ONS

一昨日記事にした機材

Line Level Adjusterのケースになる手持ちはないかな?

と探していたら

こんなのが出てきた

ONS

すごく古い、もちろん自作の機材

ONSというのは、Otogire Ni Sayonara

の頭文字を取って名付けた

実は相当古く、こんなのを作ったことさえ忘れていた

これはエレキギター用の機材で

その当時、空間系のマルチエフェクターをつないでいたのだが、

Midiフットペダルでプログラムを切り替えると(音を変えると)

ほんの一瞬だが音が途切れた

今では考えられないことだが、その当時のデジタル技術はそんなものだった

そこで!

背面

エレキギターから出た音を2分割して、

原音とエフェクト音をこの機材でミキシングしてからアンプに送るようにした

結果

原音は常にアンプに送られ、プログラムチェンジしても音は途切れなくなった

音切れにサヨナラ=Otogire Ni Sayonara=ONS

中身

うわあ、±15Vの両電源仕様だ、すごい!

よくもまあこんな面倒くさいことしてたと思うが、

今見てみると、単純なバッファーアンプが2つあるだけ

多分、原音は100パーセントにしておいて、エフェクト音のミックス量だけ調節していたのだと思われる

ギターの信号を受けるだけのこんな単純な回路に±15Vの両電源は必要ない

技術も知識も全然足りなかったけど・・

情熱だけでよくこんなもの作ったなあ