秋月ヘッドホンアンプの製作

先日の記事で書いたヘッドホンアンプの基板を使って

ヘッドホンアンプを製作した

商品ページはこちら

回路図

入力のC3.C5.は、ニチコンFG10u/50V

出力のC4.C6.は、パナソニックのOS-CON470u/16V

電源のC1.C2.は、ルビコンPK 470u/25V

抵抗は手持ちの汎用品を使った

こんな感じでラックケースに入れてみた

両電源の電圧をチェックしてから、オペアンプをICソケットに装着

安物のイヤホンで音を確かめて・・・

音はすぐに出たが、モノラルの低位の安定しない変な音

凡ミス!!

ヘッドホン出力のアースが浮いてた・・

ああ、まだまだだな

ちゃんと音を確かめてから・・

説明書通りに出力の保護抵抗(R6,R10)を撤去、短絡

完成

CDプレーヤーをつないで聴くと、すごくいい感じでなってくれる

いわゆるChu-Moyタイプの簡単な回路であるが、普段のリスニングには全く問題ない

ノイズも無いので快適!

オペアンプを交換

説明書に記載の数種のオペアンプを差し替えて、サウンドチェックしてみた

NJM4580DD (秋月電気のデフォルト)参考価格25-

たいへん良く鳴っていると思う。十分良い音だが、ちょっとおとなしいか 電源ON時の「ボツっ」ノイズがでかい

NJM4558DD 参考価格25-

思ったより良い。くっきりしている。電源ON時のノイズは4580より小さい

NJM2114DD 参考価格100-

ダイナミック。これ、好きかもしれない。電源ON時のノイズ小さい

NJM5532DD 参考価格100-

すごくおとなしい 電源ON時のノイズはほとんどない

NE5532P 参考価格80-

上のNJM5532DDと同様におとなしい 電源ON時のノイズはほとんどない

NJM2043DD 参考価格70-

軽快!ちょっと軽すぎるか?電源ON時のノイズはほとんどない

MUSES8820 参考価格400-

音に厚みがあっていいのだが、電源ON時の「ボツっ」ノイズがでかすぎて使う気にはなれない

MUSES8920 参考価格480-

上のMUSES8820を高音寄りにした感じ 電源ON時のノイズは、ほとんどない

OPA2134P 参考価格320-

ダイナミック 2114を低音寄りにした感じかな?電源ON時のノイズは、ほとんどない

LME49720NA 参考価格260-

めっちゃにぎやか! 個人的には、にぎやかすぎる 電源ON時のノイズは、ほとんどない

考察

保護抵抗(R6,R10)を撤去したことで、電源ON時のノイズが目立ってしまうのだと思われる

あと、5532と2043がおとなしいのは、入力インピーダンスの違いだろう

IC自体の性能が悪いからではないと思う

この回路では、電源ON時のノイズのことも考慮して、NJM2114DDOPA2134Pかなあ

すごくいい感じで鳴ってくれる!

追伸

この回路、電源で大きくサウンドが異なる

006P電池で、すごくいい音で鳴っているのに

市販のスイッチング電源だと思いっきりノイズが出てびっくり!

もちろん、ちゃんとしたアダプターを使えば、ちゃんと鳴ってくれるが。

ご留意されたし!