ボーカル・マイク

昨日の記事、フレットファイリングであるが、

削ったフレットの上部を台形から山形に整形する作業が難航中

なので、今日はこんな話題で・・・

ボーカル・マイク

以前にレコーディング用のコンデンサーマイクを紹介したことがある

IMG_6258

これはあくまでレコーディング用

で、今日はライブ用のマイクを紹介

AKG(アーカーゲー)D5 Vocal

IMG_0429

新しいダイナミックマイクを入手!

AKG D5(オーストリア製)

ダイナミックマイクの世界標準と言われているshure SM58と比較するとパワーがある

SM58は意図的にLowが切ってあるが、こちらはもっと素直な感じ

ついでに他のマイクも紹介しておくね

Electro-Voice ( エレクトロボイス )  N/D757

IMG_0432

米国製 生産終了品、後継機種はN/D767

もう20年以上も前も入手したボーカルマイク

力強くて大のお気に入りであるが、もうぼろぼろ

手に持つグリップ部分のゴムがぼろぼろになって、一度交換した

その時も8000円位して・・・

またまたぼろぼろになってきているが、次は交換するなら新しいものを購入した方が良さそう

マイクヘッドの周辺も崩壊し始めている

すごく軽いのも大きな特徴だが、ハンドヘルドノイズが大きいので、ハンドマイクには向かないかもしれない

Shure(シュアー)SM57 Beta

IMG_0428

米国製 このマイクは守備範囲が広い

エレキギターなどを録音してもうまくいく

ちょっと吹かれに弱い気がするので、今度ウインドスクリーンを手に入れてボーカルに使ってみたいと思っている

強靭なマイク本体もこのマイクの魅力かもしれない

落としたくらいならびくともしないだろう

IMG_0435

AKG D5 総括

手持ちの3本を比べるとヘッド部がでかい分、効率が良いのだと思う

吹かれにも比較的強い印象

音質的には57Betaに似ているようにも感じたが、こちらの方がちょい繊細か

単一指向性が強い感じがするが、マイクヘッドの形状がフラットになっているので、問題ないだろう

マイクに極端に近づくと、ラジオボイスっぽい感じになる(どのマイクも大なり小なり近接効果はある)

パワーも充分、Low成分もちょうど良くあるし、中高域も抜ける感じがする

マイクをなめるように口を近づけて歌う人には不向き

でかい音のハードロックなバンドより、大人の音楽向きかな?

男性女性問わず使えると思う

ハンドヘルドノイズもなく、ハンドマイクにもいいが、ちょっと重いか?

ヘッド部が大きく、ヘッドを手で覆い尽くすような持ち方は出来ない

逆にそんな悪い持ち方の癖を直すのに?いいのかな?