和牛すごい!

昨日のM-1グランプリ2017

毎年、M-1グランプリは、大変楽しみにしているが、

近年、いや、これまでで一番レベルが高かったかもしれない

毎年、会場は異様な緊張感に包まれ、演者も審査員も、そして観客も緊張感に巻き込まれる

今年も激戦ながら、それほどの緊張感はなく、それが今回のレベルの高さにつながったのかも知れない(私の勝手な感想です)

惜しくも優勝を逃した「和牛」であるが、

和牛

過剰に理屈っぽい水田(左)のボケに、ツッコミの川西(右)が振り回される漫才を主力にしている?が、

多くの漫才パターンを持ち、ネタ数もすごく多い

その技量は、多くの芸人たちからも絶賛されているようだ

和牛の1本目

「ウェディングプランナー」(勝手に題名つけてます)

すごかったーー

こんな漫才見たことない?

決して早口でもないし、テンションが高いわけでもない

前半で細かいボケを散りばめておいて、後半にそれを回収していく

「ゆっくり上がってくるのが恥ずかしかったら、『パーン!』て上がってきても」

前半はゆっくりで、後半に向かってスピードを上げて行く

スティーブジョブズを真似た感謝の言葉

「悲しいこと辛いこと、たくさんありました、それをグラフにしたのが、こちら!です。」

めちゃめちゃレベル高い!

オチも「バチコーン」と決まって!

映画1本観たくらいの痛快感!

私は一人で「スタンディングオベイション」しました

すごーーい

残念ながら優勝は逃したけれど・・・

いやいや、「一番すごいのは和牛なんだよ」

中邑真輔(元新日本プロレス・現在米国WWFで活躍中)氏によれば「一番すごいのはプロレスなんだよ」とのこと

そういうことです

って、どゆこと?