鶏とねぎのつけそば

つけそばは、15年の4月に「鶏なんば」という題名で一度記事にしている

その時は、そばを温めて、暖かいつけ汁で食べた

今日は本来の食べ方

冷たくしめたそばを、暖かい濃いめのつゆでいただく

鶏とねぎのつけそば

鶏もも肉は脂を丁寧に切って筋を切り、塩、黒こしょうをふった

長ねぎは細かく切り込みを入れ、3cmくらいに切った

フライパンに塩を振り、鶏肉の皮目を下にして中火で加熱

上からも塩少々

出てきた脂や水分を拭き取りながら、長ねぎを加えて焼き目をつけた(焼き目重視)

鶏肉と長ねぎを取り出して、鶏肉を一口大に切った(半生でOK)

焼いたフライパンに多い目のみりん(50ccくらい)を加え、アルコール分をとばし

市販のそばつゆを加えて、長ねぎのみじん切りを加えて加熱

その後、焼いた長ねぎと鶏肉を加えて火を通した

たっぷりの熱湯でそばをゆでて、水で十分に洗い、

氷水に落として、しっかりとしめた

出来上がり

さらに薬味はネギと七味

つゆは濃いめ、甘い目にしておいて

冷たいそばをちょいと!したしていただく

鶏とネギに焼き目をつけたことで香ばしい

冷たいそばと暖かいつゆの良いとこ取りなんだな

納得!

美味い!