エレアコプリアンプ製作編10

2ch仕様のエレアコプリアンプの製作

2月3日の第9話で完成をしていたが、

さらに改良を重ねて・・・

昨日の電池ケースを溶かしてしまう事故が起きてしまったり

紆余曲折があったが、

やっと完成だと思う

事故を未然に防ぐ

基盤の裏をホットボンドとアクリルで絶縁しておく

動くと金属疲労で外れたりする危険があるから

大型のコンデンサーも揺れないようにホットボンドで固定しておく

ケースの底も絶縁しておこう

ウケ狙いではない

一番搾りの何かのセットに入っていたもの

アクリルだったら何でもよかった

つまみを透明なものに変えた

かっちょいいーー

今回の教訓

電池はショートさせると危ない!

こんな道具も作った

電池→DC入力変換

いろいろ回路をいじる時はこういうのを使えばいいんだな

発熱すればすぐにわかると思うし、被害は最小で済む(電池1個分)

サウンドチェックはこれから

今回の作業は何日かかっただろう?

音の経路を順番に探り、やっとこさで探し出すことができた

結局は単純な接触不良だっただけ!だった

ちゃんと音は出るし、レベル調整もすんだ

精密なサウンドチェックはこれからだけど・・

多分完成だと思う

あーー、大変だったけど、苦あれば楽あり?

これも楽しみなんだろうなあ

最後までお付き合い、ありがとうございました