Big Muff Pi(パイ)の自作02

ギター用のエフェクター

Big Muff Pi(パイ)の自作 2回目

10年ぐらい前の話であるが、資料が出てきたので記録しておく

当時交流のあったSpeenaのシホちゃんから、エフェクター「Big Muff 」の修理を頼まれたのがきっかけ

ロシア製の白っぽい躯体

BF2

Big Muffマニア

前回「当時Speenaで活躍していたシホちゃんだが、実はファズマニアで・・」などと書いたが

ご本人からメールをもらった

Muff-5

「写真に写っていないものもあります」とのこと

どんだけ「Big Muff好き」やねん?!

 

上段中央 USA製(w/t Tone-Bypass SW)

上段左 Black Russian

下段左 White Russian

 

の3台を貸してもらった(と思う)

どれもがBig Muffの音ではあるのだが、少しづつ音味が違う

「白いロシア製」が最もいい感じに唸る

これは研究の絶好のチャンス!

ご本人の承諾を得て

回路図を起こしてみることにした

エフェクター内部の基板をトレースするして、回路図を読み解くのだ

ハンダ面

Muff-W02

 

パーツ側

Muff-W03

よっぽどヒマだったのだろうか

よくもまあ、こんなことしてたもんだ

回路図

Muff-White01

ネットでもいくつか回路図は見つけていたので、それらをヒントにしながら回路図にした

Big Muffは時期によっても回路定数が違うし、いろんなバージョンが存在するようだ

結局、このときはぴったんこ当てはまる回路図は見当たらなかった

けっこうレアな躯体なのかなあ