MISONO君

私の料理愛好家人生(何それ?)を支える1本。

ミソノ君と呼んで、愛用している。

Misono440シリーズ

IMG_6805

「ミソノ440洋包丁」シリーズ、180mm牛刀

ハイクロームモリブデン鋼で造られたステンレス洋包丁

購入時はかなり悩んだが、買って正解だった。めっちゃ切れるし、使いやすいし、手入れも容易。

洋包丁で両刃

ステンレス製の洋包丁で、もちろん「両刃」

しかしながら、私は和包丁の「片刃」みたいな感じ?に研ぐ

と、いうのも・・

両刃の包丁をまっすぐに研ぐのはすごく難しい。

まっすぐに研いでいるつもりでも、どうしてもゆがみが出る。

なので

IMG_6808

先ずMISONOのロゴのある「表側?」を研ぎ

「刃返り」が出てきたら、裏側を研いで・・

両面交互に「刃返り」がなくなるように仕上げる

IMG_6809

B面の方が「研いである面積」が小さい。

表7 対 裏3 ぐらいの感じか?

こうすることで、まっすぐに研げるし、だんだん和包丁のような使いやすさ、が出てくる。

これはある板前さんがこんな感じで研いでいるのを見て、マネしてみたことから始まった。

実はちょっと反則

これは包丁のセオリーからは逸脱した、反則なやり方。

ただし、板前さんはこうやって研いでいる人も多いんだそう。

セオリーを外した実戦的なやり方なんだな。

良い子はマネをしないでね。

IMG_6804

最後までお付き合いありがとうございました。