「日記ぢゃないけど」カテゴリーアーカイブ

日記ぢゃないけど

厚揚げの照り焼き

揚げが大好きだ

薄揚げも厚揚げも好きだ

薄揚げの納豆きんちゃく」や「竹虎」は、頻繁に食っている

今日は厚揚げを照り焼き風にしてみた

作り方

油抜きした厚揚げを適当な大きさに切り、片栗粉をまぶし、少量の油をひいたフライパンで焼いた

表面がカリッとしたら、酒、みりん、醤油、少しの砂糖と水のたれで味をつけた

たれがからんだら完成!

最後に細切りにしたネギを加えた

飾りに万能ねぎの小口切りを散らした

IMG_8929

タレにとろみがついて、ボリュームがあって美味い

甘いのが嫌いな場合は砂糖を加えない方が良いかも知れない

ご飯にもお酒にも合うと思う

以前に作ったバージョン

IMG_8820

以前作ったバージョンでは、ネギが少し辛いと感じたので今回のように作ってみた

おろしショウガを加えても美味いし、ゴマをふっても良い

ケチャップで味を付けても美味いのだそう

厚揚げの可能性もケチャの可能性も広がるなあ

 

1周年Anniversary

本日3月3日は耳の日であり、桃の節句であり、ひなまちゅりである

が、昨年2015年3月3日を「ガックラ、リニューアルオープンの日」と定めさせていただいている

そうだ、今日はニューガックラ、1周年記念のめでたい日なのである

皆様の応援のおかげで、昨年3月から、ほぼ毎日更新することができ、1周年を迎えることができました

皆様、ありがとうございます

マニアックな記事にも「何のことか全く分らないけど、楽しい」と言ってもらったり

料理の記事にも「晩ご飯のヒントになる」などという暖かいご意見をいただいたり

中には「お店を出して下さい。食べに行きますから」などという図に乗ってしまいそうなお世辞をいただいたりもする

私のことを全く知らない人も、どこかのサイトからリンクでつながって訪問してくれたり

Stand00

エフェクター名などで検索してくれたり

IMG_5463

料理名や調味料の名前などでググって見に来てくれたりもするようだ

IMG_6183

現在ほぼ毎日、のべ100〜150名以上の方がガックラを訪れてくれている

多い日には300〜400以上のこともあり、うれしい限りである

ますます頑張って更新していきます

hina

 沿革

ガックラは2001年10月にOpenしている

日記ぢゃないけどは2003年3月から

gakkura.comになったのは2012年6月

そして、スマホにも完全に対応した今のガックラになったのは2015年3月3日であった

今後ともどうぞご贔屓に!よろしくお願いします

ありがとうございました

 

ソース焼きそば

焼きそばはオイスターソースで仕上げることが多い

ところが今日はソース味の焼きそばが食べたくなった

数日前に見たTVで寺門ジモン氏が紹介していた焼きそばが美味そうだったんだよな

アルデンテヌルヌルモチモチ・・とか言ってたな

うん、太麺のソース焼きそばが食べたい

IMG_6467

業務スーパーで売ってるこの「乾麺」を湯がいて使う

作り方

この麺は茹で時間が6分と書かれているので、だいたい5分くらい湯がいて流水で良く洗った

(同時進行で)豚肉は脂の部分を細かく刻んで先に炒め、その油で豚肉、湯がいた麺を炒め、最後にキャベツを加えた

今日は冷凍エビもほんの少し入れた

味付けはお好み焼きソース醤油水!

出来上がり

IMG_9052

今日は溶き卵につけていただいた

関西ではこんな食べ方をすることもある

前述のTVでは卵と出汁だったかな?

ソース焼きそばに生卵、美味いよ

 

抹茶クランブル

ハーゲンダッツの『クランチークランチ』シリーズから、期間限定で「抹茶クランブル」が発売された

先日書いたように、私はミニカップの「グリーンティー」が大好きだ

そこで新発売の「抹茶クランブル」も食べてみることにした

クランチークランチ抹茶クランブル

maccha

メーカーのHPより

風味豊かなグリーンティーアイスクリームを、

ザクザクとした食感の抹茶クッキーを散りばめた抹茶コーティングで包みました。

甘みや香り、ほろ苦さなど、抹茶の魅力が詰まった奥深い味わいをお楽しみいただけます。

長年愛されているグリーンティーの風味をしっかりと感じなが

食感の楽しさも一度に味わえるぜいたくなおいしさのアイスクリームバーです。

箱の側面に

ザクザク

抹茶クッキー入り抹茶コーチング

抹茶アイスクリーム

と書かれている

ファーストインプレッション

表面がデコボコした爽やかなグリーンのアイスバー

かぶりつくと・・

バリッといい食感、そして甘い!

想像しているより?周りは分厚く、そして甘いと感じた

これが抹茶クッキー入り抹茶コーチングか?

コーチングって何や?

IMG_9071

原材料の欄に、ホワイトチョコレートコーチングとある

ほほう、この甘さはホワイトチョコレートなのだね

そして中身の抹茶アイスは、めっちゃ抹茶!

まっちゃ、みっちゃ、むっちゃ、めっちゃ抹茶

抹茶感はカップのものより濃いようにも感じる

ほろ苦くて美味い

抹茶クッキーのバリ感も良いし、コーチングの甘さも良いし、抹茶アイスとのコンビネーションも見事!

甘さと食感と抹茶!

ハーゲン、やっぱりすごい

ハーゲンの人気商品はあっという間に売り切れるから、早めにもうひとつ買っておこうと思う

アイス、食べ過ぎいーーー

 

ワカサギ揚げ

北海道産のワカサギを売っていた

美味そうだ

ワカサギは冬が漁期で、特に氷上の「穴釣り」が夕方のニュースなどで報道される

今年は暖冬で「穴釣りの解禁期間がたいへん短かった」というニュースも聞いた

実はワカサギは一年中釣れるらしいが、特に脂が乗る旬は、桃の節句の前後、正に今!らしい

今、食すべき食材なんだな

素揚げにする

ワカサギは水洗いしたあと水気をふきとり、片栗粉をつけてフライパンに少量の油でを入れて丁寧に炒める

それだけ!

5分加熱したらひっくり返して5分という感じか

以前に鯵の骨せんべいを紹介しているが、同じやり方である

前半5分はフライパンに蓋をして温度を充分に上げるといいかも知れない

IMG_9042

塩をパラパラとかけて頭から丸ごと食べるといい

レモンもいいし、マヨもいいぞお

うふふふ

ビールだな

 

トーカイストラト07

以前はメインで使っていたこともあるトーカイのストラトキャスター

最近はほとんど弾いてなかったが、今回使えるギターに再生することにした

その第7話目

前回からはだいぶ時間が空いたが、パーツを購入して引き続きの作業を進めることにする

トレモロスプリング

IMG_8747

あまりにサビサビなので

新しいスプリングを購入

IMG_9045

通常のものより固い「パワータイプ」というのを購入してみた

パワータイプ

IMG_8901

ダメです

スプリングのテンションが強すぎる

写真のようにスプリング2本でも強すぎて調節用の木ネジが締められない

弦は標準的な09〜42のセットであるが、私のギターのセッティングとの関係だと思う

失敗だ

再度購入してやり直し

標準タイプのスプリング

IMG_8913

今度はいい感じ

柔らかくて動きもスムーズ!OKです

ストリングガイド

前回課題になっていたストリングガイド

IMG_8741

このストリングガイドは1弦2弦のテンションを確保して、弦がはずれないようにする効果もある

が、ちょっとテンションが高すぎる気がするし、アームを使った時のチューニングの戻り!をスポイルしている気もする

こちらも交換してみることにした

穴埋め作業

ストリングガイドのネジを打ち直すため

先ずはこの元の穴を埋める

IMG_8904

爪楊枝を細工して木工用ボンドで接着

IMG_8906

金槌で少し叩いたので、爪楊枝がつぶれてる

IMG_8909

不要な部分をカット

下穴を空けて

IMG_8922

接着剤が乾燥するまで充分に時間をおいてから

キリで穴を空けて

新しいストリングガイドを

IMG_8924

新しいネジでつけた

完成

IMG_8927

めっちゃいい感じ!

トレモロアームの動きもすごく良くなったし

チューニングも安定した

大成功!

今後の課題

センターピックアップの交換

ボリュームポットの交換

プリアンプを内蔵するかどうか?

もし、内蔵するとすれば、どんな回路にするか?

マニアのクレイジージャーニーはまだまだ続くのだ

To be continued!

 

分け卵かけご飯

和食の名店「分とく山」野﨑洋光料理長のレシピである

ポイント

このレシピ?のポイントは

1.黄身と白身を分けておくこと

2.醤油はご飯にかけておくこと、である

熱々のご飯!を器によそい、醤油をご飯に直接かける

卵に醤油をかけると、卵本来の味がなくなってしまう

ご飯に醤油をかけることで、卵の味を存分に堪能できる卵かけご飯が出来上がる

とのことである

ご飯を土手みたいにしておいて

卵の黄身と白身を分け、ご飯の両サイドにそれぞれ分けて入れる

白身は切るように溶いて?おいた方が良いと思う

薬味のネギとショウガをご飯の上にのせたら

出来上がり

IMG_9033

先ずは白身とご飯を混ぜていただく

次に黄身とご飯を混ぜていただく

最後に、両方を混ぜていただく

必要に応じて薬味を混ぜて・・

というのが、おすすめの作法とのこと

やってみたら

白身ってこんなに美味かったんだ

ご飯が熱々であることが前提!だけど、白身がほんの少し加熱された時の味ってすごく美味い

その後に黄身を食べると濃厚感が楽しめる

卵に醤油を混ぜない方が、卵本来の味を楽しめるというのも新しい発見だった

是非ためしてみて欲しい

 

鶏レバーのサンドイッチ

昨日の鶏レバーの残りでサンドイッチを作った

レバーは適当な大きさにスライスしてフライパンで軽く塩コショウして炒めた

味付けはケチャップと粒からし、ほんの少しトンカツソースを加えた

トースト

いつものように食パンは軽くトースト

霧吹き(100均商品)でほーーんの少しだけミミ部分を中心に加湿すると格段に美味くなる

加湿機能が付いた高価なオーブントースターも存在するようだ

そんな高価な機械を購入しなくても100円霧吹きで、カリッと、ふわっ美味く焼ける

オーブントースターは余熱しておくこと

もっと細かいことを言うと(すごく細かい人だと思われちゃうなあ)・・・

食パンの下側(パンを型で焼いた時の底側、分るかなあ)がオーブントースターの奥になるように置く

さらに途中で一度パンをひっくり返すと、むらなく焼ける

トマト

IMG_8990

軽くトーストしたパンにスライスしたトマトを乗せる

あっち側はスライスチーズ

鶏レバー

IMG_8993

ああ、美味そう

キャベツ

IMG_8994

うーーー!

マヨが足りない

買っとくの忘れたーー

出来上がり

スライスチーズ側のパンを乗せてぎゅっとプレス

ひっくり返して4分割にカット

IMG_9000

レバー好きには素晴らしいビューですな

しかしながら、やっぱりマヨがちょっと足りなかった

で、ちょっとケチャをつけて美味しく頂きました

マヨとかケチャとかうるさくして、失礼致しました

 

鶏レバーのレアステーキ

生のレバーが食べたくなる時がある

牛肉の生食での事故があってから、法律がどんどん厳しくなってレバーの生食は専門店でも不可なのが現実

すごく新鮮そうな鶏レバーを買った

それも白レバーっぽい美味そうな部分がある

生で食べるのは危険だけれど、レアに仕上げてみよう

作り方

フライパンに少量の油を入れてニンニクのスライスを炒めた

ニンニクを取り出して、下処理したレバーをゆっくりと炒めた

焼き上がったら、スライスして塩コショウ

IMG_8983

焼き過ぎないように留意した

内部は赤いけれど、ゆっくり炒めたので温度は充分に上がっている(60〜70度まで上げておく必要があるらしい)

あははは

これは赤ワインだよ

注意

レバーは十分な加熱調理をする必要があります

良い子はマネをしないでね

でもね

すんげ美味い

 

グリーン・ティー

頻繁にハーゲンを食っているぜい

先日、仕事仲間の女性にこんなことを言われた

「見ましたよ、ローズヒップ&ラズベリーなんて女の子みたいじゃないですかあ」

女子力上げているとしたら、うれしいなあ

と、思いながら

自分のスマホで、そのページの「ハーゲンダッツ」のタグをクリックして

今まで食べたハーゲンをずらりと表示して見せた

「えーーっ、そんなに食べてるんですか」

驚いてくれてまたまたうれしいですよ

ハーゲンダッツのタグをクリックすれば良いんですね。分りました、やってみます」

グリーン・ティー

IMG_9001

なぜか記事にしてなかったけど、定番ハーゲンの中で一番好きなのが

この「グリーン・ティー」「チョコレートブラウニー」

世の中に抹茶味のスイーツは溢れるほど存在するが、なんかわざとらしいものもあって

ガッカリさせられることも多い

しかしながらこのハーゲンの抹茶はすごくリアルな抹茶

なので「抹茶味はわざとらしい」とお感じの方もぜひ試していただきたい

IMG_9006

容器にも工夫が

抹茶に限らず、お茶は光で葉緑素が分解されてしまうので、味を保つためには紫外線を遮断する必要があるらしい

だから、お茶の類いは缶に入っていたり、アルミ蒸着フィルムなどの遮光性の高いパッケージに入っている

ハーゲンのグリーンティーも見た目は他の商品と変わらない容器であるが、

遮光性を高めて、品質の保持につとめているのだそうだ

流石だ、ハーゲン

さあ、皆さんも下↓の「ハーゲンダッツのタグ」クリック!してみて!