豚コマのもやし炒め

野菜が高騰している

そんな時に助けてくれるのが「もやし」だな

安い値段で売られているので、軽視しがちな食品であるが、うまく調理すると大変美味い

もやしの種類

もやしの種類は、原材料の豆によって異なる

もやし=スプラウトとするならば、貝割れ大根や、ブロッコリーなども含まれるが

本日は、いわゆる「もやし」ということに論じるなら

主な豆は、緑豆、ブラックマッペ、子大豆、大豆の4種類ということになる

緑豆もやし=「青小豆」とも呼ばれているもので、一番多く売っている

軸は太めでシャキシャキとみずみずしい食感

黒豆もやし=「ブラックマッペ」という黒い豆が原料で細めの軸で豆の甘みが感じられるのが特徴

ブラックマッペの方がほんの少し高価で、売っているスーパーも限られる印象

両方あれば私は「ブラックマッペ」を選ぶ

大豆もやしについてはまた機会を見て・・・

新鮮なものを水にさらす

必ず新鮮なものを購入し、その日のうちに調理すること

必ず水にさらすこと、少なくとも水洗いをすること

しばらく流水にさらしたいくらい

袋から出してそのまま調理?などということは言語道断

本日の作り方

ニンニク、ショウガ、長ネギのみじん切りと少量の豆板醤を炒めて香りを出し

そこに豚肉のコマ切れを加えて塩コショウ、さらに炒めてオイスターソースで味付ける

ひき肉でもいいけど、ゴロゴロしてる方が美味いと思う

豚肉を一旦取り出して、そのフライパンでもやしを手早く炒める

ほんの少しの塩とオイスターソースで調味

ロジカルクッキングの水島弘史氏によると「もやし炒めは弱火で作ると冷めてもシャキシャキ」とのこと

厳守すべし

シャキシャキ感を残したもやしを皿に移し、取り出してあった豚肉をフライパンに戻して炒め直す

最後に胡麻油で風味をつけるも良し

さらに中華っぽくしたいなら、五香粉を加えれるも良し

みりんで照りとコクを加えるも良し

出来上がり

濃い味の豚肉と、薄い味でシャキシャキのもやしで

美味しいよお

きっと今夜のおかずが決まった人もいるね

是非!