ウクレレをHigh-Gにする

ウクレレ、いつもはLow-Gのチューニングにしている

Low-Gチューニング

4弦をクラシック・ギター弦の4弦(巻き弦)に張り替えて、1オクターブ下げるチューニング

特にソロ・ウクレレの場合は Low-Gチューニングでアレンジされている曲も多い

楽器自体のレンジ(音域)がHigh-Gより広くなるので、演奏の自由度が高まる

ウクレレの神様「ハーブ・オオタ」氏も、Low-Gチューニングでプレイしている

氏に憧れてウクレレを弾き始めたこともあって、私もLow-Gチューニングで弾く

ところが

お仕事でウクレレのアレンジを頼まれた

「ウクレレソロのアレンジを3曲程、演奏も録音もお願いします。」

「解りました」

「High-Gチューニングでお願いしたいのですが大丈夫でしょうか」

「わ、解りました」

お仕事だからね

IMG_8035

4絃(向かって左)が細いのに代えてある

「楽」モデル

こちらでも紹介している

IMG_8036

ブリッジを見ると

IMG_8038

ブリッジを見るとよく分る

4絃が細い

絃を通す溝

いつもは太い「巻き絃」を張るためにブリッジの溝を拡げてある

なので、こういう細い絃はうまく止まらなくなっている

なので

ビーズをはさんでいるのだ

IMG_8045

絃を丸結びにして「だんご」を作って止めるのだが、そこにビーズを通しておくことでしっかり止まる

音をスポイルしないか?

全く大丈夫!

かえっていい音になっているような印象さえある

IMG_8041

シーガー船ハリスの8号

1絃と同じものを張った

蛇足ながら、この「シーガー船ハリス8号」であるが、ヒラマサ、カンパチ、シマアジあたりを釣り上げるのに適しているとか?