カポタスト01

珍しく音楽の話

それもギターのこと

ギターに装着するcapo=カポ=カポタスト

カポタスト(capotasto)

ギターなどの弦楽器用アクセサリー、演奏補助器具のひとつ

略してカポと言われる

弦の長さを任意に短くすることで、楽器全体を移調することができる

演奏を容易にしたり、キーを上げて、きらびやかな響きにすることもできる

SHUBB(シャブ)

現在のcapoのスタンダード?かな?

ワンタッチのクランプ方式は超定番!

アルミニウム製のC1を使っている人が多いと思う

これはブラス製のC1b

ほんの少し重いのかな?

超定番で使いやすい

2000円〜2500円くらい

KYSER (カイザー)

バネ式のワンタッチ装着を売り!とするカイザー

片手で操作できるので、ライブでは重宝する

曲の途中での転調にも(工夫すれば)対応出来る

弦を押さえる強さは調節できない

2000円くらい

YAMAHA(ヤマハ)

ダイキャスト製のCP-100

ネジ式

2000円くらい

ネックの真裏(完全に真後ろ)からネジで押さえる力を調節できるという点は100点満点

押さえる力も微妙に調節できることも100点満点

ただ、装着がやや面倒くさいことと、重量が重い点がマイナス

この商品の上位にブラス製のCP-200があるが、さらに重いからマイナス点しか考えられない

JIm Dumlop(ジム・ダンロップ)

ジム・ダンはすごく多くの音楽商品を扱っている商社で

カポもたくさんあると思う

これは11CDとかいう伝統的?な商品

とにかく軽く、価格も安い

数年に1度くらいの確率で訪れる「緊急カポ必要時」に備えて常時携帯用として購入

1000円以下

装着がやや面倒なのと、工夫と慣れ!が必要であるが

何しろ軽い!ので音質の変化が少なく、コスパは最高と思われる

カポは奥が深い

カポはまだまだいっぱい持っているし、話もあるのだが・・

長くなってしまったので、今日はここまで

最後まで、ありがとうございました