C-MOS OVER DRIVE 05

組んで直ぐには音が出なかった、C-MOS OVER DRIVE

元ネタはMad Professorの

Stone Grey Distortion

オリジナルはシングルのオペアンプで作られているが

デュアルのアペアンプで作って、片方のアンプでバイアスの低インピーダンスを図る

そんな改造を施したので・・・

基板パターンも自分で作った

やっぱしちょっと無理しすぎたかなあ?

と、思っていたけど

音、出ました

IMG_3304

古いパーツを使い回したので、入出力のジャックが接触不良だったり

IMG_3300

電源ラインの基板パターンが微妙に途切れていたり

まだまだだなあ

回路図

C-mosOD

で、音ですが

すごいです

めっちゃハイゲインディストーション!

思い切り歪むし、歪ませても分離が良くて好みの感じ

歪ませてもピッキングのニュアンスが好きな感じに出ている

入力のカップリングコンデンサ(オリジナルは0.0022μF)を調整すれば低音をコントロールできる

0.047くらいにすると低音がゴンゴンに唸るが・・やりすぎか?

すごく楽しいぞ

本格的にアルミケースに入れて完成させよう!

ちょっと失敗部分

ボリュームポットはAカーブが必要なのに

IMG_3303

間違って3つともBカーブを買ってしまったんだよなあ

何で間違ったんだろ?

このままでは使いにくい

また秋葉原に出かけるか?通販で済ますか?