水風呂に入って考えたこと

水風呂と言っても、汲み置いている水なので、気温とほぼ同じだと思われる

ここ数日なら30℃前後

30℃の部屋は相当暑い

じっとしていても汗が滲んでくるし、熱中症の危険がある?

でも、30℃の風呂はめっちゃ冷たい

いきなり入ると危ないかもしれないくらいヒヤッとしている

我が家の水風呂

何でや?

私の体温は36℃くらいだから、

室温が30℃なら体は冷えていく傾向にあるはず

でも、暑く感じる

それは、体の熱を十分放出できないからだと思われる

扇風機をかけると涼しく感じるのは、汗が蒸発する時の気化熱で熱を放出することができるからだ

そして、水温30℃の風呂に入ると、確実に涼しくなるのは

風呂だともっと熱を放出できるから

これは、空気と水で「比熱」や「熱伝導率」が全く違うからだ

物質が温まりにくい性質(エネルギーを蓄える能力)は「比熱」で表され、

水を1とした場合、空気は0.24

1グラムの物質を1℃上昇させるために必要な熱量で、

たった4倍?のように見えるが、これは質量の単位だから

体積当たりで考えると

体積当たりで考えると水は空気の3000倍!以上の熱容量がある

つまり水は少々の熱を吸収しても簡単には温度が上がらない

めっちゃ懐が深いのだ

熱伝導率

もう一つのポイントは熱伝導率

空気は熱を伝えにくく、水の24分の1程度

ふわふわの布団は、たくさん空気を抱え込んでいるので、寒い冬も暖かく眠れるし

発泡スチロールなどの断熱材は、空気の粒を閉じ込めているのでアイスクリームの車内販売も可能になる

私が30℃の風呂に浸かると

空気の3000倍もの懐の大きさを持つ水が

空気の24倍のスピードで熱を奪っていってくれるから

すごく冷たく感じるのだ!

見えてきたぞ

麦茶を沸かしたヤカンを放置しておいても、なかなか冷えないが

洗い桶に水をためて浸すと数分で温度が下がる

風呂を沸かせば、一瞬で風呂場は暖かくなるが

風呂場でストーブを焚いても、湯船の湯は暖かくならない

それは水と空気で

比熱が3000倍

熱伝導率が24倍違うからだ

ニュースで

ニュースで、よく「地球温暖化の影響で海水温が上がって」などと言っているが、

それはありえないことが分かる

風呂場でストーブを焚いても、湯船の湯は暖かくならない、ということをよく覚えておこう

暑い部屋に置いておいたジュースが暖かくなっているのは、

長い時間暑い部屋に放置したから、もあるが

周りの空気に比べて、飲み物の質量が十分に小さいから、だ!

地球の空気が温まって、それで海の温度が上がることは考えにくい

いや、絶対にない

でも、逆はありえるということになる?

海水の温度が上がって、その影響で空気が温まる!?

でも、深海はめちゃめちゃ冷たいんだよなあ

水風呂に浸かりながら、そんなことを考えておりました

最後までおつきあい、ありがとうございました

我が家の第2水風呂浴槽

初公開!