土用干し

梅干しの仕込みのクライマックスであるらしい

「土用干し」である

天気の良い日に、3日間行うのが良いそうだ

梅を天日干しするタイミングとして、土用の頃が適しているというのが、この名前の由来であるらしい

が、私が梅を漬け込んだのが7月1日(天赦日+一粒万倍日)で、ちょっと遅めだったので

「土用干し」は「お盆の頃に」と決めていた

ざるを買ってきて

瓶の中の梅を全部出して干した

なんだかうまく干せていないような??

オカンがやってたことを思い出すと・・・

これではよく乾かないと判断!

ダンボール箱を利用して

やり直し

梅と梅の間隔を開けないと、乾かないよな

紫蘇も干して・・・

パリパリに干して「ゆかり」を作ろう

その「ゆかり」て握った「おにぎり」

さぞ美味しいことだろう(ああ、よだれが・・)

ああ、ワクワクする

梅酢で「しば漬け」も作れるという噂を聞いた

「しば漬け」も?

ゾックゾクするやろ!?