ギタレレ

よくできたおもちゃ

YAMAHA  Guitalele GL-1

IMG_6221

クラシックギターの弦を張って使う

ギターは一般的に6弦から1弦を、
E-A-D-G-B-Eとチューニングする。

このギタレレは6弦から1弦を、
A-D-G-C-E-Aとチューニングするように設計されているようだ。

各弦がギターより半音5つ上。5フレットにカポを付けている状態と言えば、分る人には分りやすいかも?

レギントギターもこのチューニングだったと思う。

IMG_6223

ウクレレは一般的に4弦から1弦を、
G-C-E-Aとチューニングする。

そう、6弦のウクレレとも言えるわけだ。

電気化

IMG_6219

自分でピックアップを付けて、ボディサイドにボリュームを付けた。エンドピンから出力できるように工事をしたが、あんまり出番はなかった。

宝物

IMG_6226

ウクレレの神様のサイン

ある時、ウクレレの神様、ハーブ・オオタ氏がヤマハに来られるとの噂を聞きつけ、私はアロハシャツを着て、このギタレレとマジックペンを握りしめて出かけた。

もちろん、サインを頂くためだ。

To Keinosuke-san

Nice Meeting You

Herb Ohta

その下に、aloha! Nando L Swanとあるが

その時一緒に来日、演奏したギタリストのナンドー・スワン氏のサインである。

スワン氏はすごく気さくな人でセッションもしてくれた。

97年かあ

この日、ハーブ氏と2ショットの写真も撮ってもらったのだが・・
探せばどこかに持ってるはず・・探して自慢したい。

PEPEの弦

IMG_6229

ギターとして弾くのだったら、やっぱり普通のチューニングで弾きたい。

特殊な弦を探したり、いろいろ苦労をしたのだが・・

このPEPEギター専用弦というのを見つけて解決。

かなりテンションが低いが、普通のギターと同じに6弦から1弦を、E-A-D-G-B-Eとチューニングできるようになった。

小さいのでじゃまにならず、ちょっとした「音取り」などに活躍する。