ひやむぎdeあんかけ焼きそば

記憶が曖昧だが、

TV番組で「残った素麺でかた焼きそば風に」みたいなメニューを作っていたような・・・

我が割烹の食材倉庫にも、素麺やひやむぎといった乾麺の備蓄がある

が、それらの食品は、夏を過ぎると一気に消費量が減るばかりか、ほとんど消費しなくなるのが常だ

よっし、ひやむぎであんかけ焼きそばを作ってみよう

(ひやむぎの方が賞味期限が近かったから)

ひやむぎdeあんかけ焼きそば

作り方は適当だが・・・

ひやむぎは茹でて、水で洗って、ごま油をひいたフライパンに敷いて、堅焼き風にした

豚肉、白菜、キャベツ、玉ねぎなどの残り物の野菜、

かまぼこや厚揚げもあったので、炒めた

中華だし・鶏がらスープの素・オイスターソース・砂糖・酢で味付け

水溶き片栗粉でとろみをつけた

出来上がり

あははは、これ、好きかも知れん

普通にひやむぎ食べるより(普通にって何?)断然好き

麺がきつね色にメイラード反応しているところも、すごい好き

美味いです

ご注意

前述のTVの時もそうだし「残った素麺を大量に消費」なんて書いてあるレシピもあるが・・・

ひやむぎは1束90gくらい、ペロリであるが、

この料理だと、90gなんてとてもとても・・・

フライパンで焼くのも50g分くらいが精一杯だと思う

ご参考になれば

御造作!