「Music」カテゴリーアーカイブ

楽しかったあ〜

昨日

かつら組のクリスマスライブに来てくださった皆さん!

ありがとうございました!

楽しく歌ってくれたメンバーのみんなにも

ありがとう!

楽しい時間をありがとう

みんな、いい顔してるね

ギターも弾きまくった

ブルースハープも

歌も

エフェクターも

本当に楽しゅうございました

ありがとうございました

 

PARM(パルム)香ばしナッティーショコラ

オケの制作作業が難航している

何度も難解な転調がある曲で

転調した直後にアカペラ状態になるので

クワイヤが転調についていけなくて

音をはずしてしまう

一度はずしてしまうと

なかなか元には戻らない

オケを工夫してもう少し聞き取りやすく

と、思うのだが

なかなか思ったようにはいかない

ガイド音?みたいなのを入れて、ダサくなるのは嫌だし

でもわかりやすくしてあげたいし

試行錯誤する

時間がなくて、慌てて作業をすると

つい、ミスってしまったり

PCも機嫌を損ねてしまう

そんな時はちょっと落ち着いて・・・

まずはPCの電源を落として(再起動ではなく)

アイスを食べるのだ

紅茶を入れたりするとさらに良いぞ

PARM(パルム)香ばしナッティーショコラ

アーモンドプラリネを混ぜ込んだ

濃厚なチョコアイスとヘーゼルナッツプラリネ入りアイスを

うずまき状に組み合わせ、

口どけの良いセミスイートチョコで包み込みました。

くつろぎの時間を、

うっとりとした心地よさで贅沢にしてくれる、

大人のためのアイスバーです。

レポ

U-100enとは思えない

パルムチョコレートも好きだけど

こっちの方が上かもしれない

いずれにしろICE-GP U-100部門のファイナリストであることは間違い無いでしょう

あっそうか、パルム同士で星を潰し合うかもな

機械も褒めてあげること

アイスが終わったら

PCの電源を入れて

「よっし、起動してくれてありがとう」

音源やAudio-MIDIインターフェイスの電源を入れ直して

「君ならできる、その調子だ」

と、大坂なおみ選手のサーシャコーチみたいに

応援するのだ

するとね、

上手くいくんだ

ホントなんだよ

 

LINE6 POD XT

ものすごく暖かい

東京も20℃を超えているらしいが

午前11時までに日本各地で気温が25℃以上を記録したらしい

小春日和?

晩秋から冬にかけての暖かい日を「小春日和」と呼ぶが

それって寒い日が続いた後の「ホッとする暖かい日」を示すような気がする

まだそんなに寒い日が来てないし、

25℃以上は夏日と呼ばれるらしいし

小夏日和?

まあ、寒いより暖かい日がいいけどね

LINE6 POD XT

アンプシュミレーターと呼ばれる機材

米国では色と形から「ビーンズ」なんて愛称もあったようだが

私は「お相撲さんの弁当箱」と呼んでいる(ウソ)

アンプシュミレーター

エレキギターはギターアンプがあって初めてあの音?になる

特にロックギターは

でかいアンプで、でかい音を出す

という特徴があって

ギターを普通のオーディオ機器などにつなぐと

めっちゃしょぼい音しか出ない

なのでこの機材で

でかいアンプで、でかい音を出している状態

をシュミレートする

古い機材?

もう10年以上使っている機材で・・・

これに出会った時はすごくびっくりした覚えがある

初代POD、2代目POD2も試してみたが・・・

音は悪くないのだが

デジタルのレイテンシー(音が遅れて出てくる)が気になって

買う気にはなれなかった

が、このPOD XTはすごく早く音が出てくる

迷わず購入し

一時はLiveでも重宝していた

今はもっといい機材がいっぱい出ているのだが

慣れている、というのもあるし

ギターアンプを触るような自然な感覚の操作感が好き

録音

何しろ録音のときに便利

波形上段が思い切り歪んだ音

波形下段が歪んでいないジャカジャカストローク

クリーンな音も歪んだ音もその中間も

いろんな音をささっと作れてすごく便利

アンプとキャビネットのモデリングも多彩

今、気づいたこと

USB接続ができる

直接デジタルで録音できるみたいだな

今頃、気がついた

はははは

オケ作り、頑張ってます

 

Drummer故障?

クリスマスライブに向けて、

オケの制作作業に忙しいのだが・・・

EZ Drummer

ドラムの打ち込みにはソフト音源を使うことがある

EZdrummer (イージードラマー)』は、巨大ドラム音源『dfh SUPERIOR』が誇る機能性を更に発展させ、

即戦力となる動作性能を実現させた軽量簡単なドラム音源です。

実際に人間が叩いたフレーズが数多く収録されていて、

それをパズルのように組み立てていくことで演奏を完成させる

フレーズを組むと、上のように、PCの画面にドラムが現れ、

人はいないけれど、実祭に叩いたみたいに演奏してくれる

たいへん重宝していた

のだけれど・・・

実際に音を出しているハードの音源ではなく、

PCの中で鳴っているソフト音源なので・・・

CDなどの別の機材で鳴らすには工夫がいる

故障?

PCだと鳴っているのだが・・・

別のファイルにしようとすると、

鳴らなくなってしまう

うーーーん

困ったぞお

何言ってるか、分からんよねえ

何しろ上手くいかなくて困っているのだ

うーーん

どうしよう

Midiで打ち込みし直すのはたいへんだぞお

治れーーーーーーーー!

 

エビチリ

今日で11月が終わる

クリスマスLiveに向けての準備でたいへん忙しい

やること!が、いっぱいあって・・・

もう、ぱっつんぱっつん?

ガンバレー

海老のチリソース

えびは皮をむいて背わたを取って

ちょっぴり塩と紹興酒、片栗粉を振っておく

フライパンで、ニンニク、ショウガ、ネギのみじん切り、豆板醤を油で炒める

香りが出たら、エビを投入

エビをあっち側に寄せておいて、こっち側で玉ねぎのみじん切りを炒める

創味シャンタンを少し加えたら

ケチャップを鍋肌に入れてすべてを混ぜて一緒に炒め

味を見てちょっぴり砂糖

最後に醤油を鍋底でジョワンと焦がして香りをつける

出来上がり

忙しくてもビールは美味い

ガンバレーーー

 

ワンレフリハーサル

昨日は日記ぢゃの更新を休んでしまった

実はワンレフのリハーサルがあって・・

なんだかんだで更新できなかった

毎日ご覧いただいている方々には

ごめんなさいm(_ _)m

新しいギター

「しろ吉(シロキチ)」という源氏名になりそうだな

新しいギターも試してみたり

新しい曲?も試してみたり

なかなか充実したリハーサルだったと思う

iPadの譜面

iPadにスキャンした譜面を取り込んで使っている

Mr.Lyricという奥田民生氏が考案したというアプリを使っているが

ライブに特化されていて

大変便利にできているのだが

譜面の変更やメモ書きができない!

手書きでメモ

何が書いてあるのか

さっぱりわからん!

次回ライブ

次のライブは・・・

3月くらいの予定?かな?

ワックワクするぜい!

ご期待ください

 

3種ベリーのレアチーズ

先週のことである

Wonder Rainbow Factoryの相方、A-yo氏からのLineメール?で

業務連絡の間に

「(ハーゲンの)『赤い実はじけた恋の味』を食べて美味しかった」という内容を

写真付き!で挟み込んできた

女子心くすぐられるネーミングとパッケージ写真に誘惑され!

(仕方なく?)買いに行くも、そのスーパーには見当たらず、

代わり?というわけでもないが、

同じベリー系?の

こんなのを買ってしまった

3種ベリーのレアチーズ
〜ベリーとビーツのウエハースと〜

コクのあるレアチーズアイスクリームに、

ストロベリー、ラズベリー、クランベリーを使用した

甘酸っぱいベリーソースを加え、

ストロベリーレアチーズコーティングで包み込み、

ラズベリーとビーツを使用したウエハースでサンドしました。

濃厚ながら爽やかな味わいと、

ピンク色の可愛らしい見た目が春にぴったりです。

綺麗なピンク色

春の限定発売だったようだ

知らなかったなあ

レポ

ひと口目から美味いが、

食べ進めるにつれて、ハーゲンの素晴らしいバランスに驚く

サックサクのウエハース!

ウエハースの下のチョコレートコーティングでサクサクのウエハースを守ってるんだな

コーティングはホワイトチョコレートのようだが、ストロベリーやレアチーズの風味がある

ほんのり甘酸っぱくて、それでいて濃厚なめらか

アイスは、もろ!レアチーズ風味

濃厚なコクがあるが、レモンさっぱりとした爽やかな味!

美味い!

ブラボー!レアチーズ!

そして甘酸っぱい3種(ストロベリー、ラズベリー、クランベリー)のベリーソースがアクセントになっている

すんごく美味い

完璧なバランスといってもいいんじゃないかな?

もし、見つけたら、是非!

ゴスペルクワイヤかつら組
クリスマスライブ

こちらもよろしくです

2018.12.22.SAT
THUMBS UP

12:30 OPEN 13:30 START

TICKET ¥1000   +1Drink & 1Foodのオーダーをお願いします

※当日先着順入場

横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービルビル3F
TEL 045(314)8705
http://stovesyokohama.com/

 

Digital Performer

たまには音楽の話

それも個人的防備録的記事

PCでの音楽の作業についてはこちらで書いている

自宅での録音作業やオケの制作作業には

Digital Performerというソフトを使っている

主には、YAMAHA MOTIF RACK ESという音源を使っているのだが

ちゃんと音も出るし、

Digital Performerが、MOTIF RACK ESを認識しているのは間違いないのだが、

「Patch」と呼ばれる音の名前が食い違っていて

例えばPatchの名前が「brass」とかになっているのに

出ている音は「ピアノ」みたいだったり

またはその逆だったり

もう、ややこしいことこの上なかった

今までは、いちいちメモに残していたり、面倒くさい工夫をしながら作業をしていた

実は

かなり前だが、YAMAHA のサイトで

「Digital Performer4.5用 MOTIF-RACK ESパッチリスト」がDLできることを知り

指示に従って試してみたが、完璧ではなく

Digital Performerのバージョン違いから「ダメなんだろうな」と諦めていた

でもでも、

あまりの面倒くささに

この度、どうにも納得ができず、

浜松のヤマハデジタルインフォメーションセンターにまで電話をしてみたが

解決しなかった

うーーーん

何かおかしい気がする・・・

確信はないけれど、何かが違っている気がする

エディターで開いてみた

上述の「MOTIF-RACK ESパッチリスト」をエディターで開いてみると

パッチネームはMOTIF-RACK ESの内部とちゃんと合っている

でも、Digital Performerでの表示が違う

これは絶対におかしい!

と、確信!

実力行使

MOTIF RACK ESには存在しない、でもDigital Performerの画面に現れるパッチの名前がPCのどこかにあるなら

それを探して排除すればいいんぢゃないのか?

で、

「このMacを検索」でPC全体を検索し、

かたっぱしから確かめていたら・・・

・・・・・

見つけた!

Digital Performerは、MOTIF RACK ESではなく

もうひとつ古いMOTIF RACKとして認識している様子

よっしゃあ!

「MOTIF=RACK ES.midnam」と「Yamaha.middev」の2つのファイルを

MacintoshHD/Library/Audio/Midi Devices/MOTU/YAMAHA/

に、コピーし直し、

MOTIF RACK ES以外のMOTIFの名前がつくmidnamファイルをすべてゴミ箱に移し

Audio MIDI設定をし直して

再起動すると・・・

大成功!

思い切ったぜ!

正しく表示されるようになった

これで作業効率も上がるに違いない

大成功!

やったね!

フルスイングで振り切ってやるぜ!

へへへへ

 

500人が揺れる

昨日はヤマハゴスペル講師ライブ

Gospel Togetherだった

今回は金曜開催だったこともあり

少々集客に苦労したこともあったが

中野ZERO小ホール(キャパ500)は満員御礼

ライブ後半「みんなで歌おう」のコーナー?で

私は客席に向かって

Thou Oh Lordを指揮させていただいた

「2003年12月の日記ぢゃ」を読み返すと

300人を指揮したことはあるようだが

今回は500名のクワイヤを指揮したことになる

・・・

500人のみんな?が私を見つめていた

私の指先に合わせて、みんなが大きく口を開けて

歌う

揺れる

私が大きく振れば、声が大きくなり

小さく振れば、小さくなる

後ろからは「力強い講師陣のクワイヤ」がしっかり支えてくれている

楽しーーー

めちゃくちゃ楽しーー

すごく幸せな時間だった

ありがとうございました

Take6の「Fly Away」にも挑戦

恐ろしく難しいハーモニーに挑戦

これも楽しかったーー

ゴスペルング?全15曲

私はうち12曲に参加させていただいた

新曲が多く、また難曲も多くあって

歌詞もむちゃくちゃたくさん覚えねばならず

すごく大変だったけど

終わってみると、

すごーく楽しかったな

来てくださった皆さん

ありがとうございました

閑話休題

本日は藤沢市民祭りの予定であったが

天候の都合で中止になり

私は「完全に抜け殻」

めっちゃめちゃ「ぼー」っとしている

いやいや、抜け殻ではあるが、すごくスッキリしているかも?

明日はRIZIN.13

注目はこの1戦!

那須川天心 vs. 堀口恭司

RIZIN キックボクシング特別ルール
3分3R / 延長1R(58.0kg)

那須川天心選手はご存知、キックボクシングの神童

2014年デビュー以来、キックボクシング・総合格闘技・ミックスルールを合わせて無敗の31連勝

堀口恭司選手は、先日亡くなった山本KID氏のジム出身の総合の選手

修斗-60k級王者を経て、米国UFCでも7勝1敗の戦績を残し

昨年からRIZENに参加して以来無敗

そんな二人が対戦する

きっかけは堀口選手がリング上からマイクで、

「名須川君、戦ろうよ、立ち技トーナメントに俺も出るんで」と

天心選手に呼びかけたことから始まった

10年以上前になるが、故山本KID選手が魔娑斗選手に

「魔娑斗君、大晦日に試合して盛り上げようよ」と、マイクパフォーマンスしたことを思い出す

また「立ち技トーナメント」は天心選手の発案から行われることになったもの

そこに総合格闘技の堀口選手が出ると言ってきた

天心選手は「なめられている感じがする。しっかりと分からせてやりたい」と述べ

トーナメントより先に試合が組まれた

堀口選手は日本でも、また世界的にも(強さの割に)少々認知度が低いと思われる

そこで人気のある天心選手と試合をして、天心選手の全勝記録にピリオドを打つことで、

一気に有名になるのが主な目的だと思われるが・・・

リスクもめっちゃめちゃ高い

どうなるんだろ?

ものすごく楽しみだぞーーー

RIZIN.13

9/30(日)20:02〜フジTVで放送