切り干し大根の煮物with豚肉

昨日の続きみたいな感じ?かな?

食べたいものを食べる!のだ

時々、こういうトラディショナル?な食べ物が恋しくなる

ひじきとか、切り干し大根とか、乾物ものは水で戻したりする手間もあり、地味なので敬遠されがちだが

食物繊維が豊富で、栄養価も高く、

健康な骨作りや美肌効果も抜群なんだよ

ひじきの記事でも書いたが、

こういうメニューは、お惣菜として売っているものは妙に味が濃かったり、甘すぎたりする

だから自分で作る

切り干し大根の煮物with豚肉

今日は豚肉で現代風にアレンジする

「分けとく山」の料理長、野崎洋光氏のレシピを参考にした

切り干し大根(国産を選ぶこと)は軽く洗ってからたっぷりの水で10分間戻す

人参は長さ3cmの千切りにする

薄揚げは熱湯でさっと湯搔き、油切りをして細く切って絞る

豚肉は3cm幅の細切りにし、熱湯でさっと霜ふりにする

フライパンに小量の油を熱し、全てを炒める

途中で酒を加えて蓋をして蒸し煮にする

水(又は出汁)6に対し、みりん1、醤油1、砂糖0.5くらいで味をつけ、落としぶたをして煮詰める

豚肉、油揚げからも美味しい出汁が出るので、水で作っても美味いし、

少し顆粒出汁やそばつゆなどを加えれば充分(そばつゆの場合は砂糖を減らす)

出来上がり

これにしか入っていない栄養?みたいなもの?を感じる

すごく美味い!

ご飯にもいいし、ビールでも焼酎でもめっちゃいけます

食べたいものを食べる!

素晴らしいではないか!