父の時計

1960年製セイコーライナー

父が大切に使っていた時計である。

もちろん手巻き式のゼンマイで動く腕時計

調べてみたが、多分1960年製と思われる。

IMG_6039

SEIKO ライナー Cal.3140  23石  手巻き

TVドラマ「流星ワゴン」を観て、父のことを思い出した、という話は前にも書いた。

流星ワゴンのチュウさんも1960年代に製造されたグランドセイコーをしていた。

そんなこんなで親父の古い時計を引っ張りだしてみたら、これが案外かっこいい。

ゼンマイを巻いてみたら、ちゃんと動くどころか、めっちゃ正確。1日1分程しか狂わない。

製造されてから50年以上も経つ時計が正確に動くなんてすごい。さすがは世界のセイコーだな、と思う。

ベルト交換

IMG_6043

で、放ったらかしにするのはもったいないと思って、ベルトを交換した。

何となくだが、黒にしてみた。

で、そろそろ気が付いたかなあ・・・・

SEIKOのロゴが筆記体

IMG_6045

Seiko Linerと筆記体で書いてある。筆記体のSeikoの文字がおしゃれに感じる

IMG_6058

裏にも筆記体でSeiko Liner 活字体でALL GOLD FILLED

番号は15010

ネットで調べても、これと全く同じ時計は見つからない。

針の太いものはたくさん見つかるが、針が細いものは少ない。さらにこの裏蓋のデザインのものは見つからなかった。

特別なモデルだったのかも知れない。

時代的に、腕時計が大型に、そして薄型に変化していた時期であったらしい。

そういえば、父はこの時計がすごくお気に入りで,、よく「こんなに薄い」と自慢していたなあ、と思い出した。

少しは供養にもなったかも知れないな。