ミキサー付きヘッドホンアンプ改良編02

昨日の続きの話

単電源、レールスプリッター回路で動かしていた機材を

両電源仕様に改良する

レールスプリッター回路を取り除いて

電源アダプター入力部分を

3極のものに変更(手持ち)

±15V両電源

いつ作ったのか覚えていない

今は別のものをメインに使っている(また紹介する)

中身

回路図(備忘録として)

めっちゃ古典的なアナログ電源である

実際に計則すると、

プラス側に+14.83V

マイナス側には-15.09V

が、出ていて

7815、7915のレギュレータで、ばらつく様であるが、

一般的なオペアンプ回路では全く問題にならないどころか、

トランスを使った真面目な?電源を使うと、

確実に音質は良くなる!

思い出した

これ(ぢゃないかも知れない)を作った時、トランスが0.25A(アンペア・電流量)なので

0.25Aのヒューズを取り付けたのだが

すぐにヒューズが飛んで・・

(壁コンセント100Vを侮ってはいけません、必ずヒューズを付けましょう)

どこが間違っているのだろう?と悩んだ

今の様なネットのデータもなければ、知識も足りなかった

結局、いろんな容量のヒューズを買ってきて

順番に試して0.3Aに決めたのだが・・・

後に分かったこと

実際的に「計算」だけでは算出できない数字であるらしく

電気屋さんのプロも経験と勘で行っている作業であるとのこと

その時、情熱はセオリーを超えたのだ

3極電源ケーブル

今回新たに製作

手持ちのプラグと

ケーブルは、CANARE (カナレ) L-2B2AT

+15V・アース・-15v

かっちょいいーー

OPA2604

バーブラウンのOPA2604

改造前は新日本無線のMUSES8820を使っていたが

8820の最大電圧が±16Vで

過去にも飛ばしてしまったことがあるので交換

いくつかサウンドッチェックしたのち

2604にした(±4.5~±24V)

2604は±4.5程度だとさっぱり鳴らないが、±15Vをかけてやると

ツヤッツヤに輝く!

漏れ電流も10mA程度と大変良好

(バイアス調節用に付けた半固定抵抗を動かしても全く変わらず、この辺りはまだ勉強不足)

不思議だったのは5532だと全く音が出なかったこと(この辺りも知識が足りない)

完成

外見はほとんど(全く?)変わらないが、ハムノイズが全くなくなり

音質も劇的に向上した(と思う)

大成功!

ヘッドホン出力の上にあるスイッチも交換

スピーカー出力とヘッドホン出力を切り替えるスイッチなのだが

切り替えの「パチン」ノイズもなくなって

完璧!

情熱は全てを超えていくのだよ

ふふふ