「Electronics」カテゴリーアーカイブ

Fender Vibro Champ 2

長年使っている部屋弾き用のギターアンプ、フェンダーバイブロチャンプであるが、ウーーっていうハムノイズが気になるようになって来た。自分で修理できるか?というプロジェクトである。

vibrochamp-schematic

ネットで回路図を見つけた。ホントにいい時代になったものだ。

vibrochamp-layout

レイアウト図も見つけた。この時代のものはすべて手作業で作られていたので、こういう実体配線図が存在するのだろう。

ガックラに時々登場するTSCの木寺氏にも事情を話し、アドバイスをお願いした。ハムノイズの原因は450V耐圧の平滑コンデンサーではないか?とのこと。回路図のど真ん中に20μ/450Vの平滑コンデンサー3個が書かれているが、実機には見当たらない。

IMG_5680

回路を探っていくと、どうやらこの部分であるようだ。450V耐圧ということは400Vくらい流れているかも知れない。触ったらどうなるか?実験はしない。逝ってしまう危険がある。

IMG_5614

上のパーツの表側、何だこれ?Mallory Made In USAと書いてある。MFDと書かれているのはマイクロファラッドというコンデンサーの容量単位、VDCは直流耐圧だと思われる。これ1個の中に40μ/450V、20μ/450V、 20μ/450Vの3個の電解コンデンサーを内蔵しているというのか?こんなの初めて見た。(いや長いことこのアンプ使ってるんですけどね)こんなのどこにも売ってないよう。

Fender Vibro Champ

VibroChamp

部屋弾き用のギターアンプ、Fender Vibro Champである。1970年代のものであると思われるが、現在でもめっちゃいい音で鳴る。大学生の頃だったと思うが知り合いの仲介で中古で購入。矢沢永吉氏のバックバンドなどを務めていたこともあるギタリスト、Nobodyの相沢行夫氏の持ち物であったらしい。譲り受けた時からMaster Volumeが付けられていた。

IMG_5669

バックパネルを外してうしろから撮影。昨年だったか、こいつの音がちょっとヘタって来たかな?と思い、すべての真空管を交換した。右側の金属のカバーがかかった2本はプリ管12AX7、これは手持ちだったAEG製(ドイツ製、現在入手困難)真ん中がパワー管で6V6GT(米国Groove Tubes製3000円くらいだったと思う)左が整流管で5Y3GT(中国Sovtek製2000円くらいだったかなあ)
訂正=米国Groove Tubesのマーク 、Sovtek Russianの刻印あり、3000円くらい
 

真空管を交換してすごく調子が良くなったのだが、そのうちに、今度は「ウーー」というハムノイズが目立つようになって来た。

IMG_5676

中をのぞいてみる。すごいぞ。現在では超当たり前であるプリント基板を使わず、すべてのパーツが手作業でハンダ付けされている。

ネットで情報を集めていくと、「電解コンデンサー」が経年変化で容量抜けしてしまっているとハムノイズが目立つようになるという。白い円筒形の部品が電解コンデンサー。

IMG_5586

mallorys製の電解コン 25μ/25Vが3個と10μ/25Vが1個だった。こいつを交換すればいいのかな?

今日はここまで。

イヤホンを修理する。

IMG_5558

普段使っているカナル型イヤホン Audio Technica CKM500 確か5000円くらいだったと思う。断線のため、左からの音が出なくなった。

IMG_5559

探っていくと、時々聴こえるようにもなる。どうやらこの辺りで断線しているようだ。

IMG_5560

思い切ってカッターで大胆にめくってみる。めっちゃ固い。けっこう力がかかりそうな部分だから強固に作ってあるのだろう。

IMG_5561

大胆にケーブルをカット。

IMG_5562

皮膜の部分を剥いた。みどり同士、赤同士、残りの色がついていないアースを結線すればいいことは分る。ところがこのケーブル、UEWとか呼ばれるウレタン被膜された銅線であると思われるが、ハンダ付けが難しい。うまくいくかなあ。

IMG_5563

ウレタン被膜線は接触しても導通しないがハンダ付けした部分は導通する、なので他と接触しないように熱圧縮チューブで保護。

IMG_5564

さらにエポキシ系のボンドで固めてしまおうと思う。けっこう力がかかると予想されるから。

IMG_5565

IMG_5566

ボンドでかためたケーブルの結線部分をさらに熱圧縮チューブで保護した。途中で何度も音を確認しながら作業をしたが、なんとかうまくいったようだ。両耳に音が戻った。完璧。