バッファー・ブースター04 混沌

昨日の悪い予感?が当ったかも知れない

入力インピーダンス

一般的に入力インピーダンスは低いより高い方がいい

逆に出力インピーダンスは低い方が有利とされる

ギターなどの楽器の入力インピーダンスは1MΩであるものが多い

この回路では入力からアースに落ちている1MΩの抵抗で入力インピーダンスが(ほぼ)決定されているので簡単だ

Buf201705

昨日の記事で書いたように大昔に作ったエレアコのバッファーでは実験の結果5MΩにした

通常、入力インピーダンスは低くするとHigh成分が減る

つまり高くする程、高音成分が強調されるがノイズをくらいやすくなる

ところが・・・

試しに入力インピーダンスを5MΩにすると、

Highだけでなく・・

Lowの感じが全然違う!

どうしよう?

想定外のうれしい事態!であるが・・・

しかしながら、振り出しに戻ってしまった

すべての(パーツの)定数を見直さないといけないのか?

正に混沌として来たぞ

パーツを取っ替え引っ替え、

永遠に終わらないぞ!

 

そして、こんなTOOLを作った

パーツ交換テストスイッチ

IMG_3128

6本足のスイッチに配線してその先にスズメッキ線を付けた

これでブレッドボードに直にアクセスできる

このスイッチをパチパチして聴き比べよう

これで少しは作業がはかどるかな?

以前に紹介したパーツテスター

IMG_6789

結局はこれと同じものだ

長い旅はつづくのだなあ