椅子の塗り替え張り替え その弐

昨日の続きの話

木工用ボンドが乾いて、

しっかり接着されているのを確認してから

研磨

サンドペーパーで表面を研磨する

120番手くらいのサンドペーパーで全体を擦りまくって

塗装がはげている部分や傷が目立つところは入念に

割といい感じのところは適当にやったけれど

これでいいのだろうか?

さらに220番手で仕上げをした

ペンキ

水性でなるべく臭わないもの

失敗しにくいもの?を選んだつもり

少し水で薄めて・・・

薄く塗って〜乾かして〜また塗って

を3〜4回繰り返した

(途中の写真はない)

乾かしている間に・・・

座面張り替え

座面をひっくり返すと・・・

何だこれ?

釘で打ち付けてある

思い出した!

前に張り替えた時、

東急ハンズで適当なビニール製の布買って、

タッカー(でっかいホッチキス?)持ってなかったから

無数の釘を打ったんだった

すんげえー面倒だった

全部の釘を抜いて外すと

何だこれ?

思い出したーー!

前に張り替えた時、

東急ハンズで適当なビニール製の布買って、

下のビニール?はがさずに

上から包むように布を貼ったんだった

そうだ、そうだった

もう一度ひっくり返して

これを1本ずつ丁寧に抜く

気の遠くなる作業だ

全部抜いた

しんどかったあ

座面ネジ穴修正

座面を椅子の骨組みに固定するネジ穴が

「バカ」になっていたので穴埋め

割り箸を丸く(円柱に)削って

木工用ボンドをつけてネジ穴に叩き込んで

不要な部分をノコギリで切断した

我ながら、芸が細かい

これも乾くまで1日、放置しよう