秋田に乾杯

寒い!

秋入り宣言

梅雨入り宣言?みたいなものはあるが・・・

気象庁に代わりまして宣言いたします

東京都周辺は「秋入り」した模様です

個人の感想であり、実際の状況を示すものではありません

「秋」ということで

秋田に乾杯

原材料:麦芽、ホップ、米

アルコール度数:6%

秋田県産のホップとあきたこまち

レポ

めっちゃクリーミー

アルコール度6%のがつん感がすごく、その苦み?が美味い

のどごし、キレ、抜群なり

いろんなビールがあるんだなあ

47都道府県の一番搾り

すごく楽しい

ワンレフビデオ第2弾

Wonder Rainbow Factory 動画第2弾アップしました!

こちらからご覧下さい

ワンレフLiveに向けて

曲の準備などもしないといけないが

機材の準備もおこたりなくしておかないといけない

以前に記事にしたこれとかね

昨日も雨の中、秋葉原にパーツの買い出しに行った

ちょっと油断したんだなあ

秋葉原のパーツ屋さんに行く途中

忍者のコスプレしたおねえちゃんに

「〇〇はどうじゃるかあー?」などと声をかけられてしまった

えーーーーっ?

イメージ画像じゃるよ

秋葉原

秋葉原は日本有数の電気街として栄えた場所

かつてはアマチュア無線やパソコン部品など、専門的な商品を販売するお店が並んでいた

現在も大型の家電量販店などは残っているが・・・

最近の秋葉原は、日本特有のオタク文化、アニメグッズやメイドカフェなど、オタク文化の店が多くある

外国人とオタクの街といった印象が強い

個人の感想であり、実際の状況を示すものではありません

プロとアマチュア

道には客引きをする女性がずらりと並んでいて・・・

前述のコスプレ有り、浴衣あり、

「耳の穴」などと書かれたボードを持った女性がいたり、

ビル2階のベランダ部分で、歌って踊るパフォーマンスをしていたり・・

異様だ!

いずれもお客さんを誘導する「客引き」なのだが、

それらの女性の中にも「プロ」と「アマチュア」が存在するように感じる

パーツ屋に、一心不乱に突き進もうとする私などには見向きもしない「プロ」と、

誰にでも声をかける「アマチュア」である

前者の忍者は「アマチュア」ということだ!

警官はプロ

2008年の「秋葉原通り魔事件」以来、秋葉原に警官が増えた

紙袋を持った、オタクらしき人物が職質され、持ち物チェックをされている様子を何度も見たことがある

道に多く立っている警官であるが、

私などには一切!見向きもしない

ちらりとも見られている気がしない

私など彼らの眼中に無い!のだ

そう、警官は「プロ」なのだ!

忍者のねえちゃん、

もっと頑張れよー