薄切り豚肉のしょうが焼き

一般的に「豚のしょうが焼き」というのは

「しょうが焼き用 」として売っている豚ロース肉を

甘辛のタレに漬け込んでフライパンで焼いて

刻んだキャベツを添えるものを指すのかも知れない

うまく作れば、それもたいへん美味いのであるが

タレに漬け込むと、特に薄切りの肉は締まって固くなるし

甘いタレは焦付きやすくて扱いにくい

私が玉ねぎ好きなのもあって、以下のような方法で作っている

ご飯にもお酒にもいける!

作り方

豚の薄切りスライス肉を使う

豚ロースの切り落としなどが適材だと思われる

豚肉の脂の多いところは一部外して細かく切っておく(省略可)

豚肉は広げて薄く片栗粉を振っておく

タマネギは繊維に直角にスライス(くたくたが嫌だったら繊維に沿って)

フライパンではじめに外した豚肉の脂のコマ切れを炒めて油を出す(多すぎたら調節)

一旦火を消してそのフライパンにタマネギのスライスを並べ、その上に豚肉を乗せる

蓋をして蒸し焼きにする

酒・みりん・醤油、1:1:1ぐらいで混ぜ、ショウガのすりおろしを加えておく

豚肉の色が変わってきたら、上下をひっくり返して

調味液を加え、炒め上げる

味をみて、醤油や砂糖で味を調整

特に白いご飯が相手だったら、砂糖を少し入れた方が合う

出来上がり

お肉にタレが絡んでうんまい!

ちょっと七味も美味いんだよなあ

ご飯もお酒もぐいぐいいけます

今夜のおかずに是非!