「Electronics」カテゴリーアーカイブ

Tone Stack研究05

新しい「エレアコ用のプリアンプ」を構想中

研究が進んでいる

ToneStack

今回はToneStackの回路を使って組んでみたい

ToneStackの性格?を知る必要がある

自分用の確認として記述

ToneStackはパッシブのフィルター回路なので、どこかの周波数を強調したりはできない

減衰させることのみできる

基本的にミッドが削られた、真ん中が谷になった周波数特性になる

上の図は、Duncan Tone Stack CalculatorというWindowsで動作するフリーのプログラム

ToneStackの動作が見られる便利なアプリのようだが、うちはMacなので使えない

残念でならぬ

参考になるページ

How The TMB Tone Stack Works

まずはこのページで勉強した

ちょっと大雑把な感じもするが、初心者?にはこの辺りから始めるのが良さそう

Tone Stacks: Fender Bassman 5F6-A vs. Marshall Model 1987

このページから3話は熟読した=すごい!

Tone Stack for Guitar Amplifier Reference Design

テキサス・インスツルメンツが提供する回路図

設計の考え方、テストデータまで提供されている

さらに自分用に記述

MIDDLEを10にしてTREBLEとBASSをゼロにした時、周波数特性は一番フラットに近くなる

その時信号は−10dB程度以上減衰されているので、その前、または後で増幅してやる必要がある

R1はスロープ抵抗

R1を小さくするとフラットのときの減衰量を少なくできる(ローミッドが強調される)

また、R1は削られるミドルの谷の低音側の傾斜(スロープ)を決める抵抗で、Slope Resisterと呼ばれる

それによってミドルの谷の中心周波数も変化する

C1で高音を調整

C1を大きくすると削られる周波数の上限が低い方にシフトする

なので、C1を小さくすると高音のみが強調されることになる

C3で中音を調整

C3を大きくすると削られる周波数が低い方にシフトする

C2で中音を調整

C2を大きくすると低音のみが強調されることになる

各アンプモデルのToneStackの定数について比較してみる

  1. Fender Bassman 5F6-A
  2. Marshall JTM45
  3. Fender Twin Reverb
  4. 土日で作るエフェクター(リットー)Vintage Tone
  5. YAMAHA F-100
  6. Texas Instruments Tone Stack for Guitar Amplifier
R1 C1 C2 C3 VR1 VR2 VR3
5F6-A 56k 250p   0.02u   0.02u 250k 1M 25K
Marshall  33k  500p  0.022u  0.022u  250k 1M 25K
Twin  100k  250p    0.1u  0.047u   250k   250k  10k
Vin-Tone  10k
3.5k
 1000p
3300P
  0.22u 0.1u   100k  100k  5k
F-100  10k  2700p  1.0u  0.5u  25k  25k  1k
Texas 33K 470p
940P
0.022u 0.022u 250k 1M 25K

注:以前の記事のF-100の回路図は間違っている

回路図は訂正していないが、記事を訂正した

 

Tone Stack研究04

新しい「エレアコ用のプリアンプ」を構想中

古いギターアンプなどに採用されているTone Stack=パッシブのトーン回路を生かして組んでみたい

Tone Stackをもっと深く研究してみよう

Tone Stack=パッシブのトーン回路

パッシブの回路なので、高音であれ、低音であれ、減らすことはできても増やすことはできない

でも、全体を増幅した上で要らないところをカットすれば、その他を増やしたことになる

檄鳴りのギターにぴったりではないか?と考えたのだ!

Fender Bassman 5F6-A

これを基本に考えて来たが

Marshal JTM45

マーシャルの伝統的な?回路?

上の5F-6とそっくり?

そのとおり!

レオ・フェンダーの回路をジム・マーシャルがそのまんまパクった?とされている

主な変更点としては

1.一番手前の抵抗が56kから33kに減らされ、

2.上のコンデンサーが250pから500pに増やされている

計算すると

1の変更によって、ローパスフィルターのカットオフ周波数が
5F6の142Hzから219Hzに引き上げられた

2の変更によって、ハイパスフィルターのカットオフ周波数が
5F6の2314Hzから1157Hzに引き下げられた

多分

カットされる谷の部分が狭く設定されたのではないか?と考えられる

さらにはこんなのも見つけた

Tone Stack for Guitar Amplifier Reference Design (PDF 1182 KB)

元々、真空管アンプの回路だったプリアンプ部だけを取り出し、 オペアンプICで組みなおしている

そして、回路図から設計の考え方、テストデータまで提供されている

テキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments )=世界的な半導体開発・製造企業であるから、信頼性が高い

うわあ、すごい!

1週間前の私の記事で、インピーダンスを1/10に下げた(理論上)回路を妄想していたが、

テキサス・インスツルメンツも定数は、ほとんど古典的なハイインピーダンスで設計している

Mid BoostスイッチをOnにすると、

ハイパスフィルターのカットオフ周波数は
5F6の2314Hzに比べると、大きく616Hzに引き下げられる

カットされるMidの中心周波数は479Hzとのこと

音を聴いてみたい

ああ、研究はどんどん迷宮に入って行くようだ

迷路なのだよ

ラビリンスなのだよ

でも、楽しいのだよ

 

Tone Stack研究03

新しい「エレアコ用のプリアンプ」を構想中

Tone Stackのパッシプのトーン回路を生かして組んでみたい

妄想で回路図を書いてみた

1段目で信号を約10倍に増幅して

ToneStackは、抵抗を1/10の大きさに、コンデンサーを10倍の値にすることで、

イコライザーの周波数はそのまま「同じ」になる(理論上)

その代わり、インピーダンスを1/10に下げることができる(理論上)

インピーダンスを1/10に下げることで、ノイズに強くすることもできるし

反転増幅で受けられるので、1段減らせる???

そのままバランスアウト出力にできれば・・・できるかなあ?

その下はチューナーアウト

余ったアンプで大好きな「電源バイアスも低インピーダンス回路」を作った

どうかなあ??

2段目の、反転で受けているところ、に無理があるかも?

知識の少ない「素人」なので、やってみないとわからない

そう、妄想なので、やってみないと分からないのだ

ダメかも知れない

でも、楽しいぞう

 

Tone Stack研究02

先日、テレビ朝日の取材を受けた

その取材が放送される模様

11/5(日)夕方6時くらいからの番組で

ちょろっと流れるようだ

ああ、恥ずかしくないかなあ

大丈夫かなあ?

 Tone Stack

ほとんど全ての(フェンダー以外でも)ギターアンプで同様な回路が使われている

伝統的、かつ、ギターにはこれ!という回路なんだろう

これはTwin Reverbなどで採用されているAB763と呼ばれる回路のTone部分

Fender Twin Reverb

めっちゃ有名なギターアンプ

私も大好きで、所有していたことがある

いろいろの機材で、このTwin ReverbのAB763が採用されているので、これがベストだと思っていたが

Fender Bassman

フェンダーアンプの名機と言われているベースマン

10インチのスピーカーが4つ搭載されていて

4-10(フォーテン)ベースマンと呼ばれた

ベースアンプだが、多くのギタリストが好んで使った

ハーピスト(ハーモニカ)で使っている人も多かった

応用が効くというか、元々がベースアンプなのでレンジが広いのだと思う

5F6-A

その5F6−Aと呼ばれる回路のTone部分を抜き出してみる

定数が違うのは前回の話からもわかる?ように、いろいろあっていい?のだが

Middleのボリュームの接続方法が違う

おお、気になる

研究

計算してみると

上の763Aより低音重視になっているように思われる

というか、

AB763はエレキギターに不要な低音をカットし、さらにミッドカットしてエレキギターらしい音を演出しているのに対し

5F6−Aは、よりフラットに近い(と言ってもかなり味付けされている)

でも、これは実際に組んで実験してみないと・・・

ああ、またクレイジージャーニーの長い旅が始まったなあ

〜〜〜〜〜〜〜

編注

5F6−Aは1957年に誕生、AB763は後出の1963年とされている

4-10Bassmanがギタリストに好まれたので、よりギタリスト向きにAB763のTwin Reverbを発売したのだと想像する

 

エネループで機材電源を作る02

数年前だったか、エネループのエフェクター用充電式電源が売られていたことがある

楽器系の雑誌などでは盛んに「めっちゃ良い」的なレポートをされていたが・・

実際的には評判が悪かった

その理由も解っているが、あえてここでは書かない

eneloop ニッケル水素電池 単3形

充電すると

仕様書によると、電圧は1.2Vになっているが

フル充電すると1.4Vあった

8個直列にすると11.2V出ている

私が使おうと思っている「エレアコ用プリアンプ」は、15Vくらいかけても大丈夫に設計しているが

1.2×8=9.6Vと思って、9Vのエフェクター用にとお考えの方はご注意を

昇圧用のIC、MAX1044などを使用しているエフェクターは確実に昇天するだろう(例えば、ケンタウルス)

プラスティックケース

電池のケースなので特にシールドの必要もなく、プラスティックでいいと思う

単三電池8本用のケース

実際にやってみたら

わっ、ケースが小さい?

斜めにしてめっちゃぴったしに収めましたとさ

完成

音に関しては、またの機会にゆっくりと報告する

電池の容量

2000mAhってことは・・・

2000mAだったら1時間流せますよ、っていう値

私のエレアコ用プリアンプ、20mA程しか流れていないから、100時間以上流せることになる

ホントかなあ

信じないでね

 

エネループで機材電源を作る01

ワンレフの1st Liveのダイジェスト映像!第2弾!

が公開されました。

こちら!

再生回数もうなぎ上り!

皆さん、ありがとうございます。

「おまけ」もあるよ!

機材への電源供給

私のギターを「激鳴り」にチューニングしてくれる

TSCの木寺氏から教えてもらった

「最近はエネループ直列8本で電源供給してるんですが、すごくいいですよ」

100Vの交流電源からの電源供給では、場合によってノイズが回り込むことがある

電池だと安定しているが、電池交換や管理がたいへんなので、アダプターを使って電源供給しているが

「エネループだと電流が2000ミリほどもあるので、瞬時のでかい音の時などにたいへん有効ですよ」

その時は「ふうーん」ぐらいで聞いていたのだが

エネループ

私、持ってました

あははは

ちゃんと8本ある

手前の単1、単2サイズは電池ではなく、後ろの単3サイズの電池にかぶせるカバー

単1、単2としても使えるように、の工夫だな

充電

めっちゃ時間かかる

すごい時間がかかるので、

今日はここまでにしておきます

さて、私は機材への給電装置?を、このエネループで作るのだろうか?

今でも十分なのに・・・

作るとなると、いろいろ面倒だぞ!

 

Tone Stack 研究

新しいエレアコ用のプリアンプの必要性を感じている

と、いうのも

先日のライブで使ったエレアコ用のプリアンプ

回路図も公表している

ライブにお越しの皆さま、ありがとうございました

楽しゅうございました

こちらに動画があります

プリアンプの今後の課題

このプリアンプ、いい音で頑張ってくれたのだけど・・・

後付けのMute Switchの位置が踏みにくく、

間違ってボリュームノブを触ってしまったりして

途中で音量が変わってしまったりした

スイッチの位置を変えるか、外付けにするか?

改造が必要である

当然ながら?ギター1本の入力と出力しかないので、ギター2本分には対応していない

なので、もう一台、作るか?

または、2本に対応した新しいプリアンプを作るか?

以前に紹介したフェンダータイプのプリアンプ

「土日で作るエフェクター」という本の記事を元に

ステレオ仕様でオペアンプで製作したもの

土日本のVintage Tone

トーン部分だけ抜き出してみた

トーン部分だけなので問題ないでしょう

このアンプにエレアコを通してみたところ、積極的な音作りができそうな予感

これは工夫次第で面白いものが作れるかも?

これの元になったと思われる、

 Tone Stack

ほとんど全ての(フェンダー以外でも)ギターアンプで同様な回路が使われている

伝統的、かつ、ギターにはこれ!という回路なんだろう

以前に使っていたエレアコプリアンプ

マグネットのピックアップとピエゾピックアップの両方を入力して

ふたつのサウンドをブレンドしてバランスラインに変換してP.A.に送り出す

±15Vの電源で動作

よくこんな面倒なことをしていたものだ

この時は確か、YAMAHA F-100のプリアンプ部分のトーンを採用したように思う

F-100

訂正

上のF-100のトーン回路図、間違っている

Bassに向かうコンデンサー1.0uFはB.P.

Midに向かうコンデンサーは1.0uFの電解を直列に2個、内側を-にして接続されていて、0.5uFになっている

どれも同じ形の回路であるのだが・・・

回路定数がバラバラである

この回路、パッシブのフィルターが複数、複雑に絡んでいて、定格な動きを理解することは困難であるが、

今の知識と情熱であれば、突破できるような予感がする

ようし!

Tone Stackの研究、実験をしてみようと思う

伝統的な古い回路ではあるが、可能性を秘めていることは間違いない

マニアのクレイジージャーニーが始まる

わけのわからない話、最後までありがとうございました

 

シールドケーブルの製作

Liveで使用する楽器用ケーブルを作る

ケーブルはMOGAMI 2534(日本製)

NEGLEX 2534

以前はBELDEN 8412を好んで、すべてのケーブルを8412にするという、

精神的にも経済的にも?たいへんだった時期もあったが

最近はMOGAMI 2534を好んで使う

たいへんナチュラルでフラットな音質であるように思う

日本製の安定感というのもあるかな?

いやいや8412がダメというのではなく、これも適材適所でエレキの歪ませた音などではいい感じで味付けしてくれたりもする

が、今回はエレアコ用のケーブルなので2534で!

プラグはNeutrik(ノイトリック・リヒテンシュタイン候国製)のNP2X

リヒテンシュタイン候国ってどこやねん?

NP2X

NP2Xは他の製品とは全く違う特殊な構造で、断線などのトラブルから極力回避するように工夫されていて

ライブ用には「これだ!」と思っている

ちょっと重いけど、がっちりした使用感、安定感は抜群

今回は使用頻度の少なくなったケーブルをばらして取り出した

(だってけっこう値段が張るんだもの)

2534を剥く

周りのシールド部分を束ねて

2534は写真のように4芯である

元々、2534はマイク用のケーブルだと思われる

マイクなら、白?2本と青2本を束ねてそれぞれホットとコールドに結線し

シールド部分をアースに結線すればよい

しかし、楽器用のモノラルのシールドケーブルを製作にする場合には、どう結線するか?は、いくつかの方法がある

白2本をHotに、青2本とシールド部分をColdに結線するのが一般的かな?(白青が逆でも同じ)

またはセミバランスとか言って、ケーブルに方向性を持たせる方法もある

青2本をHotに、白2本をColdに、そしてシールド部分は入力側のみColdに結線するというのだ

この場合、入力側、又は出力側にマークを入れておく必要があったりもして、たいへんややこしい

以前はそれがいいと信じて、そう結線していた時期もあったが

めんどくさいだけで、余り良い効果は感じなかった

いろいろと試した結果、芯線4本すべてをHotに結線し、シールド部分のみをColdに結線するという非常識?な方式を採用している

だって、やってみたらそれが好みやったんやもん

方法

こんな感じに剥いて

4本とも束ねて

ハンダ上げ

こうしておいてから長さを調整してハンダ付け

なんか下手くそやな

シールド線も長さを調整してハンダ上げ

そしてハンダ付け

片方出来上がり

Neutrikのロゴが入っていない旧型のプラグ

反対側も同様に作業をするが、ハンダ付けより先にケーブルに通しておくべきパーツもあるから注意すること

完成

反対側が黒なのは、前述の方向性を持たせたケーブル?時代の名残

今は意味が無い

ライブ用に余裕を持って5mのケーブルである

って動き回るつもりは無いんだけどね

どんどん、ライブが楽しみになるなあ

ワンレフライブ

Wonder Rainbow Factory Live
10/15(SUN)
at THUMBS UP
(横浜駅西口から歩3分)
12:30 OPEN 13:00 START
TICKET ¥2500(当日 ¥3000)

すでにたくさんのご予約を頂いております

ありがとうございます

 チケットご予約はこちら

(私から直接のチケット購入もできます)

ワンレフの動画はこちらからご覧いただけます

 

MOTIF-RACK ESの修理

ちょっとした録音をしようと思って、作業をはじめたのだが・・

MIDI音源のMOTIF-RACKの電源が入らない

えっ、壊れた?

MOTIF-RACKの説明はこちらの記事で

電源アダプターを調べてみると・・・

プラグを触ると、時々電源が入る

また電源アダプターの断線か?と疑ったが・・・

アダプターでなく、機材の電源ジャック側での断線の様子

最近の機材は生産性を上げるため、入出力のジャックやボリュームなどもすべて基板と一体型になっていて、

ジャックなど、外部から力が加わる部分は

使用しているうちに、余計な力が加わったりすると

その部分のハンダが外れたり、割れたり、最悪な場合は基板ごと破れたりする場合もある

よし、修理しよう

って、できるかなあ?

分解

外すべきネジを順番に外す

ネジ山は決してナメないように注意して

ネジはいろんな種類があるので、どこから外したか?も覚えておくこと(実は後で一カ所分らなくなった)

この部分も外さないとフタを完全に外せないようだ

何かを増設するためのソケットだな

これをうまーーく外して

フタが取れた

すげえ精密機械

この辺が電源入力ジャック

基板を止めてあるネジを外して・・・

ひっくり返すと

ハンダが浮いている

ハンダ付けをし直したが・・・

直ぐに浮いてしまう

どうやら、下のパターンごと浮いてしまっている様子

パターンの緑色の絶縁物を一部カッターで削って

基板の銅箔を露出させてから

もう一度ハンダ付け

なんか汚くなっちゃったけど・・

電源がちゃんと入るのを確認してから

元通りにフタを閉めて

修理完了

めでたし、めでたし

でも、この電源ジャック、L字型とかに交換しないと、また同じ故障が起こりそうだなあ

適当なパーツを探すことにする

すんごくたくさんのネジを外したり、締めたりしたよ

電動ドライバー

これ、持っててよかったよ

ヒロミ氏や森お嬢様の影響なのか、電動工具の売れ行きが伸びているんだって

へえーーー

 

エレアコ用プリアンプ改良

2016年3月に紹介したエレアコ用プリアンプ

ワンレフのライブで使うつもりなのだが

改良したいポイントが3つ

1:プリアンプのボリュームを動かすと、ほんのわずかであるがノイズが発生する

演奏の途中で触ることはまれではあるが、ノイズを完全にシャットアウトしたい

2:チューニング時は出音をミュートしたいのだが、現在だとMuteのボリュームを手で操作しなければならない

これを足で操作することはできないか?

3:電源入力のジャック、演奏中に外れたりしないような工夫を施したい

1:ボリュームを交換する

右が買って来た東京コスモスの24 mm 600円くらい

左は良く使うAlpsの16mm 100円くらい

思い切って6倍も高い!パーツを使う

50円くらいの製品もあるから相当高いよ

高級感がある

ビフォアー

アフター

内側にもナットを入れてボリュームの高さを調整した

他のボリュームが16mmだから高さを揃えるためだ

うふふ、自己満足は楽しい

結果

ボリュームを動かしても全くノイズは出ない

大成功ヽ(^◇^*)/

2:ミュートスイッチを付ける

ちょっと前のミュートスイッチ製作の時に試行錯誤を繰り返し、

音をミュートする際のプッシュ式スイッチには、このフットスイッチが適当だと分った

フジソクの8Y-3011Z

このスイッチも800円以上する高級品

そして、今回もまたまた試行錯誤を繰り返した

すげえ時間かかったなあ

備忘録として

この方法で、ほとんどポップノイズは聞こえないように出来た

LEDも増設して

完成

これで、足で操作できるミュートスイッチになった

やったね!

3:電源のパーツをロック式にする

秋葉原で偶然、こんなパーツを見つけた

プラグとジャックにそれぞれ溝が切ってあって

回転させることでロックされ、抜けなくなる

ジャック

プラグ

ビフォアー

アフター

これで演奏中に抜けたりするアクシデントから回避できる

完成完成完成!

完璧ーーー( ^-^)o-o<

めっちゃうれしい

ライブで活躍することでしょう!

ご期待ください!

ワンレフライブ

Wonder Rainbow Factory Live
10/15(SUN)
at THUMBS UP
(横浜駅西口から歩3分)
12:30 OPEN 13:00 START
TICKET ¥2500(当日 ¥3000)

すでにたくさんのご予約を頂いております

ありがとうございます

 チケットご予約はこちら

(私から直接のチケット購入もできます)

ワンレフビデオ第2弾

Wonder Rainbow Factory 動画第2弾アップしました!

こちらからご覧下さい

ほーら、すごく楽しみでしょ?