カルボナーラ

麺食いなのだ!

うどんもそばも、パスタも大好き

いろんな麺料理

いろんなパスタを記事にしたけど

あれれ?

カルボナーラを忘れていた

カルボナーラ

元々はローマの料理であるという

パスタにはスパゲッティを使用したものが一般的で、

これをスパゲッティ・アッラ・カルボナーラ(Spaghetti alla carbonara)という

生クリームを使うレシピは、もともと卵が固まるのを防ぐためのレストランの方法で、本来は入らない

本場ローマでは卵の凝固を防ぐために、グアンチャーレを炒めた際に出る油を事前に卵液へ加え、

パスタ投入後はパスタの茹で汁を加えながら素早く和えるという手法が取られる。

〜私の作り方〜

このやり方だと確実に上手にできる

フライパンでベーコンをゆっくりと炒める

十分に油を出し

多すぎると感じたらちょっと拭き取る

少なすぎたらオリーブ油を足す

茹で上がったパスタをフライパンに投入するが

その前にマヨネーズを小さじ半分くらい加えておくと

すごくうまく乳化が進む(内緒だよ)

パルメザンチーズをうわっと加え

茹で汁を少し加えて固さを調整する(入れすぎないこと)

ここからがちょっとアイデア

今まで麺を茹でていた湯の入った鍋にステンレスのボールを乗せ

その中に麺を入れて卵黄のみ1個を加え

しっかり絡めて・・

(この方法だと卵がしっかり麺に絡んで、且つ固まらず、それでいて熱々のまま)

昆布茶で味を整える

皿に移して、最後に粗挽き胡椒

アディショナルでパルメザンチーズを少し

出来上がり

卵とろっとろの

カルボナーラ

まっちがいない!