行くときが美味いと思う

急いで食べないで、少しづつ溶かしながらゆっくりと食べていただきたい

これも、間違いないハーゲン、美味いです

IMG_0053

卵黄も入ってるのかあ、濃厚やもんなあ

閑話休題

さらなるタレ込み情報

先日紹介した金春湯

IMG_9985

タレ込み情報を頂いた

私、実は入ったことあるんです

夜の女湯は銀座のママさん達が出勤前の身整えに入ってて

妖艶なんですよ~

おお、貴重な情報だ

一昨日もTVで銭湯のリアルなドキュメンタリーが放送されていた

銭湯ブームが来るかも知れないな

タレ込み、サンキュの巻!

 

取手づくり・滋賀づくり

またまた頂き物

「出張に行ったので買ってきました」

と、新しい滋賀づくりと取手づくりを頂いた

IMG_0030

この方には前にも頂いている

お仕事で滋賀と取手に行かれる機会があるのですな

いつもいつもありがとうございまする

お仕事ご苦労様でございます

セント酒的に言うと

「申し訳ない!」

もったいなくて、そう簡単には飲めません

飲むときはそれなりのアテを用意して

正座で頂きます

IMG_0035

とある酒を扱う店のショーウインドウ

IMG_0706

すげーーー

これ、欲しーー

当てたい!当てたい!

当たりた〜い!

ハガキにシールを貼って

IMG_9866

12点で一口なので

36枚集めてやっと3口応募

祈願

私はこのハガキを、

大安とか一粒万倍日とか、いい日を選んで

良い方角を調べて、その方角のポストに行って

投函後はポストに向かって1礼2拍手1礼「当たりますように」と祈願している

だって当りたいんだもん!

当たったら

大きな日本地図を買って(売ってるかな?)

そこに全部並べて記念写真を撮りたいなあ

皆様ご協力よろしくお願いします

そして、ありがとうございました!

 

東京づくり

6月7日発売

速攻買いに行った

東京づくり

IMG_9964

東京の誇りを限定醸造、とある

右肩に東京都の形

IMG_9975

横浜は青だったが、東京は黄色、と思いきや「クチナシ色」なんだって

『夢を持って集まった人を一歩踏み出す気分にさせる、世界に誇れるTOKYO一番搾り』というコンセプトらしい

グラスに注ぐと

IMG_9972

色は普通の美味そうなビール

香りは普通の一番搾りより豊かな感じ〜注いでいる時から美味そうな香り

食レポ?

アルコール度数は5%と通常どうりだが、麦芽のコクが濃厚

いつもの一番搾りより、ちょっぴり苦味も感じる

一番搾りとラガーの中間くらいかな

でも原材料は、麦芽、ホップのみ

これが東京のイメージなのかあ

IMG_9967

つねに、新しくありたい。

それが東京の人。

東京の皆さまと、地元のことを語り合いました。

東京の人のしあわせな時間に、一番似合うビールをつくるために。

目指したのは、夢に燃える東京の人を応援する、

世界に誇れる一杯。

香りもうまみも充分な、東京のための一番搾りです。

東京支社長 高橋正富

横浜工場製造

新しい横浜づくりの食レポがなされていないことに気がついた

同じ横浜工場製造でも全く違うビール

左下のイラストも可愛い感じであるが、そのイメージとも違う

可愛い感じではなく、

古き良きラガーを麦芽とホップで作りました

って感じだと思う

信じるなよ!

 

キャラメルクラシック(クリスピーサンド)

もはやハーゲン依存症かも知れぬ

あかん、食べ過ぎだとは分っているのだが・・・

クリスピーサンドシリーズは、タヒチバニラショコラベリーに続いて3つめ

キャラメルクラシック

IMG_9909

メーカーのHPより

甘さと苦みのバランスが絶妙なキャラメルアイスクリームに、

ビターでキレのあるキャラメルコーティングを組み合わせ、

サクサクッとしたウエハースでサンドしたアイスクリームです

ほどよく苦みをきかせることで、

香ばしいコクのあるキャラメルの味わいを最後まで楽しめます

 食レポ

ファーストインプレッション=うわあ、美味い!

外側のウエハースはサクッ!

アイスをコーティングしているチョコレートはパリッ!

中のアイスクリームはハーゲンの濃厚なバニラミルク?甘い!

かといって甘すぎると感じないのはキャラメルのほろ苦さが作用してるのだと思う

もう、「美味い」としか表現できない

ちゃんと食レポできないのは情けないけど、これは「美味い」と言う以外に表現方法が見つからない

IMG_9912

今まで食べたハーゲンの中で何番目か?と問われると即答は難しいが

上位に食い込んで来ることは間違いないだろう

困った

ハーゲン依存症だ

 

赤志ばの卵かけご飯

これ!すごいぞ!

赤志ばの卵かけご飯

2週間ほど前の記事で「ちりめんすぐきの卵かけご飯」を取り上げた

漬け物卵かけご飯は相性がいいのかも?などと考えていた

志ば久の赤志ば

IMG_9755

先日購入した本格的なしば漬け

説明書

akashiba

 説明書の「おいしい召し上がり方」

洗わないで、なるだけ細かく刻んで少々お醤油をかけてお上がりください。

お好みでかつお節やちりめんじゃこや納豆を混ぜても美味しいです。

これに従って作ろう!

卵かけご飯3ヶ条

1. 卵の黄身と白身は分ける

2. 黄身に醤油はかけない

3. 熱々のご飯と白身だけを混ぜる

3ヶ条を守った卵かけご飯に、細かく刻んだ赤志ば、かつお節を乗せた

赤志ばの卵かけご飯

IMG_9770

白身に醤油をたらしていただく

これ!すごーーい!

しば漬けの酸っぱさと醤油と白身が混ざるとたまりまセブンス!

白身ってこんなに美味いんだね

むっちゃ美味ーーーい!

 

ストロベリーバナナ

だからあ、アイス食べ過ぎやってー

分ってるってー

ストロベリーバナナ

5/24から期間限定で新発売!

期間限定に弱いな

IMG_9803

メーカーのHPより

人気のフルーツ“苺”と“バナナ”が、

夏らしくコラボレーションしました。

苺の酸味がみずみずしい、果汁たっぷりのストロベリーソルベ。

バナナアイスクリームは、

糖度の高い高地栽培の完熟バナナとミルクを合わせて、

濃厚ながらもやさしい甘さに。

めくるめく華やかな味わいのコントラストを、どうぞお楽しみください。

食レポ

パッケージを開けると、バナナの黄色とイチゴの赤がぐるぐる渦巻き

何でもかんでも「かわいい!」と連呼する女子のようにはいかないが、

なんだかテンション上がる♡

ファーストインプレッション=めっちゃバナーナ

子供の頃食べたバナナミルクアイスのイメージもあるが、ハーゲンが仕上げると、こうなるんだな

あとからイチゴがやって来る

イチゴの果実感も充分にあり、甘酸っぱくてさっぱりしている

バナナの濃厚な感じとイチゴの甘酸っぱい爽やかな感じの押し引き?のコンビネーションが絶妙

コンビネーションはハーゲンの真骨頂!

美味いです

IMG_9806

これは「アイスミルク」の範疇なんだな

だからかも知れないけどいつもハーゲンを食べて感じる「高級感」はちょっと薄い

でも充分に美味いです

ハーゲン!です

 

 

横浜づくり2016

またまた頂き物

ホントありがとうございます

一番搾り横浜づくり

IMG_9799

シールもサービスでいっぱい貼ってある

ありがとうございまする

パッケージも以前のものとは違っている

今年の缶は、ラベル右上にその都道府県の形のロゴが入っている

裏面は大きく違う

IMG_9800

裏面には横浜の象徴「赤レンガ倉庫」のイラストと、横浜づくりのコンセプト?が書かれている

横浜づくり

新しいものに敏感な横浜の人を、ハッとさせるビールって?

工場のみんなで、地元のことを語り合いました。

横浜の人のしあわせな時間に、一番似合うビールをつくるために。

歴史と異文化が融合する横浜のような洗練された味わいの一杯ができました。

横浜だけの一番搾りを、

ぜひお楽しみください。

横浜工場醸造長 岡田義宗

前の横浜づくりの記事も比較すると楽しいし

あらためて味わってみましょう

サンキュ!