Digital Performer

たまには音楽の話

それも個人的防備録的記事

PCでの音楽の作業についてはこちらで書いている

自宅での録音作業やオケの制作作業には

Digital Performerというソフトを使っている

主には、YAMAHA MOTIF RACK ESという音源を使っているのだが

ちゃんと音も出るし、

Digital Performerが、MOTIF RACK ESを認識しているのは間違いないのだが、

「Patch」と呼ばれる音の名前が食い違っていて

例えばPatchの名前が「brass」とかになっているのに

出ている音は「ピアノ」みたいだったり

またはその逆だったり

もう、ややこしいことこの上なかった

今までは、いちいちメモに残していたり、面倒くさい工夫をしながら作業をしていた

実は

かなり前だが、YAMAHA のサイトで

「Digital Performer4.5用 MOTIF-RACK ESパッチリスト」がDLできることを知り

指示に従って試してみたが、完璧ではなく

Digital Performerのバージョン違いから「ダメなんだろうな」と諦めていた

でもでも、

あまりの面倒くささに

この度、どうにも納得ができず、

浜松のヤマハデジタルインフォメーションセンターにまで電話をしてみたが

解決しなかった

うーーーん

何かおかしい気がする・・・

確信はないけれど、何かが違っている気がする

エディターで開いてみた

上述の「MOTIF-RACK ESパッチリスト」をエディターで開いてみると

パッチネームはMOTIF-RACK ESの内部とちゃんと合っている

でも、Digital Performerでの表示が違う

これは絶対におかしい!

と、確信!

実力行使

MOTIF RACK ESには存在しない、でもDigital Performerの画面に現れるパッチの名前がPCのどこかにあるなら

それを探して排除すればいいんぢゃないのか?

で、

「このMacを検索」でPC全体を検索し、

かたっぱしから確かめていたら・・・

・・・・・

見つけた!

Digital Performerは、MOTIF RACK ESではなく

もうひとつ古いMOTIF RACKとして認識している様子

よっしゃあ!

「MOTIF=RACK ES.midnam」と「Yamaha.middev」の2つのファイルを

MacintoshHD/Library/Audio/Midi Devices/MOTU/YAMAHA/

に、コピーし直し、

MOTIF RACK ES以外のMOTIFの名前がつくmidnamファイルをすべてゴミ箱に移し

Audio MIDI設定をし直して

再起動すると・・・

大成功!

思い切ったぜ!

正しく表示されるようになった

これで作業効率も上がるに違いない

大成功!

やったね!

フルスイングで振り切ってやるぜ!

へへへへ