「日記ぢゃないけど」カテゴリーアーカイブ

日記ぢゃないけど

OCDの製作02

OCDの製作、その2である

その1はこちら

IMG_6847

抵抗はTAKMAN、コンデンサーはPanasonic、ニチコンMUSEなどなど、お気に入りのパーツで組んでいく

アルミケースに入れた

IMG_7070

ケースは以前に作った、あるエフェクターの「お古」

ほぼ回路図どおりに仮組みしてみた

回路図

ocd

はじめは音が出なくて・・・・

なんと?ハンダのミスだった!

まだまだだな

音が出た瞬間

いける!

すごいいい感じ

セッティングにもよるが、ギターのボリュームを絞ると、クリーンになっていく

その感じが理想に近い。これはいけるぜ!

モディファイしたい

ゲインが高すぎるから、少しゲインを落としたい

少しローが多すぎて、もたつく感じがする点を修正したい

ソケットにしてあるので、パーツを差し替えてサウンドチェックを繰り返す

たいへんな作業だが、楽しいんだろうなあ(他人事かあ)

変更点

OCDmod

1.Lowが出過ぎてもたつく感じは、C2の0.068μF(68nと表示)を下げればローカットフィルターになる

パーツの差し替えで0.047μとか0.022μとかでもいいと感じた。

2.ゲインが高すぎる。つまり歪みすぎるので、ゲインを決めるDriveの1MΩボリュームを500kAに変更

これで歪みすぎずに使いやすくなった

Driveのボリュームを500kAに変更することでLowのもたつきも解消!!

C2は0.056μあたりでもいいかも知れない

調べてみるとOCDのバージョン1が「0.1μと500k」バージョン4が「0.068μと1M」の組み合わせであるらしい

ゲインを高く設定するとLowがじゃまになるからC2でCutする方向で定数を決めているのだと思う

ここでは少しLowを絞り目にして最終的にC10を上げれば全体のLowを調整できそうな感じもする

3.クリッパーについても検証した。

シリコンダイオードやLEDなどに交換してみたが、あまり良い効果は得られなかった

それより、オペアンプで十分に歪んでいて、クリッパ部はその補助という感じ。

オペアンプもこのTL082が使われていることが良いのだと感じた。072や4558など、すべて却下!

4.歪み音のきついHigh成分をカットする目的だと思われるクリッパーと並列のC6の0.001(1nと表示)

これを0.0047とか0.01ぐらいに上げればマイルドになる

バージョン1は0.01μであるらしいので、私の好みはバージョン1に近いのかも知れない

5.Outの500kΩボリュームを100kに変えることで音量調整しやすくなった

これは1のゲインボリュームとの関係だと思う

この辺りもバージョン1と同じ

なーんだ、はじめからバージョン1にすればよかったのか?

このエフェクター、めっちゃ可能性を感じる

すごいマニアックな方法?
個人的に理想的な使い方を考えた。実行したい。

そのうち発表する。

最後までお付き合いサンキュでした。

再びイヤホンを修理する

普段使っているカナル型イヤホン

Audio Technica CKM500

IMG_7039

2月末に修理したばかりだが、また断線のため、左からの音が出なくなった

前回は二股になった部分であったが、今回はプラグの付け根あたりで断線している様子

IMG_7041

ぶった切ってやったぜい

IMG_7042

ワイルドだろ?

ケーブルを剥く

IMG_7044

緑と赤と銅線色(そんな色あるのか?)

右のHotと左のHotとアース、だね

この延長ケーブルを利用する

IMG_7046

このケーブルも短く切ってやったぜ

IMG_7049

ワイルドだろ?

でも、ちょっと余裕をもって切ったよ

こっちも剥いた

IMG_7053

めっちゃワイルドに剥いた

こちらも緑と赤と銅線色だから、それぞれを結線すればよい

熱圧縮チューブをかぶせておいて

IMG_7055

それからハンダで結線

IMG_7058

熱圧縮チューブで保護する

IMG_7059

ウレタン被膜線は接触しても導通しないが、ハンダ付けした部分は導通する

なので他と接触しないように熱圧縮チューブで保護するのだ

熱圧縮チューブはライターで加熱すると収縮する

ビニールテープなどでもいいが、熱圧縮チューブの方が末永く美しい

さらに熱圧縮チューブ

IMG_7062

さらに、あらかじめ通してあった、もうちょっと太めの熱圧縮チューブで全体を保護

出来上がり

IMG_7063

両耳に音が戻ったぜ。

またもや完璧。

ふふふ。

福岡づくり

応募シールを集めて絶対もらえる「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り」の3本目

横浜、取手、の近場から飲み始めたが、一気に九州に飛んでみた

IMG_6943

さわやか

IMG_7000

意外な感じ?かも知れない。すごくさわやか

香りも味も、スッキリさわやかだ。軽くて飲みやすい

ほんの少しの刺激、そして苦味もさわやか

裏側に説明文

IMG_6945

IMG_6946

九州産麦芽で仕込まれていて、「九州の食に合うようにしっかりとしたうま味と華やかな香りが特徴」と書かれているが・・

意外なくらいすっきりしたキレのあるビールだ

IMG_6947

さあ、気付いたかなあ?

2つ前の写真

そう、こいつだけがスチール缶なのだ

IMG_7034

当然だが他のビールはすべてアルミ缶

何で?

すごく疑問に思うよな?

理由があるんだ

福岡県北九州市と言えば八幡製鉄所

スチール缶にしたのは

地元の材料にこだわりたかった、ということらしい

素材から生産までオール九州

ichiban-hukuona01

ichiban-hukuona02

やるな、キリン

電波時計

CITIZENの PROMASTER SKYという、エコドライブ電波時計を使っている

ソーラーバッテリーで動いている。だからエコドライブなのか?

標準電波の送信局から送信される電波を受信し、自動的に時刻を正確に合わせてくれる

なので、秒単位で正確な時刻を知ることができる

マジで1秒も狂わない

もちろんカレンダーも合わせる必要がない

6月が30日までであることを知っていた

当たり前なんだけど

7月1日の午前0時になる瞬間の映像

すごいでしょ?

流星ワゴンの過去に戻るシーンみたいにくるくる回って楽しい

カレンダーの手前にある「TYO」の文字は東京を表していて、現在東京の時間であることを示している

ひとつ上の「HKG」は香港を、ひとつ下の「ADL」はアデレード(オーストラリア)を示す

つまりは世界の時間に合わせることができるようになっているらしいが、そんな機能は使ったことがない

Youtubeに動画を上げる練習のためにやってみた
未来が来ていて楽しいねえ

最後まで見てくれてありがとうね

ドS女優

ドS女優なんてジャンルはあるのか?

前回からの続きの話

AuのCMで、菜々緒氏演じる強烈なツンデレキャラの乙姫様は、かなりの完成度だ

桃太郎がぽつりと発する最後の言葉「すんごいの出てきたね」も笑わせてくれる

そしてまた決定的なものを観てしまった

痛快TV スカッとジャパン

6月22日放送の2時間SPであった

この番組の存在は知っていたが、ちゃんと観たのは初めてかも知れない

なので、これまでの菜々緒氏の演じたキャラクターについては詳しくない

悪女エリカ

これまで彼女は「悪女エリカ」という、いわゆる悪役を演じ、たいへん人気であるらしい

今回は「後輩をツブす上司」に出演。新入の女子社員に、厳しくあたる先輩役であった

演技力?

ドS女優と呼ばれることがあるらしいが、めっちゃ「はまって」いる

演技力というより「はまり役」なのか?

「めっちゃ怖い」のだが笑ってしまう。笑ってしまうくらいはまっているのだ

そして「にらみ」がすごいのだ

こちらの動画の56分から

「甘えたこと言ってんじゃねーよー」
にらみもすごいのだが・・

IMG_0415

その後の「うせろ!」的な台詞のない「目の演技」がめっちゃすごい

すごい「はまり役」だ

ドS女優、認定!

ツンデレ乙姫様

先ずはこの話から

皆さんご存知だと思うが、AuのCMがたいへん面白い

はじめは、桃太郎(松田翔太、以下敬称略)、金太郎(濱田岳)、浦島太郎(桐谷健太)の3人で展開していたはずだ。

そこに、かぐや姫有村架純)が登場してきて、桃太郎と付き合っているという設定。面白いなあ

「パッカーン」というキャッチコピー?も、すごくインパクトがあった

さらに、そこに登場した乙姫(菜々緒)なのだが、このキャラクターが素晴らしい

竜宮城のシーン

浦島太郎(桐谷健太):ちゃん、来ちゃった

乙姫(菜々緒):あら、いらっしゃーい。お友達?

金太郎(濱田岳):あ、玉手箱じゃーん

乙姫(菜々緒):それ、開けちゃダメ!あんた、えらいことになるよ

浦島太郎(桐谷健太):じゃあこっちのは?

乙姫(菜々緒):それはいいよ、浦ちゃん

金太郎(濱田岳):じゃあこれは?

乙姫(菜々緒):開けちゃダメって言ってんだろーが

ddc223dc31a34068adaaeb0a303e390a_20059

このにらみはすごいよ。

ツンデレ

このCMでの菜々緒氏のツンデレぶりは話題になり、高く評価されたようであるが・・

長くなりそうなので、今日はここまでということで

 

取手づくり

応募シールを集めて絶対もらえる「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り」の2本目

IMG_6913

 泡細かい

IMG_6953

香りがすごくいい 甘い香り

味も苦みが少なく、ほのかに甘い

それでいて、のどごしもスムーズ

キレもよろしい!これは美味いよ

裏側に説明文

IMG_6914

IMG_6915

IMG_6916

アルコール分:5.5%

日本で発売されているビールのアルコール分は、4.5%~5.5%程度のものが多い

一番搾りもスタンダードは5%であるから、ちょい高めと言うべきか

前回の「横浜づくり」は6%だったが・・・

またまた勝手な印象だが「焼鳥」なんかにバチコンとくるんじゃないかな?

鶏手羽焼き

IMG_6958

このビールには焼鳥「塩」だな」

toride01

toride02

美味いよ、これ。

柏に行った時、ちょっと探してみたけど見つからなかった。

リピートしたいなあ。

OCDの製作

ハンダ付けが大好きだ

先日、ヨルタモリで、ゲストの甲本ヒロト氏もタモリ氏も「ハンダ付けが大好きだ」と言っていた

忙しくなると無性にハンダ付けがしたくなる。

分らないだろうな、この感覚

昨日の電車中刷り広告

ここにもハンダ

IMG_0409

あはは。。。笑うね

そんなことはさておき、自分が使う機材を自分好みにアレンジして作る

何と楽しいことだ

今回はこれ

ft_ocdd

FULLTONE ( フルトーン ) / OBSESSIVE COMPULSIVE DRIVE

最近何かと話題?のエフェクターかな?

楽器屋で試奏してみたら、すごくいい感じ

自分好みにアレンジして製作してみたくなった

回路図

ocd

ネットでググると、この他にも回路図は出てくる

自作している人も多いようだ

OCDは数回のマイナーチェンジをしていて、現在はVer.7だとか。

この回路図はVer.4あたりか

IC1個の比較的簡単な回路ではあるが、ユニバーサル基板の手配線ではちょっときついかな?

なんて考えていたら

基板

ちょっとアレンジされてはいるが、こちら(おなじみのPAS)で基板が売っているではないか

これを基にすれば結構簡単に作れる気がする

で、PASの、この基板を購入して製作することにした

海外のサイトだが、こちらにもたいへん詳しいMod方法などが紹介されている

IMG_6321

ぼかしなんかを入れた方がよかったか?

裏のパターンとか定数が分らないから大丈夫かな

部品をハンダ付け

IMG_6847

お気に入りの部品で製作

抵抗はTAKMAN、コンデンサーはPanasonic、ニチコンMUSEなどなど

いろいろなパーツを試したいので、ソケットにしまくる

これは意欲作?だな

クリッパーのダイオードについても検証してみようと思う。

今日はここまでということで。

ネイルケア

ギターやウクレレを弾いていると、どうしても爪が痛む

ギターは基本的にピックで弾くことが多いが、それでもやはり爪は少なからずダメージを受ける

ウクレレは指で弾く

特に右手人差し指はストロークの時に酷使される

爪をピックにして弾いてるから

そんなこんなで、付け爪をして演奏するギタリストやウクレリストもいる

付け爪はちょっとなあ、と思うのだが

今まで「強化ベースコート剤」やら、たいへん高価な「グラスネイル」なども使ったことがある

が、思ったような効果は得られなかった

今回のこれ!は何となく良い気がする

ベースコート

IMG_6969

DHCシルキーネイルベースコート

シルクプロテイン配合。美しく健康な爪に整えるコート剤。と書いてある

演奏の点から言うと、固すぎず、柔らかすぎず、滑りすぎず、いい感じ

私には、今までで一番ぴったり来たかも知れない

そしてもうひとつ

ネイルケア

ただでさえ、私は爪が弱いので、やはりネイルケアは欠かせない

キューティクルトリートメントオイル

IMG_6965

DHCキューティクルトリートメントオイル
ブルームーンライト

2層になったオイルと美容成分をシェイクして混ぜ合わせ、爪に塗ってマッサージするというもの

「カクテルのような彩りと、パワーストーンのきらめき、心やすらぐ香り。美容成分をぜいたくに閉じ込めたキューティクルオイル」なんだとか。

このオイルでマッサージしてから、ベースコートを薄く2回塗るようにしてから爪の調子がたいへんよろしい

DHC、なかなかやるではないか

それより

女子力、めっちゃ上がってるぜ!

横浜づくり

応募シールを集めて絶対もらえる「全国9工場の醸造家がつくる9つの一番搾り」の1本

IMG_6918

グラスに注いでみた

IMG_6889

このビール、すごく濃い。

味も濃い、色も濃い、香りも濃い。

これはいい意味で「一番搾り」ではない。

すごくコクがあって美味いぞ。

これは是非リピートしたい。

横浜に行ったら買っておこうと思う。

背面に説明書きがある

IMG_6919

IMG_6921

説明文

横浜らしい
洗練された味わいです。

歴史と異文化が融合する
横浜の街を思い浮かべながら、
一番搾り製法で、素材の
旨味を引き出しました。
横浜の味覚を引き立てるように、
しっかりとした味わいと、
開放的な香りを調和させました。
腕によりをかけてつくった
一番搾りです。

横浜工場醸造長 岡田義宗

IMG_6922

アルコール度数も6%と通常よりちょっと濃い。

勝手な印象だが「中華料理」「エスニック料理」などにぴったりなんじゃないかな?

ichiban-yokohama01

ichiban-yokohama02